国家の治安維持のためにベーシックインカクを行うことは、この財源を活用すれば可能である。

日本の社会システムは、所得制限、累進課税という制度を強調する形で、高額所得者から資金徴収して、低収入な方は、税制優遇などする政策を強調して行っています。それでは、長期的に見えて、高額所得者になれる商才の有る方は、日本から出ていく傾向が増します。すなわち、随分前から言われますが、頭脳流出です。

 

さて、政府財源が厳しい局面にあるので、取れるところから取りたいというのは本音でしょう。そこで、このブログのタイトルでもある送金案件を活用するという考え方です。送金を実行した際には、口座主には、口座名義貸しのコミッションがいただけます。送金した資金を、すぐに転送して、その転送先での使われ方としては、国家の安全保障費(セキュリティー費用)になるという話は前回のブログでも説明しています。セキュリティー費用とは、安全保障費は、必ずしも、軍事だけでないとも説明しました。平和維持をするための財源、それは、経済の安定、社会の安定をするための社会福祉、医療費など捻出にも使うことができるでしょう。このセキュリティー費用は、国会の審議を必要としない形で、使える簿外管理された資金になりますので、アイデア次第でいろいろ活用できます。今年のように経済の低迷で社会不安が大きくなり、それを支援するためにベーシックインカムを与えることで社会安定、治安維持をするという点では、この資金は、十分に国内に置ける平和維持費用として使えるでしょう。

 

欧州の運用会社でPPP運用された運用益が十分ある(国家予算の数千年分)ので、Receiverになる口座主さえ出てくれば、いくらでも送金を実施して、資金を生み出す事ができます。(現金化すること)

 

ただ、この制度への理解をされていないだけが原因で、資金を動かすことができず(現金化できない)、結局、財源不足になっていることは、日本の長期戦略を考える上で非常に残念なことです。失われた20年とか、30年とか言われていますが、その期間は、ほとんどこの案件が行われていないことが原因しています。

 

このブログでも紹介しましたが、この資金の運用ファンドは、K運用ファンドとZ運用ファンドの2箇所あります。運用会社は同じですが、ファンドは、2箇所です。条件さえ満たせば、どちらの(運用ファンド)資金にもアクセス可能です。これを動かし経済的に国難になっている現状を打破するために我々の活動があります。

国家にとって重要な安全保障の財源について

巨額資金の送金案件の資金の送金には、目的があって行っています。すなわち、なぜ、このような巨額資金の送金を可能にしているのでしょうか?まさに特別扱いに感じる案件です。

 

その答えは、この送金された資金が転送されますが、その使いみちが、日米のSecurity Fee(安全保障費用)のために財源になるからです。

 

日米における安全保障問題に関して、日本は米国に対して、現在、年に約2000億円の「思いやり予算」を出しています。米国に日本の安全保障を依存していることが原因しています。

 

しかし、実際にはこれだけでは、巨額にかかる安全保障コストは負担できていないということで、日本に対して負担増の声があがっていると一部のニュースで報道されています。日本にとって、日米同盟における安全保障問題をどのように維持していくかが、非常に重要な課題になっています。本来、この1954年のMSA協定における資金は、警察予備隊自衛隊)と米軍基地及び備品購入費に使う財源と基幹産業を支援する無償提供財源を捻出するための財源となっています。基幹産業を育成する資金は、最大で20%までの資金を提供し、残りは、安全保障費として活用するという規定でした。

 

すなわち、安全保障費用(セキュリティー 費用)80%  産業補助費用(企業育成資金)20% というルールで資金の捻出を行っています。

 

よって、送金された金額の20%に関しては、Receiver(口座主)のコミッションとしての謝礼になります。(コミッションは、東証一部の場合、資本金✕100倍規模、銀行、信用金庫の場合 預金高✕3倍規模)

口座主になれる方は、(東証一部、銀行、信用金庫の代表権者)です。

 

