実話!MSA協定第5条、財政法44条を基にした「長期保護管理権委譲渡資金」

霞が関の埋蔵金と噂されている機密資金。その実態とその活用について現場目線で語るブログ

長期保護管理権委譲渡資金についての理解を深めることが大切。

長期保護管理権委譲渡資金は、一部は、企業経営者側に資金を委託されますが、反面、政府側の分配資金があり、その資金の一部は特別会計に組み込まれ、現実、国の費用として使っています。

 

この資金は、国際法によって決まった資金提供方法です。また、MSA協定による簿外管理資金であり、その資金は、日本にあっても日本の省庁が管理していない資金です。

 

よって、省庁に問い合わせもて、省庁の窓口の担当者は、聞いたことも見たこともないという話になるでしょう。

 

MSA協定というのは、日本国とアメリカ合衆国との間の相互防衛援助協定)ですので、日本国だけの協定でないことです。すなわち、防衛に関する機密費として管理されている資金で、防衛に関する使用分、また、民間企業への使用分と2つの使い道で管理されている資金になります。

 

それについては、いろいろ参考資料はインターネット上でも検索することができると思います。

 

いずれにしろ、日本国には使用権がありますが、日本国のみで管理している資金ではないということです。

財政難の日本もこの資金を動かすことが、財政難の解決するのに一番早い近道になります。しかし、これは、省庁がいくら努力してもこの資金を動かせない仕組みになっています。

すなわち、この資金は、「日本国籍をもった基幹産業の経営者に対しての資金を委託した場合のみ、政府枠の資金も動かすことが出来ます。」

 

民間企業の基幹産業の経営者が、この資金を引き受け委託管理すると言わなければ、政府であろうともこの資金が動かせないのが、この資金は、「多額に資金があっても、引き出すのが難しい」と言われる所以です。

 

国家の財政難、地方自治の財政難を補う「血税を使わない大型の資金は、MSA協定の簿外資金を動かす以外道がない」ということをお伝えします。

 

資金の詳細については、機密になりますが、詳細はわからずしても、MSA協定の資金に対する理解を深め、日本の財政補填に活用できることを期待しています。

国家財政を支援する資金であることを知ってもらいたい。

長期保護管理権委譲渡資金の説明を日夜行っていますが、この資金についての不信感が強いのか、対象になる経営者の多くは、多くの資金を国から委託されるということでも、自分がそんな仕事をしたくないと思い拒否しているのか?何れにしろ、前向きな経営者の意見を聞くことは少ない。

 

しかし、多くはないが、少なからずは、この資金について同意して、実行されている。

現実は、運用益が大きく膨らんでいるのであるが、その資金を引き出したくても、基準を満たした経営者が同意しないことには、巨額な資金を引き出せない決まりになっている。

 

長期管理委譲渡資金契約の中には、経営者に委譲渡する枠の資金と政府側に委譲渡する資金がある。経営者に100出れば、政府枠にも100を出すということで、同額の資金をMSA協定のある簿外資金から引き出している。

政府枠に引き出した資金は、特別会計枠にも組み込まれ、海外の関係機関への資金も提供されている。関係省庁、または、G8の資金など、国内外への資金提供することがこの資金の特徴である。

 

対象となる経営者は、自己だけの判断で私には関係ない。ということを言い続ければ、日本の国家財政に大きな影響を与えていることを知ってもらいたい。

台風、地震などの天災に対する救済資金の提供は、この資金が最も有効的だ!

今年は、特に台風、地震と天災が多く、日本の各地で大きな被害が出ている。そのために、その支援をするために資金管理事務局でも災害救済としての資金を対象となる企業の代表者の協力を得て、資金の提供をしたいと考えている。

 

特に、市町村から出される「罹災証明」を添付することで、通常の資金提供金額より数倍の資金提供を行うことができる。

あくまでも、この資金は、産業用資金であるために、企業の代表者が受け皿にならない限り、1円の資金も出すことができない。そのため国が、決めている基準を満たした企業経営者が受け皿になり、資金をMSA協定の資金から企業経営者を資金を委託し、その資金委託した資金の一部を国民の救済のための寄付として、地方自治体や直接、活動を行っているボランティア団体などに寄付していただくという形で、災害地の支援金として使いたいと考えている。

しかし、ここで重要な問題は、災害地に関係する企業が、この資金のことを知らなかったり、受け皿になってほしとお願いしても、それを拒否されると多額に資金提供が可能であっても、1円の資金も災害地に提供することができないのが、管理者側のにとって、苦しいことである。

 

日本の災害復興でもっとも早く、大型の資金を提供できるのは、MSA協定からなる簿外資金からの提供以外、存在しない。

 

数十兆円レベル、協力を本気で対象となる企業経営者から数多く協力を得れれば、数百兆円というレベルでも資金を動かし、国民の災害救済金として使うことができる。

これが、思うように進んでいない現実に、資金提供者側も歯がゆい思いをしているのが、事実である。

 

