実話!企業育成資金:東証一部、銀行・信用金庫・病院の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

過去に一生懸命活動した方からこの案件で再度チャレンジしたいという相談もあり

企業育成資金について話を書いています。

このブログを通じて多くの方からご連絡いただいています。

過去に企業育成資金について話を聞いたことがありましたが昔一緒にやっていたメンバーが資金側と繋がらなくなったとかいう理由でやめてしまった方も結構多くいます。

 

しかし、一時期はあつくこの企業育成資金についてチャレンジしていた方が、当方のブログを読んで、またこの活動をやってみたいということでご相談を頂いています。

 

基本的には、この案件は非常に難しいのですが、自ら歩んできた中でそのような対象者となるような人脈を形成してる人から言えば、対象者に届く話でもあります。

 

ですから、これは自らの人生でどういう風な人の関係を作ってきたかということが問われる案件になります。

 

基本的には、モラルを守ってこの育成資金について頑張られる方には、来るもの拒まず、去るもの追わずで、我々は対応しています。

 

また実際に案件のある方には、直接お会いして色々お話を伺いこちら側もアドバイスを与えています。

 

案件を成立するようにすれば、大きなチャンスを皆さん得ることができます。

 

基本的には成功するまでは、利益になることはありませんが、別に参加するために加盟金も必要もありませんし、前金も何も必要ではありません。

 

ただこの案件をやってみたいという意気込みと自らの人生で築いた人脈があればクリアできる話です。

 

それをサポートするのが我々企業育成機構及び MSA 総合研究所の仕事になります。

 

当然この企業育成資金から資金調達をしたいと考える代表権のある方も申請費用は1円もかかりません。

無料で参加できて、無料で巨額な資金が得れる案件というのは、地球上探してこの案件以外、存在しないでしょう。

 

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

10月末に向けての動き

企業育成資金について説明しています。

10月31日締め切りの病院の案件が今非常に忙しく動いています。

だいたい夏休みの宿題みたいなもので、8月31日になったら焦るみたいな感じです。

 

前もってゆっくり準備すればいいのですがギリギリになったら皆さん慌てるようで、こちらは対応も非常に大変な状況になります。

 

緊急で対応してほしいという話も色々出てきていますが、直接電話でお問い合わせいただいてやり方については指示をします。

 

今週の日曜日までの案件ですから出来る限り対応するようにします。

 

11月からは病院の案件はありません。

 

東証一部の資本金100億円以上そして銀行そして信用金庫の預金高3000億円以上の安定になります。

信用金庫の案件は今年の年末で終了予定という連絡が入っています。

ですから信用金庫の方で資金調達を考えている場合には今年年内に案件を終わらすようにしてください。

 

日本の金融機関への方針で将来的には信用金庫も地方銀行と合併するという方針が出ていますので信用金庫いつまで支援するかということが議題にあがっています。

 

よって今年の年末までというふうな方針で動いているということです。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

時代の変化で過去のものになった資金のはなし。

企業育成資金の話をしています。

企業育成資金の話をすれば戦後復興とこの資金についての関係性についてよく話題になります。

またこの資金に関する財源が旧日本軍のものや財閥や皇室のものなど色々な財源がベースとなってそれをイングランド銀行で信託して運用しているものというフレーズで説明してきました。

この制度は一昨年の年末で終了しているということです。

すなわち日本に仮払いで大きく資金を預けていたものは回収されて現在はその資金は動かせなくなっています。

 

ですから、過去でいう戦争における戦利品等に関する資金というものはもう今は関係のない話になってしまいました。

 

都市伝説してしてはこの内容は面白いと思うのですが時代とともに世界の金融制度も大きく変わってきています。

すでにサンフランシスコ講和条約を締結後70周年を迎えており過去の戦争とお金というものとの関連性もなくなってきたと言えます。

現在においては PPP すなわち Private placement program における資金提供になります。

これは1930年代貨幣論の著者でもあるケインズが考案した資金の作り方になります。

信用創造における資金の作り方というもので資金提供しています。

ですから日本特有の資金の制度については今は過去の話となりました。

 

企業育成機構

MSA総合研究所より

 

2021年4月以降は、新制度に移行した企業育成資金

よく質問が来ることで、最近は、企業育成資金について、PPPを中心似説明をしていますが、過去の話と随分変わってきていますが、内容がかわったのですか? という連絡をいただきます。

