近代史の本当の部分があまり教育されないまま育った人たちが多いことで、日本の経済は衰退している。

育成資金の財源というのは、連邦準備制度からの見返り金ということでイングランド銀行で信託された資金を日本銀行に送金されている資金ということになります。多額の資金は、送金済みですが、ソフトとして資金が届いているだけで、現金化(ハード)されていない状況で一時保管されています。

育成資金に申請可能な企業代表者様が育成資金に申請されれば、資金の現金化(ソフトからハード)する作業が行われます。それで、指定都市銀行を通じて、申請者の個人口座を経由して市場に資金が流通します。

この資金の重要性について説いています。
これは、連邦準備制度による運用ということで、PPP運用を用いた運用ですので、借金を伴わない資金(キャッシュマネー)ということになります。キャッシュマネーの流通量を多くしない限り日本のデフレ脱却がありえないということになります。

通貨というものは、中央銀行のみ発行できます。そこがポイントになります。政府がいくら資金調達をしようとしても、政府は、赤字国債を発行して臨時収入を得る以外に方法がありません。あとは、増税するなど国民負担を大きくするということ以外には、政府財源が増えることが有りません。中央銀行から借金にならない臨時収入を得るには、この連邦準備制度からの見返り金として日本銀行に送金済みである育成資金の財源を動かす事以外、巨額な臨時収入を得る方法がないことが言えます。

これは、政府が持っている財源ではありません。米国が連邦準備制度の管理国ですから、米国の管理資金ということになります。よって、これは、安全保障費という名目でもありますので、日米共同体による管理ともいえます。いずれいしろ、この資金を動かすには、名義人になる方が、これは日本国籍であること、そして、東証一部の資本金100億円以上の製造業、電力、鉄道、小売業、 銀行及び信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表者が申請するという名義があれば、法的管理されている育成資金を現金化して資金を動かすことが出来ます。

育成資金について説明しているのは、この名義人になれる方が非常に限定しているということで、この制度について理解をしていただくために育成資金についての制度について説明しています。

育成資金という名称で呼ぶのでなんだろうか?と思いますが、これは、日本が米国の連邦準備制度に渡した財源があるので、その財源をベースにした見返り金として日本銀行に日本向けの配当金が送金済になっていると考えれば良いのです。法的管理資金になっていますので、自由にだれても引き出すことができないので、それも名義人になる方いれば、資金はいくらでも引き出すことができる制度があるために、この資金を活用して日本の困窮する状況を打破しようじゃないかという提案を行なっています。

これは、連邦準備制度による日本への配当金ということになります。法的管理資産になります。この部分を理解しすれば、いいのです。

連邦準備制度というのは、1944年にアメリカのブレトンウッズ会議によって、米国が連邦準備制度の中心になることが決まりました。その事実をしることが重要です。そして、それと同時に、世界銀行IMFが設立されたということも関係しており、世界の復興ということで、国連も誕生しました。

この部分の歴史は日本の歴史ではないので、近代史を勉強をあまりしていない人には知らない話になりますが、近代の金融史を勉強することで、世界の情勢が理解できてきます。国際決済銀行の歴史や、連邦準備制度についての歴史などを詳しく調べれば、この事実ついて記載されています。

すなわち、日本人は、戦後教育の中で、今の日本がどのような仕組みによって、成り立っているかの歴史については、まったく空白なままで教育されてきたことで、真実が見えなくなっています。

サンフランシスコ講和条約というのは、国土復帰の問題になりますが、その裏では、連邦準備制度と日本の旧体制における資産の放棄ということもあり、その事実はほぼ非公開で戦後の教育をされてきました。
なぜ、日本は賠償責任を問われずに、国土復帰したのか?ということは、日本が運が良かったというような曖昧な説明で、この歴史の部分を隠したことで、ほんとうに育成資金と言われる連邦準備制度から支援を受けて日本経済が成長してきた歴史については隠されてきました。

通貨というのは、中央銀行の親会社というのか、最上位組織である連邦準備制度以外、借金を伴わない資金を自由に発行することが出来ないということが言えます。

連邦準備制度によって生み出された借金でない資金が日本支店の日本銀行に送金済みで一時保管されいるということを理解すれば、この財源の意味が理解できます。

いずれにしろ、この巨額に送金済みの育成資金の財源を活用することで、今の日本の経済危機を乗り切る必要があります。
そのことをMSA総合研究所では解説しています。

MSA総合研究所より

一体、誰がこの制度を決めているのか?