この現実を多くの対象となる企業経営者に知っていただきたいという願いが届くかどうかは、関係者の伝達業務に関わるが、慈愛の精神があれば、日本は救済できる資金はあることは唯一の救いであることは言える。

日本の財政難を解決するには

「長期保護管理権委譲渡資金」と財政法の謎 ついて話をしたいと思う。

 

第四十四条 国は、法律を以て定める場合に限り、特別の資金を保有することができる。

第四十五条 各特別会計において必要がある場合には、この法律の規定と異なる定めをなすことができる。

 

我々の業界では、第44条が、「国内償還」の資金といい方をし、第45条については、「アメリカ側の資金」を言い方をする人が多い。

 

財政法は、この部分がなぞがあり、省庁に問い合わす人が多いのか、長期保護管理権委譲渡資金は、存在しないなどと書いているホームページを見受ける。

 

以前の記事でも記載したが、この資金は、MSA協定からなる簿外管理された資金であり、管理組織は、日本の省庁には属していない独立した民間組織ということになっている。よって、民間管理されたものを省庁にお尋ねしても「ないものは、ない」という回答になる。

 

財政法第44条は、日本国内にMSA協定第5条に記された政府、省庁、個人などから影響を受けない独立した資金として管理されている資金を持つことができるという意味で、国内での資金管理することを明記したこととして、「日本の資金」などという人がいる。

 

また、財政法45条は、MSA協定による米国からの援助物資として受取った資金について、民間企業に管理権を委譲渡すると同時に、政府側財源(特別会計)に資金提供ができるという意味で、「アメリカの資金」だという人もいる。

 

いずれにしろ、国際的金融会議の場では、この資金は、欧米から注目されていることは事実である。この制度は、世界で唯一、日本だけがもっている制度です。

このことは、国連にも登録された条約になっています。

 

この資金に関する関係国  「長期保護管理権委譲渡資金」

 

1、アメリカ 管理権と護衛権 

2、イギリス 護衛権

3、フランス 護衛権

4、ドイツ  護衛権

5、スイス 管理権

6、日本 使用権

 

すなわち、資金管理に関しては、アメリカとスイスが行っており、

それを使用できるのが、日本のみの権利だということになっている。

 

アメリカ・ワシントンの世界銀行IMF、また、ロイズなどの保険機構なども関係して運用された資金

が日本に流れてくる仕組みになっている。

すなわち、その原資となる財源を日本が多く提供していることで、資金が日本に流れてくる。

これは、通貨スワップ協定による内容を見れば、関係国と日本は、無制限、無期限の通貨スワップ協定を結んでいる。

 

日本に多額の資金が流れ込んでくる仕組みは、通貨スワップによる外貨が日本円と両替えされることに日本側の財源が膨らむことになる。

日本円と外貨と通貨スワップされた資金は、日本側は一部のみ現金化しているだけで予約手形として多額の準備金が存在するということだ。

 

このことが、世界的に見て日本は世界的に見てまれにみる金持ち国家として見られている。しかし、取引上の利益が多額に準備されていても、その資金を一般市場に流通させない限り、日本の経済を潤すことができず、簿外資金として保管されられているだけの状態である。

 

通称、償還金といわれる「長期保護管理権委譲渡資金」は、多額の資金があることは噂されるが、なぜ、この資金は世の中に流通していないかは、流通させるためには、それにも規定がある。

 

すなわち、この資金を管理ている協定がMSA協定に記された資金として管理していることで、国際ルールに従い資金を市場に流通させることが決まっている。

それが、国が定めた基準を満たした企業経営者がこの資金を委託するということを決めて、「長期保護管理権委譲渡契約」を結んだときに、その資金が動かすことができるのである。

 

これを知れば、理解できるが、国難で資金難である日本の財源を救うのは、国が決めた基準値以上の企業規模の経営者のみが、国家財政の国難を解決できる人物になる。

 

そこで、対象になる人物が、この案件を拒否すれば、国家の財政難を解決する手段など生まれてこないことが言える。すなわち、日本は、この財源があるので安心といえる半面、基準値を満たした企業経営者の協力なくて日本の財政を立て直すことなどできないことになる。

非公開案件であるから黙っているが・・・その重要性を理解するべきだ。

長期保護管理権委譲渡資金については、本当にあるかどうか?現場で動いていても対象企業の方から相当真相について聞かる。

 

本当に、こんな資金が企業経営者に提供(委託)されて自社の経営につかったりできるのですか?しかも、その資金の使用用途について、特に報告義務もないのですか?などという質問が多い。

 

国が設けている基準をクリアーした企業経営者は、十分社会的に地位があり、国家の育成に貢献できる優秀な人物としての人物評価の基準を満たしている。よって、資金委託をしたのちに、その後の使い道ついて監査する必要がないという考えになります。

 

