実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日本には、エネルギー問題、食料問題を解決する技術はすでに存在している。企業育成資金を活用して、その仕組を構築するべし。

□日本には、エネルギー問題、食料問題を解決する技術はすでに存在している。企業育成資金を活用して、その仕組を構築するべし。

 

 

 

永続的な熱源を取ることができれば、エネルギー問題の解決になるということがいえます。

 

地球は温暖化するという話がありますが、別の説もあります。太陽の黒点の活動が弱くなれば、太陽からのエネルギーが地球に届く量が少なくなり、地球は寒冷化するという説です。つまり、二酸化炭素排出量が多いので、地球は温暖化するという説は、温室効果はありますが、それ以上に太陽からの影響が大きいという話があります。特の欧州では、近い将来起こると言われるミニ氷河期にたっせれば、多くのヨーロッパは、凍りつく可能性があるという説も言われており、過去に何度もミニ氷河期が定期的あるという説明があります。つまり、安定供給できる熱源というのは、非常に重要になります。

 

日本は地熱など、熱源はいろいろ確保することができるのですが、地域によっては、熱源確保が難しい場所があります。それを支えるのは、化石燃料に頼るのでなく、水素エネルギーが理想的だということがいえます。

 

筆者が過去に研究しており、仲間がいまでも、HHOガス、ブラウンガスの設備を作っていますが、水素自体を燃やすということでも熱源は取得することができますが、水素を核融合させることでの熱源の取得方法というのが、日本は世界でもトップクラスの技術を持っているということです。水素を核融合させると聞けば、水爆というイメージになりますが、これは、厳密に言えば、重水素核融合させることで得ることができるエネルギーでコントロール不可能なレベルのエネルギー放出が有るので、安全にとても使えないということです。これを制御させる技術というのが、単体の水素を特殊な技術を用いて核融合させて熱源を確保するという仕組みということになります。この仕組は、人類のエネルギー政策を帰る可能性が高いということが言えます。つまり、核融合を人がコントロール出来る時代になるということです。昔、アキラという漫画がありましたが、まさに、アキラの世界というのか、人は、核融合というエネルギーに魅了され、コントロールしようとした。しかし、そのエネルギーをコントロールすることが出来ず、人類が滅亡の危機になるという世界の話。実は、核兵器は、世界の軍事大国には、ありますが、核融合させて、巨大な爆発をさせることができますが、その爆発を制御することが難しく、一発勝負という世界です。

これは、安全エネルギーといえません。身近にちょうどいい大きさの核融合というお手軽核融合が出来る技術があれば、世界は、エネルギー問題から開放されるということがいえます。つまり、無限大に存在するエネルギーが身近に存在しているといえます。

 

 

筆者は、エネルギー問題と食糧問題の解決は、日本にとっての「みろくの世界」を作ることが出来ると言えます。日本は、広島、長崎への核兵器の投下を経験し、そして、東電の発電所事故など、核融合エネルギーによる被害を直接、人が受けたのが日本であります。核融合についての生みの親とも言える科学者は、日本人で故湯川秀樹氏の功績は大きいといえます。ウランによる核融合でなく、21世紀の最先端技術では、水素になり、水素でもコントロールのきく水素核融合技術があるということです。

 

つまり、日本にはいろいろ世界に誇る技術がありますので、その技術を使って、日本が世界のエネルギー革命によるパイオニアとしての夜明けになることができます。

 

つまりですね。結論何を言いたいかといえば、企業育成資金というのは、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権の方に、無償で返還不要の資金提供をする制度です。 この財源を使ってみろくの世界を完成させなさいと伝えています。

 

 

この財源というのは、米国証券法のルールで、私募として非公開でおこなうことが決まっていますが。

企業育成資金の財源は、究極いえば、銀行債券、国債、G7の外債などの債券の卸売によって得た利益を、キャッシュバックしているというだけの話です。トレーダーというのは、割引でそのような債券を仕入れて、機関投資家に売却して、その売却益を、社会の発展のため、産業の発展のために、活用する制度を行っているといえます。

 

