【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2020-09-01から1ヶ月間の記事一覧

ビジネスの成功は、全てを網羅した連携する仕組みが重要です。MSA総合研究所はその仕組をもっています。

この案件をすすめる上で、本案件を実行する立場、資金者との連携は事情に重要になります。MSA総合研究所は、説明と広告塔として、情報を周囲の仲間に流しています。すなわち、ビジネスをする上で、連携が重要になります。 それぞれ、得意なジャンルの仕事を…

月間成立件数 目標5件を実行します。

MSA総合研究所では、毎月、案件成立目標を5件と定めています。 面談は、土曜日もしくは、日曜日に行います。 面談場所は、都内の面談希望者の指定する場所:当研究所が面談手配を行います。 面談日程などは、MSA総合研究所の方で決められます。本案件を動か…

10月は積極的に案件を動かすよう努力します。収穫の秋です。

今日は、9月も最終日になりました。この資金が生まれた本当の歴史の話を前回のブログで説明しました。日本の戦後賠償金を全額支払った日本のオーナーがいた事を書きました。その財源をもとに運用された資金を、日本の国家の安全保障費として捻出して、その…

日本を救った物語

知られざる歴史という点で話を書きたいと思います。なぜ、このような資金が生まれたのか、隠された歴史があります。その歴史は、日本を救ったオーナーの物語がそこにはありました。 この資金は、第二次世界大戦時の接収財産をもとに、運用したものを日本に送…

どこから話をするかで、結論が違うよう見える。知識が授かれば、話の構成を考える。

この巨額資金提供するという話は、色んな角度から話をすることができます。すなわち、歴史が長いのと、その壮大なレベルで運用、また、世界をまたいで行われ案件であり、最終的には、なぜか、日本の指定銀行の指定された方の口座を通過することで、日米にお…

思い込みは、本質を失う それが禅問答における本質

さて、信じられないことを信じてもらうにはどうしたらいいのか?まさに、この話を続けていく上で、感じることは、禅問答のようだと思うことがあります。 説明者は、「巨額資金を東証一部企業の代表者に差し上げる」 それを聞いた人は「世の中にそんないい話…

もし半沢さんと会話ができるのであれば・・・

MSA(Mutual Security Act)の略です。そこで考えました。 Mutual=相互⇒日本と米国⇒日米 Security=安全保障 Act=法令 ということになります。 実際には、この資金は、日本と米国の安全保障費(Security Fee)として捻出するということですから、 この資…

安全保障費の捻出をすることが、国家にとって重要課題

電力料金に関して、電力施設維持費するための財源について、国民負担1.6兆円増という新聞記事を見ました。電力会社は、基幹産業ですし、地域ごとに有る電力会社は、このブログで説明している案件「送金案件」のReceiverに申請することができます。すなわち、…

物事にはすべて陰陽が存在する。賛成派、反対派について考えてみる。

世の中には、すべて陰陽の世界が存在すると言われるが、進めようとするもの、足を引っ張ろうとするものが同時に存在するのが、世の中の常です。 さて、本案件についてもその動きが明確に別れています。 ■■■■■■ プラス派 進めようとする正規の資金者ルート ■■…

周囲の声に影響されない。正しい知識を持とう。

コロナショックのおかげで、多くの企業で業績が悪化しています。政府の救済策も講じていますが、全体をカバーできる状態にはなっていません。秋から冬にかけて、この経済不況の影響が大きくなるでしょう。 民間支援制度であるこの制度をこれからどんどん活用…

この案件は、民間財源であるという所以

ブログの読者から、毎回楽しみにこのブログを見ていますというメッセージを頂くことが励みで継続して続けています。 多くのメディア報道では、巨額資金を大企業に提供することは、そんな話は存在しないという論調で書かれています。また、省庁のホームページ…

明確な目標があり、本案件に取り組む

この資金の謎に迫るには、まずは、PPP(private placement program) と言われる運用について理解することが重要です。PPPを行っているのは、欧州の銀行及び米国のFRBです。 複数の中央銀行間で銀行券の割引債のトレードをすることで、その中間売買の利益を…

角度をかけて本案件を説明すれば、実は、カッコイイ仕事だ!

この案件に関して、よくある質問で、「私は、この仕事をする上で、どんな立場といえばいいのでしょうか?巷にいる悪質なブローカーと思われたくないので・・・」ということを言われます。 確かに、その気持よくわかります。民間経由で行っているとしても、本…

本案件の大意がわかれば、説明が明確にできる。

この案件を説明する際に、どの角度から説明するのが一番良いのかということを考えているのですが、やはり、最終目的が何のために行っているのか?それを中心に考えるのが重要ではないかと結論に至った。 最終目的は、「MSA」です。MSA=Mutual Security Act …

怪情報に振り回されるな。基準は明確に決まっている。

企業育成資金と言われる送金案件について、説明しています。案件の詳細については、過去のブログでいろいろ説明しているので、ここでは、説明しませんが、重要なことは、主催者(資金者)以外の人が広めているデマに話を信用してはいけません。 現在、明確に…

