ご連絡

ここ最近、読者の方々からブログの更新がないと問い合わせをいただきますので、ご連絡致します。筆者としては、この制度について、できる限りわかりやすくお伝えしてきました。この制度について、繰り返し説明することは、同じことの繰り返しですので、この…

会社が経営難になったとき一番助かるのは、現金給付です。それを行うのが、本案件です。

経営危機を乗り切るのは、「現金資産」の強化以外方法がありません。不動産などの資産があったとしても現金化をすぐにできないものであれば、明日の支払いができなければ、会社は倒産します。 すなわち、会社が究極にピンチになったときに、一番ほしいものは…

国難の時に大きく動く本資金、そのタイミングは、2020年6月からスタートする。

償還制度(MSA資金:委譲渡資金)の基礎になった日米協定は、「日米相互防衛援助協定」における産業支援制度の条文があることに始まっています。その背景には、日本に対して米国が戦後賠償を求めるより、日本の工業化を支援して、日米間の貿易促進を促した方…

償還制度(MSA資金:委譲渡資金)の申請から審査の流れまで説明

償還制度(MSA資金:委譲渡資金)について、申請をした際の審査をどうやって行っているのかを説明したいと思います。 申請者が資金管理事務局の窓口業務を行っている担当者(代行)に書類を渡します。代行は、資金管理事務局に書類を持ち込み資金者に書類に渡…

この補助金申請をサポートするビジネスモデルは、アメーバー経営をいかにうまくできるかにかかっている

コロナショックの中で、疲弊する企業が多くあります。企業経営者は、なんとかして収入を上げたいと考えるものです。しかし、休業命令を出され、家賃が発生し、従業員の給料、そして、さまざまな固定費の捻出を迫られ、敢え無く事業をやめる方も多数います。 …

現金資産がなくなることは、会社が倒産することを意味する。現金給付される本制度は、経営危機を一瞬に問題解決する案件になります。

経営危機を脱するには、企業にとって一番重要なのは、「現金資産」があることです。 すなわち、この償還制度(MSA資金;委譲渡資金)は、現金支給される補助金制度であるということが、経営危機を乗り越えるために一番重要なポイントです。助成金でなく、1…

戦後復興を成し遂げたときのことを思い出せば、日本はかならず、産業、国民の生活を守ることが出来る

コロナ不況が、猛威を奮っている。4月期から6月期のGDPの落ち込みが前年度比マイナス20%と民間シンクタンクが予測したという報道が流れた。しかし、これは、まだ、本格的不況の序章に過ぎないという報道も流れている。すなわち、固定費がかさむ、大企業…

長期化するコロナショックに対応するには、現金給付されるこの補助金制度が、企業経営の存続のために一番役立つ。

償還制度(MSA資金:委譲渡資金)の補助金制度の最大の強みは、現金給付である。すなわち、この制度を活用することで、対象企業の経営者は、普通預金に巨額な現金給付されることになる。そのために、使い方については、制限されることなくすぐに、必要なとこ…

選択の幅がない時代が到来する

償還制度(MSA資金:委譲渡資金)の補助金制度を申請可能対象者に伝達するビジネスですが、空前のチャンスが到来しています。 大企業であっても長期休業などを余儀なくされているコロナショックは、過去に経験したパターンの不況とは全く違った形で押し寄せ…

知識量と共通認識を持つことで、成約率が高まる。

償還制度(MSA資金:委譲渡資金)について、最高のビジネスモデルであると感じたのは、筆者自身が、世界ランキング30位以内の世界的有名大学でエグゼグティブMBAの講師を行っていたこともあり、この制度の重要性を認識しているからである。 ビジネスの教育に…

最後の最後まで諦めなければ、ピンチをチャンスに変えることができる手段があるー償還制度

東証一部企業の破産宣告と聞けば、ショッキングなニュースです。コロナショックが長期化すれば、危険水域になる企業も増えることが予想します。そこで、ぎりぎり選択の話をここでは行います。 破産宣告をしてからでも救済ができるのか?償還制度を活用できる…

自らの意識をどこに向けて生きるのか?

償還制度(MSA資金:委譲渡資金)における補助金制度を大企業の経営者に説明する仕事は、非常に苦労の多い仕事です。しかし、この仕事は、日陰である仕事ではあるが、国難を救う仕事であることは事実です。 今、日本の表向きの財源は、非常に枯渇して困って…

あなたは、この情報を知ってどうアクションを起こしますか?

空前のチャンス到来、今は世界は企業救済を求めています。また、緊急事態であることで、企業の救済を受けうることは、どこからも不思議に思われることではありません。 当然、この償還制度でもそうなります。大企業向けの救済を行う制度ですが、その動きも相…

最大の危機が到来したときは、周囲の意見より、自分の直感を信じて行動するべき

まさに、千載一遇のチャンスといえる時期になりました。すなわち、通貨の大放出をする事になったのです。日本は、長年のデフレ傾向で成長戦略を取れなかったのですが、コロナショックの危機を救済するという理由で、日本の簿外資金を最大限に動かす動きにな…

この制度で一番不明な部分は、この話を読めば、なるほどと理解できるはず

さてこの償還制度(MSA資金:委譲渡資金)について非常に不明確でよくわからないという人が多い。その理由には、資金者という存在と、国の審査という2つのキーワードがある。 申請者は、仲介者を通じて資金管理事務局の資金者に対して申請書を提出する。申…