残りの80%に関しては、Receiverに入金後、すぐに、日米のSecurity Fee(安全保障費)として送金されます。

 

すなわち、この案件の重要なことは、産業支援を目的にはしていますが、同時に国家(日米)における安全保障費の積立金の財源にすることになっているのです。

 

この案件を積極的に行わければ、国家にとって重要な安全保障費の捻出するための財源を作ることができません。実は、産業支援をするという点に、注目されていますが、もっと重要なことは、国家の存続に関わる重要な財源である安全保障に関する財源の捻出できなくなっています。実際には予想より遥かに少ない件数でしか契約(送金)できておらず、安全保障費の積立金が、財源不足になっています。この問題を解決することは、実は主催者側から見れば急務になっています。

 

送金するための運用財源が、巨額にあっても、ボトルネックになるのが、この送金を手伝ってくれる口座名義人が、誰でもいいというわけではないからです。

口座名義人が、先にも述べた東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人と限定されているために、日本の国における安全保障費が、積立金が少なく、困っている状況でも、民間の条件を満たした経営者が「よし、私が、口座主になって送金を受けよう」という申請者がなければ、国家における安全保障費も財源がなくなります。日本だけでなく、これは、日米の安全保障費になります。

 

首相はいくら日米同盟の重要性を訴えたところで、ここでは、首相が自ら送金のReceiverになって、「私が口座主になる」ということが言えないのが、辛いところです。よって、このままでは、日本における安全保障費の増額分に関しては、国民の負担としてのつけが回ってくる可能性も否定できません。よって、この案件(送金案件)、しっかり件数を行い産業のための財源確保と同時に国家における安全保障費の積立金の拡充を図ることが、国家の安定に繋がります。

 

実は、この部分が非常に重要になります。

東証一部、資本金100億円から150億円の企業代表者の場合、どんな企業が対象になるか?

東証一部で資本金100億円から150億円の企業代表者がこの資金を申請しようと思えば、どんな条件であるか?という質問が時々あります。

 

主催者からの回答は、資本金が小さい場合(資本金150億円以下東証一部)は、製造業・基幹産業であることが重要です。という回答です。よって、それ以外の業種で、資本金が100億円から150億円の場合は、申請されても通らないと思ってください。。資本金150億円以上で東証一部(必修)企業の代表者の場合は、業種は基本的には問わないということにしていますが、コンプラチェックで問題のある場合、過去に申請したが、面談にでてこなかったなどのトラブルのある経営者の場合は、主催者側から対象外とされる場合があります。

 

国のコンプラチェックもありますが、主催者側でも自らの基準を設けていますので、場合によっては、申請受付されない場合があります。

 

本案件を実際に代表者に話を詰める前に、事前に確認をすることをおすすめします。質問がある場合には、当研究所が調査して回答いたします。

愛国者=パトリオットを考えて見る。

愛国心愛国者といえば、英語で「パトリオット  Patriot 」と言います。湾岸戦争のときに有名になった対空ミサイルもパトリオットでした。

 

パトリオットについて調べて見ると、以下のような説明を見つけました。

 

■■■■■■■■■■■■

 

アメリカ独立戦争が始まる数年前から、独立を志向するパトリオット愛国者)と、イギリス本国と王に対する忠誠を誓うロイヤリスト王党派)との対立構造が生まれてきた。パトリオットは自称または他称でAmericans、 Whigs(ホイッグ)、 Congress-Men(大陸会議派) または Rebels(反逆者)と呼ばれた。元々はイギリスからの移民が多かったアメリ植民地であるが、アメリカ独立戦争のころは移民開始から150年間を経過しており、自主自立の機運が高まる中でイギリス政府からの圧力をきっかけに、パトリオットという名前での組織化が始まった。

 

■■■■■■■■■■■■

 

これを見てなるほどと思うことがありました。アメリカの独立戦争は、パトリオットという組織化されたと見て、米国においては愛国者 パトリオットというのは、重要な意味があるのだなと思ったわけです。

 

