実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!短期国債★日本国内のPPP全般情報 ★自由で開かれたインド太平洋構想★世界共通通貨・貿易決済を変えるデジタル米国債通貨(DBN)の世界★毎月給料のように給付がある小口PPPの仕組み(発展途上国でブーム)欧州発・ベイシックインカムの世界★MSA総合研究所

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

中央集権型から分散型社会に転換することでおこる近未来について

中央集権型から分散型社会に転換することでおこる近未来について 最近は、中央集権型の世界から分散型の世界への変革期だと感じることがあります。つまり、人は中央集権、一極集中する世界を嫌う人が、分散型の世界へ自ら足を運ぼうとしています。 つまり、…

クレジットを発行する際の担保設定は、米国連邦法では、30年後に自動消滅する。その仕組を理解することが国家の所得倍増計画につながる。

クレジットを発行する際の担保設定は、米国連邦法では、30年後に自動消滅する。その仕組を理解することが国家の所得倍増計画につながる。 国民所得を増やすには、生産性が高いということより、個人が使えるクレジットを増やせば良い。米国におけるクレジッ…

企業育成資金の本質を理解すれば、決して悪い話ではない。自信を持って言える仕事である。

企業育成資金の本質を理解すれば、決して悪い話ではない。自信を持って言える仕事である。 企業育成資金について説明をほぼ毎日求められますので、そのことについて説明をするときに、よく話をするのですが、この資金の確認は、どうすればいいのですか? と…

PPPの世界は、実質年利回り300%程度というのが、一般的に思われる。

PPPの世界は、実質年利回り300%程度というのが、一般的に思われる。 最近は、企業育成資金の案件以外に、小口のPPPの案件や、ゴールドのローリングの案件も関係しています。ゴールドのローリングの案件とは、基本的には、売り主が割引で売却したものを、…

継続性と持続力という話

継続性と持続力という話 前回ブログでは、継続することの重要性について話を書きましたが、どんな仕事でも習慣性が重要だと思っています。毎日、同じことを繰り返して同じ内容について話をすることが重要だと考えています。習慣性を自分の脳の中にインプット…

ビジネスマインドという話を書きたいと思います。

ビジネスマインドという話を書きたいと思います。 ビジネスマインドといえば、物事を達成しようとするモチベーションが大切だと言われますが、もっと言うならば、継続的努力が一番大切だと筆者は思っています。 継続的努力と集中力というものが、世界を作り…

ビジネスで泣き言を言っても、何も始まらない。

ビジネスで泣き言を言っても、何も始まらない。 企業育成資金やPPPについての仕事をしていると、よくあるのが、「こんないい話ないのに、話を拒否されてた」という嘆きの報告がよくあります。 確かに、大きな資金が動く案件は、大きな資金の配当も期待できる…

UCC(Uniform Commercial Code) ステートメントについて

UCC(Uniform Commercial Code) ステートメントについて アメリカのローンの金融を見ているとUCC1,UCC3という文字を見ます。筆者も前々からこの意味するところはなにか?ということが気になっていたので、調べてみました。 非常に単純な話でしたが、債権…

2023年2月6日 月曜日 東京駅八重洲口近くセミナー会場 午後2時から午後4時 セミナー開催、参加者募集中  「企業育成資金とPPPについて」

2023年2月6日 東京駅八重洲口近くセミナー会場 午後2時から午後4時 セミナー開催、参加者募集中 「企業育成資金とPPPについて」 ★2023年2月6日月曜日 午後2時から午後4時 「企業育成資金とPPP」についてのセミナーを開催します。 「誰も教えないお金の大学…

銀行の歴史を知り、宇宙時代の幕開けに備える必要性がある。

銀行の歴史を知り、宇宙時代の幕開けに備える必要性がある。 銀行というのは、日本は西欧に遅れてできた仕組みであるので、本当の銀行システムについて理解するのは難しのですが、1600年代から出来たものであり、これは、植民地貿易をするための国債決済…

京都から戻ってきました。今後の予定について

京都から戻ってきました。今後の予定について 先程、京都から東京に戻ってきました。やはり、このブログのテーマは、「天皇制資本主義」について探求するブログですから、京都御所にいってパワーをもらってきました。近所に、安倍晴明で有名な、晴明神社があ…

安倍晴明いえばこの神社

晴明神社 個人的には、安倍晴明の世界、つまり、陰陽師の世界といわれていますが、人間の目では見えない霊体の世界について、研究し、動かすことで世の中を動かそうとしていた時代がありました。 実は、そのような考え方は今でも一部では残っっていますが、…

京都御所に来ています。

本日は、京都御所に来ています。 天皇制資本主義の話をしているのでここに来なくてはと思ってきました。 京都御所には、20数年ぶりに来ました。 まさに、日本の歴史を感じる場所でした。 さて、明日からは、東京での仕事になります。 今年は、天皇制資本主義…

100年に一度の産業転換期に、企業育成資金を活用しないでいつ活用するのか?