育成資金について、これは誰がこの資金を出すことを決めるのですか?という質問が多いのですが、この質問の回答を言えば、どこかの一人の権力者が決めるわけでは有りません。

育成資金というのは、連邦準備制度が関係しているということは、ブログで説明しています。すなわち、連邦準備制度を作るにあたり、日本産のゴールドを預託金として連邦準備制度に保管していることから、日本に対して見返り金として米国の連邦準備制度から工業の発展のために資金が日本銀行に送金されているものです。運用信託をおこなっているのが、イングランド銀行ということになります。この資産に関しても法的管理資産になっていますので、法的管理であるので、保的手続きをしなければ、資金は動かなくなっています。よって、どこかの一人の権力者が、日銀に保管さている巨額な資金を動かそうと思っても1円も動かすことができません。

すなわち、育成資金を申請する際に、申請書類のなかで6枚の名刺を提出するとなっています。
それは、どこにいっているのか?

■管理国である米国
■日本は、法的管理をされている資金であるので、法務省最高裁判所
(資金の使用許可、免税、免責、免訴
そして、この資金が動けば通貨流通量が増えるので、金融庁
(資金の移動許可)
と4つのセクションと6つの審査を通して初めて日本銀行に保管されている育成資金の財源、これは、データー上の資金であるソフトマネーを現金化する(ハードマネー)へと返還する手続きを経て、指定都市銀行の申請者の口座に送金されます。

すなわち、この育成資金の案件というのは、資金本部と言われる資金運用部門を兼ねたセクションの募集責任者が申請書類を受け取り、そこで、まずは、この案件を引き受けるか協議します。引き受けるとなれば、法的手続きをするために、先程説明した4つのセクションと6つの審査を通します。そして、合格になれば、資金が晴れて使えるようになります。

この資金は、連邦準備制度によって作られた資金ですので、これは、日本銀行には、一時保管はされていますが、日本銀行であっても中央銀行システムにおける最高位からの資金であるので、自由にできる資金ではありません。この資金を動かすには、連邦準備制度に当初から関わった日本及び米国を含む関係5カ国の承認も必要になります。

これを見ればわかると思いますが、誰かが、勝手にこの資金を動かせるというものでは有りません。非常に複雑に管理された資金であることで、条件をあわせて申請しなければ、1円の資金も動くことが有りません。

ただ、この資金については、非常に複雑なプロセスで動かすようにはなっていますが、日本に与えられた巨額な借金を伴わない財源であることは、事実です。

育成資金という名称で呼ばれていますが、日本用に準備された連邦準備制度からの見返り金という言い方の方がわかりやすいと思います。
その使用用途が、日本の工業の発展のために資金を贈与されたということが理解できれば、なぜ、東証一部の資本金100億円以上の製造業、インフラ、小売業、そして、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表者個人に対して資金提供されるのか理解ができるかと思います。

すなわち、中央銀行は、銀行及び信用金庫へは、企業としては、預金を預かることや資金の貸し出しを行なっています。また、上場投資信託を購入しています。東証企業は、株主になります。

もうすでに法人では付き合いがあることが言えます。中央銀行の最高位組織は、連邦準備制度です。
法人付き合いがあるところで、また法人支援をしても仕方ないです。それで、関係する法人が経営難で倒産してもらっても困りますし、同時に、発展してもらわなければ、中央銀行ネットワークというのは、資本主義の発展を支えるための組織であるので、経済の停滞があれば、困ります。よって、中央銀行と取引がある経営者個人に対して補助金を出す制度があると理解すれば、この育成資金の制度について理解できると思います。

