【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

Vlog:ゴールドの世界 なぜ日本で極秘で販売されるロット単位のゴールドの話

 

****************

巷ではいろいろ ゴールドについてロット単位の販売や トン単位の販売などを大きな話が市場で出回っています。

その実態について 深掘りして本日は話をしています。

基本形を知らなければ このような話は右往左往とさせられます。

つまり 東京には無数のブローカーが存在しており 彼らの言うことを全て聞いていると一体これはどういう世界の話なのかということが全く理解できません。

 

MSA 総合研究所 ではその世界についてできる限り わかりやすく説明をし多くの方が この世界の中で道に迷わないように 一つの指針としてのアドバイスができればと思って このようなことを話しています。

 

ある程度 理解さえできればあとはその人たちの話を聞いて自分自身で判断できると言えるでしょう。

 

 

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|経営コンサルティング:シンクタンク|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|政府プロジェクト支援|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)国内情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 

 

 

Vlog: MSA総研 理事長 今、育成資金の世界も変わり目になってきている。

 

現在 企業育成資金の転換期になっているのかもしれないそのことについて説明をしています。

 

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|経営コンサルティング:シンクタンク|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|政府プロジェクト支援|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)国内情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 

 

 

(Vlog:MSA総研 理事長)育成資金の仕組みが今後変わっていく可能性高い。

 

業界で色々話題になっている育成資金についてですが、今後、仕組みが変わっていく可能性が高くなってきました。そのことについて語っています。

 

 

これは銀行 システムが今後は新しくなっていくために今までのような送金システムを活用しない可能性が出てきます。

 

今までですと資金者制度や 名義人制度という形で資金を誰かに預けておいてその資金をいざ 申請者が出てくればその口座から動かすということで資金を提供していました。

 

ただ今後はそのようなことをしなくてもブロックチェーン技術を用いて ダイレクトで管理本部から送金をするという仕組みになると言えます。

実際にこの仕組みは現在できており その仕組みが正式に大きく稼働するのはこれからになりますが これは全て 年内に動く予定ですから そしたら旧システムに関してにはどうなるかというのは正直 分かりません。

 

現在 新しい仕組みに移行すると言われており 今、育成資金の世界でも現在 、口座に残っている資金を吐き出してしまうということが 資金者の中でも言われており 通常より低い 基準 で資金提供の話が出ているのは その理由でもあると言えます。

 

動画のブログではそのようなことについて語っています。

今後は動画のブログも活用しながら情報を発信していくことにします。

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|経営コンサルティング:シンクタンク|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|政府プロジェクト支援|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)国内情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 

 

 

時代の流れと共に変化する資金の提供方法

企業育成資金についての話を書いています。

これは 簿外資金をオープンさせるというやり方ですけども 銀行口座 というのは オフラインにある資金 データ というものがあります その資金 データをある許可を出して オンライン上に出すということを行う。

このような仕組みによって資金が表に出るということを言うのですけども 銀行口座に多額の資金を一時預かりしている名義人 という方がいますが その方は 専門的に資金を預かって実際に育成資金などで 申請者が出てきた時にその管理している銀行口座から資金を提供するということを行っているのが 企業育成資金の仕組みになります。

 

ただ今少し 噂になっているのが この管理人の口座の仕組みというのが 今後なくなる可能性があると言えます。

 

今までは多額の資金を一定の指定された口座名義人の銀行口座に資金を入れて保管していましたけども これから銀行 システム 自身が新しく高額な資金を送金が可能となるブロックチェーンにおける送金システムというものもできてきますのでそうなれば 多額の資金をどこかの誰かに 一定期間名義人に預ける必要は全くなくなります。

 

つまり 名義人というのは 一時保管 人として申請者が出た時に資金を分配するという業務を行っている人ですから多額の送金がブロックチェーン技術を用いて自由に送金ができるようになってくると そのような口座管理人や 名義人と呼ばれる人たちは必要なくなっていきます 全て 本部における一括管理が可能になるということになるのです。

