【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

メテ財団の国連加盟国への100億ユーロの寄付 案件で外国人の関与に関する注意事項

最近我々の行っている メテ財団の案件は結構色々な方に広がりつつあるという情報をキャッチしております。

 

これはいい意味でも悪い意味でも広がっているということは事実のようで いい意味では多くの方が理解をするということは非常に良いこと なんですが この案件に直接意味がわからず 説明をしている人も結構いるということで間違った情報が伝わっているということも耳にしています。

 

ですから この案件を進める上で一旦は直接 私と話をするようにしてください。

 

ネット上で繋がっていただいて 質問等に回答いたしますのでこの業務について理解した上で この案件の説明を進めてください。

 

それでなければ間違ったことを言っている人がいます。

 

100億ユーロの寄付金に関しては 仲介者も関与して適当に使っていいような話を言っていますが100% 間違いです。

 

この資金に関しては外国人が基本的には深い関与はできません 。

つまり 紹介する時は日本経由で行くと言っても結論として 仲介手数料という枠組みはありますので それ以上のことに関与することはしないでください。

 

つまり これは紹介しただけで終わりですかと聞かれるんですが、そのつもりにしてください。

 

その先に関しては 現地の人を中心に 仕組みを組み立てます。 外国人の関与は禁止しています。

 

普通に考えてみてください 。例えば 日本から案内をして日本人が関与すれば日本の植民地を増やすだけです。

 

そのような資金の関係ですと 植民地を増やす ような仕組みになってしまえば 完全に 意味がないです 。100% NG です。

 

この資金は,正直 世界の全ての資金を網羅できるだけの財源を抱えていますので 国家を動かすことも国家を転覆させることも可能なぐらいのマネーの勢いはあります。

 

つまり 取り扱いについて 非常に注意をしなければいけません。

 

このような資金というのは基本的には IPC 国際警察委員会等の背後の関与はあります。

 

つまり 民間を経由してプライベートアグリーメントで案内はしますが その先に関しては国家の安全保障にも関係する話ですから その国の大統領 もしくは 首相を中心としたチームによって全て決定する体制を構築します。

 

ですから よく聞かれるのが 例えば 日本の方が紹介をしてその国と契約が進んだとしても その後 その国に直接 日本の方が関与することができるのかといえばそれはできません。

ですから 紹介をするのは皆さんはただ 紹介をするということで終わりになると理解してください 。

あとは 現地の大統領 首相によって作られたチームによってこの資金の活用方法は 決定されます。

 

それ以上の関与は基本的にすることはできません。

 

この案件を進めるのであれば 必ず 案件を進める前に直接 私と連絡を取り レクチャーを受けてから 案件を進めてください。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

極東の島国の民が世界を変える仕組みを案内する時代が来ました。

今 メテ財団が行っている国連加盟国に対する支援業務というものは これは 国連 銀行 システムの構築ということになります。

 

国連 銀行 システムというのは 国連を中心とした金融システムを作り上げるということになり 簡単に言えば 国連 銀行 システムを構築している中央銀行である メテ財団 グループが国連に変わり世界の全ての国連加盟国の国家 政府に開発援助としての給付金を継続的に与えるということによって 国家を発展させることに寄与するという意味があります。

 

今皆様に説明していることは世間一般ではネセラ ゲセラや色々と噂されている金融システムがありますが インターネット上で出ている情報は全然 現実味のない話ばかりである意味ネット民の娯楽のネタ となっております。

 

地球全体を包括し 金融システムをけん引することができる唯一の方法というのは、これは 国連 設立時に寄付されたアジア 王族 グループの財源である SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオにおける財源を使った金融システム以外は地球上では存在しないと言えます。

 

1341万トンのゴールドに裏付けされた世界最大の国連 銀行 システムであると言えます。

 

これが歴史的に表に出ようと思って何度かそういう話もありましたが 実際なことを言えばそれに対して通常の銀行が見れば あまりに圧倒的な差がありすぎるということで 表にされることはありませんでした。

