【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

2023-07-01から1ヶ月間の記事一覧

割引 ゴールドのローリング 取引 国内 PPP

MSA 総合研究所です。 ゴールドのローリング取引についての話を書きたいと思います。 日本国内でもゴールドの割引 取引について 時々金融ブローカーの間で話題になっていますが このゴールドの取引 なぜ ロンドン価格の LBMAの価格に対して 割引価格で販売さ…

世界開発援助とゴールドバック マネー それが世界の通貨発行権である

MSA 総合研究所です。 お金の資金を研究していくと最終的にはゴールドと通貨という関係が見えてきます。 ゴールドの価格というのは ロンドンのシティで たった5人の銀行家の入札によって決められているということを書きましたが その決められた価格というの…

世界の銀行 システムの頂点 通貨発行に関する話

MSA 総合研究所です。 通貨発行権の世界について話をしていきたいと思います。 日本は日本銀行が通貨を発行する権利があるので それが 通貨発行権だと思ってる人が多いのですが あれは全てが借金としての通貨を発行しているわけですから いつかは戻さなけれ…

ヨーロッパにおける PPP SBLC/MT760

MSA 総合研究所です。 欧州で行っている PPP に参加したいというような相談も時々受けますので 欧州の PPP について説明します。 基本的にはSBLC/MT760 これを銀行に発行してもらう必要があります。 日本の銀行でもスタンバイ LC を発行する銀行がありますの…

Mete財団は金準備銀行グループの中央銀行である

■Mete財団は金準備銀行グループの中央銀行である。 金準備銀行という概念は一体いつできたのでしょうか。 このスタートになっているのは1921年にイギリス フランス アメリカ 日本の国家元首が集まり イギリスのロンドンで会議したことがスタートです。 金準…

政府の借金と国民を殺す モデルを解決する方法

■政府の借金と国民を殺す モデルを解決する方法 今現在行われている日本の政策を考えた時になぜ日本国民が 個々が豊かになっていかないのかこの問題について考えていくと 一番の悪は国民が銀行からお金を借りないので 政府が国債を発行し お金を借りているか…

ゴールドの価格の決定とゴールドクレジットの世界

MSA 総合研究所です。 ゴールドの価格といえば ロンドンの LBMAの価格であるということが決まっていますが これは たった5人の銀行家の入札によって決められているということです。 まさに 金相場というものは非常に特殊な世界だと言えます。 また LBMAの価…

ゴールドの価格決定の方法

MSA 総合研究所です。 金の価格というのは ロンドン 価格 LBMAと言われていますが、 その価格決定をするセリがありますが、それは たった5つの銀行家が入札をして決めているということです。 参考ホームページ https://www.chemeurope.com/en/encyclopedia/G…

ゴールドボンドの世界

MSA 総合研究所です。 金に関する非常に興味深い記事がありましたのでそのリンクを貼り付けました。 これはゴールドボンドと呼ばれる金の債券に関することが紹介されていました。 https://www.bullionstar.com/gold-university/hsbc-gold-vault-london つま…

金準備銀行グループというのは 地球全体を網羅した銀行 システムであり 世界の全ての国家 政府の中央銀行及び政府の借金問題を支援します

MSA 総合研究所です。 先ほどの ブログで金準備銀行グループが行っている一番重要なサービスというのは何かといえば これは中央銀行と政府との間に持っている借金の問題を解決するというために外部から財源を補填することが 金準備銀行グループの重要な業務…

企業育成資金などの業務はなぜ行うのか,中央銀行と政府が解決できない借金問題を解決することが 業務である

MSA 総合研究所です。 日本の経済も相当 厳しい状況になってきてるように思いますが なかなか究極の救援策である金準備銀行グループから提供される資金について 日本の経済人は理解できないというのが 日本の国家の発展の妨げになっていると言えます。 まあ …

日本が世界から排除される日は近いのか

■日本が世界から排除される日は近いのか 日本の構造的不況ということを考察していますがその中で一番わかりやすい説明をしているのがバランスシート不況と呼ばれる 経済不況だと思います。 これは単純に言えば企業が資金を金融機関から借りる場合は 何らかの…

日本経済は世界的地位をなくす。

■日本経済は世界的地位をなくす。 日本経済は今 非常に厳しい状況に置かれているということは 日々 報道で言われています。 確かに 特に 中小企業などを見ていると非常に利益を出すのが難しい状況になっていると言えます。大企業の内部保留が増えているよう…

日本の借金問題と国際基準バーゼルの規定を考える。

■日本の借金問題と国際基準バーゼルの規定を考える。 中央銀行であっても銀行は銀行ですから 自己資本率というものが重要になります中央銀行における自己資本率というのは基本的には 外貨準備高 になりますから これは 外貨や 外貨資産 いや ゴールドが外貨…

PPP プライベートプレイスメントプログラムについての最新情報

MSA 総合研究所です。 最近は 海外の PPP のお話をあまり書いていませんでしたが 少しまた 書きたいと思います。 現在海外での PPP を行うのもなかなか難しくなってきているという情報がありますが基本的にはスイフト MT 760 もしくはスタンバイ LC を発行し…

