【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

Vlog:ゴールドの世界 なぜ日本で極秘で販売されるロット単位のゴールドの話

https://t.co/a8xMBtRSDY — MSA総合研究所(公式ツイッター)★資金本部★ Tel03-6820-0086 (@MSA33118096) May 20, 2024 **************** 巷ではいろいろ ゴールドについてロット単位の販売や トン単位の販売などを大きな話が市場で出回って…

Vlog: MSA総研 理事長 今、育成資金の世界も変わり目になってきている。

https://t.co/dWRx1v3t3z — MSA総合研究所(公式ツイッター)★資金本部★ Tel03-6820-0086 (@MSA33118096) May 19, 2024 現在 企業育成資金の転換期になっているのかもしれないそのことについて説明をしています。 【公式】MSA総合研究所|MSA Research Insti…

vlog :MSA総研 理事長 「グレートリセットについて報告」

本日は、動画にて、グレートリセットについての語っています。国連の裏に存在している世界政府の金融システムが動き出した。 この話は注目できます。 筆者が動画説明します。(MSA総合研究所 理事長)

(Vlog:MSA総研 理事長)育成資金の仕組みが今後変わっていく可能性高い。

https://t.co/mVvg4rAABq — MSA総合研究所(公式ツイッター)★資金本部★ Tel03-6820-0086 (@MSA33118096) May 18, 2024 業界で色々話題になっている育成資金についてですが、今後、仕組みが変わっていく可能性が高くなってきました。そのことについて語って…

時代の流れと共に変化する資金の提供方法

企業育成資金についての話を書いています。 これは 簿外資金をオープンさせるというやり方ですけども 銀行口座 というのは オフラインにある資金 データ というものがあります その資金 データをある許可を出して オンライン上に出すということを行う。 この…

6月末まで上場していれば、資本金30億円以上であれば申請可能!という情報

このブログは、企業育成資金についてブログを書いています。企業育成資金も、6月末で制度が変わる可能性があり、7月以降は新しい仕組みになる可能性があるのではということが、噂が出ています。どこまで事実かまだ不明ですが、日本でも新通貨になり、新しい…

デジタル資産をもちいて、なぜ資産分配をするのか?ー新しい時代の開発援助

■デジタル資産をもちいて、なぜ資産分配をするのか?ー新しい時代の開発援助 つまり、これからの時代は、国連軍(米軍)が保有している資産は、デジタル資産として世界に流通させることになります。企業育成資金の世界に関心を持っている人も、これからの時…

デジタル米国債通貨(DBC)の世界の解説

当社は、国連軍(米軍)の外郭財団として米国債をデジタル通貨にする取り組みを行っております。筆者は、その業務を担う国連軍の外郭財団のグローバルアンバサダーとしての業務をおこなっています。当社の行っていることは、各国政府の財政支援を目的に、大…

これが基本となるプラットフォームー送金システム(米国債デジタル通貨システム)

■これが基本となるプラットフォームー送金システム(米国債デジタル通貨システム) 当社は、米国財務省資産を1.3兆ドル以上保有していることもあり、米国債を分散化してデジタル資産にしたものを世界の共通通貨として流通させるべく新しいデジタル通貨シ…

業界からの洞察

業界からの洞察 企業育成資金と言われる仕組み、これは、「日米償還金協定」によって、締結された仕組みになります。正直なところ言うと、この仕組みは、米軍(国連軍)と日本政府との契約であり、米軍は、日本国に日本の資産を償還する(戻す)ということで…

コンピューターシステムが完成が間近ー世界給付金システム

■コンピューターシステムが完成が間近ー世界給付金システム 私が所属する財団は、国連軍の外郭団体のミリタリーファンドになります。その財団では、今回、世界給付金となる仕組みをデジタル通貨技術を用いて、コンピューターシステムを構築しています。本日…

日本経済を底上げできる唯一の方法についてー国連軍のミリタリーファンドを最大限に活用する

■日本経済を底上げできる唯一の方法についてー国連軍のミリタリーファンドを最大限に活用する。 ***** 日本経済を救済する手段がないかと長年、色々研究した結果、解決策を見つけた。それは、世界で唯一の仕組みである「国連軍が保有している復興開発財…

SRP(王族基金)からの上場企業向け資金提供は、7月からデリバリースタート

最新情報ですが、王族資金(SRP)からの上場企業向けの資金は、7月から資金のデリバリーが始まります。希望者は、事前に申請、予約は可能ですが、資金のデリバリーは、7月に入ってからスタートになります。 これは、上場企業であればすべて申請可能というこ…

能登地震の被害総額―国連軍が保有しているミリタリーファンドの資金が活用できる。

■能登地震の被害総額―国連軍が保有しているミリタリーファンドの資金が活用できる。 当社が行っている業務は、国連軍の保有しているミリタリーファンドを世界各国に経済開発や経済支援をするために資金を分配することである。全世界対応をしています。さて、…

震災地域に対して支援も可能であるー復興開発財源

、当社が取り扱っている支援金制度ですが、地元政府(自治体)から要請があれば、復興開発財源として震災などで壊れた都市を復興させるための財源を提供することができます。現在、能登半島は大変なことになっていますが、国連軍の外郭団体が保有している世…

