【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

このことを理解しなければ、世界と日本が理解できない。

このことを理解しなければ、世界と日本が理解できない。

 

日本にもある簿外資産については、基本は、日清戦争以降、つまり、下関条約清朝からの賠償金が基本となり、中国王朝に関係した資産が大部分であるということがわかってきましたが、なるほどというのか?その世界は、奥が深いといえます。

 

確かに、明治新政府は、江戸幕府から大政奉還をしてから、実際には、新しい政権が、薩長同盟によって作られましたが、正直、金がなく苦労をしました。そのために、口減らしや人売と言われることが実際に行われていたことが知られています。

 

これは、日本の闇と言える歴史かもしれませんが、唐行きさんという世界ですが、地方の貧困の農村の娘などが、人売されていき、海外の売春宿で仕事をしていた歴史的なことは知られています。これが、実は、日本にとっての外貨収入であったというのです。そして、それにあまりに、かわいそうな人が多いということで、明治天皇の奥様が、カイコを育てて、絹をつくり、輸出すれば良いということで、提案して、そこから、日本の絹を作る産業が発達したということです。その後、日清戦争で、日本が英国のバックアップがあり、勝利したことで、賠償金を下関条約清朝から確保でき、軍事投資、皇室資産の強化、そして、八幡製鐵所を作ったことが知られています。そして、日本はその結果、戦争を行うための高度な鉄鋼技術がを得ることになるのです。賠償金は、ゴールド資産として、英国で支払われましたが、英国はゴールドを持ち出すことより、それを運用して、通貨を提供することを提案したので、明治新政府は、その英国銀行から英国通貨を受け取ることを決定した、そして、英国は、日本は資産をもっていることは、またたく間に、ロンドンの金融街に情報が広がり、日英同盟につながり、そして、日本は、日露戦争へ向かい勝利をしたのちに、大陸進出が加速する。朝鮮半島における日韓併合満州国などの設立など、すべて、きっかけとなった財源は、日清戦争で勝利した際に、ロンドンで提供された清朝の金貨であり、英国銀行は、英国通貨を運用益を日本に提供した、その結果、日本は、経済が一気に良くなり、西欧化が進む、その結果、大正デモクラシーと言われる反映の時期になり、当時の裕仁陛下は、英国のロンドンに招待され1921年のロンドン会議で、米国、英国、フランス、日本で、ある計画を発動する。それは、第一次世界大戦に敗戦したドイツの賠償金問題に対して、その支払能力がなくなったことで、その支援を求められたことと、同時に、不換紙幣を作るために、国際決済銀行の設立に向けての準備がスタートした。そのために、欧州ではドイツが、アジアでは、日本が中心となり、各地の王族資産を集め始めた。日本では植民地支配からの独立するためということを提唱して、大東亜共栄圏の理想を掲げていた。その中で、貴金属資産を集める計画は、米国が1933年の金の国有化の法律に関係しているところが大きく、すべての国民のゴールドの保有を禁止して、ゴールドを政府の管理下にするという法律を制定、それはルーズベルト大統領がおこなったことであり、そのゴールド資産は運用されて、ニューディール政策などの財源にされた。つまり、世界恐慌から復活をするための財源が必要出会ったことがうかがえる。それに、国際決済銀行の同盟国は、同意して、各国、自国、属国であった国々の国民の貴金属資産を没収することになるが、ユダヤ人と中国人の中にはそれを同意しない人たちがいために、武力制圧されたことが、これが、後々、語らられる非道なやり方だと避難される結果になった。

 

そのような歴史があり、世界中のゴールド資産は、日本及び、ドイツは、相当量が集めたとされ、その登録情報は、すべて詳細に計算されて、国際決済銀行に当時、登録された。その後は、連邦制度の担保口座の情報として登録されているということになる。

 

つまり、なぜ、タブー視されているかという点は、世界各国から貴金属資産を集めたこと、その方法は、同意なしに、強引に行われたケースがあったために、長年、事実について語られない歴史として、歴史に隠されてきた。ただ、そのような世界は、徐々に歴史的に語られるようになった。それは、このゴールド資産である担保口座は、銀行家管理から、王族グループに償還が進んだ結果、もともとの持ち主である王族家系が自らの資産にアクセスできるようになってきたと言える。

 

ただ、第二次世界大戦後はこれらの資産のもともとの所有者は、登録されており、当然、口座管理人としての登録番号を持っている。つまり、王族資産の継承者は、登録されていることになる。

 

日本が集めた多額の資産は本来の持ち主というのは、多くは中国王朝とも関係しており、その関係者が、実はこの世界の本当の資産のオーナーと言える。

 

つまり、最近は王族資金などと説明しているが、そのような王族末裔が管理者として保管している資産から助成金が提供される仕組みがあるのでその資金について説明をしているのである。

 

企業育成資金については、皇室に関係するということを言いましたが皇室資産でもありますが、その裏では、それらの財源には、中国王朝のものとも関係もあるとも言われ、戦後、そのような資産について言えば、日本の場合は、産業のために、活用されドイツのように個別保証をしなかったという事になっているが、すべてデーターは登録されていたことになる。

 

ドイツ銀行は、特に不思議な資金があることで、一部で知られているが、その資産の大きくは、ヘリテージファンドということで、遺産資産であるということであるが、それらは、ドイツナチスによって略奪された資産の持ち主への償還財源について提供されている資金と言われている。ちなみに、ナチスドイツは、欧州で集めたゴールドは、バチカンに運び込まれたなどと言われている。日本は、多くはフィリピンに送られたといことであるが、日本にも運ばれたものがある。そのような歴史があり、そのような歴史の償還作業が今、進んでいるために、時代の変わり目といえる。ただ、そのような大変革期であるので、逆に不安定要素が増えていると言える。



つまり、第三次世界大戦などという噂があるが、第二次世界大戦でももっとも大きな大義の一つであった国際決済銀行で行った計画の見直しということをおこなっているのである意味、それが世界の震源地の核とも言える部分である。この作業が円滑にできれば、世界は平和になるが、間違えば、不安要素が広がることが起こるだろう。

 

よってそのような理由から、世界の危険度が今、最大限に近づいているということを説明している。これは、隠された金融史から読みぬくことができる。



 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。