企業育成資金は 説明する上で知っておくこと 復興開発 財源

MSA 総合研究所です。 なかなか日本で企業育成資金の話をしても日本の大企業 経営者が怖がって近づいてこないという現状は変えられない事実になっています。 確かに 個人的に何兆円もくれると言われれば なぜ俺にそんな金を出すんだと言いたくなる気持ちもわ…

インフラ開発企業に関しては優遇的に資金を出す 制度 復興開発 財源について

MSA 総合研究所です。 企業育成資金でも非上場の企業に資金が出せるということが書いていますが どのような企業でしょうか という質問がありましたので回答します。 企業育成資金というのは基本的には電力や鉄道のインフラ開発企業は優遇されますので インフ…

日本の ODA をはるかに超える国家間の 経済支援

■日本の ODA をはるかに超える国家間の 経済支援 2020年に設立されたMete財団について色々と説明させていただいています。 私自身はこの財団のアジア 日本地区の代表として国家 政府の経済援助を行うことを目的に業務を行っています。 この資産というのは 世…

政府 国債を日銀に買わすことはいくらでもできるのか

■政府 国債を日銀に買わすことはいくらでもできるのか 日本で結構 論議になっているのが 政府もう借金である国債を日本銀行にどんどん買わせれば良いのだ どうせ 借り換えをするのだから 返済などしないのでそのまま ひたすら 借り換えを繰り返していればい…

経済的安保を考えるならば 企業育成資金をしっかり理解し 活用 すべし

最近はMeteについての話を主にしていますが基本的には 企業育成資金も同時に募集しております。 企業育成資金に関してはずいぶん 説明しましたので 皆さんは理解していると思いますから あまり 同じ話ばっかりしても面白くはないと思いますのでそのことを書…

日本の借金問題について考えた時に この問題解決するのは国内だけで解決するのはさっさと 諦めた方が賢いです

■日本の借金問題について考えた時に この問題解決するのは国内だけで解決するのはさっさと 諦めた方が賢いです。 だいたい プライマリーバランスを黒字化するなど 100%無理な目標を立てていますから初めから諦めた方がいいのです。 それです と我々は 国連の…

国家プロジェクトを推進することが 財源の確保になる。

■国家プロジェクトを推進することが 財源の確保になる。 最近は政府の財源も不足していることがあり 国民生活も苦しくなったおかげで支出をカットするという風な緊縮的な発想が普通になりつつありますが 実は 緊縮的な発想を持って 経済を考え始めると経済は…

政府の借金問題を解決する手段

■政府の借金問題を解決する手段 今政府は国の財政のプライマリーバランスの黒字化 を目指すということを言っていますが 現実問題として 最近 税収が増えたということを言っていますがどんどん増税をしているのと同じですから この状況でも 70兆円の税収で100…

大阪万博の財源不足問題を解決する方法。

■大阪万博の財源不足問題を解決する方法。 大阪万博が間に合わないということで連日 YouTube のニュースではジャーナリストが喜んで報道しています。あれを見ていると日本人は日本の国を壊すことが面白いと思っているように感じて仕方ないです。確かに 予算…

国民負担の軽減が国家運営で重要である。

■国民負担の軽減が国家運営で重要である。 国家運営ということを考えた時に資本主義の基本的原理というのは民間が政府を雇うということで 政府が国民に対して社会サービスを提供するという仕組みになっています。 これは第2次世界大戦以降 世界中の国々が同…

国家運営にとって国民負担をなくすことは重要だ。

■国家運営にとって国民負担をなくすことは重要だ。 最近の日本の報道を見ていると増税 路線に対して国民の 我慢の限界が来ているというような内容が多く見受けられます。 資本主義経済の基本というのは民間が政府を雇うということで 政府を維持するというル…

民間及び行政負担をしたくない 大阪万博に対する提案

■民間及び行政負担をしたくない 大阪万博に対する提案。 大阪万博のニュースを見ていると 民間負担 1/3 大阪の負担が1/3 国の負担が1/3 ということで 計画を進めているようですがその財源をどうするかということで予算が不足して前に進まないということを見…

大阪万博の外国 パビリオンの建築確認が一件も出ていない という問題解決への提言。

■大阪万博の外国 パビリオンの建築確認が一件も出ていない という問題解決への提言。 最近のニュースを見ると毎日のように大阪万博が間に合わないのではないかとか中止になるのではないかというような 報道が続いています。 それを見てふと思ったのですが 私…

これから世界がどうなっていくか という話をしていきたいと思います。

■これから世界がどうなっていくか という話をしていきたいと思います。 これは日本が好むか 好まないかは全く関係なく 世界が変わっていくという話ですから それに従うかどうかは 日本国民が判断しなければなりません。 ただ 2027年は世界的に大きなターニン…

世界連邦に向けて動き出している。日本はその流れについていけるか?

■世界連邦に向けて動き出している。日本はその流れについていけるか? 世界祭壇の資産管理会社といえば信じがたい話でありますが、国連(連合国)管理された資産ということになりますが、これは、1919年ベルサイユ条約、1944年ブレトンウッズ会議、I…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。