すなわち、この資金の提案は、日本が行ったわけでなく、米国からの提案で始まった制度です。また、英国もこの財源について主張したことで、米国の運用システムで運用するが、本部は、英国が関与して行う。そして、日本へ資金を送金するという日米英で行っている安全保障のための案件であるということを考えれば、ここに参加する民間人は、当然、愛国者パトリオット ということになります。

 

これを見たときに、この仕組みを考えた人は、まさにパトリオットをイメージしてこの制度を作ったのではないかと感じました。これは、誰かに聞いた話でないので、筆者の想像です。しかし、パトリオットになる人物が、豊かになれる仕組みに見事になっているからです。国のための安全保障における資金捻出に協力してくれた方は、経済的自由を手に入れる財源を得て、同時に社会から称賛されるであろう大きな社会貢献のできる財源を手に入れることができる。まさに、アメリカンドリームの世界です。

 

本来なら「よくやった。お前は、素晴らしい愛国者だ。そして、成功者になったことを称賛するよ」と星条旗と拍手喝采の映像が想像できます。

 

しかし、日本の場合は、ちょっと民族的な違いだと思いますが、極端な成功を怖がる傾向があり、静かに結果を出すことがベターと考える人も多いので、どうもコソコソしてしまいます。

 

無名の戦士が美徳な国家では、大胆なこんな案件を理解してもらうには、やはり、話をするときに、星条旗に拍手喝采されている自分が心の中でイメージできることが重要なのかもしれません。

本来は、この仕事は愛国者における平和維持活動である。

この案件の目的は、「国家にとって安全保障費用を獲得する作業」すなわち、国内外の平和維持費用を作るために、送金案件を行っていると理解すれば、実は分かりやすいです。

 

MSA(Mutual Security Act)=相互(Mutual)に安全保障(S=セキュリティ)するための法令(Act)の資金ということになります。

 

相互(国内外=日米及びG8)の安全保障を行うための財源を生み出すために、活動しているというのが、この案件における本来の目的です。それを行うための送金する際にReceiver(受取人)になってくれる企業の代表者には、本案件をお手伝い頂いた謝礼として産業育成のための資金をお渡しします。 ということになります。よって、この案件を行うために、主催者(Sender)がReceiver(受取人)を募集しているということが理解できれば、これで明確にこの案件の意味と目的が理解できると思います。主催者(Sender)は、すでに米英で運用された運用益を十分持っています。それを日本に送金して、出金する作業だけは、これは、民間募集したReceiver(受取人)に行って頂くことで、国家から見えれば、日米の安全保障費用を生み出すことができます。

 

首相も、「日米同盟が重要だ」 というコメントを言っています。日本にとって、日米同盟、日米における安全保障問題を如何に行うかということは、国家にとって一番の重要課題です。実は、この案件に参加して資金を動かす努力を行っている方は、知らずと、愛国者としての国家の安全保障問題の財源獲得のために努力されていることになるのです。国家に対して大きく貢献されれば、成果がでれば、当然、謝礼は支払われます。

 

 

それが、この案件を考える上で、重要なポイントです。

 

昨日書いたブログでは、安全保障問題というのは、軍事だけの話ではありません。経済問題も重要な問題になります。すなわち、安全保障問題というのは、戦争を目的にはしていません。平和維持活動をどうするか?ということに焦点が置かれます。国内においては、安定した産業の発展と経済の安定が国家の治安維持に繋がります。すなわち、国内においての平和維持に繋がります。国外においては、軍事力の強化というのは、相手を威嚇するには重要な要素かもしれませんが、もっと重要なことは、相手の国も援助することで、双方の人の理解が深まり、争いが起きなくすることも重要です。それは、対外的な平和維持活動です。

 

すなわち、これらの平和維持活動に関する維持費は、ものすごくかかることは理解できます。これを国民の税金だけで捻出しようと思えば、国民負担も大きくなり、逆に、この負担を国民だけにお願いすれば、負担増から国家への反感を持つ人も増え、平和維持活動を目的にしているのですが、逆行した結果になります。よって、財源は、別枠で生み出すということを行っているのです。外から得た収入で、平和維持活動(安全保障)を行う財源を確保して、行うのであれば、それを行うのは、「いいことだ。」と称賛されるでしょう。

 

しかし、なぜ、日本は、失われた20年とか30年と言われる停滞した日本経済及び近隣諸国との緊張関係が続くのでしょうか?

