緊急事態宣言の再延長、育成資金の活用をしてください。

日本には、巨額な企業育成資金が存在するという話を本ブログでは紹介しています。新型コロナの変異種が広がりを見えています。緊急事態宣言は、再延長という事態になっています。一体、この状態がいつまで続くのでしょうか? 日本経済に与える影響は多大なも…

国家の救済のためになる制度

日本にとっては、最後の砦といえる企業育成資金の財源です。基本的には、かつて基幹産業育成資金と言われた産業への補助金制度について、調べてみれば気づくことがあります。それは、国の安全保障費として運用している資金のうち、最大で20%は、産業支援…

大口と小口の育成資金について

財閥系育成資金について、基本的には、東証一部、資本金100億円 製造業、電力、鉄道、の企業代表者に資金提供をする案件です。コロナ不景気により、製造業以外の業種、サービス業でもかなり大きな打撃を受けています。サービス業であったとしても、東証一…

連休期間中の緊急事態宣言を受けて、育成資金の活用で資金強化を!

政府の発表では4月25日から5月11日まで連休期間は、緊急事態宣言を発令をして、休業依頼をするという報道が流れています。商用施設を有する大型ショッピングセンターや、小売業、飲食店などは、連休中の来客を見込んでいたかと思いますが、今回の緊急…

対象企業数、約700社、育成資金の普及を目指す。

育成資金についての解説をしています。財閥系育成資金と政府系育成資金の2種類の育成資金が、大まかに分けてあります。育成資金についての財源の作り方については、説明しています。FRBにおけるPPP運用という説明をしました。 東証一部企業や、銀行、信用金…

金融機関への育成資金についての考え方

財閥系育成資金は、東証一部 資本金100億円以上の企業代表権者への資金提供があります。この件については、前回のブログで結構細かく書きました。 今日は、銀行、信用金庫についての話を書きたいと思います。財閥系育成資金については、銀行、信用金庫の…

またもや緊急事態宣言、いつまで続くコロナ不況、育成資金の重要性が日毎に増す!

緊急事態宣言が23日から始まります。これで、3度目の緊急事態宣言に、一体いつまでこの状況がづづくのかという声が広がっています。一昨年から続き、今年もこの状況が継続すれば、完全に経済が死んでしまいます。 最近はコロナ不況については、あまり大き…

錯綜する情報に、どこに真実を見出すか?

企業育成資金について、正式にアナウンスされていないことあり、情報が錯綜していることで、非常にこの情報がどこまで正しいのかの判断に迷うところがあるかと思います。 多方向から同様な質問があります。 日米安全保障における企業育成資金は、現在動きが…

高く評価されるべき仕事である。

日米同盟と企業育成資金の関係は、日本の国にとって重要な案件であるということは、本ブログで伝えています。すなわち、日米安全保障における財源に関係しているからです。 日米の首脳会議で、常に安全保障における重要性を強調するには、たしかに、太平洋地…

安全保障の問題は軍事力だけではない。もっとも効果的な破壊兵器は現金だ!

またもや、緊急事態宣言の拡大するという話になってきています。ここまで長引けは、経済に与える影響は多大なものになります。また、日本における安全保障に関する問題も日々重要性を高めています。日米安保に関係して近隣諸国との関係に難しい局面も迎えて…

国家を豊かにすることが、安全保障にとって重要なことである

日米首脳会議の中でも、日米安全保障条約の重要性が話し合われました。 企業育成資金の話は、日米安全保障に関する資金であります。確かに、企業の育成のために、この育成資金を活用してくださいということを説明をしていますが、国家レベルで物事を考えると…

経済力があることは、安全保障において重要なことである。

財閥系育成資金について解説すると、戦前から日本一の財閥の私財を、イングランド銀行に信託で預け、米国FRBでPPP運用した資金を、日本の東証一部、銀行、信用金庫の代表権者(個人)に資金提供する案件です。 非常にシンプルです。日本人なら誰でも知ってい…

学校では教えない安全保障の仕組み

日米首脳会議が行われる中で、日米安全保障について確認されています。日米安全保障における資金というのが、企業育成資金:日米安全保障費=20:80 の 割合で分配される資金になります。 ある意味、日米安保における取り決めがあるので、日本には巨額な…

資金の名称だけで、判断してはいけない。

企業育成資金について、探求していくと一番初めに、つまずくポイントは、省庁のホームページの記載です。以下の内容についてホームページに記載しています。 **************** 財政法に基づいた「長期保護管理権委譲渡契約方式資金」という…

至急、資金を提供する企業代表者を求む!

