【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2024-01-01から1年間の記事一覧

資金の保管ルール

本ブログでは、核心に迫ることを書いていますが、 育成資金の制度(米国償還金規定)というのは、これについていえば、米国大統領予算管理局というホワイトハウスの大統領直轄の予算管理をする部門の決定事項であると明記されていますので、まさに、連邦制度…

通貨システムから見る安全保障の世界全ての戦争の原因は通貨戦争に大きく関係している。

MSA総合研究所です。 このブログではマネーサプライと言うことを中心に数かについての仕組みについてさまざまな角度からブログを書いておりますが通貨の世界を研究すれば世界情勢の仕組みというのが非常に関連づいていることがよくわかります。 すべて世界は…

アメリカ大統領の動きを見て実は次は日本に大きな波が来るのではないかと予想しています。

アメリカの情勢を見ていると,この大統領選挙を行うことによって国家の分裂の可能性があるということを最近のニュースを見て特に感じるようになります。 インターネットなどではそういうことがよく言われていたのですが日本語情報から見るとほとんどが分から…

米国国内から国民の意識がバラバラなれば、世界崩壊のきっかけになる。

米国で今起こっていることは、新たな世界へ向かっているのか?不死鳥だと言われている米国ですが、不死鳥が自ら分裂を始めようとしています。米国は、50を超える州政府がありますが、ある意味、これは、いろいろな地域から集まってきてできた寄せ集めの国…

国際金融の中には魅惑的な話はいろいろあるがあまりにもレベルが高すぎて簡単に儲かる仕事はほとんどない。

さて筆者が関わっている財団についての話をここで説明したいと思いますが以前よく説明させてもらった国際的非営利財団これは1.3兆ドルも米国債を保有している世界的な財団になりますがこの財団におけるサポート事業ということに関して現在は広く公募すること…

疑問に思うことがあればダイレクトに聞くと一番答えがわかります周囲の話だけでは何がどうなっているか全く分かりません

インターネット上で様々な情報を書いておりますので、いろいろな方からご連絡いただくのですが,私自身が知らないところでいろいろな噂になっていると言うことを聞いております。 聞く情報の中で時々間違った情報を聞いたりするので内容について訂正していか…

実は日本が世界の通貨制度の基礎を作ったといっても過言ではない。

実は日本が世界の通貨制度の基礎を作ったといっても過言ではない。 連邦準備制度の上でアメリカドルを保証する財源というものはこれは王族資産ということになります。この歴史を研究していることを実はこの制度を作ったきっかけは日本の昭和天皇であるという…

都市伝説系のブログだと思って書いてましたが主催者がワシントンで情報を開示してしまったので、あまりにも普通の話になってしまいました。

企業育成資金について説明を書いております。 現在ワシントンの方では公式ホームページで詳細について説明をしておりますので、そのことについて私自身も関心があるのでいろいろ調べています。 実際にこの資金を最終的に監督している部分というのは米国大統…

このブログを書く意義について考える。

企業育成資金に関するブログを長年 書いておりますが このことに対する答えがついに 王族 グループが公式なホームページで 説明を書いているために、すでに研究をするというよりも 答えが書いていました。 これは一昨年作成したホームページのようですが つ…

歴史の事実を正しく見つめることによって全てが見えてくる。現在は全てワシントンが情報を発信している事実に気づいた。

企業育成資金で話を追求していくと 結局は1933年の米国で決められた金の国有化という法律が関係しているということです。 つまり 当時日本は BIS つまり国際決済銀行に加盟しており、 日本の昭和天皇が国際決済銀行を作るための 旗振りをしたところもあり 当…

企業育成資金などは銀行口座にあるバックスクリーンの資金データからフロントスクリーンに資金を動かす作業であるこの作業を行うには米国ワシントンの許可が必要となりその許可を取って資金が投入される。

企業育成資金などは銀行口座にあるバックスクリーンの資金データからフロントスクリーンに資金を動かす作業であるこの作業を行うには米国ワシントンの許可が必要となりその許可を取って資金が投入される。 このブログでは企業育成資金などの簿外資金と呼ばれ…

育成資金の仕組みも、帳簿外口座から帳簿口座に資金を動かす仕組みである。

■育成資金の仕組みも、帳簿外口座から帳簿口座に資金を動かす仕組みである。 結論から言えば、銀行口座システムには、オフラインの口座とオンラインの口座が存在しており、帳簿外口座(簿外)と帳簿口座が存在する。 このことを覚えてください。 帳簿外口座…

オフラインの世界からグレートリセットの世界へ

このオフバランスの銀行口座システムの基本をつくったのは、誰であるのか?ということを言えば、この基礎をつくったのが、日本の昭和天皇が主導しておこなったことだということが紹介されています。 つまり、日本の昭和天皇の命によって、集められたアジアの…

この資金がなぜ米国連邦法の管理下であるのか?

結論として、この世界を探求していくと、「米国大統領予算管理局」という組織によって管理されている資金ということになります。 たしかに、王族資金ということで、王族グループの管理資産については、OITCが1995年からオフバランスの担保口座の資金を管…

金融システムのほんとの世界

たまたま、某アジアの王族グループの家族との関係があり、オフラインに関することを調査していると、最近は、いろいろ情報が開示されてきていることに気付きました。 世界的に、今までOPENにされていなかった王族資金の担保口座についての話など、情報が開示…

世界の担保口座とは?