 

理由は簡単です。本案件が、間違った方向で理解されており、平和維持活動費(安全保障活動費)を、本案件を通じてほとんど行われていないことが原因しています。すなわち、資金の捻出ができておらず資金不足に陥っています。

 

送金をするための運用財源は、いくらでもありますから、当番制にして、国家の安全補償問題、及び平和維持活動費を捻出するために、Receiverになれる方が出てくれば、日本は安泰になります。

 

目立たず、地味な作業ですが、継続して説明をして、国を守るという意識をもって本案件に取り組むことが重要です。

 

 

 

最終目的から物事見れば、クリアーにこの案件が見えてくる。

本案件の最終目標は、どこになるのか?それは、日米における安全保障費用を稼ぎ出す案件ということになる。

 

新聞報道などを見ていると日米同盟の重要性を首相が語っている。すなわち、日米同盟の重要性というのは、日米における安全保障問題である。安全保障を行うには、巨額な資金が必要になる。財源なくして、安全保障問題が解決できることがない。

 

では、財源はどうなるのか? 表向きは、国の予算から捻出するようになっているが、それを補うための財源も必要になってくる。

 

では、安全保障費用を補うための財源はどうやって、調達するか? それは、このブログで書いている案件を実施(送金)を行って、安全保障に活用する(セキュリティー費用)を確保するようになっている。

 

では、送金するには、どうしたらいいのか?それは、東証一部 資本金100億円以上の企業代表者(希望資本金150億円以上)、銀行、信用金庫(預金高1000億円以上)の代表権者が口座主(Receiver)として手を上げれば(申込み)、審査の上、送金が実施される。

 

では、送金される財源がどこにあるのか?それは、欧州の本部の運用会社が米国のFRBの運用システム(PPP運用)を活用して資金の運用を行っている。それを中央銀行ネットワークを使い、日本の指定銀行に送金している。

 

という逆から見た流れは、上記に記載したような話になる。

 

最終目標は、国家から見れば、安全保障費の獲得という重要な任務になる。 Receiver(口座主)から見れば、送金された口座貸しコミッション(企業育成資金)として現金資産の獲得になり、産業のため、社会のために資金を活用できる財源を得ることになる。

 

ということになる。

 

それを案内する仕事が、我々の行っている仕事である。

 

ナビゲーターがなければ、この案件をどうやって行うかは、全く理解できない。よって、我々がサポートしている。ただ、それだけの話しである。

国家の安全保障をサポートするビジネスモデル

前回のブログは、国家の安全保障に関する内容で書きました。すなわち、この資金のもつ意味は、欧州に運用本部があり、運用された資金を送金する案件ですが、運用者は、資金の送金先になる(Receiver)受取人を募集している案件です。Receiver(受取人)になった代表者の口座に資金を送金して、受取人の口座名義貸しコミッションを企業育成資金をいう名称で呼び、受取人から72時間以内に転送されて、日本国及び米国とG8国向けの資金のことをセキュリティー費用(すなわち、国内外の安全保障費用=平和維持費用)として使われるので、MSA資金と呼ばれるという話をしました。

 

MSA資金(国内外の安全保障費用)について言えば、積立金を持つことができると随分昔のMSA協定の第5条の話をしましたが、その話に関係してきます。(第三の財源などと言われる国の簿外資金管理された財源)ということになります。すなわち、運用財源はある。しかし、送金するためにReceiver(受取人)になる方がAccount Holder(口座名義人)として銀行口座を貸してもいいですよと言わなければ、国家の安全保障費(セキュリティー費用)を作ることができない。という仕組みです。これを知れば、この案件に関係する地位になった方には、重要な国家における役目があることが理解できるかと思います。