ここまで書けば、理解できますよね。資本主義経済における勝利者、大企業は、倒産させない仕組みとひたすら発展できる仕組みがあるのです。

しかし、このことを全く日本の大企業経営者は知りませんので、この制度を活用しないでグローバル化する世界経済の波に飲まれ、日本の基幹産業といわれる大企業の衰退が起こっているわけです。

PPP運用を活用した資金調達モデルというのは、日本だけで行われわている話ではありません。今は世界規模で行われています。この制度について理解をすることが重要です。詳細については、非公開であり、最高のセキュリティーレベルでおこなわれているので、なにか情報が公開されて漏れてくることはありませんが、世界はこのような仕組みあり、経済を作っているというイメージを持っていれば、誰かがその世界に連れて行ってくれます。そんなものです。

MSA総合研究所より

銀行システムの頂点はどうなっているか知らなければ、その国の経済は発展することはない。

連邦準備制度における見返り金制度というのが日本銀行に送金されている育成資金の財源といえます。見返り金制度とは、以前のブログでも説明していますのでここでは詳しく説明しませんが、日本は米国の金融機関から見返りをえる財源を渡していることになります。現物は、日本には戻ってこなかったのですが、現金は、日本に送金するということで送金された現金(銀行券)については、日本の工業の発展の支援をするために活用してください。という使用用途の制限があるために、資金を活用したいからといって、何でもいいから資金を動かしていいということがないのです。

日本銀行に米国の連邦準備制度から送られてきた見返り金は、巨額に存在しますが、その使用用途については、日本の工業の発展のためということですから、製造業、そしてそれを支えるインフラ(電力、鉄道)、そして、商品が売れることで製造業を支えるということで、小売業という業種を限定して資金を出す仕組みがあります。また、金融機関で言えば、銀行、及び信用金庫の預金高5000億円以上の企業の代表者に資金提供するというルールは、これは、日本銀行と取引がある企業ということになります。銀行も、信用金庫も日本銀行に口座を持ち資金の借り入れや預金をおこなっています。すなわち、法人では資金の貸し出しや預金をするということで日銀と関わりがありますが、経営者(代取)に関しては、育成資金に申請すれば、資金を調達できる仕組みがあります。すなわち、最近は、金融機関が経営難で統合などをおこなっていますが、育成資金の制度を知れば、いくらでも存続できる方法があることになります。

しかし、この育成資金の財源というのは、中央銀行のなかの中央銀行といえる連邦準備制度から見返り金として日本銀行に送金されている資金ですから、日本銀行であっても、この資金は、極秘で管理しており、この業務に関しては、日本銀行が主体で行なっている業務ではないことが言えます。

すなわち、連邦準備制度という中央銀行のなかの中央銀行組織としての中央銀行の中核が行なっているサービスということになりますので、連邦準備制度に関係する運用チーム すなわちPPP運用をするトレーダーチームが関係してこの資金を動かしていることになります。

PPP運用というのは、ケインズの提唱により始まった特殊運用ですが、この運用は連邦準備制度 FRBにおけるライセンスを有したトレーダーのみがクローズした市場での取引が可能になっています。すなわち、すべてが、クローズした環境であり、PPP運用に関する案件は、すべてが、銀行においても最高のセキュリティーレベルで行われる案件ということになっています。世界的に見ても、PPP運用トレーダーは、直接外部と接することをしません。必ず、コンサルタントを経由して話をすることになっています。日本の育成資金の場合は資金本部というクローズした体制で資金業務をおこなっています。これは、連邦準備制度におけるPPP運用という世界は、特にクローズして外部に情報が流れないようにしているのが、この銀行金融における頂点になります。

