【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2023-05-01から1ヶ月間の記事一覧

歴史的資産の償還プログラムの全文公開(日本語訳)

2017 年 5 月 10 日より開始 - すべての歴史的資産の償還は、公式指示書に定められた議定書に従って、2017 年 5 月 10 日に正式に開始されます - 買主が売主となり、売主が買主となります。この償還プログラムは、受託者、代理人、およびあらゆる歴史的資産…

歴史的資産から資金調達ができる仕組みをもつことが、国家の繁栄にとって重要なことである。

歴史的資産から資金調達ができる仕組みをもつことが、国家の繁栄にとって重要なことである。 歴史的資産は、第一世界大戦、第二次世界大戦における戦争資産であり、ベルサイユ条約(1919年)、ブレトンウッズ会議(1944年)、IMF,世界銀行、国連にお…

令和の所得倍増計画や新日本列島改造論を実現するには、歴史的資産による最新マネタリーシステムを日本に導入することを考えるべきだ。

令和の所得倍増計画や新日本列島改造論を実現するには、歴史的資産による最新マネタリーシステムを日本に導入することを考えるべきだ。 歴史的資産(第一次世界大戦、第二次世界大戦に関する戦争資産)について、これは、世界の通貨を生み出すためのゴールド…

歴史的資産を使ったプログラムについて、解説、最新プロジェクトは、政府、国家支援を行うデジタル通貨である。

歴史的資産を使ったプログラムについて、解説、最新プロジェクトは、政府、国家支援を行うデジタル通貨である。 歴史的資産の償還プログラムという名称が、国連に登録されている第一次世界大戦、第二次世界大戦によって当ケウされた資産、もともと所有者と現…

時代の流れも変わり、監督官庁も認める?

時代の流れも変わり、監督官庁も認める? 流れが変わってきた日本の対応ということで、話を書きたいと思います。今は、流れが大きく変わってきています。それは、今までは、企業育成資金の制度について監督官庁に問い合わせをすると、「よくわからないものに…

この内容を理解すれば、すべてがイメージできる。

この内容を理解すれば、すべてがイメージできる。 国連規定(指示書)によると「歴史的資産の償還プログラム」というのが、正式名称ということです。日本では、企業育成資金や償還金、基幹産業育成資金と言われる制度になります。長期管理権委譲渡資金という…

歴史的資産の過去の精算と新しい通貨システムについて

歴史的資産の過去の精算と新しい通貨システムについて 歴史的資産の償還プログラムということを説明しています。これは、国連規定によって行われている戦争によって接収された資産についての精算方法についてのルールが決まっています。 1,保有者(現在の…

歴史的資産についてのまとめて説明すると(これが理解でなければ、世界の経済を想像できない)

歴史的資産についてのまとめて説明すると(これが理解でなければ、世界の経済を想像できない) 歴史的資産と言われる第一次世界大戦、第二次世界大戦で生じた戦争に関する資産について、この体後は、ベルサイユ条約(1919年)、ブレトンウッズ会議(19…

歴史的資産の償還プログラムという仕組みについて、国連規定について知れば、この仕組みについては、日米関係は切ることができない深い関係があると言えます。

歴史的資産の償還プログラムという仕組みについて、国連規定について知れば、この仕組みについては、日米関係は切ることができない深い関係があると言えます。 つまり、日本の通貨を担保している、根本的財源は、歴史的資産と言われる第一次世界大戦、第二次…

歴史的資産の償還プログラムについて

歴史的資産の償還プログラムについて 歴史的資産の償還プログラムという制度が、国連の規定の中で行われている。そのことについて説明すれば、そのことが企業育成資金ということになることに気づく。 これは、歴史的資産(第一次世界大戦、第二次世界大戦に…

日本人が知らない事実

日本人が知らない事実 企業育成資金について日本の金融機関が全くわからない理由は、唯一、日本の金融機関は、一社も米国NY国務省においてUCC(統一商法)の仕組みによって、ゴールドクレジットを発行していないからである。 これは、明確な答えが言えるが、…

100%明確に答えるには、国連規定について理解しなければ、企業育成資金についての仕組みは、全く理解できない。

100%明確に答えるには、国連規定について理解しなければ、企業育成資金についての仕組みは、全く理解できない。 企業育成資金という制度は、これは、1951年からスタートした相互安全保障条約の一貫で、これは、国連に登録された条約となっており、国…

歴史的資産による資金分配の仕組みは、戦後賠償として各国に与えられる財源の提供といえる。

歴史的資産による資金分配の仕組みは、戦後賠償として各国に与えられる財源の提供といえる。 本当に学校では教えない金融の仕組みということになりますが、世界の銀行システムを担保しているのは、先の、第一次、第二次世界大戦における戦争資産⇒歴史的資産…

歴史的資産(戦争資産)の償還プログラムの概念について、 そして、次の時代のデジタル通貨が目指す意味とは?

歴史的資産(戦争資産)の償還プログラムの概念について、 そして、次の時代のデジタル通貨が目指す意味とは? 筆者は、Mete財団の仕事を行うことで、歴史的資産をつかったデジタル通貨について理解が深まりました。というか、業務を行う上で理解しておかな…

ゴールドクレジットの世界を理解する。これが真実の通貨システムだ。

ゴールドクレジットの世界を理解する。これが真実の通貨システムだ。 現在における歴史的資産(戦争資産)について言えば、国連規定では、戦争資産のゴールド(M1)資産を使って、米国ニューヨーク国務省にてUCC(担保設定)の登録をして、クレジットを生み…

歴史的資産といわれる戦争財産について色々書いています。所有者と保有者というのは?そして、そこで実施されている償還プログラムとは?

