【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

ゴールドバックに裏付けされた世界

ゴールドバックに裏付けされた世界

 

SRPの資産というのは、世界の数百の銀行に数千の担保口座を所有しており、そこに資産の情報を入れているということになります。実際のゴールドの保管に関しては、別の場所でおこなっていますが、(地下倉庫など)資産の情報については、証券化してそれを銀行保管しているということになります。証券化された資産について、担保として貸し出すことで、資金を発行しているということが言えます。

 

これが、SRPが行っている業務ということになり、国際規定で担保設定の規定(UCC)では、30年間の期間で更新する必要があります。つまり、貸し出した担保口座に対しては、30年ごとに契約更新をして、再契約しなければ、担保口座の資産が延長して使えないということになります。

 

担保口座の更新手続きや、担保口座の担保の貸出を行う際に銀行でサインを行う名義人のことをサイナーといいます。SRPの資産については、42の世界の王族グループの資産を中心に様々な歴史的資産が保管されています。古くは、ソロモン王の財宝、アステカの財宝、インカの財宝、エジプトの財宝なども一部含まれているということです。つまり、3000年以上前からの人類が集めてきた財宝までもSRPの資産に含まれています。

 

つまり、GOLDの資産だけでも、1341万トンも歴史的資産として登録されているということですが、これらの資産については、現在、米国財務省に情報が提示され監査されています。米国財務省がその資産について国際為替手形を発行して証券化を支援しています。

 

また、SRPの資産については、世界の42の王族グループの王族会議により資産の活用方針が決められ、OITCと言われる組織によって管理されているということです。OITCが任命した名義人〈サイナー)によって、銀行手続きがなされているというのが、現在におけるSRPにおける資金提供をする際の仕組みということになります。

 

SRPの口座は預金している現金を引き出すということでなく、担保口座の担保を貸し出すということで、銀行はクレジットを発行することで資金が作られる仕組みになっています。つまり、借入ということになります。

 

よって、SRPは、世界経済を作るための担保口座を貸し出すことで、銀行はクレジットを発行してその資金を活用することができるようになります。

 

日本でも償還金と言われる制度がありますが、これもSRPに関する担保口座から担保を借りて銀行でクレジットを発行することで、資金を生み出すことになります。なぜ、日本の償還金が皇室マネーだと言われるのか?というと、日本にも当然、SRP(王族グループ)の担保口座が存在しており、その担保口座を使ってクレジットを生み出す仕組みというのが、償還金と言われる仕組みということになります。

 

SRPの現在における仕組みについては、この様になっています。SRPが担保口座を貸し出すようになったのは、1930年から1935年のニューディール政策からということです。次の貸出は、1963年〜1968年頃ということです。その次は、1996年〜2001年頃というこということになり、33年更新で契約を更新しているということです。つまり大きな経済の波が約30年ごとにあるというのは、この担保口座の貸出時期に関係していると言えます。

最後の更新時期から33年を計算すると2029年〜2034年という時期がSRPの担保口座の更新時期になりますので、その時期は、特に大きな変わり目になると言えます。

ただ、SRPも1945年〜1946年に担保口座を追加で貸出した時期、1950年や1963年などの貸出などの時期がありますので、複数の契約が存在しています。ただ、金本位制度の復活を目指す世界の王族グループを中心としたSRPと、キャッシュレス化を目指す銀行グループということで、2つに路線が別れています。

 

SRPの目指す世界というのは、金本位制度としてのゴールドバックとした国際決済通貨を作ることを目指しているといえます。その一環でおこなっているのが、国際ブリッジ通貨のMeteという仕組みといえます。1ユーロ=1Meteとなり、すべての法定通貨は2020年12月29日のレートで固定してスワップが可能であるという仕組みです。

 

正直、長年、世界の銀行グループが表で国際銀行業務を行ってきましたので、その裏で担保口座を貸し出すということで世界の銀行システムを支えてきたSRPですが、発言権を長年持つことがなくいたのですが、1995年以降、王族会議により自らの路線での銀行システムを支援をしていくということを決めて、表の銀行業界のキャッシュレス化の世界とは、違う、SRPの王族グループは、金本位制度に支えられた金融政策を考案しています。

 

世界を見るには、今は、大きな2つの考え方が存在しているといえます。一つは、表で目立っている銀行グループによるキャッシュレス化による世界秩序、そして、もう一つが、SRPが提唱する金本位制度を中心とした世界秩序ということになります。

 

このような世界が存在しているということを理解することが重要と言えます。

 

そこで、皆さん気になる日本の将来はというと、日本は、非常に面白い国家と言えます。

 

つまり、日本は天皇家が存在することで、SRPの世界の王族グループの中心的存在といえます。つまり、SRPの担保口座の資産を守るために活躍された歴史があり、日本銀行とSRPの関係も深いと言えます。つまり、日本は、GOLD担保に守られた国家といえます。

 

ある意味、これからの時代、日本はうまく取り回しをすれば、相当豊かになる機会を持っていると言えます。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団グローバルアンバサダー|METE連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 MSA Research Institute| Global Ambassadors of the Mete Foundation | WhatsAPP:+81-7084017928




 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。