100年に一度の産業転換期に、企業育成資金を活用しないでいつ活用するのか? 今日も京都に滞在していますが、京都といえば、御所ですよね。今年は、天皇制資本主義を普及させて、日本経済復活をさせる決意をするために、御所を見学してきます。 結論から言っ…

京都

今日は京都に出張に来ています。 京都駅はけっこう人が多いですね。 ものすごく久しぶりにきました。 京都は政令都市ですが、財政が厳しいということが話題になっています。市営地下鉄の借金問題が大変だということです。 この問題の解決方法は、非常に簡単…

2023年から5年間で産業構造が一気に転換するカーボンニュートラル時代に、日本は、弱体化するか、ピンチをチャンスに変えられるか、それは、天皇制資本主義からの分配金である企業育成資金を活用できるかにかかっている。

2023年から5年間で産業構造が一気に転換するカーボンニュートラル時代に、日本は、弱体化するか、ピンチをチャンスに変えられるか、それは、天皇制資本主義からの分配金である企業育成資金を活用できるかにかかっている。 2023年は、自動車業界の100年に一度…

天皇制資本主義を最大限に理解することが、日本の再構築にとって重要なことである。

天皇制資本主義を最大限に理解することが、日本の再構築にとって重要なことである。 日本国を本当に支える財源を提供しているのは、「天皇制資本主義」を理解する必要があります。言葉は色々言い方はあります。たしかに、PPPの世界は英米が第二次世界大戦後…

PPPに関するプライベートクラブの世界

PPPに関するプライベートクラブの世界 筆者は、本日(1月27日)から1泊2日で京都出張にでかけます。 昔は、パワースポット巡りを何年間もアジアと日本をぐるぐる回っていましたが、最近は、全く行っていませんでしたが、時間があるときに、また、開始しよう…

明日(1月27日)は、京都出張です。

明日(1月27日)は、京都出張です。 さて、個人的な幼児ですが、明日は京都に出張になります。京都駅で打ち合わせ希望者の場合は、限定1組名様で、1月27日午後5時から1時間半程度で可能です。もし、希望者いましたら、当方に連絡ください。 Email: msasouke…

PPPのプライベートクラブについてのはなし

PPPのプライベートクラブについてのはなし 筆者は、特に金融都市伝説として語られるPPPの仕組みについて研究しています。この世界は非常に面白いと言えます。 ただ、この世界に突入すると、非常に嘘を言う人が多くいることに気づきます。金融の世界は魅力的…

基幹産業の転換期に、大型投資は、企業育成資金を活用する場合のスキームについて考えてみた。

基幹産業の転換期に、大型投資は、企業育成資金を活用する場合のスキームについて考えてみた。 自動車産業といえば、日本におけるもっとも重要な基幹産業ということになります。正直貿易輸出額の多くは自動車輸出によって得た利益といっても過言ではありませ…

世界的なマネタリーシステムの変化の波は、一気に押し寄せている。

世界的なマネタリーシステムの変化の波は、一気に押し寄せている。 マネタリーシステムの転換期になってきています。デジタル通貨が市場に出回るタイミングになっていますが、世界を見てみるとどうも、従来型の中央銀行システムが崩壊を始めていると感じられ…

世界の金融システムの変わり目、ロイヤルファンドが動き出す。

世界の金融システムの変わり目、ロイヤルファンドが動き出す。 筆者は、最近特に興味を持っているのは、ロイヤルファンドについて興味を持っています。日本では天皇ファンドと言われる資金が存在しますが、これは、世界銀行と関係が深くあります。世界銀行と…

PPPに関して言えば、日本の場合は、個人取引である

PPPに関して言えば、日本の場合は、個人取引である PPPの定義というのは、割引の金融商品を大量に個人間でダイレクト取引をするということが基本的な条件になっています。割引金融商品のP2P取引ということが定義となります。 日本にはいくつかのPPPの商材が…

日本の経済的地位の低下は、年々進んでいく、内需拡大をして自国ファーストの内需拡大型経済の発展を目指す。

日本の経済的地位の低下は、年々進んでいく、内需拡大をして自国ファーストの内需拡大型経済の発展を目指す。 衝撃のニュースがあります。ついに日本が名目的GDPで第四位になるということです。 人口が、8200万人のドイツに負けるということになります。…

本日はセミナーお疲れさまでした。セミナー動画をホームページにアップしました。

本日はセミナーお疲れさまでした。セミナー動画をホームページにアップしました。 本日は、秋葉原で企業育成資金のセミナーを開催しました。いつもご参加いただきありがとうございます。初めて参加された方も、お疲れ様でした。 今日は、企業育成資金につい…

1月27日 JR京都駅周辺打ち合わせ可能です。

2023年1月27日(金曜日) 午後3時半以降で京都駅周辺に滞在しています。もし京都駅周辺で打ち合わせが必要な場合にはご連絡ください。 希望としては、1月27日の午後3時半から午後6時半の間で打ち合わせに京都駅に来ていただける方は、個別での打ち合わせ可能…

本日は、秋葉原セミナー  今年第一回目のセミナーになります。

本日は、秋葉原セミナー 今年第一回目のセミナーになります。 時間をみれば、日が変わっていました。本日、午後2時から行う秋葉原のセミナーのテキストを作っていました。今回は、新しいこと教えるというよりも徹底的に天皇制資本主義について理解をしても…

増税路線で、国民生活が苦しくなる中で、国家を救済するには、天皇家のロイヤルファンドから資金の分配を国民と政府に行うことが急務でありますので、経済界のリーダーは、この制度についてしっかり理解をしてください。

増税路線で、国民生活が苦しくなる中で、国家を救済するには、天皇家のロイヤルファンドから資金の分配を国民と政府に行うことが急務でありますので、経済界のリーダーは、この制度についてしっかり理解をしてください。 政府が財源不足だということで、国民…

増税路線、消費税14%?という衝撃のニュース

増税路線、消費税14%?という衝撃のニュース ニュースを見ていると、消費税14%に増税するというニュースが流れていた。まだ、消費税が、10%から一気に14%に増税するということですが、消費税と消費税還付の問題があります。日本から輸出する商品…