 

ただ時代はグレート リセットの時代を迎え 信用創造における金融システムというものは 結果として 中央銀行が発行する借金によって経済を拡大させるという仕組みの限界が来ているということで それを精算しなければいけない時期になっております。

 

 

その中央銀行が作り上げてきた問題点を裏で修正するのが これが 国連 銀行 システムである ユナイテッドネーションバンキングシステムという世界であります。

 

それは 国連 銀行 システムというものは つまり SRP の1341万トンのゴールドの裏付けによって米国財務省が監査をしその資産をベースにゴールドバックで資金を発行する その資金によって世界の借金 プログラムをこれから2030年のミレニアムに向けて 時代は大きく変えようとしています。

 

つまり 中央銀行と政府で作り上げた 巨額な借金の世界 すなわち国家の国際というものの世界というものは 各国の借金の問題も含め それらの問題を解決するには 修正するために支援する仕組みというものが必要になります。

 

この問題を解決するのが SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオにおける国連 銀行 システム それを行っているのが メテ 財団 グループということになります。

 

つまりこのブログで説明していることは世界の全ての国家 政府が持っている借金問題を解決するために SRP から 給付金を受けるための銀行口座を開設してもらうというプログラムを案内することによって継続的に SRP から資金を提供し その加盟国は借金問題から解放されるというグッドニュースが生まれるわけです。

 

つまり この世界というのが政府が中心となって借金問題が解決できる世界 すなわち 金融システムにおける大きなチェンジ すなわち マネタリー システムのリセットということが これがグレート リセットと言われる話です。

 

我々が行っている業務というのは グレート リセットを行う上で その問題解決するために 誰かが借金の問題を帳消しにするという業務がありますが、借金を帳消しにするという話ではなく SRP が肩代わりをして支払うということが これを行う 給付金を提供する仕組みというのが簡単に言えば 現在このブログで説明している内容となります。

 

 

これから何が起こるかというのは借金を帳消しするためのプログラムとして 国連 銀行 システムを構築している我々の財団 グループが世界の全ての国家 政府に働きかけ問題解決を行うということが世界のグレート リセット そして皆様に希望を与える世界を作り上げるということになるわけです。

 

また SRP からの資金というものは 継続的に給付金を出し続けるわけですから 簡単に言えば その国は この資金を使って社会保障 システムや 簡単に言えば ベーシックインカム的なことまで可能となるわけです 。

 

政府の財源は 税収 だけに頼らなく SRP からの補助金によって国が支援されることにより資金 強化がされ 国民の生活は格上げされ 貧困問題からの脱却ができるということになるわけです。

 

これが世界で最も重要で歴史を変える仕事だと言えるのは理解できるかと思います この話は日本語で発信をしております。

 

実際にはアメリ財務省 資産であり アメリカ合衆国が企画したものではありますが これは 世界連邦に向けての仕組みであり 私自身が日本人として 日本語で皆さんに対して情報を提示し そして日本から世界に発信ができれば世界の予言は的中したことになります。

 

つまり 極東の島国から世界を変える出来事がスタートする すなわちこれは SRP の資金というものは日本から世界に情報を発信するということです。

 

 この資金 SRP というものは アジア 王族 グループということになり 実は日本の天皇家の資産も多く含まれているわけですから 日本人がそのことを主張する権利は十分にあるわけです。

 

それらのことが理解できれば皆様は今ここで伝えている内容の重要さ というものが理解できると思います。

 

地球規模で物事を大きく変える時代がやってきました それは このブログを読んでいる 読者の皆様に天が教えた道であると言えるでしょう。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

動画 セミナーの案内と今後継続して 動画 セミナーをアップします。

昨日は寝て財団が行っていることについての説明動画をアップしました。

 