よって、なぜ企業育成資金は、私募プログラムとしてインサイダー取引にならないということで非公開で取引されるのか?理由は、その財源が米国証券法によるインサイダー規制に対して非公開取引をすることが決まっているからです。PPPというのは、そのような世界です。また、この取引は、申請者が申請をして、その後、主催者(トレーダーデスク=資金本部)から招待(インビテーション)されて初めて、参加できる仕組みになっています。日本では、私募プログラムの概念が全く伝わっていないので、デタラメ話をする人が多いのですが、これは、すべて米国証券法における取引ルールがあり、世界のプラットフォームは、同じ仕組みで取引されています。

 

日本の場合は、PPP(私募プログラム)とは言わないで、「企業育成資金」という補助金みたいな表現になっていることで、そんな資金は、公的に言えない資金ではおかしい。という人物が多数いますが、公にして主催者自体が募集すると、米国証券法におけるインサイダー取引をしていることになり、これは、問題があるので出来ません。

 

よって、この世界は、ルールを守って、順序よく申請すれば、いい話が来ますが、順序、ルールを守らない人、ルールを破る人は、参加できないといえます。私募プログラムですから、主催者の決定がすべてです。申請者は、お客様でなく、お願いして仲間に入れてください。という立場でいることが重要です。

 

ということで、それがわかれば、日本は資金調達が非常に簡単な国であると言えます。常に、大量の債券、国債、外債がプロの証券市場で売却されているわけですから、当然その取引で得る利益も膨大といえます。

世界市場で行われていることです。そこからの収益をただで、分けてもらう話ですから、悪い話ではないのです。

筆者は、何を言いたいのか?答えは、企業育成資金をつかって、日本の技術で、エネルギー自給率、食料自給率100%を日本が目指すべきだと伝えているのです。

 

MSA総合研究所より

 

 

企業育成資金を怖がるということを発する人に対するメッセージ、 意味ない会話ですから、やめましょう。真実は、何をしているかを知ることです。

□企業育成資金を怖がるということを発する人に対するメッセージ、 意味ない会話ですから、やめましょう。真実は、何をしているかを知ることです。

 

 

企業育成資金について、こんな連絡があった。「ある経営者が資金がほしいと思っているが、怖がっています。」と連絡があり、「そうですか、怖がっていれば、資金受け取れませんね。」

という会話が続く・・・

正直、この手の会話のパターン、企業育成資金のブローカーの中では非常に多い。怖がっている??確かに、怖いのは企業育成資金の話でなく、でたらめな話をする悪質ブローカーだといいたいのですが、そんな話をしても時間の無駄になります。

 

さて、本ブログの読者は、この話の本当の部分が随分見えてきたと思います。企業育成資金の財源⇒PPPによる収益⇒PPPとは??⇒プロの証券市場における大口の割引債券や割引国債(G7の外国債)などを取引するトレードで得た収益 ということになります。

 

つまり、これは、債券と国債(外債)の大口取引をているトレーダーデスクということになります。

 

 

これは、その辺のブローカーの話ではありません。銀行がクレジット・ラインを発行して、トレーダーがプロの証券市場で、債券や国債、外国債を大量に割引で卸販売している収益です。

 

 

この取引で得た収益を企業育成資金の財源にしているということになります。つまり、この業務は、役所は行いません。たしかに、国債を発行するのは、各国の財務省ですが、トレードするのは、民間です。ライセンスをもったトレーダーが割引で仕入れて、市場で機関投資家に売却するわけです。大量の債券と、日本でも毎年大量の国債を発行しています。そんな大量の金融商品が生み出されるわけですから、当然それを卸売する専門トレーダーがいることくらいは、予想出来るでしょう。つまり、そうなんです。そんなところの収益が、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権の方の社会貢献のための財源として資金を分配されるわけです。

 

 

たしかに、大量の銀行債券や、国債、外債を卸売するトレーダーのことは、知らないとしても、そんな職業が存在することくらい予想できますよね。そうなんです。そんなところで得た収益を、社会の発展のため、産業の発展ために、資金を活用できるようにした仕組みが、企業育成資金ということになります。

 

よって、その辺にいるブローカーではないことがわかりますよね。

 

MSA総合研究所より

存在するかしないかは、すべてを肯定して存在すると仮定することから、真実を見極める事ができるといえます。

□存在するかしないかは、すべてを肯定して存在すると仮定することから、真実を見極める事ができるといえます。

 

 

