特別会計の財源を増やすことが、民間人の大きな社会貢献事業になる。

MSA協定による産業支援制度の財源は、特別会計における財源になるという話をしました。 前回のブログで、特別会計には、「特別会計1の財源」と「特別会計2の財源」があるという話を書きました。 特別会計1の財源は、国有地からなる不動産収入、特別会計2…

特別会計における収入源、重要な話・・・

今年は、もう残すところわずかになりました。 光陰矢の如し、時間は経つのは、早いものです。さて、産業支援制度に使われるMSA協定における資金=PPP運用された外貨運用益は、特別会計の財源になるということを噂されています。 財政法第44条からなる財源な…

二次償還という言葉・・・それは一体何なのか?

MSA協定における産業支援制度で、よく使われるキーワードで、2次償還という言葉があります。 償還制度には、本償還と二次償還という言葉がよく使われますが、本償還というのは、海外にあるPPP運用益のファンドから資金を送金して、日本の受託者の口座に送金…

ブログによる活動、その状況と年末の動き

MSA総合研究所のブログを解説して1年3ヶ月が過ぎました。昨年の9月からスタートしました。実に投稿数は、このブログで222回目になりました。 また、総アクセス数は、6万2千PVを超えるまでなりました。 一日、300人程度のアクセスがあるのでしょう。ニッチ…

何を見て信用するのか?

MSA協定における資金については、金額が多額なことと、PPPという運用制度が日本の銀行ではおこなっていないことで、その制度を知る人も少なく、信じがたいというこという人がいます。 信じがたいといっても、世界の25大銀行で行っている投資案件である事実…

民間人経由で伝達するこの制度 その理由は・・・

前のブログでも書きましたが、資金が実行できるかどうかは、資金管理事務局のトップである資金者だけで決定できません。 資金者は、PPP運用益をもとにしている国際流通基金といわれるファンドから資金を調達する手続きをすることができますが、問題は、資金…

この資金の申請方法と流れ、これを知れば、理解も深まる

MSA協定資金における手続きの話をします。 この資金を受ける対象者は、東証一部資本金100億円以上の企業、銀行、信用金庫の代表権者個人になります。 資金を受ける前にする手続きが、「免税・免責・免訴・返還不要」の手続きになります。司法の最高機関に…

資金の使い方と安全性について

MSA資金について説明を相当行いましたので、理解をしていただく方が最近増えてきたように感じます。このブログを一通り読んでいただければ、この産業支援金制度が大体、理解できるかと思います。 ここで、受託者からよく質問される事柄ですが、大きな資金を…

この資金は、決算書が赤字でも申請していただいて大歓迎です。

MSA協定における産業支援金の引き渡しの手続きは、年末ぎりぎりまでの対応を行うと資金管理事務局は話していますが、最終決済日は、12月23日からスタートしない限り、物理的に27日までに作業が完了できませんので、早い目の申し込みが必要です。 銀行や資本…

PPP運用についてあれこれ、外貨運用と産業支援の動き

PPP運用は、世界中の国で参加できるのか?という質問がありましたので、その話を書きたいと思います。PPP運用は、世界のインフラ、産業支援、人道的支援などを目的に資金を使うことが決まっています。基本的には、運用参加条件は、どこの国の人でも参加でき…

産業支援制度を深く知って、国家のために貢献しよう。

筆者は、海外生活も長く、実は外貨運用であるPPP制度の送金システムの制度に出会ったのは、海外でした。正確に言えば、香港になるのですが、金融自由都市、香港では、欧州の銀行も多く、特殊金融の世界、日本ではあまり知ることができない金融取引が行われて…

産業と国家財政を支援する事業こそが、最高のビジネスモデルである。それを知ったあなたはラッキーだ

日本の国家収入源には、いくつかの方法がある。税収というのは、一番有名な収入であるが、税収以外の収入がある。それは、特別会計の財政投融資における運用益、また、国有財産の売却などの売却収益(雑収入)が有名である。 欧州の銀行で運用されているPPP…

知らないやつが損をするすごいビジネスモデルについて語る。

産業支援制度がビジネスになるという話を書いています。 この制度に対して、多くの人が興味を示すのは、大きな資金がコミッションとして支払われるという話を聞くからです。 見る角度を変えましょう。この本当の目的は一体なんであるか?これは、国の雑収入…

資本主義経済を作る仕事は、自信を持って行うべし

この産業支援制度を支援することは、大きな収益を得ることができるビジネスになるという話を前回も書きましたが、ビジネスを行う目的は、産業支援という目的で、企業代表者個人に大きな補助金を出すことを目的にしています。 一般的な国の補助金の場合は、財…

逆転発想、 非常識が常識の世界

一発逆転、大金を手に入れたいと考える人には、一番魅力的な仕事が、MSA協定資金に関するビジネスです。一般的には、「償還ブローカー」などと言われています。ブローカーといえば、英語では、代理人ですが、日本では、この手の話は、悪質な人物というイメー…