パソコンで 本 ブログを見ている方や MSA 総合研究所のホームページを見ている方は ホームページのトップの部分に動画を貼り付けておりますので そこからもご視聴はできます。

 

50分ほどの動画ですが だいたい まとめて話をしていますので あの内容を見れば 現在 我々のメテ財団が行っている業務の内容については理解ができますし また 世界的な計画というのが理解ができると思います。

 

これは 国連を2030年に向けて 1ランク 上に持っていくということで 世界連邦への道筋ということになります。

今国連の機能が思うように働いていないのではないか などと言われていますが 国連は 本来 世界のまとめる 政府機能として存在したいと考えていましたが もう一つ それが実現できていませんので 2030年に向けて社会システムの統一を図り その後 国連を中心とした 全世界に対する給付金制度を実現するということでその業務を行っているのが メテ 財団 ということになります。

 

メテ財団が使っているSRP の財源というものは 国連 設立時に寄付されたアジア 王族グループからの財源が基礎となっておりますので目的としては 国連を中心に この資産を使って 世界全体に給付金を出すために仕組みを構築しているということになります。

そのために各国に加盟をしていただいて それで口座を開設していただきます それで 銀行口座を開設すれば継続的に資金提供できる仕組みを構築しましょう というだけの話です。

 

そのために加盟してくれれば100億ユーロの寄付出しますよ というサービスをつけているわけです。

 

 

動画でも色々と話をしていますので 見ていただければ幸いです。

 

また 今後も動画による説明を時々アップしたいなと考えております この業務 自身は私自身がメテ 財団の公式 アンバサダーとして業務を行っているわけですから特に誰がやってるか隠す必要もないので オープンしていきます。

実際にホームページを検索すれば普通に私の名前書いてますので また最近あの 私の偽物もいるという噂も出てますから顔出しでやった方がいいのかな と思ってやってます。

 

ではまた 本 ブログをお楽しみください よろしくお願いいたします。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

動画セミナー《メテ財団の国連加盟国向けのODAについて説明しています)

動画セミナー

メテ財団が行っている国連加盟国に対する支援制度に付いての説明をしています。

 

◎国連加盟国への100億ユーロの寄付案件とSBLCによる開発援助についての解説

 

動画では、メテ財団が活用している資産 SRPについての説明を行っています。50分ほどの動画で、まとめて話をしています。

この内容を理解すれば、メテ財団が行っている世界、これから国連が目指す世界について理解ができると思います。このプログラムは、2030年にむけて、国連が世界連邦としてバージョンアップするための金融システムを構築するために行っている作業です。

動画の説明は、本ブログの筆者でありメテ財団の公式アンバサダーが説明しています。

動画をご覧ください。

 

Mete財団の国連加盟国向けに行っている支援業務についての解説 - YouTubeyoutu.be

]

メテ 財団の国連加盟国への ODA 開発援助 プログラムの案内について サポーターの方はこのブログ読んでください。

メテ財団の業務についての話をいたします 今多くの方々に協力をいただきまして 世界各国にアプローチをしていただいております。

これは皆さんにお伝えしとかなければいけないのは、メテ財団 というのは国際的 非営利財団として運営しており これは 米国財務省 資産を活用はしておりますが 民間の財団 となります。

 

ですから メテ財団が行っている各国政府に対するアプローチの案件がございますが その案件をする方は必ず こちらに連絡ください。

 

多くの方が関与しているのはわかるのですが 全く知らないところで勝手な行動されれば困ります。

 

ですから 一度 こちらサイドと連絡を取り業務の内容について深く理解した上で 案件をスタートしてください。

 

この案件に関しては 公募として公に募集している案件ではありません。

確かに インターネット上で 筆者が記載はしておりますが これはプライベートで財団が募集しているものです。

 

ですから 筆者メテ財団の公式アンバサダーで業務を行っておりますので、 こちらサイドとアポイントを取っていただいて、こちらと確認を取りながら許可を取って行動してください。

 

 