空前の資金調達を可能にした時代、まさに今がパラダイムシフトを実現している

パラダイム・シフト=異次元的な世の中の転換期を迎えています。すなわち、償還制度(MSA資金:委譲渡資金)を使った資金の空前のバラマキを行うことを計画しています。 コロナショックの経済対策を理由に、資金を市場に配っています。また、国家予算だけで…

注意事項ーこれは知らないと損をする

償還制度(MSA資金;委譲渡資金)と言われるこの制度について説明するなかで、重要なポイントについて解説します。 書類は、1箇所だけに出すこと! これが重要なポイントになります。 正規のルートを諸類を出した場合、資金管理事務局は、数箇所ありますが、…

全国の金融機関に対して貸し渋りをなくための財源を・・・全国金融機関向けキャンペーン実施中。かつて無いほどの連携プレイが実現している!

委譲渡資金(償還制度;MSA資金)の案件ですが、現在は特に金融機関、銀行、信用金庫に向けてのアナウンスを強化しています。また、監督省庁も協力を得る動きもあり、今までと流れがかわってきました。 どちらかと言えば、本資金に関しては、米国が主催して…

この制度が、暗闇に放置されたのか?そして、今一番注目される制度に生まれ変るのかを解説

昭和の時代に積極手に活用された償還制度ですが、平成になってから、積極的になぜ活用しなくなったのでしょう。その原因について考えて見たいと思います。一説には、多くのブローカーが介在したことで、この償還制度自体、信用をなくしたという点があります…

積極的政府対応になる本資金の動きー国民全員に資金補償をするには、この制度以外方法がない日本政府

流石に、今回のコロナショックにおける経済危機に対する対策費用の捻出に国も財源不足で困った状況になっています。 国債の発行をして、財源の確保にしていますが、ただ単にバラマキをしても帰ってくる見込みのない財源ですので、数年後、償還時期になったと…

国民に対する希望を与える演説!

前回のブログで書いた「筆者が総理ならば演説シリーズ」がなかなかいいという評価がありましたのでその続きを書いてみたいと思います。 「今、日本国内の上場企業の決算発表の時期になっています。株主総会もそろそろ始まります。しかし、各社、コロナウィル…

日本の危機を救うための演説

もし、筆者が総理大臣であるならば、この様に国民にお願いするだろう。 「コロナウィルスの拡大により、中小企業のみならず、大企業までも経営難に陥っています。国としての救済策も限界に達しております。日本銀行による社債購入の追加支援をおこなっており…

日本の金融危機を救うために国際決済業務におけるシステムの本質を見抜け

MSA協定資金(償還制度もしくは、委譲渡資金)と言われていますが、その本当の姿は、日本にある資金ではないということです。 米国政府が提案して同盟国である日本に対してドル支援を行うという案件です。米ドルは基軸通貨です。米国にとっては、基軸通貨で…

この資金の本当の姿は、この文章を見れば理解できるはずだ!     

国の委譲渡資金(長期管理権委譲渡資金:MSA資金)の謎について、説明しています。 さて、この資金を捉え方で重要な点は、この案件は、日本企業の大企業の経営者を対象に資金提供をするという案件です。主催者は誰か?また、資金はどこにあるのか?など、不…

なぜこの資金が、日本で探しても見つからないのか?その理由について解説

この案件については、償還金や委譲渡資金などいろいろ呼びかがありますが、なぜ、この制度が国が正式な見解を示していないのでしょうか? それは、この案件は、米国の提案により行われ、米国が主催している案件であることを知れば理解できるかと思います。 …

積極的に活用する時代が到来

緊急事態宣言の延長が決定しました。5月末までということですが、これで延長が終了するかどうかも不明です。コロナウイルスは、年間を通して収束しないのではないかという見解もでており、今後、一体どうなるか全く不明な状態が続いています。 国が企業保証…

最新ニュース、コロナショックで経済危機を救うのは、コレだ!

今回のコロナショックの結果、償還制度といわれる特別補助金制度が、日本にとって一番大きな財源になりますので、その財源を政府も積極的に活用を促す動きになりました。5月に入り、このままでは多数の企業が倒産する予測もでており、今までは簿外資金として…

国民に、100兆円追加で援助をするには、この制度の活用で外部収入を得ることが急務である。国債は借金、この特別補助金制度は、借金を伴わわない資金調達

今、若手国会議員の中で、100兆円の追加支援策を検討しているというニュースが出ています。その財源確保の方法は、国債を発行するということで賄うということですが、国債は、いくら日銀に買い取らすということを言っても、国債は、永久に償還する必要がない…

5月の日程

ゴールデンウィークになりました。さて、今年の連休は、5月6日までですが、その週は、木曜日と金曜日の2日間だけですので、実際の業務開始は、5月11日からになります。 特別補助金制度(MSA資金)は、緊急事態宣言が延長するという話ですが、銀行の窓口業務…

この資金の捻出、使用方法に対して、専門家、コンサルティングチームが今後重要になる。

この制度を理解しているコンサルティングチームを作るべきだと思って今、活動をしています。簡単にいえば、例えば、この特別補助金制度で、受託者が10兆円の資金調達をしたとします。その場合は、受託金額の20%は、本人の自由裁量枠、 80%は、法人経由…