 

このような世界は 国際本部的な世界政府的なものが存在します これが グローバルサーバーなどと呼ばれているコンピューターシステムの頂点でそこで資金のデータというものが作られていますが そこからのデータによって世界中に資金が分配されているわけですが ダイレクトに直接取引がブロックされずにできるようになれば 正直な話 口座名義人 というのは 今後必要もなくなり 資金者制度という仕組み 自身が消えていく可能性があると言えます。

 

そのために今 囁かれているのが 従来の企業育成資金の形で資金が提供するという 銀行口座に一時保管しているお金から これはオフライン上でも銀行口座に一時保管している財源が存在しているから送金できるのであって そのようなことをわざわざ行わなくてもダイレクトに取引ができるようになってくると言えるのです

 

そのために 現在 銀行口座に保管している名義人の資金を使ってしまうというのか 出してしまおうという考えがあるようでいつもより基準が低くても 例えば今話になっているのが 今年の7月からは日本の銀行でも新しい銀行券が発行されますのでその前まで 6月末までで処理ができるならば 古い 仕組みで全部 管理 講座の資金を出してしまいたいために ハードルを下げて申請者を募集しているということになるかと言えます。

 

ですからもしかすると 今後 企業育成資金という仕組み 自身が変わってしまうのかなくなるということはないのですけども 銀行のシステム 自身が 今までのような口座管理 というものではなく これは名義人 や資金者っていうやり方ですよね 中央からブロックチェーン技術によって ダイレクトで必要なところに必要な資金を供給するという世界に変わっていくとなればこれ 実は資金者制度とか必要もなく 資金が本当に必要な人がダイレクトに申し込めばいい ただ単に それだけの話になります。

 

したがって そのようなことを考えても 仲介者がこのように一生懸命 絡んでやる このモデルというのは 今後なくなっていく可能性も大いにあるとも言えます。

 

つまり ブロックチェーン技術による送金というものが発展すれば わざわざアナログで仲介をする必要など一切なくなっていくわけです。

 

しかも 私も 業界の人間としてお伝えできることは この業界は もう隠さないというのか オープンにしていくという流れになっています。

 

 

つまり なぜ隠してきたか というのはこれは 銀行業界に対する配慮と昔はブロックチェーン技術がなかったので銀行の送金システムや銀行の口座を借りて資金の提供を行わなければいけないということで通常の銀行 業務を邪魔をしてはいけないということもあり 黙って処理をしていたというのが現状ですけども ブロックチェーン技術を持って ダイレクトに申請者との資金のやり取りが可能な時代になれば 正直な話 これを極秘にする必要もなく 必要な人は必要ですというような形でダイレクトに取引ができるような仕組みを組んでいてもおかしくないと言えます。

 

実はその仕組みというのはもうすでに出来上がっており ブロックチェーン技術による ミリタリーファンドから 資金調達ができる仕組みというのは すでに出来上がっています

 

筆者はその業界で仕事をしているのでよくわかっていますが そのような仕組みが出来上がっている中でアナログ的な銀行口座に資金を預けとき人が管理をして資金を提供するという制度というのが続くのかといえば これは物理的に難しいと思うんです。

 

このミリタリーファンドって呼ばれている国連軍における財源 この世界は非常にコンピューターを用いた効率化を考えていますので 効率化を考えている中でこのずいぶん昔から行われている銀行口座における管理体制や人間の個人的な名義を使った資金者制度 というのはそういう風なアナログ体制というのはもう必要ないということを判断されるのは時間の問題だと思います。

 

支援制度はなくならない 逆に言うと多くの方が ミリタリーファンドと呼ばれている軍事 財源から様々な 助成金を受けるチャンスが増えるのは事実だと思いますが 逆に言うと ただ単に 仲介 だけしたいという人たちにとってはあまり意味のない世界になっていくと言えます つまり 主催者側のやり方というのか 提供の仕方が変わってしまうというのが ポイントになります