 

すなわち、欧州の運用会社で運用された資金(本部は、欧州ですが、米国のFRBのPPP運用システムを使って運用)その運用益データーを中央銀行ネットワークの送金システムを経由して、日本の指定銀行への送金を行っています。

 

ボトルネックになるのは、運用組織も、銀行ネットワークも、また、国家の安全保障を担う部隊も常に活動できているのですが、口座主(Receiver)になる(東証一部、銀行、信用金庫の代表権者個人)が出て来なければ、この資金は、運用益はあっても、全く引き出すことができない資金ということになります。

 

ですから、我々がこの件について、説明をして、国家におけるセキュリティー費用(安全保障費=平和維持における財源)を得るために、重要な内容について説明しているのです。すなわち、国家の平和維持、安全保障という国の存亡にとってもっとも重要な資金を獲得(稼ぐ)することを目的にした案件であるので、その重要性を説明しているのです。

 

長年、詳細について説明されなかったことで、極秘資金や、機密資金、また、霞が関埋蔵金などといろいろ名付けられ、時々世間を賑わしましたが、結論から話しをしてしまえば、どんな制度でも自由に勝手にできなくするための制御棒みたいなボトルネックが存在します。

 

それが、口座主になる方の募集(Receiver)ということで、ボトルネックを作っています。 この募集制度は、民間に移管して行ってはいますが、最終的には国家の安全保障費=平和維持の財源の捻出するための案件になります。

 

ですから、この案件は、非常に壮大な規模で行われている案件になるのです。

 

とは言え、この案件を中心におこなっているのは、日本の銀行が資金の出口になっていますが、米英の金融システムを活用して行っているのでグローバルな案件になります。

 

国家における安全保障費を獲得するための案件のボトルネックが民間募集しているReceiverの募集(口座主の募集)ということで制御されていることは、注目すべきことです。

 

全くその意味を知らずに、世間では色々言われていますが、答えを知ってしまえば、国家の安産保障費の稼ぎ方は、至ってシンプルです。

 

当然、この作業は民間が移管して行っているわけですから、送金が完了すれば、送金金額の中から、コミッションがいただける仕組みになっています。ですから、これは、口座主紹介をするという民間の仲介ビジネスとしても成り立っているのです。

 

なぜ、当研究所が、無料コンサルティングができるかは、送金が完了すれば、Receiverを紹介してくれた方と送金をマネージメントした我々との間で送金金額の中からコミッションを分けることができるためです。募集も、説明も、また、面談手配も無料で行えるという理由です。すなわち、財源があっての案件募集をおこなっているからです。

 

また、Receiverを紹介してくれたチームにもコミッションの分配ができるという仕組みを提供できるのです。当然、本案件に参加してくれたReceiver(東証一部、銀行、信用金庫の代表権者(条件を満たした))は、口座名義人として大きなコミッションを得ることができます。(企業育成資金)

 

これを見れば、この大義は、「国家の安全保障費を稼ぐためのサポート案件」であり、それをサポートした(Receiver)を紹介した方、Receiverになってくれた方にとっても大きな収益を得る機会があるビジネスモデルが提供できるようになっています。

 

これを見ていれば、いい話だと思いませんか? 国家の安全保障費を稼ぐ支援をするビジネスを行って、関係者も大きく収益を得る仕事。

 

この案件は、初期投資は必要ありません。ただ、人脈のネットワークがあれば、人と人の関係をつなぎ、案件を成立させるために(送金を成功)サポートすることだけです。財源はあります。ただ、この案件で足らない部分は、Receiver(受取人になる口座主)になれる企業代表者だけです。

 

この部分を接続することで、いくらでも巨額資金を送金できるようになります。それで、日本の国家も安泰になります。