連絡先に関しては MSA 総合研究所の連絡先から直接連絡していただいても 筆者のところにダイレクトで繋がります。

 

もしくはメテ財団にの公式ホームページのコンタクトのページに 筆者の名前 日本代表として記されておりますので そこの連絡先から直接ご連絡いただいても 筆者にダイレクトに繋がります。

 

連絡のやり取りの方法としてはWhatsAppを使っております。

 

これは財団側が基本的には 打ち合わせする際には このアプリを使って行うというルールになっておりますので 皆さんも もし 寝て 財団の業務を行いたいと思うのでしたWhatsAppのアプリをダウンロードしてこちらにコンタクトを取ってください。

 

筆者の連絡先に関しては MSA 総合研究所にもまたメテ財団のホームページに記しております。そこに記載している 連絡先からこちらに対して話しかけてください。

 

その際は一応 連絡者の身分として最低限 名刺 ぐらいはページをお願いいたします よろしくお願いいたします。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

 

 

現在 我々の取り組んでいる国連加盟国に対する寄付の案件は100% 歴史に残るビッグプロジェクトである.

現在 メテ財団が行っている国連加盟国の国家元首と契約を結べば 100億ユーロの寄付という案件があります。

この業務に案内したいという方が今日本国内 以外にも 世界のいろいろな国々の方が参加していただいております。

日々私も今まで行ったことも見たこともないような国の方から連絡をいただいたりしますので ちょっと驚きです。

 

世界には約200カ国の国連加盟国はあるのですが この仕事を始めて初めて知った名前の国もあります。 また国旗を見て こんな国旗 もあるんだと思うこともありました。

今この仕事をしていると地理や歴史がものすごく詳しくなると思います。

 

確かに 色々な国から連絡があり この国はできますか ということでまず 調べるのは国連加盟国であるかどうかをインターネットで調べます。

 

その後に調べるのがインターネット上でその国の歴史や 大統領が 誰か、また国の実情 経済面でどうなっているか などを調べ 、その後 YouTube でその国を紹介している動画があれば それを見ています。

 

毎日このようなことを繰り返していますので 受験の時以来、地図を見てあちらこちら 調べています。

 

大体調べるのは 近代史とその国の情勢 そしてどこの 植民地であったか などを調べて、どのような 宗教であるか なども調べます。

 

この援助を行うのは基本的には我々の本部というのは トルコにあり イスラム圏の国ですが この資金のベースとなるのはアメリ財務省 資産として管理されている SRP からの資金提供ですから 米国政府に非常に関係しております。

つまり 宗教的な意味合い、最近は イスラエルでの戦争もありますが そのような 国々にとっては敵対している勢力というのもあります。

注意をしなければいけないこと というのが色々と出てきます。

 

結構これはリアリティな話となりますので 開発援助 プログラムと言ってもかなり奥が深いと感じる次第です。

 

また 感心するのは日本の方々がこのブログを通じて 色々と仲間を紹介してくれているのですが よくもまあこんないろんな国に行ってるなと感心します。

 

ある意味 これただ単に インターネットを通じて情報を発信して、しかも、このブログがメインでで他では何も発信していませんが ここにたどり着いてこのプログラムに参加しようと考えてくれてる人たちは ある意味 神です。

 

後でここに参加しようと感じている人たちは ある意味 これは世界を変えるためのプログラムに参加しているメシアだと思っています。

 

よく言われるのがこの案件は日本人から来た話だから外国の人も 話は聞くが ,他の国の人から話し聞いたら無視をするという話をよく言われます。

 

ですから私自身も 英語での発信なども 考えましたが あえてここは日本語で発信をして情報は 日本語がわかる人のみということで拡散しようと考えました ある意味 これうまくいってるのかとちょっと思っています 今後 ODA 関連などでいろいろ 活動されている方にとってこの仕組みが非常に良い案件になるということを確信しております。

 