この制度を知らなければ、育成資金について理解をすることができません。すなわち、PPP運用、また、連邦準備制度から中央銀行への配当資金という制度は、日本にも行われていますが、日本以外の国でも同じ制度は存在します。

中央銀行とは関係はしていますが、各国の中央銀行の上部組織である連邦準備制度と関係して仕事をしているのが、PPP運用チームということになります。

ここの行なっていることは、通常の中央銀行の業務とは全く別ものになります。資金の一時保管には、日本銀行の口座を利用していますが、日本銀行から見れば、連邦準備制度から送金されてきた資金を一時保管しているのに過ぎません。その資金を動かすには、法的管理資産になっていますので、法的手続きをして資金を動かし、その後、必要な資金を企業、政府になどに分配し、同時に運用用の財源も捻出して、PPP運用をして1年以内に資金をもとに戻すことをします。

すなわち、連邦準備制度におけるPPP運用トレーダーの存在は、各国の中央銀行を活用して資金を引き出し、資金を運用することで、各国の経済発展のための財源を市場にばらまくことと、同時に政府に資金を配当することで、関係国の政府を経済的に支えていることになります。すなわち、資金本部の役割というのは、連邦準備制度の外部組織として資金運用をしながら、借金を伴わない資金であるキャッシュマネーを市場に分配する役目と財源を作る作業を行っていることになります。

このような組織が銀行システムの頂点にいることは、一般銀行や、信用金庫の代表者であってもまず知らないのです。

銀行システムは、完全にピラミッド構造になっており、最高レベルのセキュリティーレベルの案件として行なっている制度は、壁が高すぎて、一般の世界からは見えないようになっているのです。

しかし、あまりにも無知で何も知らないということで、この制度を信じないということで、この案件を否定的な目で見る人もいるのは、否めません。これは、最高のセキュリティーレベルということで、行なっている案件ですから公開情報は、見ることができませんが、世界の金融制度と銀行制度の頂点である連邦準備制度が行なっているサービスというものをイメージでもわかることが重要です。

情報なくして、日本の経済は衰退しているといえるのです。

これを活用することで、日本は飛躍します。

MSA総合研究所より

ターゲットは、大口案件のみで進めるべきですね。申請から資金投入まで短期間で完了します。

育成資金とは、連邦準備制度が行っているサービスということを考えればわかりやすいという説明をしています。連邦準備制度に日本が過去に預託した金をイングランド銀行のトラストによって運用した資金を日本銀行に送金しています。

その資金を動かすには、資金の移動許可というものを取得する必要があります。それを取得にするには、東証一部の資本金100億円以上の製造業、鉄道、電力、小売業、銀行及び信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表権者様が申請すれば、日本銀行に保管されている連邦準備制度によって運用された資金を動かすことができます。

これを動かして資金提供する資金本部の仕事としては、企業経営者の名義人になる方に育成資金として資金を配当するのと同時に日本政府および米国政府を含む関係五カ国に対しての安全保障費としての資金を配当します。また、再運用用の財源もプラス捻出して運用財源をもって連邦準備制度FRB)によってPPP運用して、1年以内に資金をもとに戻す作業をしていいます。この繰り返しをするのが、育成資金の案件になります。


ですから、1年開ければ再申請できるというのは、PPP運用が基本的には、40週間で終了になりますので、1年を開ければ、財源を元通りに戻していますので、再申請ができるということになります。

これは、日本銀行に保管されている連邦準備制度から提供された資金を活用した例です。これは、大口の案件と言われる案件の作業ついての話です。

もう一つ、小口の案件といわれる東証一部で資本金100億円以下の製造業企業を支援するモデルですが、この場合には、連邦準備制度からの育成資金の財源を使って資金を下ろすことが不通にはできません。そのために、財源確保がなかなか大変ということが言えます。

また、資金歯、少ない財源から資金を捻出するということでPPP運用をして財源を作ることなどを行うことで、手元に大型の資金があるわけではないので、3ヶ月から半年程度の時間が係る案件でありますし、財源も豊富にある案件とはいえません。

