【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

簿外資金の話(公式文章を日本語化しました)

OITCの歴史的経緯

 

 

通貨交換の世界史は、金に裏付けられた通貨システムから不換紙幣を使用するシステムへと移行してきました。このセクションでは、なぜその移行が起こったのか、そして OITC が管理する資産と口座がなぜそれほど重要なのかを説明します。 

金融政策に関するブレトンウッズ会議(1944年、ニューハンプシャー州)では、国際復興開発銀行世界銀行)、国際通貨基金IMF)、三者金委員会(TGC)など、いくつかの新しい機関が設立されました。

上記および不換通貨計画は、核分裂時代がすでに到来していたため、人類の相互破滅を防ぐことができる持続可能な成長への可能な解決策として考えられた通貨および金融の安定を追求するものでした。

それ以前の 1910 年、1890 年代の金融崩壊に続いて、米国の最高幹部銀行家による会議がアメリカ合衆国のジキル島で開催され、1890年代に起こったような崩壊を防ぐために、より弾力性のある通貨制度が必要であると決定されました。これが 1912 年のアルドリッチ法、1914 年の連邦準備制度の創設につながりました。不換紙幣の導入にはさらに 60年近くかかり、最終的に 1972 年に完了しました 。

​​

1921年、間もなく天皇となる日本の皇太子裕仁親王は、ロンドンで世界首脳会議に出席しました。この会議で何が起こったかは永久に封印されているため不明ですが、第二次世界大戦中に枢軸国となったドイツ、イタリア、日本間の三国同盟の始まりであったことは明らかです。

 

裕仁親王はベルギーとバルカン半島の当時のユーゴスラビアも訪問した。

三国同盟は特筆すべき重要なものです。数年後の 1930 年に、ドイツ、イタリア、日本、ユーゴスラビア、ベルギーの 4 か国が国際決済銀行 (BIS) の設立国となり、その後、イギリスと連邦準備銀行を所有する米国商業銀行のグループもこれに加わりました。初代総支配人は米国出身のトーマス・マッキトリックでした。

アメリカでは1934年に金準備法が制定され、人々はすべての金貨と金塊を連邦制度に引き渡さなければならなくなりました。

世界のほとんどの人々は法律に従い、金を手放して紙幣と交換しました。しかし、2つの民族のほとんどの人々は金の手放しを拒否しました。それはヨーロッパのユダヤ人とアジアの中国人です。この頑固な態度が恐ろしい結果を招きました。ヨーロッパではナチスホロコーストを遂行し、アジアでは日本人が遂行した虐殺のほんの一部に過ぎないのが、チュークシンと南京の虐殺です。

諸国家間の協定(ロンドン、1921年)に従って、不換通貨を導入する計画を立てる必要があったため、三極および三国間制度の初期段階では、それぞれ連合国と枢軸国の派閥が形成され、協力して新しい通貨制度の構築に取り組み始めました。

彼らは、隠された富によって秘密裏に保証されながらも、人々の労働と生産の価値によって支えられているように見える債務義務によって裏付けられた不換紙幣の通貨システムが必要であると信じていました。

公平に言えば、自由に拡大したり縮小したりできる不換通貨という概念は、これまで試みられたことのない実験でした。

これは1972年にニクソン大統領の下でようやく達成されました。

 

このことから国際決済銀行が誕生し(1930年)、既知の金本位制に縛られた過度に硬直したシステムに代わる、弾力性のある通貨システムの開発を可能にする計画についての合意が必要となりました。

それを達成するためには、通貨の裏付けとして使用できる金やその他の貴金属が市場に存在してはならないことを意味しました。それは単純に、同様に不換紙幣ドルは金に裏付けられたドルと競争できないという現実のためです。

したがって、金塊と金貨は消滅しなければなりませんでした。そして、第二次世界大戦中にそれは実現しました。

1928年までに専門家が作成した計画では、すべての金貨と金塊を中央銀行に引き渡す必要があった。

1908年から1933年の間に交わされた秘密条約と協定のどこかで、世界各国は、既知の金本位制を最終的に廃止し、すべての金塊と金貨を世界中のさまざまな中央銀行に法律で引き渡すという決定を下しました。

 

 

第二次世界大戦中、枢軸国は金協定を施行し、日本は1933年から1934年にかけてアジアで引き渡されなかった金をすべて集め、ドイツもヨーロッパで同じことを行った。また、金を所有していた家族を排除し、賠償請求が起こらないようにした。賠償請求はシステム全体を弱体化させるからである。この連邦の金はすべて東南アジアに隠され、東南アジアの最高位の軍人、東南アジア駐留日本軍最高司令官で当時占領下にあったフィリピンの軍政知事でもあった黒田重徳中将の監視下に置かれていた。黒田中将は1921年にロンドンで行われた会議に皇太子裕仁とともに出席していた。  