 

 

ただ 移行期間として 時間もかかりますので すぐには全て 突然変わることはないのですが 今後 急激に その世界は変わっていくと言えます。

 

そのような認識を持って この業界を見つめていくことが重要かと筆者は思っております。

6月末まで上場していれば、資本金30億円以上であれば申請可能!という情報

このブログは、企業育成資金についてブログを書いています。企業育成資金も、6月末で制度が変わる可能性があり、7月以降は新しい仕組みになる可能性があるのではということが、噂が出ています。どこまで事実かまだ不明ですが、日本でも新通貨になり、新しい仕組みになっていきますのでそれを考えても、時代の転換期に育成資金の仕組みも買っていく可能性も高いといわれています。

 

そのためか、口座名義人が預かっている資金を吐き出してしまうということで、出血大サービスと言える制度を6月末まで行うという連絡がありました。つまり、名義人というのは、この資金を配るために資金を預かる業務を行う人がいますが、そのような立場の方が持っている資金を吐き出してしまうという棚卸にような在庫処分の案件をおこなうということです。資本金30億円以上の上場企業であれば、なんでも申請可能であり、資本金の100倍の資金提供ができるというプログラムになります。当然、事務局の持ち帰りがありますので事務手数料は、提供した金額から一部に戻すことが必要ですが、それを考えても、30億円レベルの資本金で100倍コースと言えば、かなり大きな資金に感じるとおもいますが、この機会に、ラストチャンスをものにしてください。 7月以降は、王族のSRPの資金になりますが、いずれにしろ、6月末までの案件がありますので、興味がある方は申請してみてください。 申請には、4点セットを提出する必要があります。

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|経営コンサルティング:シンクタンク|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|政府プロジェクト支援|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)国内情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

デジタル資産をもちいて、なぜ資産分配をするのか?ー新しい時代の開発援助

■デジタル資産をもちいて、なぜ資産分配をするのか?ー新しい時代の開発援助

 

つまり、これからの時代は、国連軍(米軍)が保有している資産は、デジタル資産として世界に流通させることになります。企業育成資金の世界に関心を持っている人も、これからの時代の動きについて知る必要があります。現在は、都市銀行を通じて銀行ネットワークを使って、資金を送金しています。それは、軍部としては、独自の送金システムをもっていなかったので、銀行送金ネットワークに頼るという事になったのです。

 

ただ、銀行業界と開発援助の世界というのは、逆境する仕組みと言えます。なぜかと言えば、銀行は、担保を取って資金を貸したいが、軍関連の支援金は、無担保で資金を与えているために、そのようにして、資金をどんどん流通捺せられると、銀行業は、今までの商売はモデルは存在不可能なビジネスモデルになると言えます。つまり、担保を取っての融資ができない、金利を取って行う商売は、軍部からの支援金の仕組みが普及すると、正直、銀行業界と衝突すると言えます。そのために、送金システムを自ら持たないときは、軍部が行ってきた支援金の仕組みは、通常の銀行システムを経由する場合は、銀行業界に配慮して、極秘で行う必要がありました。ただ、独自のデジタル通貨のブロックチェーン技術の送金システムが出来てしまえば、独自の送金システムによって送金がダイレクトに可能になれば、ある意味、大きな海外送金などは、銀行業界にブロックされてできなかったことも、遠慮なくできるようになります。そのために、ある意味、あたらしい時代の支援システムを構築できるようになったと言えます。

 