育成資金の案件を申請するならば、基本的には大口の案件といわれる多額の資金が用意されている案件に参加することが重要です。

短期間で巨額の資金が提供される案件は、

1,東証一部 資本金100億円以上(製造業、鉄道、電力、小売)
2,銀行(地銀、都市銀など)
3,信用金庫の預金高5000億円以上

1から3の所属の企業代表権者個人への資金配当

東証一部企業の場合は、資本金の100倍が目安
※銀行および信用金庫は、預金高の3倍程度の資金提供が目安

ターゲットは、この基準の案件だけに絞って行うことをオススメします。

大口の案件は、申請から1週間から10日程度で資金の受け渡しで終了します。

日本の財源不足を救済するのは、連邦準備制度の行なっているサービスを活用すべきである。

連邦準備制度と育成資金、そしてPPP運用はすべて同一線上に存在するものであると伝えています。現在の連邦準備制度は、ブレドンウッズ体制以後、すべて米国が世界の中心となっています。すなわち世界の中央銀行における預託金を預けている連邦準備制度は、米国にあるわけです。

連邦準備制度によって、預託金をイングランド銀行のトラストによって運用されている資金が、この資金が世界の中央銀行に送金されています。日本の育成資金の財源も、イングランド銀行のトラストによって運用された資金を日本銀行に送金済みになり一時保管されている財源ということになります。

この資金を動かすには、東証一部で資本金100億円以上の製造業など、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表権者が名義人になることで資金の配当を受けることが出来ます。

その配当金を出している組織が、資金本部ということになります。資金本部は、育成資金の財源(すなわち、日本銀行に保管している資金)から資金を移動してきた際に、一部の資金は、PPP運用することで、1年以内に使った財源をもとに戻す作業をしています。資金本部とは、企業代表者に資金を出すのも目的に作業をしていますが、同時にPPP運用を行うことも目的にしています。

PPP運用を行うことができるのは、FRB連邦準備制度)におけるライセンスをもったトレーダーが運用できるようになっていますので、育成資金というものは、すべてが、連邦準備制度との関連性を持って仕事をしていることになります。

この運用システムがあることで、日本政府の臨時的財源を配当できるようになります。今、日本政府の財源は相当厳しい状況にあります。そのような状況下で、政府は声には出しませんが、連邦準備制度からの運用益を財源に使いたいと思っています。しかし、PPP運用トレーダーも、元になる財源がなけければ、いくらFRBのPPP運用の資格があっても運用することが出来ません。

すなわち、東証一部の資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表者が名義人として申請すれば、日本銀行に保管している育成資金の財源、一部は、PPP運用の財源を生み出すことができますので、企業代表者、そして、日本政府、米国政府を含む関係五カ国に資金を配当して、同時にPPP運用をして1年以内に資金をもとに戻す財源を資金本部が獲得することができます。

現在、大口のPPP運用は、1週間あたり25%の運用益がでるという情報がありますので、通常のPPP運用は、40週間プログラムの場合、満期で25%×40週間=1000%の運用益 すなわち10倍に増えることになります。

1の残高があれば、40週間で10の資金が作れるわけです。当然これで、日銀から引き出した資金は、もとに戻すことができます。

育成資金のビジネスモデルというのは、基準を満たした日本の東証一部、銀行、信用金庫の経営者が名義人として申請してくれれば、日本銀行の保管している連邦準備制度によって配当された資金を引き出すことができ、その資金をまずは、立替金として大きく出し、その資金の一部を再度PPP運用して資金を戻すことをすることで、このローテーションを繰り返すことで、いくらでも資金を引き出せる運用モデルを行なっています。