筆者は、個人的には。世間一般的には、「都市伝説」といわれるはなしについて興味を持ち、研究する傾向があります。

企業育成資金というのは私募プログラムでなぜ行われているか?その秘密は、その収益の仕組みが、証券市場における大量取引(プロ市場における)銀行債券、国債などの取引おける収益が財源になっていることから、私募として非公開として行っていると説明すれば理解できます。つまり、大きい資金だから秘密だというのは、間違いで、米国証券法におけるインサイダー取引としてならないために、非公開で私募として行うというのが、これは、米国の連邦法の規定で行っているのです。

 

 

さて、エネルギーの世界でも、完全否定されるジャンスがあります。これは、フリーエネルギーの話になります。

 

フリーエネルギーについて研究している研究家は、ほとんど、詐欺師のように言われる傾向がありますが、これは、古典力学の世界では、エネルギー保存の法則という洗脳がありますので、フリーエネルギーは、存在しないということを言われます。

 

量子力学の世界の研究が進めば、どうも、それも、いままでの世界とは違う法則が働いているということになります。

 

筆者は。個人的に好きな科学者で、ニコラ・テスラという人がかつていました。

天才科学者でありますが、時代にマッチせずに、完全に変わり者扱いされた人物です。

 

電気自動車メーカーのテスラも、このニコラテスラの名前が由来になります。ニコラ・テスラは、電子の動きということに精通していました。

彼の話した言葉で「地球は、究極に帯電している。地球自体が電池である」と話したということです。

 

つまり、地球に帯電している電子を取り出すことができれば、エネルギー(誘導電力=電力)が無限大に生み出すことができるという発想です。

 

そんな事を言うと、当時の有識者の間では、ぶっ飛びすぎと思われ、さほど相手にされず、彼の研究の資金が集まらなくなったということです。しかし、逆に考えれば。宇宙は、停止することなく常に動き続けている。人も、地球も、月も太陽も、その他惑星も、なにかフリーエネルギーを得て、動き続けているという現象は、人々は知っていますが、しかし、その原因が何かを追求することなく、古典力学にのみの教にフォーカスしてきたから、エネルギー問題が未だに解決出来ずにいるといえます。

 

つまり、地球は、究極帯電している。地球自体が巨大な電池である。

 

というテスラーの発想が正しいのです。つまり、地球のどこにいても電気を取得出来る機会があるといえます。ただ、それを如何に取り出すかを技術的に理解ができていないだけで、エネルギー問題は、宇宙には存在しないということが理解できれば、地球上の人の苦しみは、なくなっていきます。

 

送電線ビジネスが、エネルギー問題の解決を遠のけたということがいえます。つまり、送電線があるので、それにメーターをつけることで、収益モデルが発生します。しかし。これは、宇宙全体のエネルギー理論から言えばナンセンスな話かもしれません。もしかすると、未来の技術で、地球に特殊なアースを差し込めば、そこから電気(誘導電力)が取り出すことが出来る時代も来るかも知れません。

 

つまり、一般的には嘘だと思われている常識は、実は、ある意味洗脳であるといえます。人にとっての発展は、常に、自分の知らないこと、自分の知らない現象は常にどこかの成果に存在しているという感覚を持てば、都市伝説の謎解きが出来ます。

 

人のこころは、洗脳によって、すべての世界観が決められます。それを壊すも壊さないもの、本人のマインドの問題です。

 

 

MSA総合研究所より

エネルギー問題の解決が、地上の楽園への近道である。

□エネルギー問題の解決が、地上の楽園への近道である。

 

筆者は、個人的には水素エネルギーについて興味を持っています。これは、非常に個人的な話ですが、酸水素ガス(ブラウンガス)の研究を行ったことがあります。つまり、そのジャンルの世界を研究していけば、通常の熱力学では説明のつかない領域の話になってきます。つまり、量子力学の世界です。量子力学の世界は、熱量保存の法則では理解出来ない領域のエネルギーがあります。筆者は個人的には、水素と電子というものを研究すれば、いままで体験したことのない領域に物事が動くのではないかと思っています。

 