ただ、流通させる通貨は、銀行券としてのドルでは、これは、通常の銀行に発行権があるために、普通の現金のドルを銀行経由で送金するとなれば、銀行業界の送金ネットワークを使うことになります。それでは、独自の支援が難しくなるために、その問題点をクリアーするために、米ドルの銀行券と同等の価値としてわかりやすいものといて、米国政府財務省が発行する米国債がドルの価値を保全するものとして価値があると考えられます。つまり、これは、政府が負った債務でありますが、政府保証があると言えますので政府保証通貨としての米国債は、ドルの価値と同等といえます。よって、米国債を分散化してデジタル通貨にしたものが、当社が発行するデジタル国債通貨(DBC)という事になります。

 

DBCを世界への開発援助プログラムのための資金の流通システムとして活用することで、世界は、デジタル米国債通貨を通じて、資産分配がされて、豊かな社会を形成できるというプログラムになります。

 

つまり、デジタル米国債通貨が世界の標準化したあたらしい基軸通貨の価値を提供することになります。ある意味、これが、デジタル米国ドルとしての価値を保全するといえます。

デジタル米国債通貨(DBC)の世界の解説

当社は、国連軍(米軍)の外郭財団として米国債をデジタル通貨にする取り組みを行っております。筆者は、その業務を担う国連軍の外郭財団のグローバルアンバサダーとしての業務をおこなっています。当社の行っていることは、各国政府の財政支援を目的に、大量の政府国債を買い上げております。特に米国債は多額に保有しており、表向きの中長期国債だけでも1.3兆ドル以上(日本円で200兆円以上)保有しています。それだけでなく、その何十倍も、短期国債と言われている米国財務省発行の債券を保有しています。つまり、そのような米国財務省債券は、政府保証により発行されている償還可能な資産であるために、資産価値は存在するために、1ドル分の米国債は、1ドルの現金と同じ意味になります。その考え方をもって、1米ドル分の米国債を1DBC(デジタル米国債通貨)として、標準化して、分散化して流通させることで、米国債自体が、償還時期を待たなくて、通貨の価値をもち、市場で資金として流通することができます。当然、米国政府が発行した米国債であるので、その価値は、米ドルの現金の価値と同じといえます。

 

よって、当社では、通常の通常銀行の発行する銀行券でなく、米国債を流通通貨として、デジタル化して用いているといえます。ただ、このデジタル通貨は、米国債の価値があるのですが、まだ、すべての人が認識できていないために、通常の銀行券や銀行キャッシュでなければ取引が出来ないと言われるケースも当然ありますので、専門の交換所プラットフォームが外部にあり、そのプラットフォームを政府管理することで、運営しています。

 

つまり、各国の政府のリーダーを募集しているのは、加盟国の政府にこのデジタル通貨の交換所プラットフォームの管理人になっていただきたいために、国家政府の加盟を依頼しています。国家政府が加盟して、交換所プラットフォームの管理者となれば、その国では、資金の流通システムが完成することになりますので、大小関係なく、加盟することができるようになります。

 

この仕組みにより世界の加盟国は、外貨不足の問題を解決します。つまり、貿易決済や投資財源が不足という問題は解消されていきます。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アンバサダー|開発援助|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086| WhatsAPP:+81-7084017928



これが基本となるプラットフォームー送金システム(米国債デジタル通貨システム)

当社は、米国財務省資産を1.3兆ドル以上保有していることもあり、米国債を分散化してデジタル資産にしたものを世界の共通通貨として流通させるべく新しいデジタル通貨システムを構築しています。当社の主たる資産は、米国財務省資産としての中長期債、また、米国財務省の短期債など、米国債を驚くほど保有していることもあり、米国債を裏付けにデジタル資産を分散化して、デジタル通貨として流通できるようにシステムを組んでいます。
まさに、これは、米国政府通貨と言えるような仕組みです。ただ、政府が発行機関でなく、これは、国連軍(米軍)の外郭財団である当社が主催して行っているシステムになります。このシステムの中央銀行システムをアフロユーラシアセントラルバンクと言います。
 この映像は、現在まだ(正式)稼働はしていないですが、このシステム画面を用いて、米国債デジタル通貨が流通することになります。
 