前回も言いましたが このプログラムを完全に仕上げれば歴史の教科書に100%乗ります。

 

なぜかといえば これやろ 元々マーシャルプラン や MSA そして JFK が契約したグリーンヒルトン 協定などにも関係しており この資産に関する歴史的な噂というのは ずっと続いています。

 

つまりこの SRP からの資産という世界は歴史を動かす時に登場する資金であり この業務に携わってその業務を成し遂げるということは 歴史を変える その時のメンバーになるということになるのです。

ですから この案件に対して 軽視はしないでください もしあなた方が この案件で成功できれば100% 歴史の教科書に残る仕事を行ったと言えます。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

 

 

このプログラムは特殊すぎて普通に下から上げて上に上がるものではないために ダイレクトに対象者に話しかける 以外 方法はありません。このプログラムが成し遂げられれば100% 歴史に残る仕事になるでしょう。

メテ財団 グループが行っている国連加盟国の国家元首 大統領 もしくは 首相に対して100億ユーロの開発援助資金の寄付の案件があります。

 

これは 米国財務省 資産である SRP から提供される資金でこの資金を用いて世界の開発援助 プログラムを実施しております。

 

このプログラムに関しては ガバメントに対して寄付はするとは言っておりますが契約上はプライベートアグリーメントとなっておりますので これは個別契約という意味になります。

 

ここが一般的な ODA 開発援助とは違うところです。

通常であれば日本は外務省や もしくはアメリカ合衆国政府の場合は国務省 などが政府開発援助 ODA を行っております。

 

その場合は契約書は ガバメントとガバメントとの契約となります。

 

すなわち G2Gプロジェクト という意味になりますから非常に 分かりやすいのですが 寝メテ財団 というのは 米国財務省 資産を使って資金は提供はしておりますが これは民間の国際的 非営利団体によって行われているプログラム となります。

 

ですから このようなプログラムを実施する場合は下から上げるというのは正直、困難極まりないと言えます。

 

普通は全く理解されません なぜ国家 政府を超えるような資金提供が民間の財団から行われるのか という意味が理解できません これはどの国の省庁の役人も首を傾げます。

 

ある意味 冗談みたいな話です。

日本政府が1年間に 全世界に提供する ODA も 100億ドル 程度と言われていますから我々のメテ財団は一つの国で 1箇所 100億ユーロを寄付するわけです。

 

しかも 返済不要です。

 

日本のように 円借款のように資金を貸し出しているわけではありません。

 

つまりこの SRP からの資金提供 という仕組みについて日本はこれは歴史的に企業育成資金というものがあったので一部の役人は理解はしていますが 霞ヶ関にいる 3万人の役人の中でも理解できるのは数人だけでしょう。

 

また日本銀行の担当者の中でも数多くの社員は 抱えていますが 本当 数人以外 この仕組みは理解できないと思います。

 

つまり 日本でも超極秘として超少人数の一部の人で行っている案件のために外部の省庁の職員は全くと言って 意味不明な案件になっています。

 

1952年頃から日本で行われていると言われていますが 日本で この状況ですから 全く経験のない グローバル サウスなどと言われる 途上国でしかも GDP が世界で100位以下の小さい国では1つの国の GDP を超える 無償援助が行われるというのは正直 意味不明であると思われています。

 

そのような案件を下の役人 からあげるというのは100% 不可能ですから これはダイレクトに大統領か 首相に話しかける 以外 聞いてもらう 術はありません 下の人がこんな リスキーな話は上にあげられないと言って 皆 適当なことを言って拒みます。

 

すなわち 上に上がる前に壊されてしまい話ができなくなり 周囲によってこのような案件は成り立たなくなるというのが現状です。

 

つまりどうすれば良いのかというのは 一番手っ取り早いのは大統領の直接電話するというのもいいのですが できない場合でも家族や親戚からあげるぐらいの勢いでなければ役所の中を経由するととても こんな世間話ができません。