すなわち、育成資金の制度を説明にMSA総合研究所の関係者が行ったとしても、経営者によっては、汗水たらして働く以外のお金は、必要ないと断る経営者がいるかと思いますが、たしかに、それは、美徳かもしれませんが、連邦準備制度における金融制度というのは、働くことで資金を生み出すのでなく、仕組みでお金を生み出せるようにしているので、労働収入だけがお金の収入であると考えることが間違っています。

すなわち、運用により、資金は配当できる世界というものが存在しているわけです。

さて、なぜこのことを説明するかといえば、日本の政府財政は非常に緊迫しており、財源不足も限界に達しているといえます。コロナ関連の社会保障やワクチンの問題に関しても、すべてが財源不足が関係しています。

税収以外の収入といえば、日本銀行赤字国債を買い入れてもらうこと、そして、極秘でありますが、育成資金を動かした際の日本政府に支払われる安全保障費が重要な収入源になります。


コロナ下で、大変な経済状況でもありますので、日本のピンチを救うのは、育成資金の財源といわれる連邦準備制度からの配当金として日本銀行に保管されている資金を至急動かし、資金を捻出することで、今の経済危機状態を回避することができます。

日本には、日本の国家予算の300倍ほどの連邦準備制度から日本(日本銀行)に送金された財源があります。この資金を使わずして、日本が衰退するのは、正直馬鹿げています。

資金本部では、積極的に資金の捻出を行うために案件を引き受けています。

MSA総合研究所より

連邦準備制度と育成資金そして PPP 運用の関係

企業育成資金について色々解説しています。

東証一部の100億円以上そして銀行及び信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表者様に配当される育成資金について説明しています。

 

これは産業を支援するための財源ではあります。

 

なぜこのような大きな財源が存在するかということについてはこの資金については連邦準備制度と関係しているということは説明しています。

 

世界各国の中央銀行がこの連邦準備制度に加盟することによって国際決済や自国通貨の発行することができます。

 

連邦準備制度というものは中央銀行の資金の裏付けをするための預託金を預かっている組織ということになります。

 

1944年にアメリカ合衆国のブレトンウッズ会議においてアメリカが連邦準備制度の中心となることになりました。

 

それと同時に世界銀行IMF を設立をして金ドル本位制度がスタートしました。

 

すなわち金ドル本位制度がスタートできたということはアメリカの連邦準備制度において世界中の預託金が集まったということになります。

 

当時は米ドルのみがゴールドと交換できるという風な意味合いで金ドル本位制度を作ったわけです。

 

すなわち連邦準備制度に保管される預託金によって資金を運用するという制度があります。

 

これが Private placement program と言われている PPP 運用です。

 

すなわち PPP 運用をするにもアメリカの連邦準備制度すなわち FRB の許可を持ったトレーダーがこの PPP 運用をしなければいけません。

 

PPP 運用というものは連邦準備制度と関係しているのです。

 

すなわち日本の育成資金は連邦準備制度とも関係しています。

この財源を運用している PPP 運用も連邦準備制度に関係しています。

 

すなわち育成資金は連邦準備制度と PPP 運用というのは全て同一線上にある存在ということになります。

 

よってこの資金を管理しているチームすなわち資金本部というものは連邦準備制度における資金を日本銀行に保管しているものそれを活用して日本の企業の代表者や日本政府及びアメリカ合衆国や関係5カ国に資金を提供しそれ以外にも運用用の財源も同時に引き出すことで資金本部としては PPP 運用をして資金を元に戻すという作業をしています。

 

すなわちこのことはすべて連邦準備制度における作業の一環であるといえます。

 

財源は中央銀行である日本銀行に一時保管はされていますがこれは日本銀行のものではありません。

 

形式的には連邦準備制度の主催国であるアメリカ合衆国からの贈与された資金という風にはなっています。

 

しかしただ贈与して使ってしまえば財源がなくなるということで資金本部と呼ばれる運用組織が連邦準備制度が行なっている PPP 運用を行い育成資金の財源を使った後も元に戻す作業をしているといえばこの案件の作業の流れが理解できると思います。