先日も、この資金について説明しているときに、過去に資金繰りに苦しんだ経営者の方から、「噂には聞いたことがありましたが、本当にこんな資金があったんですね。」という話があった。

 

国側の立場から言えば、大企業が倒産して、多くの失業者がでて社会不安が高まるほうが問題に感じます。資金提供して企業が継続的に事業を行い、国家の発展と、雇用促進を続けられる環境をつくることが重要になります。

 

この資金は、防衛に関する資金も関係しますが、武器をもって防衛することも国家の安定をはかることになりますが、経済が安定して、国民が不満を持たないで生きていける社会をつくることも国家を守る上で大切なことになります。

 

すべて世の中が、自由競争原理だけでは、多くの国民の生活を守ることなどできないというのが、資金提供者側の考えです。

 

そのことが、理解できれば、MSA協定は、軍事的契約ですが、軍事的な部分と経済安定があり、国家の安定をはかれるということがこの資金を大企業の企業経営者に委託する意味です。

 

これは、個人に出るご褒美てきな資金でなく、日本で1000人くらいの方が対象になるかとおもいますが、1億2000万人の人口に対して12万分の1の確率でできる名誉ある国策案件です・

 

ある意味、この案件を「詐欺扱い」する話を書く話は、国家の防衛に関する事柄を妨げている人物として見られても仕方ないことだと思います。

 

MSA協定から出る資金は、国家の防衛を目的に生まれた資金であり、経済の安定こそが、国家を守る意味をもっているのです。国家を守るための経済支援をこの資金から委譲渡することは、国家の防衛にも貢献していることあり、勲章を頂ける立場として表彰される役目になります。

 

非公開案件であるから黙っているが・・・その重要性を理解するべきだ。

長期保護管理権委譲渡資金については、本当にあるかどうか?現場で動いていても対象企業の方から相当真相について聞かる。

 

本当に、こんな資金が企業経営者に提供(委託)されて自社の経営につかったりできるのですか?しかも、その資金の使用用途について、特に報告義務もないのですか?などという質問が多い。

 

国が設けている基準をクリアーした企業経営者は、十分社会的に地位があり、国家の育成に貢献できる優秀な人物としての人物評価の基準を満たしている。よって、資金委託をしたのちに、その後の使い道ついて監査する必要がないという考えになります。

 

先日も、この資金について説明しているときに、過去に資金繰りに苦しんだ経営者の方から、「噂には聞いたことがありましたが、本当にこんな資金があったんですね。」という話があった。

 

国側の立場から言えば、大企業が倒産して、多くの失業者がでて社会不安が高まるほうが問題に感じます。資金提供して企業が継続的に事業を行い、国家の発展と、雇用促進を続けられる環境をつくることが重要になります。

 

この資金は、防衛に関する資金も関係しますが、武器をもって防衛することも国家の安定をはかることになりますが、経済が安定して、国民が不満を持たないで生きていける社会をつくることも国家を守る上で大切なことになります。

 

すべて世の中が、自由競争原理だけでは、多くの国民の生活を守ることなどできないというのが、資金提供者側の考えです。

 

そのことが、理解できれば、MSA協定は、軍事的契約ですが、軍事的な部分と経済安定があり、国家の安定をはかれるということがこの資金を大企業の企業経営者に委託する意味です。

 

これは、個人に出るご褒美てきな資金でなく、日本で1000人くらいの方が対象になるかとおもいますが、1億2000万人の人口に対して12万分の1の確率でできる名誉ある国策案件です・

 

ある意味、この案件を「詐欺扱い」する話を書く話は、国家の防衛に関する事柄を妨げている人物として見られても仕方ないことだと思います。

 

MSA協定から出る資金は、国家の防衛を目的に生まれた資金であり、経済の安定こそが、国家を守る意味をもっているのです。国家を守るための経済支援をこの資金から委譲渡することは、国家の防衛にも貢献していることあり、勲章を頂ける立場として表彰される役目になります。

 

MSA協定の資金は、国の省庁の管理下で保管していない。

MSA協定に記されている資金「長期管理権委譲渡資金」は、国の省庁の管理下で保管はされていない。この資金について、疑問を持った人の多くが、国の管轄省庁と思われる省庁に問合せをいれているようだが、資金管理事務局(民間機関)が簿外資金として金融機関に保管している資金になる。よって、財政法 第44条に関係する資金が、省庁に関係して保管しているのでないかと問い合わせても、省庁が管理していないので、そんなものはないという回答になる。

 

省庁は、迷惑しているのだろう。

 

それで、省庁のホームページに「長期保護管理権委譲渡契約」などありません。と書いているの見て、「この話がでたらめだ。」という人も少なからずいる。

 

非公開で、簿外資金として管理しているので具体的にどこにいくらあり、一般会計のように報告しないので、証明することはむずかしいが、運がよければ、真実に出会えることになる。

 

これは、いかにいい人の出会いがあるかで、運命を決定する資金だろう。