第三の財源をサポートするビジネスについて語る。

MSA協定から成る産業支援制度は、ビジネスになる話を過去に書いたことがあります。この制度を活用できる企業代表者を紹介して、資金提供することができれば、成功報酬として、主催者側からコミッションがいただける制度があります。 しかも、普通の商売規模…

国家の命運を決める制度だということを認識すべし

日本の産業支援制度のからくりについて、説明しています。基幹産業育成資金は、欧州の銀行で行っているPPP運用が財源であることを説明しました。 また、この資金を日本に欧州から送金して、日本の大企業、銀行、信用金庫に対して資金提供する産業支援制度を…

日本全体のマクロ経済の発展は、通貨発行権のシステムを最大限に利用すべし

PPP運用益から提供される産業支援制度を活用して、企業買収の資金にすることは、まったく問題のないことである。かつて、この制度を活用して、企業買収を行いながら大企業に成長させた経営者はいたことは、事実である。 お金の使い方に対して、慎重になりす…

悩むなこの制度を活用すべし、日本の借金を伴わない通貨流通量を増やす制度を最大限に活用するべし!

MSA協定における産業支援制度の目的は、「日本の基幹産業を支援して強靭化できるための財源提供」ということになる。 運用財源については、過去にも何度もブログでも書いているが、欧州の銀行が行っているPPP運用の仕組みを活用した資金提供である。 PPPに関…

カネがないならMSA協定による産業支援を活用するべし。

ニュースを見ると、地銀、信用金庫の収益悪化、決算報告が3分2以上が減収減益、赤字に転落しているという。 また、金融庁の報告などでは、今後23の県で、地銀が消滅するなど、金融機関の厳しい状況がレポートされている。 何もしなければ、統合されるか…

亡国に向かう日本。そりゃ、何もしなければそうなるでしょう。

PPP運用に関わる仕事は、世界中の国際金融コンサルタントの間で行われている。マンデイトなどという言い方をするが、PPP運用益は、どこの国を通過して、現金化されるかということで、実は市場では、競争している。日本は、償還制度という重要産業企業の代表…

PPP運用益の活用することでできる日本の産業支援制度、、、この制度を理解させるために日々レクチャーを行っている・・・

PPP運用によるMSA資金について、説明を重ねています。と言っても、PPP運用について、理解できなければ、話が前に進まないのですが、どういう表現が良いのでしょうか? まとめて言えば、PPP運用益から資金提供する際に、資金提供者と受託者の間で商用償還契約…

都市伝説は、嫌いではないのですが、、、

どうもMSA資金というと「M資金」という検索結果になるので、印象が悪いようである。そこで、M資金といわれる資金は、存在はしないのですが、なぜ、そんな資金のネタが作られたかを考えてみたいと思います。 戦後の機密資金などというと魅惑的な話ですが、本…

PPP制度の導入を促進するのが当ブログの目的

このブログの目的は、日本を金持ちにするために書いている。確かに、国家全体で言えば資産が多い国だといわれているが、実際に使える現金がなければ、動かせない財産が多くても意味がない。国民全体が貧困である人口比率が高ければ、国家としての幸福感はな…

PPP運用に積極的に参加すべし!亡国日本と言われるな!

令和の時代が、どうなっていくか?昭和の時代は、PPP運用から捻出されるMSA資金が大いに活用されたことで、経済発展に貢献しました。平成の時代は、時代は平和であったが、平成の初期には、湾岸戦争などがあり、国策としてPPP運用から捻出されるMSA資金が活…

お金は制度によって作られている制度を理解することで日本は十分豊かになる

MSA資金の謎について、このブログでは随分長い間解説をしてきました。このブログを通じて、「基幹産業育成資金」は、1954年に決定された日米相互防衛援助協定(MSA協定)によって決定されたこと。その資金は、MSA協定の第五条に記されている資金で、一般…

銀行家によって作られている資本主義経済の仕組み 日本の償還制度(MSA資金)はなぜ個人か?

MSA資金=PPP運用益からの資金提供に関していえば、なぜ、この資金が個人にのみ資金が提供されるのか?それには、理由があります。 PPP運用に詳しい人ならば、知っているかもしれませんが、PPP運用益を送金する際に資金を受け取るReceiverは、法人口座でも個…

打ち出の小槌を使うことで、日本を再生させることができる。

常に、世界には陰謀説というものが存在する。国際金融とそしてその闇組織、また、日本の金塊物語など、そんな話は、陰謀説に興味がある人には、非常に楽しい読み物になっています。しかし、これを真実として鵜呑みする人が多くいると、世の中の混乱を招く。 …

本当の姿を知ることで、現実が見えてくる

さて、PPPの運用益から企業の代表者に巨額資金が提供される話のプロセスについてなんどか説明しました。 「基幹産業育成資金は、詐称だ、財務省は関係ない!」とホームページにも明記されています。この件について財務省に問い合わせが多いのでしょう。確か…

外貨運用PPPを活用して日本経済を復活させる

簿外資金という会計外で管理された資金というものが、通貨を作る上で存在している資金があります。これは、データー上で管理された資金で、実際に現金となって一般市場に流通していない通貨のことです。通貨は、データーがあり、そのデーターを約18の行程…