歴史的資産といわれる戦争財産について色々書いています。所有者と保有者というのは?そして、そこで実施されている償還プログラムとは? 企業育成資金を理解する上で、この世界が理解できなければ説明できません。歴史的資産の国連定義には、ベルサイユ条約…

ゴールド取引については、100Kgからローリングできます。

ゴールド取引については、100Kgからローリングできます。 さて、ゴールドの取引について、売主様と協議をした結果,新規買主の場合、200Kgからローリングからの対応ですが、特別枠で、MSA総合研究所のお客様として紹介した場合には、100Kgからローリ…

歴史的資産というものと中央銀行システムという経済の仕組みを説明、これからの世界は、統一世界になる。

歴史的資産というものと中央銀行システムという経済の仕組みを説明、これからの世界は、統一世界になる。 結論から言えば、歴史的資産⇒戦争資産(第一次世界大戦、第二次世界大戦)の定義は、国連定義では、ベルサイユ条約、ブレトンウッズ条約、IMF(国際通…

知られざる世界を説明する。

知られざる世界を説明する。 さて、M資金ということで、日本で昭和の時代から話題になっていますが、M資金は、存在するということでの答えを教えます。 M資金というのは、この定義は、国連規定では、ベルサイユ条約、ブレトンウッズ条約、世界銀行、IMF、国…

国連規定における歴史的資産について理解をして、日本人としてどうするか?

国連規定における歴史的資産について理解をして、日本人としてどうするか? 企業育成資金の原型を作った日米相互防衛援助協定 MSA協定も、実は、これは、日米協定ではありますが、国連に登録された条約ということになります。 歴史的資産といわれる世界大戦…

本当の経済の仕組みを理解して、これからの動きを予想する。

本当の経済の仕組みを理解して、これからの動きを予想する。 筆者もMete財団に所属して世界共通通貨としてのデジタル通貨を世界に普及するための仕事を行っていますが、その中で、歴史的資産というものについて詳しく知ることになります。つまり、日本でも企…

世界的な歴史的資産についての詳しい定義について説明します。

世界的な歴史的資産についての詳しい定義について説明します。 第一次世界大戦、第二次世界大戦における国際条約、憲章などの取り決めによって差し押さえれた資産をすべてまとめて管理している仕組みがあります。 具体的に述べれば、 1919年野ベルサイユ…

ゴールド 案件について 最新情報  200Kg→100Kgからローリング取引OK

ゴールドの案件についての最新情報によると 売主様の希望ではローリング取引に関しては 200kg 以上にしてほしいという要求が出ています。 ただ、売主との交渉の結果、私どもMSA総合研究所からの紹介の場合は、100Kgからのローリング取引可能ということに…

この説明を理解できるとあなたも、プロです。

この説明を理解できるとあなたも、プロです。 資金者制度という仕組みについて、個人が国家を動かすだけの資金をもっているということに驚かれますが、これは、国家を動かすだけの資金を議会に任せる方が、実際のところ決定に時間がかかり、国家を救済する財…

筆者の行っていることを単刀直入に説明すると

香港出張を終えて、無事に仕事を完了してきました。コロナの影響で3年半も香港に行って行って、居なかったので、特に銀行手続きを中心に仕事を片付けてきました。 さて、明日(水曜日)から通常営業になります。 MSA総合研究所は、これは筆者の個人事業とし…

本日も海外出張中

本日も海外出張中 さて、昨日から香港にいます。筆者は、2006年から香港で現地法人をもっていますが、コロナの原因で、3年以上香港に渡航ができていなかったので、こちらに来ていろいろ手続きをしています。 今、海外との案件も色々すすめていますので…

海外出張中

本日は香港に出張に行っていますので 、今日 明日は連絡 つきにくいです。 朝一番の飛行機で羽田から香港に着きましたが 香港はもう入国制限とは全くなく普通にフリーで入国できました。 一時期は学生運動がひどく 治安が悪い感じがしましたが今は非常に落ち…

世界的経済発展の戦略

世界的経済発展の戦略 簿外資金と言われる世界、この世界は非常に奥が深い。米国が、基軸通貨になるために作った制度である。基軸通貨である米ドルが、資金不足にならないために、通常の銀行システムとは違う、もう一つの簿外資金を生み出す金融システムを作…

国際的な動き

国際的な動き 米国国債を大量に買い上げて、国連ともパートナーシップを持って世界経済の救済をしているMete財団のアジア日本代表として活動している筆者ですが、簿外資金というジャンルで言えば、世界最高峰の団体ということになります。 活動支援範囲は、…

日本でG7が開催されいるニュースを見て感じていること

日本でG7が開催されいるニュースを見て感じていること 正直、読者の皆さんとっては、国際的な安全保障問題というのは、遠い世界の話だと感じているかもしれませんが、今、G7が日本で開催され、同時に、戦争中の国の大統領が日本に来日します。また、今年は、…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。