 

よってこの制度というのはブレトンウッズ体制でアメリカが世界の連邦準備制度の中心になったということが影響しています。

 

 

そこに本来日本の財源であった預託金が大量に保管されているというところもありますので現物はアメリカに接収されましたがその財源をベースにイングランド銀行で信託することによって世界経済を支えるための財源を世界各国の中央銀行に送金しているということになります。

 

日本はたまたま当初の預託金の量が多かったということが原因をしていて日本に送金される資金量というものが多額に存在しています。

 

 

しかしこの資金も勝手に動かしてはいけないというルールがありますのでそれを動かすための条件として主催者側のルールというものがあります。

 

これが東証一部の資本金100億円以上そして銀行及び信用金庫の預金高5000億円以上の企業代表者すなわち代表取締役である方がこの資金に対して申請できるという風に決まっています。

 

もう一度言いますがこれは全てアメリカ合衆国における連邦準備制度における各国を支援するためのサービスであると考えるのが分かりやすいと思います。

 

日本の場合は1954年に日米相互防衛援助協定というものを結びそれと同時に国内法である経済援助資金特別会計法という法律を作りその際に日本の工業を支援するためにこの資金は特別会計に保管されるというルールを作りました。

 

現在では大蔵省ではこの資金は保管はされていませんが資金に関しては日本銀行アメリカ合衆国が保管しています。

この資金を動かすには民間からの募集によって政治家及び官僚が関与しない形で申請をしそれを運用チームである資金本部が申請書類を受け取れば法務省最高裁判所金融庁の許可を取り日本銀行に保管されているアメリカ合衆国すなわち連邦準備制度の運用によって提供された資金を動かしその資金を申請者である東証一部企業そして銀行及び信用金庫の代表者の名義を経由して資金を捻出しそしてその資金の一部から再度連邦準備制度が行なっている PPP 運用をして財源を1年以内に元に戻すという作業をしていることがこの育成資金の仕組みになります。

 

そのような流れについて理解をすることによって育成資金というものがアメリカ合衆国が行なっている連邦準備制度と同じ線上に存在しているということに気づくことだと思います。

 

ですからこれはアメリカ合衆国の資金だとか色々言われますが世界の中央銀行の中心の財源となる連邦準備制度アメリカのニューヨークにあるからです。

そのことが理解できればこの育成資金の制度について色々深くわかってくるかと思います。

 

MSA 総合研究所より

連邦準備制度と安全保障問題

連邦準備制度という育成資金は、非常に関係しているという話を数回にかけて書きました。これは、連邦準備制度という中央銀行が通貨を発行するための裏付けになる制度が関係して行なっている案件になります。

ですから、これは、政府案件というよりも連邦準備制度を守る組織ということは、同時にこれは、米国を始めとする同盟国に関係した資金ということになります。ここでは、日米共同体という書き方をしていますが、米国が中心となって連邦準備制度を守っていることが関係しています。その関係国に対して資金を分配する仕組みが育成資金の分配制度にも存在しています。

安全保障分野と外交分野が一致しているというのは、友好国への資金分配も日本の育成資金の財源は、連邦準備制度によって作られた資金であるから、まずは、日本の工業を支援するという目的に資金を出したのちに、日本および米国そして関係5カ国、そして、外交上の安全保障として連邦準備制度に関係する国々に対して支援する仕組みを構築しています。

そのことによって連邦準備制度に関係する国々を支援することで、各国の安全保障を守ることになります。

日本には育成資金を企業代表者を通じて育成資金を出すということは、同盟国に対しての安全保障を支援することになり、世界平和につながる制度であることはいえます。

大げさな感じをするかもしれませんが、現実問題は、それを目指しているのです。

まずは、ローカルな部分を見つめれば、日本の借金問題の解決と、貧困化している日本を大きくチェンジさせるための財源として育成資金の活用件数を増やすことです。

この事が重要なことになります。

MSA総合研究所より