筆者が所属する ミリタリーファンドから提供される世界の開発 援助プログラム これは 世界の政府が対象となるプログラムです。

それでは今回は筆者が所属する財団 つまり 国連軍における資産を管理している ミリタリーファンドの話になるのですが現在行っているのは政府が行うプロジェクトに対して資金を提供するということを行っています。 これは 国連軍が行っている 世界の開発援助 …

新しく始まった新制度の企業支援プログラムについての解説

さて 新しいプログラムである SRP 世界の42の王族 グループからの寄付 財源が提供している新しい企業支援のプロジェクトについての話をします。 もともとアメリカのカリフォルニアにある財団がこのファンドになるのですが そのファンドに関する資金管理を行…

計画だけで実現していない都市計画を全て引き受けて行う。

政府 プロジェクトでこういうパターンのプロジェクトを引き受けるというのが良いと思っています。 筆者が所属する国連軍が管理する ミリタリーファンドが資金を提供する方法というのは 政府 プロジェクトに対して資金を提供するということになっています。 …

どんなプロジェクトでも資金を提供するための仕組みを考えるのは 官民パートナーシップによる JV によって実現できる。

政府 プロジェクトについて 国連軍のミリタリーファンドが管理する 世界最大の財源から提供する助成金の話にはなります。 現在 筆者は国連軍に関係する ミリタリーファンドの管理する財団の仕事をしておりますので そこの財団から政府プロジェクトに対する資…

なぜ世界最大のファンドと言えるのか その理由について

世界最大の助成金を提供する仕組みというのはこれは米軍及び国連軍に関係する ミリタリーファンド 資金提供です。 そのことについて 前回 ブログで書いておりますが 実際のこと言えば 筆者は所属している財団も ミリタリーファンドになります。 筆者のボスは…

全世界対象のプロジェクト支援金について(政府プロジェクト)

現在、開発援助プログラムとして全世界対象で政府対してプロジェクト資金を支援する事業を行っています。その事業のコンピューターシステムも出来上がり、本格スタートを始める段階になっています。 このような世界は、特殊な世界ではありますが、世界最大の…

デジタル資産を分割することによって提供する政府 プロジェクト 資金について

筆者の所属する財団が行っている政府 プロジェクトに関して資金を提供するプログラムの内容を説明しております。 このプログラムでは契約をした国家 政府 もしくは 地方政府のリーダーに対して資金を提供するということを行っているのですが私たちの 財団が…

政府 プロジェクトに対して資金を提供するプログラムについての説明を行っています。全世界対象のプログラムです。

さて 筆者が所属する財団が行っている政府 プロジェクトに関して提供する資金についてのお話をします。 何人かからお問い合わせも頂いておりますので明確にお伝えします。 今回行っているプログラムは政府 プロジェクトに対して資金を提供する仕組みになりま…

具体的な申請について説明をしています これは 世界の全ての国が対象となる政府 プロジェクトに対する支援です。

開発援助 プログラムについての解説をしております。新しくスタートしたプログラムについて説明すると国家 政府が行うプロジェクトに対しては 50億ドル分の寄付が付帯しています これは契約をすればそれだけの寄付が行われるわけですが 当然 プロジェクトが…

全世界対応の開発援助 プログラムについての詳細の説明 これは事業計画書と依頼書があり 始めて 申し込める 全て 政府側からのオフィシャルなものが必要です.

開発援助 プログラムについての話を書きます。 これは全世界を対象としたプログラムということになります。 どのようなパターンでこの財源を活用してほしいのかという内容について この案件に関しては筆者が所属する財団が行っており 担当は筆者が行っており…

筆者が所属する財団で行う新しいプロジェクトについての詳しい話を書いています。

筆者の所属する財団の方が行っている開発援助 プログラムについて新しいプログラムが完全に決まりましたのでそのことについて詳しく説明させてもらいたいと思います。 筆者の所属する財団は、対象は全世界の国家 政府 および地方政府は 州政府ということにな…

開発援助プログラム(国家政府・州政府)に対して・・・USドルの調達支援(対象エリア 全世界) s

開発援助に関するあたしいプログラムがスタートしています。これは、筆者が所属する財団が行っているプログラムになります。国家政府、地方政府(州政府)&(都道府県)が対象になります。 ◎契約可能が可能であるのは、 契約者:国家政府は、首相もしくは大…

日本にとっての最後の財源 これを使わずして日本は救う道はない

MSA 総合研究所です。 さて 最近はちょっとブログの更新が少なくなってきていますが日々の業務が忙しくてブログを書く時間がなくなっています。 基本的には 目新しい 制度などはないので同じようなことを書いていてもしょうがないので 更新はしていませんで…

新しいプログラムについての話

国連にも関係する王族 資金からの資金が提供される新しい育成資金というものが登場しております。 このプログラムに関して言うと1984年から 王族 グループにおけるプロジェクト 資金の提供 というものが実はスタートしており これはアメリカ合衆国に本部があ…

新しい企業支援向けのプログラムがスタートした。

MSA 総合研究所です。 ここ最近結構忙しくて ホームページの更新ができていませんでしたが 今様々な新しい 企業支援のプログラムがスタートしてきています。 これは世界的に言えることですが 従来 日本が行っている日米 償還金協定における東証 プライム 資…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。