第二次世界大戦中、黒田とその部下はフィリピンやその他の国々に連邦金塊の多くを隠匿し、金塊の1オンス1オンスと、金塊が埋められた場所の正確なグリッド位置を記録した。これらの記録は、後に皇太子(昭和天皇の弟)に渡され、皇太子はそれを昭和天皇自身に渡し、天皇はその情報を国際決済銀行に登録した。それらの情報は、現在も連邦資産として残っており、現在はダム閣下が所有し、管理している。誤って発行された、あるいは誤解された銀行証明書によっても、その事実を消すことはできない。 

 

フェルディナンド・エドラリン・マルコス大統領は、1946年から1968年まで国際財務長官を務めたインドネシアスカルノ大統領の後継者として、1968年に国際財務長官に任命されました。スカルノの後継者に任命されたフェルディナンド・マルコスは、フィリピンの黒田重徳陸軍中将によって隠されていた膨大な連邦資産の多くを取り戻しました。これらの資産は、第二次世界大戦中および戦後に日本の昭和天皇によって国際決済銀行に記録されていました。

マルコスは、信頼できる数人を、世界銀行システムとフィリピンの口座と資産の保有者として任命しました。

平等なパートナーと口座保有者からなるこのコンソーシアムは、フェルディナンド・エドラリン・マルコスが定めた条件に準拠しており、同氏が任命したすべての保有者に与えられる免責証明書に記載されています。また、同氏が発行した資格証明書に従っており、すべての保有者に対して常に同じです。保有者は価値の 15% を受け取る権利があります。償還者は価値の 15% を受け取る権利があり、70% は人々の生活を向上させるための人道目的の国際信託に預けられます。これは、2015 年に世界の 209 か国すべてが最後に署名した国際条約協定に準拠しています。

これらの保有者の多くは亡くなり、またはその他の理由で保有していた証明書や口座を処分しました。

山下奉文中将が有名な山下の財宝を埋めたという話は、まったくの嘘です。山下奉文中将がフィリピンに到着したのは 1944 年 10 月 5 日になってからであり、一方アジア列島への財宝の埋設は 1942 年 4 月から黒田重徳中将の指揮下で進められていました。

 

政府はすでに、当時ゴールド・プールと呼ばれていたBIS内のグローバル・システムに登録することで、金の管理を集中化していた。この政府の金、およびそれほどではないが強制的に押収された資産が、1944年のブレトン・ウッズ会議で50年の任期で通貨金の返還を行うために設立された三者金委員会の焦点となった。管理と統制の条件は、パリ条約およびそれに続く協定(1935年、1974年、1987年、2015年)に従って定められ、ヤルタ条約にも定められているため、規制管理は国際条約法に基づいて実行される。これらの台帳外資産に対する恒久的な管理システムの必要性を予見したのは、1987年の協定であった。

1988 年、フェルディナンド・エドラリン・マルコス大統領は、連邦資産のすべてを、この職務のために特別に訓練され指導を受けた若いカンボジアアメリカ人学者、ダム博士に譲渡しました。この譲渡は、最高国際条約法に従って、1995 年 1 月 20 日にすべての国によって批准され、承認されました。連邦資産に関する最高法を短縮または修正できる管轄権は、政府にも裁判所にも存在しません。

1994 年、三者金委員会の 50 年の任期が終了しました。しかし、その数年前の 1988 年 10 月に、国際機関親会社統合担保口座委員会 (IIPCCAC) がこれに代わる委員会として設立され、ダム博士が唯一の調停者および所有者に任命されました。これらの口座は連邦準備制度の機関親会社登録口座 (IPRA) としても知られ、米ドルの基盤となっています。 

 

ダム閣下博士の事務所は、209 か国の政府によって批准され、1995 年 1 月 20 日に宣言されました。

2003 年に米国国家安全保障局の職員との協議の結果、事務所の名称を国際財務管理局 (OITC) に変更することが推奨され、合意されました。OITC は、IPRA の所有者署名組織として、また国際金融システムの親資金組織である国際複合担保口座に保有されているすべての資産の所有者および管理者として、絶対的な管理権を有しています。

 

1995年から2010年まで、OITCの活動は極秘に行われ、連邦準備銀行、銀行、国連、政府などの組織はOITCの存在すら否定するのが常だった。これは、OITCが所有する資産の性質と、それらの資産に対するOITCの権限のレベル、そして一般大衆が理解できないことによるところが大きい。また、担保口座の存在と、ニクソン政権下で1971年に外国金法の修正により制定された現代の金融システムで担保口座が果たす役割について知られるのを防ぐためでもあった。

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。