さて、日本の目指すものは、エネルギー自給率 100%の世界を実現するということですが、エネルギーというのは、電気エネルギーというのは、簡単にいえば、磁界を揺することで、誘導電力を発生させる。つまり、宇宙に無限大に存在する電子を一定方向に動かすという作業によって電気エネルギー(電子の動き)を得ることができます。究極をいえば、地球のどこにいても、電子は存在するのですから、磁界を動かす力があれば、どこでも電力を発生させることができます。よって、エネルギーの生み出し方というのは、すべて誘導電力の原理でしかありません。実は非常に単純なことですが、その誘導電力を起こすには、強力な地場の中で、磁界を動かすという作業、動力が必要になりますので、それをするには、エネルギーが必要だということだけで、電力と消費エネルギーの関係というのは、動力エネルギーとの直接関係はありません。

 

よって、動力を生み出すことができれば、誘導電力を生み出すことができるので、電気(電子の移動)は、いくらでも手に入るということになります。

 

実は、エネルギー問題は非常にシンプルなのですが、その動力を生み出すための仕組みが古典熱力学に頼っているので、環境問題を言われているだけです。石油、石炭、天然ガス、そして、熱を発生させるために、ウランを使った原子力、これも、ウランが電気を作っていわけでなく、ウランを核融合させて、放射能と熱を発する特徴をつかって、ボイラーのお湯を沸かして、蒸気タービンを動かして、動力を生み出し、そのパワーで、磁界を揺すって、誘導電力(電子の流れ)を生み出しているだけの話になります。

 

よって、筆者は、動力を得る方法が、なんでもいいのであれば、いろいろ代替エネルギーは考えられます。つまり、そのエネルギーで一番面白存在は、宇宙に一番存在する元素、最小元素である水素によるエネルギー取得が一番、原価がやすき何処にでも存在するエネルギーなりますので、水素エネルギーの研究投資をして、日本のエネルギー問題の解決をすればいいと考えています。

 

筆者自身は、この様な研究テーマには、企業育成資金を活用するのは素晴らしいと思っています。もともと資本主義の発展ための資金として、活用することが望ましいことでありますので、丁度時代の流れも、二酸化炭素排出量の削減を京都議定書で宣言して、その後日本は、削減目標をいまのままでは達成が難しいといわれていますが、これも水素エネルギーを活用すれば、十分に可能になります。

つまり、既得権益もありますので、どこでも手に入る水素ということは、問題がありますが、時代の流れも水素への動きもありますので、そろそろ、時代の転換期に来ていると思っています。

 

特に、いまのような国家の危機では、国産エネルギー自給率 100%を目指すには、水素についての研究の重要性は感じています。

これは、筆者個人の意見ですが、人類は、エネルギー問題が解決できれば、地上の楽園に近づきます。つまり、電子は。宇宙空間に無数に存在しているのですから、電子を動かすための何らかのパワー、誘導電力を動かすエネルギーがあれば、エネルギー問題解決の地上楽園に生まれ変わるでしょう。日本は、それを世界で最も早く実現することが大切かと思っています。

 

MSA総合研究所より

太陽神のエネルギー革命

□太陽神のエネルギー革命

 

今日は、ブログの読者から「常温核融合技術」についてどう思いますか?という質問がありましたので、そのことについて述べさせていただきます。常温核融合技術というのは、筆者も詳しいわけではありませんが、放射能などの有害物質を発生せずに、核融合することができ、大きな熱源を発生させる事ができる技術という認識があります。

 

一般的に原子力発電所で使われている核融合させるための原料には、ウランをつかっていますので、ウランを核融合させると放射能が大量に発生し、熱量も発生します。原子力発電所もウランが電気をつくっているのでなく、核融合させた熱源をつかって、蒸気タービンを回し、その回転エネルギーによって、発電機のなかで強力なパワーで回転させて、強力な磁界を発生させて、そこから電子を動かし、それを電線に誘導電力として流すということになります。

つまり、この技術は、19世紀の産業革命蒸気機関技術の延長線であると言えます。

無害化できる強力な熱源があれば、安全利用できるわけですから、今は、火力発電所は、石油、石炭、天然ガスなどをつかっています。最近は、バイオマス発電などといっていますが、これもただの蒸気機関による発電機を回し誘導電力による電気(電子)の取得方法です。

 

電力不足に対応しなければならないと政府の方針でも訴えられていますが、究極をいえば、強烈な熱源が安全に得ることができれば、いいのですから、それの燃料として重水素核融合させて熱源を取るという考えで研究されたのが、常温核融合技術ということです。筆者も詳しくないので、間違っていたらすいません。