 

これは日本の企業育成資金でも同じようなことは言えますが これは SRP の資金というのはちょっと 常識外れの話になっているのでアプローチの仕方が非常に難しいと言えるのです。

 

ですから 大臣を知っているからとかそういうレベルでは正直 上に上がりませんので 直接 大統領 知ってるとか直接大統領の家族と話ができるなどの人脈を持っている人はこの案件は成し遂げられるかもしれませんが それ以外はほぼ不可能と言えます。

 

ただ 国によってはきちんと 協力体制を持って行うような国はいいですがほとんどの場合は完了というのはどこの国でも一緒で リスクは背負いたくないので自分の直接 儲け話でない話は全く興味を示さず 途中で 却下されます。

 

簡単に言えば 大統領に提供する資金ということで下っ端の役所の人たちが 利益が出るかというと それはもらうのは不可能だと感じているので 初めから何も関わらない方がましだという風な回答になるわけです。

 

ですから それを回避するにはどうすればいいか というのはこれは ダイレクトで話をしなければ この SRP の資産からの資金提供 プログラムというのはほぼ 成立するのは不可能でありません。

 

しかも これは ガバメントは関係していると言いながらも これに対してアメリカ政府が大きく バックアップしてくれるということもありません。

 

ただ 資金を動かす 認可はアメリカ合衆国が監査をしているので 認可は取らなければいけませんが アメリカ政府の役人がこのことに協力してくれるかといえば 全くしてくれませんので 自力で頑張るしかありません。

 

筆者自身も 手段はどうすればいいか いろいろ考えた結果 このブログの読者で人脈のあるネットワークはどこかにあるのではないかということで 日本語で情報を伝えています。

 

これもし世界の全ての国家 政府がこの仕組みをうまくでき 地球全体の発展に貢献できたらこれ 歴史に残る話ですよ。

 

正直な話 これ俺たちの力によって世界連邦の仕組みを作り上げたすなわち SRP というのは アジア 王族 グループからの寄付ということで 裏を返せば天皇の金塊も多く含まれているわけです。

 

ある意味 日本は その金塊は寄付をして 自国のものではなくなりましたが日本人の協力によって世界が大きく 平和になるということができれば日本国民としての世界に対する恩恵と そして 御霊磨き はなされたということになり 平和な社会が訪れると筆者は確信しております。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

メテ財団 グループが行っている国連加盟国に対する支援プログラムで知ってほしい プライベートアグリーメントの意味合い

現在 メテ財団が行っている国連加盟国に対して100億ユーロの寄付の案件があります。

これは 米国財務省 資産 SRP からの資金提供であります。

 

通常の政府間の ODA になれば外務省や 米国の国務省 などが政府として援助をするということを行っておりますが SRP に関しては これは政府が表に立つのではなく アメリカ合衆国政府には関係はしていますが 業務は 米国政府から依頼を受けて行っている民間財団によって業務が行われています。

 

つまりこの SRP の資産というのはアメリカ政府に寄付されたものではなく 国連 設立時にヨーロッパやアジアの王族 グループが復興開発 財源として 世界銀行IMFの設立する際の財源として寄付されたものですから これは 米国政府は 監査はしていますが 米国政府の財源ではありません つまり これは 国連のために寄付をされた財源でありますが 国連 自身の銀行業務 ということはもともとは 世界銀行などが行っていたのですが 現在は SRP に関しては外部のメテ財団 グループによって SRP の資産からの資金提供 プログラムというのを行っています。

 

しかもこのプログラムは2020年に ルールが決定し 2022年から資金の提供を全世界に対して行うプログラムがスタートしておりますので 世界銀行のように 全然メジャーになっておりませんので メテ財団 というのは何ですか と言われながら 筆者も見て財団のアンバサダーとして業務を行っています。

 

ただ毎日 これを話して多くの方の協力によって全世界に情報がばらまかれておりますので少しずつ いろいろな国とのつながりが出てきたと言えます。

 