財閥系育成資金について、説明をしています。財閥系育成資金というのは、日本国民なら誰でも知っている財閥です。 さて、日本一の財閥家系の私財を、育成資金の財源として、UBSとFRBで行っているPPP運用によって資金を作り、それを企業育成資金として東証一…

育成資金の事実を知れば悩むことはない。

財閥系育成資金について、説明をすれば、戦前から日本一の財閥がおこなっている助成事業ということになります。すなわち、戦後は、財閥の資産が接収されたことで、管理資産ということになりましたが、日本の産業育成のためには、運用資産を活用することを許…

爆発的な変化の時期が近い!

財閥系育成資金の財源は、すでに日本に送金済みの資金が多額にあります。現在送金済みの金額だけでも国家予算の数百年分の金額、簡単言えば ○京円という数字になっています。それ以外にも海外では、○○京円の運用がされているということです。もう理解不可能…

育成資金を積極的に活用してください!

財閥系育成資金からの連絡ですが、積極的に資金を引き受ける用意があります。そのために、多くの企業代表者が、財閥系育成資金に申請してくださいという呼びかけです。 財閥系育成資金は、以下の企業代表者を対象に申請を受け付けています。 ◎東証一部 資本…

育成資金の基本は・・・

企業育成資金について、厳密に説明すれば、細分化することができますが、複雑になるので、標準的な話である財閥系育成資金についての話にできる限り一本化してまとめて書きます。 財閥系育成資金は、日本を代表する旧財閥家系の個人資産をPPP運用したものを…

コンサルタントを育成するための教育プログラムを考える。

企業育成資金について説明をすれば、色々過去から言われています。皇室系、財閥系、政府系という3種類に分かれるかと思いますが、基本的にはすべて共通することは、中央銀行におけるPPP運用のプラットフォームを用いた資金から資金提供するということになり…

育成資金のリーディングカンパニーを目指すMSA総合研究所

小口の育成資金については、政府系財源であることから、政府の方針に影響がでるということを書きました。やはり、ビジネスとして捉えて、育成資金の案件を行っている方は、確実に、早く案件を仕上げるには、財閥系育成資金(大口)の案件を行うことをおすす…

大口の育成資金を重視して行うべき理由について

◎小口案件について、東証一部 資本金50億円~100億円、製造業企業経営者を対象にしている案件ですが、この案件については、今後の対応が難しくなるということです。 育成資金の基本的概念は、東証一部 100億円以上の企業の代表者社員のみを対象にし…

小口の育成資金について説明すれば、

育成資金は、大きくジャンル分けすると2種類あります。 ◎資本金100億円以下、東証一部、製造業企業向けの「政府系育成資金」 ◎資本金100億円以上 東証一部、製造業、基幹産業向け「財閥系育成資金」 の2種類があります。 大口案件と言われる資本金1…

小口の育成資金は、申請から資金実行まで時間がかかります。

タイムスケジュールの話をすれば、 ◎小口案件(政府系育成資金)(東証一部資本金50億円~100億円、製造業企業)の企業育成資金について、申請から、資金実行までは、1ヶ月から3ヶ月くらい実行まで時間がかかる場合があります。 ◎大口案件(財閥系育…

特殊金融情報が少ない日本は、経済の停滞を招いている。

コロナの流行が、今度は関西に広がっています。コロナ不景気は、継続していますが、だんだん麻痺してきた感じがしますが、もうあきらめムードになっています。これから決算発表、株主総会と企業にとっては重大な発表をする時期になっていますので、今年は、…

企業育成資金の話をするのは、サンタクロースの話と似ている。

企業育成資金について言えば、これは、中央銀行が水面下で行っているPPP運用を用いた経済支援の仕組みということが言えます。これは、知ってほしいことは、中央銀行が行うPPPに関することは、最近では世界的にコンサルタントが水面下でかなり活動しているこ…

人知れず、人的ネットワークを構成するプロ集団

伝統ある日本の企業の不景気なニュースが流れているのを見て、なぜ、この企業育成資金のことに気付かず、閉鎖していくのだろうかとおもうのである。まさに、この資金は、東証一部企業の製造系企業の代表者なら申請できる資金である。最近は、資本金50億円…

【小口案件】どのように話せばいいのか?

【小口案件】東証一部 資本金50億円から資本金100億円 製造業企業向け案件 さて、仲介者が 東証一部 資本金60億円の製造業企業のA社長にアプローチする際に伝えることは、どんな話でしょうか? 仲介者「御社は、資本金60億円で製造業企業ですので、…

【大口案件】育成資金の説明をどのようにすればいいのか?

企業育成資金については、民間の仲介者を経由して、資金本部と連携して、案件を仕上げることになります。 手順としては、 例えば、東証一部 資本金200億円の製造業企業のA社長が育成資金に関心をもっているとします。 その場合は、仲介者がA社長に企業育…

国家の発展を考え、人知れず活動する

通常の育成資金は、東証一部資本金100億円以上の企業を対象としています。これは、資本金の100倍程度の資金提供される案件になります。東証一部でも資本金が100億円以下の企業への資金提供する案件もあります。これは、1954年から3年間ほど行われた米国から…