【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2024-04-01から1ヶ月間の記事一覧

SRP が行う新しいプログラム 日本国内の上場企業であれば 全て 申請可能なプロジェクト 資金

SRP から 新しい情報が入ってきました。 SRP というのは 世界の42の王族 グループが管理している資産 ソブリン ロイヤル ポートフォリオの略称にはなりますが SRP は現在 各国にプロジェクト 資金を提供するプログラムを行っております。 日本向けのプログラ…

PPPに関する基準は、基本形はこれだ。(日本国内基準)

MSA総合研究所では、米国連邦法、日米同盟によって行われている案件以外は、巷のうわさ話ととらえて対応しません。 PPPに関しても、国際基準といえば、1000万ドル以上という基準があるために、日本でも1000万ドルに相当するクレジットライン(担保設定)の設…

日本を復活させるには、日米償還金協定基準の育成資金以外ない。

MSA総合研究所では、企業育成資金について長年研究して、実態を調査しています。その結果、結論として、必ず資金を受けられる基準というものが、明確化しています。 *************** 1,日米償還金協定基準 ◎東証プライム資本金300億円以上 …

法律に明記された内容以外は触るとどうなるか 全く分かりません。

MSA 総合研究所です。 MSA 総合研究所では基本経済を底上げをするためにどのようにすれば良いかということを考え 昔から行われている日本の償還金という制度に注目をしてこれを普及させることに全力投球することにしています。 企業育成資金の基準というもの…

PPP プライベートプレイスメントプログラムにおけるルールは 法律 以外の例外はない.

MSA 総合研究所です。 さて 我々の研究所としては PPP や企業育成資金について 様々な角度から情報を書いております。 やはりこのことを行っていくと見えてくる 話があるのですか 法律で決まっていないことはいくら努力しても無理だというのが答えだと言えま…

日米償還金協定 昭和28年11月25日成立

企業育成資金の基本となっている国際協定は、「日米償還金協定」によるものです。この協定は、昭和28年11月25日に成立した協定になります。 つまり、米国側と交渉を続けて、日本の復興財源を返還要求したことがきっかけです。 米国日本償還金問題処理委員会 …

企業育成資金は、日米償還金協定基準のみ対応します。

企業育成資金について、本ブログでは、ブログを書いていますが、つまり、日米償還金協定によって、決められた基準以外は、明確な話はないということが言えますので、これは、国際法に登録されている仕組ですから、そのことのみを行うことにします。 MSA総合…

日米 償還金協定に定められた 基準 こそが本当の企業育成資金の基準だ。

企業育成資金について説明をしておりますが やはり 色々 研究した結果 わかることは日米協定における基準以外は正直なこと言ってほぼ不可能だと筆者は思っています。 つまり 日米協定というのは 日米 償還金 協定 というものがあり そこで示された基準という…

PPP に関する基準 非常に魅力的な運用プログラムですが これを知ってください。

MSA 総合研究所です。 MSA 総合研究所では PPP について 様々な角度から研究をしています。 PPP というのは プライベートプレイスメントプログラムの略称で割引の金融商品を持っている方と投資家の間で直接取引をするプログラムということになります。 さて …

MSA 総合研究所では米国基準の確実にできる企業育成資金の案内のみを行います。

企業育成資金に関しては MSA 総合研究所として言えることは確実にできるものを選定して行っていくことになります。 つまり 日米 償還金協定における基準というものがあります。 基準に関して言えば ーーーーーーー 東証 プライム 資本金 500億円以上 業種は…

企業育成資金は日米同盟における正規 基準以外は引き受けません。

MSA 総合研究所です。 企業育成資金に関する基準を明確にします。 今後 国内 案件などと言われている企業育成資金 小口の案件は一切 引けないということにします。 本来の日米同盟によって行われている企業育成資金の基準について説明します。 日米同盟によ…

これは人生をかけた情熱を燃やす ビジネスだ。

MSA 総合研究所です。 MSA 総合研究所では PPP や企業育成資金についての研究を行い それについて 日本の方々に関係者を中心に説明をしております。 この資金の制度は一般的な金融システムとは少し違うので 多くの方は戸惑いがあり 理解ができないということ…

PPP や企業育成資金というのは全て 法律によって管理されているビジネスモデルです.

MSA 総合研究所のブログになります。 このブログは2018年からひたすら書き続けて 現在では3000回以上の更新を続けております なかなか 頑張って書いたブログ と言えます。 現在はもうすぐ34万アクセスに近づいておりますが 多くの方が このブログを読んでく…

日本で最も PPP の世界 面白く 伝える ハブとしての発信を行う MSA 総合研究所

MSA 総合研究所のブログになります。 私どもが目指す世界 というのはこの PPP という世界 を日本国内に普及をしこの面白いビジネスモデルを多くの方に理解してもらい 日本経済の発展に貢献してもらうということを目標にしています。 PPP というのは なぜ大き…