初日面談がすべてを決める。

本案件で、非常に残念なことは、せっかく基準を満たした方が、申請しようと思って、申請をしましたが、結局、資金を受けられなかったという話があります。 それは、やはり、付き合っている人が悪い場合に、そのようなことが起こります。申請者が信用して書類…

本案件を理解する上で重要なこと、見る角度を変えても理解できることです。

当ブログのタイトルである資金の謎について、随分説明してきました。この資金は、日米英の3国の金融機関が関係して運用された資金を送金する案件ということになります。英国の運用会社、米国の銀行ネットワークをつかったPPP運用、それを英国から日本へ中央…

国家の治安維持のためにベーシックインカクを行うことは、この財源を活用すれば可能である。

日本の社会システムは、所得制限、累進課税という制度を強調する形で、高額所得者から資金徴収して、低収入な方は、税制優遇などする政策を強調して行っています。それでは、長期的に見えて、高額所得者になれる商才の有る方は、日本から出ていく傾向が増し…

国家にとって重要な安全保障の財源について

巨額資金の送金案件の資金の送金には、目的があって行っています。すなわち、なぜ、このような巨額資金の送金を可能にしているのでしょうか?まさに特別扱いに感じる案件です。 その答えは、この送金された資金が転送されますが、その使いみちが、日米のSecu…

東証一部、資本金100億円から150億円の企業代表者の場合、どんな企業が対象になるか?

東証一部で資本金100億円から150億円の企業代表者がこの資金を申請しようと思えば、どんな条件であるか?という質問が時々あります。 主催者からの回答は、資本金が小さい場合(資本金150億円以下東証一部)は、製造業・基幹産業であることが重要で…

愛国者=パトリオットを考えて見る。

愛国心、愛国者といえば、英語で「パトリオット Patriot 」と言います。湾岸戦争のときに有名になった対空ミサイルもパトリオットでした。 パトリオットについて調べて見ると、以下のような説明を見つけました。 ■■■■■■■■■■■■ アメリカ独立戦争が始まる数年…

本来は、この仕事は愛国者における平和維持活動である。

この案件の目的は、「国家にとって安全保障費用を獲得する作業」すなわち、国内外の平和維持費用を作るために、送金案件を行っていると理解すれば、実は分かりやすいです。 MSA(Mutual Security Act)=相互(Mutual)に安全保障(S=セキュリティ)するため…

最終目的から物事見れば、クリアーにこの案件が見えてくる。

本案件の最終目標は、どこになるのか?それは、日米における安全保障費用を稼ぎ出す案件ということになる。 新聞報道などを見ていると日米同盟の重要性を首相が語っている。すなわち、日米同盟の重要性というのは、日米における安全保障問題である。安全保障…

国家の安全保障をサポートするビジネスモデル

前回のブログは、国家の安全保障に関する内容で書きました。すなわち、この資金のもつ意味は、欧州に運用本部があり、運用された資金を送金する案件ですが、運用者は、資金の送金先になる(Receiver)受取人を募集している案件です。Receiver(受取人)にな…

日本の安全保障問題について真剣に考えたことがあるでしょうか?

安全保障問題について、考えたことが有るでしょうか? そんな問題は、総理大臣と防衛大臣が考えればいいと思っている方も多いかと思います。 安全保障を短縮すると「安保」となります。安保という文字を見ると、日米安保ということを連想するかと思います。 …

申請は無料です。

前回のブログは、本案件に申請する場合には、土曜日、日曜日の面談スタートが、申請作業をスムーズにできるという話を書きました。 今回は、本案件(企業育成資金)に申請するときに何らかの費用が発生するのか?という回答です。申請者は、申請料は無料です…

本案件を日程的にスムーズに行うためには

東証一部、銀行、信用金庫の代表者に送金される「企業育成資金」について説明しています。前回のブログでは、初日の面談日は、土曜日か日曜日に行うことが理想的ということを書きました。これは、本案件を行っている主催者からの意見です。基本的には、企業…

本案件を日程的にスムーズに行うためには

東証一部、銀行、信用金庫の代表者に送金される「企業育成資金」について説明しています。前回のブログでは、初日の面談日は、土曜日か日曜日に行うことが理想的ということを書きました。これは、本案件を行っている主催者からの意見です。基本的には、企業…

申請スケジュールについての説明・申請から完了まで約1週間の案件

企業育成資金と言われる東証一部、銀行、信用金庫の基準を満たした経営者に対して送金される案件について説明をしています。 この案件における主催者からの希望は、面談日を土曜日か日曜日に行い、国への申請は、月曜日に完了させ、火曜日か水曜日スタートで…

基準の満たない場合によくある話

基幹産業育成資金、企業育成資金などと言われている送金案件について説明しています。この案件を行っていると話題になるのは、基準に満たない企業への資金提供をどうしたらいいのか?の相談が多くあります。 正直、残念ですが、東証一部で資本金が100億円…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。