特にアフリカなどの国々とのつながりも結構出てきており 当然 日本はアジアの国ですから アジアの国々とのつながりも出ています。

 

意外と少ないのが 中東や ヨーロッパの国々であとは 南米に関しては 専門家にちょっとお願いしてるところはあるのですが まだまだ話が進んでおりませんので そのような国にどんどん告知ができれば良いと思っております。

 

また太平洋にある小さい国々に関しても複数の国に対して アプローチはスタートしております その中でもやはり日本と縁のある国というのは結構 いろんな人が大統領と繋がりがあるのだなあと感心するところはあります。

 

いずれにしろ 2030年に国連は 世界連邦としての格上げをしたいというような考え もあります 。

 

この仕組みというのは 国連 銀行 システム すなわち ユナイテッドネーションバンキングシステムとして世界の開発援助 プログラムを実施するということを基本的概念として メテ財団は業務を世界レベルで推進しております。

 

この仕組みに関しては 民間団体として国際的 非営利団体として業務を行っているという意味合いはある 意味 一つの国連と同じでそうすることによってこの資産 SRP を動かすには 特に 議会の承認を必要としないというところが やはり一番のポイントになります。

 

またこれ結構 微妙なところなんですが IMF などで結構 資金を借りてしまい これ以上 セーフとして資金調達ができないような状況に追い込まれている国家 政府に対しても我々のメテ財団は契約の内容はプライベートアグリーメントということになっておりますので、 この契約はガバメントではないということで その意味合いを回避できるプログラムを実施していると言えます。

 

なぜそのようにしているかというのはこの仕組み 自身はアメリカが作っているわけですから 世界銀行 IMF が行っていること というのは 十分理解しているわけです。

 

つまり これは日本の企業育成資金と同じような概念で政府という組織がこれ以上お金が 調達 できないという風な規制をかけられたとしても、その中にいる代表者のプライベートとして契約を結べば それは政府の決算とは関係がなくなるという意味で 支援ができるという概念になります。

 

ですから こういう案件を行っていくと必ず出てくるのが 財政難に陥り 政府として IMF から 大きな 借り入れをしているために 資金調達が外部から行えないというような状況に追い込まれている国家 政府は いくつかあります。

 

そのような場合 例えば 政府にお金を入れるということになればその入れた開発援助の資金はそのまま 借金返済に抑えられてしまいます。

 

そうなれば 正直な話 開発援助のために資金を出したのですが全部借金を返すために取られればその国は助かることはありません。

 

ですから 我々の財団が行っているのは プライベートアグリーメントでの契約ということになりますので そこの部分が 回避できる理由であると言えます。

 

そのように理解をしてこの案件について ODA 関連で仕事をされている方で現在 各国に案内されている方は 説明していただければ幸いです。

 

国によっては そのような契約を結ぶことができないというような説明をされる国家もありますが それぞれの国の法律や憲法にも関係してきますがそれは それぞれの国の法律の専門家と協議した上で 我々の仕組みを導入するかしないかまたは適用するにはどうしたらいいかということを考えてもらいたいと思います。

 

このような部分が理解できれば 我々 メテ財団 グループが行っている国連加盟国に対する 100億ユーロの寄付の案件の説明も幅が広がり 説明ができると思います。

これからの時代の考え方。

今日はエネルギー 改革 という話をしていきたいのですが エネルギー 改革の世界というのは これは非常に面白い世界で 実際のことを言うと フリーエネルギーというものが存在していると言えます。

 

フリーエネルギーというものは 入力されるエネルギー よりも 出力されるエネルギーが大きくなるということが フリーエネルギーの条件になります。

 

力学の世界では フリーエネルギーは絶対に存在することはありませんが 電子の世界では入力が出力を超えるということが起こりえます。

 

これが 電子の世界の不思議な世界であり 量子力学の世界であると言えます。

 