MSA 総合研究所の目指す世界というのは PPP プラットフォームで顧客をつなぐ ハブ となることです。

MSA 総合研究所です。 MSA 総合研究所では PPP のプラットフォームと顧客とをつなぐ ビジネスモデルを行っております。 日本国内では様々な PPP のプラットフォーム つまり 主催者がございますのでそのような方と連携をついて 顧客の開拓をしていきたいと考…

資金を管理する仕組み つまり 名義人というのはどういうことか

企業育成資金や PPP について言えば、 これらの資金に関することは法定管理 資産として管理されている資金を動かしているということになります。 このことを理解しなければいけません。 企業育成資金の話をするとよく資金を管理している方で資金者と呼ばれる…

PPP のガイドラインについての解説

MSA 総合研究所のブログです。 本日は MSA 総合研究所のホームページの一部を追加いたしました。 PPP についてのガイドラインについて説明するページを作りましたので 是非ご覧ください。 PPP というのは 米国 連邦法における特殊な取引になりますが 米国証…

PPPにおけるハブとして業務

PPPにおけるハブとして業務 MSA総合研究所のテーマとしては、日本国内では、PPPに関する金融モデルが浸透できるのかというテーマに、2018年から活動をスタートしています。あれから6年の歳月が過ぎています。このブログの読者も相当増えたこともあり、P…

日本国内の PPP について 様々な角度から考察する

日本国内で行われている PPP つまり ゴールドの割引におけるトレードというものが行われていますが なぜそういうことが行われているのでしょうか。 そのことについて少しお話したいと思いますが これは歴史的なことを理解しないとこ の説明がつきません。 つ…

日本国内の PPP のルールについて

MSA 総合研究所のブログでは企業育成資金や日本国内の PPP に関する様々な研究をしているシンクタンクとして情報を発信しております。 このブログも 2018年に開設して以来 もう何回更新したのかわからないですが もうすぐ3000回ぐらいではないでしょうか。 …

企業育成資金の申請方法について

申請条件 企業育成資金の申請方法について 最近、申請方法と手続きの手順についてルールが変わってきてます。 つまり、面談は、本面談からまず行うことで免税、免責、免訴の認可を取り、その後、銀行での入金作業をするという方法になってます。 よって、申…

企業育成資金で一部 ルール変更がありました。

MSA 総合研究所です。 こちらのブログではあまり企業育成資金の話を最近書いていませんでしたが 4月1日から 企業育成資金の仕組みに対象変化がありましたのでそのことについて 告示するために こちらでも書きます。 ■変更点について説明させてもらいますと 1…

通貨の価値 は今後 ゴールドバックになる理由について解説する

本 ブログでは様々な角度でグレート リセットに関する金融について や これから考えられる金融システムの大変化についても説明をしています。 つまり これからの時代 重要なのは中央銀行として通貨を発行するプロバイダーはゴールドを保有していなければ デ…

新しい通貨 システムの概念について説明する

MSA 総合研究所のブログでは メテ 財団の次なるシステムとプログラムについての話を書いております。 財団の方向性としてはどういうことを行うのですか という質問に対して回答すると1つ行うことは これは普通の銀行 業務を行うということになります。 です…

これからの時代は流動性資産ゴールドを持たない限り 通貨のサプライヤーとしてまともな仕事はできない.

MSA 総合研究所のブログです。 さて このブログで常に説明しているのはこれからの時代はどのような時代がやってくるかということの課題で説明をしています。 特に 当方が執筆しているブログは通貨の仕組みについて 非常に関心を持ってブログを書いております…

時代の転換点について

2018年からMSA総合研究所ブログを書き始めて今年で6年の歳月が過ぎました。当初は、企業育成資金の仕組みについてのブログ、「長期管理権委譲渡資金」についての世界を探求してきました。そこから、PPPの世界や、開発援助の世界に広がって、世界には、…

PPP プライベートプレイスメントプログラムを受ける基本的なルールを理解しとく必要がある これを知らなければ大変なことになる可能性を秘めています.

現実的にこの PPP の世界というのは非常に面白い世界です。 PPP というのは プライベートプレイスメントプログラムという名称で言われております。 これは個人的に個別に募集する案件と言うことになります。 前のブログでも説明した通り PPP というのは 金融…

日本国内の PPP という世界の話 これは重要だと思います。

本 ブログでは様々な特殊金融の世界についての話を書いております。 少しだけ タイトルの部分を変えたのですが やはり また PPP に関することも このブログを通じていろいろ情報発信 することにしました これは私の所属する財団とは直接は関係はありませんが…

次世代への転換点 グレート リセットについて考える

グレート リセットということについて結構 関心を持って話題を書いておりますが その中で やはり グレート リセットというものは何を目的にしているかということを考える必要があります。 つまり 時代の転換点 というのは 次の時代へ進むための何らかの目標…

平等社会とは?

世界的な債務の問題の解決の唯一の手段は、借金を帳消しすることでなく、債券に価値に対してゴールドの価値を裏付けをつけることで、新しい通貨を生み出すことだと言えます。つまり、このことは、すべての債務者はが通貨発行する権利を得るのとおなじことに…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。