ともかく、強烈な熱源を、二酸化炭素も、放射能も発生せずに、取得することができるのが、常温核融合技術です。

エネルギー問題で、再生可能エネルギーの問題点というのは、24時間全天候に影響されずに、電源を供給できる技術というのは、太陽光、風力、水力などでは絶対といえない部分が多く臨時供給ということになります。炭素の含む物質を燃焼させれば、二酸化炭素を発生します。これでは、地球の温暖化問題があります。そこで、水素が注目されるわけですが、水素には、不思議な要素があります。宇宙を作っている最小原子が水素で、元素記号の最初のものになりますが、これには不思議な力があります。宇宙をつくったのは、水素であるとも言えます。太陽などの恒星は、水素による核融合によって光と熱を発しています。それと同じです。常温核融合技術というのはある意味小宇宙なんでしょう。まさにビックバーンの世界です。

 

筆者も難しいことはわかりませんが、非常に少ない重水素常温核融合技術で核融合させれば、恐ろしいほどの熱量を発生することが可能になります。この技術を使えば、巨大な発電所のボイラーを加熱する十分な熱量を発生させることができますので、発電所の従来の仕組みに熱源システムだけを交換すれば、クリーンエネルギーとして常温核融合技術が利用できる可能性があります。

 

つまり、本ブログで伝えていることは、日本は目指すところ、これは、食料自給率とエネルギー自給率を100%にすれば、日本は幸せな国になるといえます。

 

ある意味、常温核融合の技術というのは、基礎が太陽のエネルギー元と同じ理論になりますので、日本は、天照大神の国です。つまり、太陽神の国になりますので、太陽神の、神のエネルギー根源は、重水素核融合になるといえます。まさに、天岩戸開きをして、日本を弥栄させることができる技術というのは、太陽のエネルギー、重水素核融合かもしれませんね。ということで、神の国の技術として存在するこのような技術研究や投資に企業育成資金を活用できることは理想と思われます。なぜならば、これは、日本の象徴である天皇家にも関係ある資金の仕組みでもあります。太陽神すなわち重水素核融合が、国家の反映をもたらすのかもしれません。 これは、世界を弥勒の世にする話かもしれません。人類の苦しみは、エネルギーと食料問題です。エネルギー問題が解決すれば、食糧問題のみがのこるだけです。これは、安定したエネルギーが供給できれば、食料問題の解決は、難しくないといえます。

 

これは、神の声かな?

読者のみなさんは、どう思われますか?

 

MSA総合研究所より

世間で言われる極秘の儲け話について、語る。

世間で言われる極秘の儲け話について、語る。

 

巷で噂されている都市伝説ビジネスは、ほぼ全て米国証券法におけるインサイダー取引にならないために私募プログラムで行われているビジネスモデルになります。

 

  • 企業育成資金 
  • 大口ゴールド割引取引
  • 大口株式割引取引

 

証券法というのは、公開市場で取引されている価格より割引で販売する際には、私募プログラムとして取引を行い、非公開で取引の実態について証拠はのこさないようにすることが重要です。つまり、債権でも割引の場合は、無記名であるのは、証拠が残らないということが条件だからです。正規の価格で転売するのでしたらきちんと取引実態の証拠を残しますが、割引取引の場合証拠を残さないでおこなう。だから、秘密である必要があります。

 

この理論はわかりますか?公開市場で100円で販売されているものが、よそでは50円で購入できるとならば、公開市場の商品の価値がなくなります。よって、何らかの理由あって、割引でもいいから大量に一気に買ってくれる人がいるならば下ろしたい人のニーズがありますので、その場合は、私募プログラムとして米国証券法と愛国者法 インサイダー取引にならない。テロ 反社会体制、マネロンではないとうことをDue Diligence を72時間以内に行うことが決まっています。

 

よって、日本でもこの取引をする場合には、コンプライアンスをチェックするので、本人確認書類の提示を求められるのは、上記の法律に抵触しないということが条件で取引が行われるからです。

 

 特殊な取引、つまり、金融商品の大口の割引取引については、「まことしやかに」行われている???と言われるのです。

 

事実が確定すれば、完全にインサイダー取引でアウトになります。よって、100年経っても、「まことしやか」ということになります。

 