古典 物理学を研究されている先生から言わせるとエネルギー保存の法則というものがあるので 絶対にエネルギーは消費されるために入力されたものが出力を超えることなどは存在しないという言い方をします 。

これは間違いではありません。

 

これは 力学での考え方だからです。

 

力学だけを考えれば エネルギーというものは必ずフリーエネルギーは存在しないという結末で終わります。

 

では 何度も言いますが 電子の世界の動きというものは これは不思議なもので電子にパワーを与える 磁界の強さというものが関係をし それが 入力よりも大きな出力を生むことができるという特性があるということに気づけば人類は大きな進歩を遂げます 。

 

ただこのことに関しては 実は100年以上前に ニコラテスラという天才科学者は気づいており それを世界で活用させようかと思いましたが この考え方はビジネスとしての利益をもたらさないということで全て世の中から消えてしまったと言われています。

 

理科の実験の中でも モーター や発電機の仕組みについては 力学的な話はされますが それ以上の深さを追求しないというのが 現在の教育でありますが 最近はインターネットで一部の発明家が実際に色々な実験をしてエネルギー よりも大きな出力 エネルギーを出す電流の仕組みというのを公開しています 。

 

つまり 基本はその形でありますが その効率化はどうしていくか ということが 今後の研究の課題にはなると思いますが 物理現象としては結構 そんな 複雑な話ではありません。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

開発援助プログラムで 世界ランキングGDP 150位以下におけるエネルギー 改革を提案する

現在 メテ 財団では国連加盟国に対し100億ユーロの寄付を行っております。

この業務については過去のブログでも多数書いておりますので今回のブログは別の角度から 書きたいと思います。

 

メテ財団は SRP 米国財務省 資産から資金を提供するという業務を行っておりますが もう1つは フリーエネルギーについても取り組んでいる財団 と言えます。

 

つまり フリーエネルギーにおけるジェネレーター及びモーター というものを開発しており それは 特許を取得しているということになります。

 

そのような仕組みを用いて考えているのがGDP が世界で150位以下で電力がほとんど まともに流れていないような国がありますのでそのような国を支援する際に発電施設は全てフリーエネルギー及び再生可能エネルギーを用いて行うということができれば非常にこの世界は面白いものになるかと考えています。

 

アフリカの途上国などの国々のリーダーと話をしているとアフリカでも最近は発展してる国 はずいぶん良くはなってきておりますが まだまだ GDP で 150位以下の国家というものもあり ほとんど 手つかずな 国もあります。

 

そのような国の発展する方向性としては化石燃料このエネルギーではなく再生可能エネルギー及びフリーエネルギーを使った電力供給網というのを作り上げれば これは非常に良い サンプルになるかと考えています。

 

完全にインフラが整っている国は 突然 そのような仕組みを導入するとなればやはり 既得権益の世界に抵触するために非常にトラブルになる可能性はありますが 正直 外貨もなく 何もないような未開発の土地を開拓する もしくは 開発援助を行うには コストがかかる エネルギー政策 よりも 全て現地で賄われるエネルギーシステムを提供することが良いかと思っております。

 

つまり 電力の世界というものをうまく 供給できるようにすれば実際のことを言うと 電力を活用すれば全てのことができますから それ以外の化石燃料は必要がないと言えます。

 

自動車でも電車でも船でも電力で動かすことはできますし 場合によっては まだ ほとんど開発はされておりませんが 飛行機でも電力で飛ばすことは可能になるかと思います。

GDP で 世界150位以下の国々の発展プログラムを考える上で再生可能エネルギーとフリーエネルギーを合わせたエネルギープランによる国家の反転 ということを考えれば実は飛び抜けたことができるのではないかと 常に考えております。

 

 何もないところが 最先端のことを取り入れれば すでに 既得権益 で物事を動かしている国家はそれに影響されて地球は大きく変わっていくと考えています。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086

Flag Counter