OITCの目的 1933年から1934年の金法に基づいて集められた政府の集中化された富と、第二次世界大戦中にドイツ軍と日本軍が行ったその後の行動は、今日では国際担保総合口座として知られ、時には世界債務ファシリティまたは単に世界口座と呼ばれるものを形成し…

経済を発展させるために、路頭に迷わないためには、どこに向かうかまずは知らなければいけない。

王族の資金ということを本ブログではよく説明はしておりますが一体これはなんであるかというのはきちんとした組織が存在するわけです。 それが42の王族グループが管理している組織として存在しているのがこれがOITCという組織になります。 このことについて…

簿外資金の話(公式文章を日本語化しました)

OITCの歴史的経緯 通貨交換の世界史は、金に裏付けられた通貨システムから不換紙幣を使用するシステムへと移行してきました。このセクションでは、なぜその移行が起こったのか、そして OITC が管理する資産と口座がなぜそれほど重要なのかを説明します。 ​ …

オフバランスファンドの世界

MSA総合研究所です。 基本的には私自身は送金の案件はあまり力は入れていませんが、たまたまアジアの某王族グループの家族の方から巨額な送金案件の話がきましたので、ちょっとネタとして書いてみたいと思うのです。 筆者自身もさまざまな国際金融に関する案…

奴隷国家の日本は大成功している。さようなら奴隷国家、

なぜ、日本が良くならないのかを考える前に、「奴隷国家としての日本」ということを理解して、そのことを認めたうえで、物事を行動しなければ、日本の経済の再構築などできることがありません。つまり、理由は単純ですが、奴隷国家を目指すグループが国家を…

日本の奴隷制度は変える必要がない。意識を変えることができるだけの世界を作ることが大切だ。

実は、気付きがあったのです。なぜ、この制度は、非常に良いのですが、日本のトップクラスの経営者たちが、この制度になかなか理解を示さないか?というのは、単純二に日本は、奴隷制度を好む資本家によって成り立っている国家であることが理解できました。 …

日本は奴隷制度のネガティブなエネルギーによって、満たされれているパラレルワールドである。この世界から違う(パラレルワールド)世界へ向かうべきだ

振り子の原理ということをネットで見て、なるほどということを理解しました。つまり、この制度は、あまりに良すぎるせいdですから、逆に「育成資金」の制度に対して、ネガティブなエネルギーが流れるということが理解できました。 つまり、振り子の原理です…

私たち MSA 総合研究所としての役目について説明します。

MSA 総合研究所のブログ となります。 このブログでは PPP や企業育成資金について 様々な角度から情報を発信しています。 私どもは一般的にはあまり オープンにされていない情報を分かりやすく説明するということで行っているシンクタンク となります。 つ…

日本の経済をよくするには今までの常識を捨てることが重要だ.

ブログの読者の方からこの映画が面白いよ。ということでご連絡をいただいたので一通り見てみましたが、結構興味深い内容だったので添付しました. これは日本の財政をどうすればよいかということを訴えている。一つのテーマだと思いますが、財政出動を積極的…

日本経済再建を目指す 骨太 政策に対して,真の提案とはこれだ!

企業育成資金についてのブログを書いております このブログに関して言えば 長年 書いておりますが この業務について皆さんに深く理解をしてもらうために常に情報を入手して発信をしています 企業育成資金の重要なポイントというのは ここ最近 まとめているの…

日本国内の銀行で15億円もしくは30億円の預金がある方には朗報こんなPPPもあります。

MSA綜合研究所です。 日本国内向けのPPPの案件が新たに出てきましたこの案件は、 15億円及び30億円の預金があれば参加できる案件で銀行口座の資金移動なしという最高に良い案件になります。 つまり日本の指定する国内の銀行普通預金口座に個人の名義で30億円…

日本国というものと日本政府というものは それぞれ 存在するということを 物事を区切って理解すればよくわかる。

日本の本当の仕組み 企業育成資金の世界を探求していくとやはり日本の本当の仕組みということに関心を持つようになります。 つまり 日本国というものと日本政府というものは別々に存在しているということに気づきます。 日本国というものは前回のブログでも…

日本 国及び日本政府というものの本質を理解するとこの仕組みがよく理解できる

MSA 総合研究所のブログです 日本の本当の仕組み このブログでは様々な角度から 企業育成資金についての説明を行っております 私たちの提案としてはどのようなことをお伝えするべきかということを常に考えて情報を発信しております その中で 皆さんにお伝え…

時代の転換期、日本がなぜメシアになるのか?その理由は、

これは、日本人に朗報ではありますが、日本の天皇家が提供するゴールドクレジット、つまり、天皇家が保有するゴールド資産から生み出した資金が、そろそろ、大量に日本国内に提供されていきます。その情報をキャッチしました。 つまり、何が起きるか?今新し…

本当の世界の仕組みというのを理解する

日本の経営者は、王族グループから提供される助成金ついて理解をしている経営者はすくない。つまり、世界の経済をほんとうの意味でバックアップしているのは、王族グループの資金といえます。その事実について知る不必要があります。 中央銀行システムがどの…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。