ある意味、戦後復興財源と言われた国連軍(米軍)が管理していた資産は、極秘取扱いされてきたのですが、今回は、米国債を裏付けにする通貨を発行するために、世の中に広げるというのですから、今まで、世界はこのことを隠していたのですから、それをOPENさせるというのは、ある意味時代の転換期です。
 
つまり、もう秘密のことではなくなっています。

業界からの洞察

業界からの洞察

 

企業育成資金と言われる仕組み、これは、「日米償還金協定」によって、締結された仕組みになります。正直なところ言うと、この仕組みは、米軍(国連軍)と日本政府との契約であり、米軍は、日本国に日本の資産を償還する(戻す)ということで、米軍から日本政府と貿易取引をするという形式で資金のやり取りをしたのが、世間で言われている償還金のはなしになります。

 

この償還金の仕組みも、長い歴史で行われていますが、このような仕組は、国連軍(米軍)の空軍の太平洋地域が管轄していると言えます。実は、日本の償還金も、筆者が所属する財団も、もとを言えば、国連軍(米軍)の空軍の太平洋地域を拠点にしていると言えます。

 

つまり、同じ世界ということは、資金の提供方法は違えど、やっていることは同じであると言えます。

 

償還金の仕組みは、1951年頃決めた国連法で記載されている仕組みになり、法律的には古い仕組みとしておこなわれていることもあり、国連なかでも、一人の個人に巨額な資金を預けるのは、ちょっと時代い合わないとも言われています。それで、新たに2020年頃から国連における特別条項のこの手に資金の活用方法に対して、特別条項のルールを変更するための手続きを行ったというのが、現在の筆者の所属する財団(国連軍の外郭財団)の仕組みになり、現在は、かなり幅広く利用できるように、非常に限定的な取引条件から広範囲に直接的支援ができるように仕組みを改正しています。

 

この事は、国連における特別条項に書かれている極秘ルールのために、一般的に知られることはないのですが、。実際のことを言えば、マーシャルプランや、MSAの時代のように限定的な使い方を指定しているのでなく、当時のような戦後間もないという時代でもないために、幅広い使い方ということで、国連における特別条項の更新を行い、そのために、現在、使いやすくしてきており、そのシステムが、そろそろ完成というところまで来ました。

 

つまり、今後、非常に限定的で申請者もほとんどない育成資金よりも、広く多くの人に使える仕組みの方に流れは変わっていくことは十分に考えられます。

 

今後、育成資金もいつまで存在するのか?ということになります。

 

筆者は何を言いたいのか?つまり、育成資金も筆者の所属するミリタリーファンドも、国連軍(米軍)の太平洋地域の管轄で同じところが結論、行っていると言っているのです。

 

違うのは、この資金の提供する方法が、国連における特別条項に古いやり方が残っっているので、継続して日本で行っているだけで、古いやり方をやめて、すべて、新しいやり方に移行するということなれば、一部の代表者に信じられてないような巨額な資金を提供するような仕組みを構築することは無くなる可能性高いとお伝えします。



その理由は、国連軍が経済支援をする際に、自らの銀行システムを持っていなかったために、一部の人物い巨額な資金を預けて、分配してもらうという方法になったのですが、皆に分配できるデジタル通貨の技術とブロックチェーン技術があれば、資産分配が容易になり、あえて、一人の代表者に巨額な資金を預ける必要もなくなるのです。

 

みんなにとっては、使いやすくなるといえます。ただ、事業者は、ある程度まとまって資金が必要であるので、プロジェクトの事業計画に従って、資金を提供できる仕組みを追加で行うということで、通常は給付金のようになっていくと言えます。

 

今後、この様になっていくと考えられます。

 

もし、巨額資金を一発でほしいと思っているならば、この制度が変わらないうちに、早い目するのが、良いです。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アンバサダー|開発援助|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086| WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。