よってはっきりしたことを言いますが、この取引に関することは、金融機関が関係しています。銀行や証券市場 つまり、私募で行うということは、そのような機関がインサイダー取引しないように規制されているからです。逆にものすごく、法律でがんじがらめの環境で取引されますので、その話の先が本当ならば安全であります。

 

うそか本当かを見極める方法は、簡単です。これは、銀行、証券市場など関係した金融商材の割引取引に関する場合のみに、この方法をつかって私募によって秘密で行われますので、それ以外の話で、これは、口外してはいけません。みたいなブローカーの話は、これは、私募におけるインサイダー取引にならないためというよりも、演出でそう話しているだけと思ってください。

 

私募プログラムの定義がわかれば、この極秘取引の意味が理解できます。

 

MSA総合研究所より

私募プログラムを知ることで、日本の活力をえるための資金調達の手段が見えてくる。

□私募プログラムを知ることで、日本の活力をえるための資金調達の手段が見えてくる。

 

都市伝説ビジネスは、基本的には、ほぼ全て私募プログラムによって募集されている案件であることがわかったかと思います。

 

すなわち、銀行や証券市場が関係する金融商品に対して、何らかの理由があり売り主が大量に割引で売却したい案件がある場合には、これは、通常の証券市場や交易市場に影響を与えないために、私募により売却するということをします。 

このことを理解することが重要になります。

よって、コンサルタントを経由して、売買を行われています。

 

日本では、ほとんどこの仕組による取引がありませんが、欧州では、債権においては、割引債の取引は、相当行われています。先程も述べましたが、割引のSBLCという仕組みです。これは、購入者にもメリットはあります。割引で購入しますが、満額のクレジット・ラインは、取得した瞬間から銀行で保証してもらえるというメリット、です。また、SBLCは、1年物が一般的ですが、満期になれば全額、購入者に資金が支払われます。

 

このような仕組みが欧州ではありますので、日本よりも資金調達の手段が豊富であることが言えます。

この事実が理解できてくれば、それは、豊かになることが理解できます。ただ、日本も負けておらず、古くから欧州のMTN市場から資金調達していることもあり、日本の対外資産の多さにも関係しているのではないでしょうか?

 

この部分が重要になります。私募プログラムによる資金調達ということは、非公開でおこなうことが決まっています。つまり、私募プログラムの債権市場で得た利益というのが、日本の企業育成のために活用する仕組みがあると考えれば、本ブログのテーマである企業育成資金は、非公開で、私募でおこなっているということが理解できると思います。

 

筆者は思うのは、私募による資金調達方法が欧州を中心に結構存在しています。この仕組で資金調達にするには、個人あるか、もしくは、上場株式に20%以内の支配された非上場企業と決まっているということです。つまり、上場企業に直接的に私募による資金を投入することは、証券市場に影響があるのでできないということになります。

 

よって、日本場合は、すべて私募による取引は、個人を対象にするということで行われているようです。これは、1933年の米国証券法におけるインサイダー取引とならないためと決まっています。つまり、このような情報は、実際に欧米のプロバイダーとの接点がなければ、何も情報を得ることができないということが言えます。

 

日本では、何も知る手段がなく、情報だけ出回っているので、間違った解釈がされているのは現状だと思います。

 

MSA総合研究所では、間違いのないようにできる限り、詳細について法的な部分、また、仕組みについて理解できるように説明をしています。この経済の仕組みは、学校では教えることがありませんが、ものすごく、国際競争をする上で、重要なポイントになります。

 

この仕組みは、欧米人が知っているわけです。筆者も実は、すべて欧州、米国のプロバイダーとの接点でわかってきた事実であります。つまり、日本では、この仕組みがわからず、国際金融での個別企業は、優位性をなくしているといえます。筆者は、そのことを訴えているわけです。

 

企業育成資金の仕組みを理解するにも、私募における金融制度を理解しなければ、結論回答を得ることができません。間違った解釈で、資金調達の機会をなくしては、意味がありません。

 

つまり、日本には、このような国際金融に精通した資金本部があり、資金本部が主催をして、企業育成資金の提供があるのですから、この資金の話について、真剣に理解するということが重要になります。

 

筆者は、日本経済の底上げには、教育以外方法がないと考えています。よって、常に情報を提示しているわけです。

 

MSA総合研究所より