答えは、「はいそのとおりです」

実は、2020年の年末から旧来の制度が廃止になり、2021年4月から新制度によって、企業育成資金が始まったことになります。
よって、2021年4月以降は、新しい制度、たしかに、過去の制度とは、関係性はゼロとはいえないかもしれないですが、過去のような戦後復興財源という意味合いが強かったのですが、今は、世界的に行われているPPP運用をベースに資金提供をするという案件になっています。ですから、ある意味、過去の都市伝説として有名であった制度は終了して、今は、FRBのPPP運用のプラットフォームを活用した資金提供、企業育成資金ということになります。
ですから、巷で話題になっている巨額資金の提供するという制度は、過去の話となり、今は、普通に、世界のプライベートバンクなどで募集されているPPP運用ということになります。ただ、PPP運用については、これも、非公開案件ですが、コンサルタントを経由して世界的に募集されているのは事実です。日本の企業育成資金は、日本に一箇所だけ存在するPPPプラットフォームを活用して資金提供する企業育成資金の資金本部ということになります。伝統は残っており、受託者の「免税、免責、免訴」の付帯サービスは、継続しています。
ということを言えば、特権的制度であることは事実です。

PPPは、海外のプライベートバンクコンサルタントなどを経由して申し込むことができますが、海外でPPPから資金調達をしても、免税、免責、免訴の特権サービスは付与されません。普通に課税されます。また、運用益は、通常のT/T送金で送ってきますので、多額の送金の場合、日本に送金するのは難しいということになりますので、日本でPPPから資金調達をしたいということであれば、企業育成資金が申し込める条件を満たしている企業代表者は、この制度から調達するのがベストな選択です。

その条件は、
東証一部の資本金100億円以上
銀行
信用金庫の預金高3000億円以上

上記の条件を満たした企業の代表権者個人
と決まっています。

その場合は、日本の企業育成資金に申請をして「免税、免責、免訴」の条件で資金提供を受けることができます。日本独自のサービスになりますが、この制度が、完全に特別な制度といえます。

正直、現金資産をたくさんもっているが、個人的な金持ちで、上記の企業育成資金の受ける条件を満たしていないという人は、これは、海外のPPPトレーダーの関係者(コンサルタント)募集している案件に参加して、残高証明であるSwift MT799かMT760を提出して、PPP運用から資金調達する以外方法がありません。

筆者は、何を言いたいかといえば、PPP運用は、世界的に募集はされていますが、日本の企業育成資金の申請できる条件を満たしている経営者は。日本で問題なく使える資金として資金調達ができる。付加価値サービスとして「免税、免責、免訴」の特権サービスも付与されるということになります。

この差は、大きいです。
条件を満たしている企業経営者は、この制度を利用して、大きな資金調達を是非おこなってください。

企業育成機構
MSA総合研究所より

 

この都市伝説はもう終了した。

企業育成資金の話をすれば戦後復興財源として巨額な資金を預かっている資金者という人物が企業経営者に資金を提供するという噂が広まっています。

 

確かに戦後の復興時期から最近までこのような制度は継続されていたということですが、現在における資金者における資金提供という制度は完全に終了しています。

 

すなわち現在における企業育成資金の案件は送金と PPP の案件ということになります。

すなわち過去は何人かの資金者と言われる資金管理人に資金を預けて企業経営者に資金を配る役目を果たす人はいましたが、現在においてはその様な役目の人はいません。

 

ただ企業育成資金の資金本部は日本に1ヶ所存在しており、そこが FRB のライセンスを持った PPP トレーダーによって運用された資金をベースに企業育成資金という資金提供の案件を行っています。

 

ですから、戦後復興と企業育成資金そうして資金者と言われる人物という伝説は、今は終了していると思ってください。

 

今は、世界的に行われている PPP のプラットフォームを用いた資金提供というふうになります。

ですから非公開で募集はされていますがこれは世界的な金融を用いた資金提供案件になります。

 

かつての資金者と言われる方々の周囲で活動されている方はいますが、現実的な話を言えばその話を追求しても共倒れになるだけだと思います。

 

サンフランシスコ講和条約を締結し日本が国土復帰をして現在で70年の歳月が過ぎました。

 

すなわち、日本は戦後復興期というものが完全に終了したということになり、現在における日本の資金提供の案件はこれは世界的に行われている PPP の案件になったと言えます。

 

日本の資金本部は非常に特徴的なサービスを提供することができます。

 

本部が日本にあるということで受け取り銀行も日本の銀行で資金を受け取れるということで送金の問題がないということ。

 

そしてこれは昔からの名残ですが、この資金を受けた人は自動的に免税免責免訴の処理がなされるということを知ってください。

 

これは非常に素晴らしい仕組みだと思います。

 

我々、企業育成機構はそのような企業育成資金を提供するための支援団体ということで認識してください。

 

すなわちこのブログの読者にはすべての答えが存在しているということになります。

あとはあなたの直感力に任せます。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

病院の案件はあと5日で終了です

企業育成資金の病院の案件もあと残すところ五日間の募集になりました。

病院の企業育成資金の募集は、締め切りは10月31日になります

 

企業育成資金の資金本部が募集している案は

ーーーー

一般病棟のベッド数が350床以上

直近の決算書の資産の部の合計が50億円以上

土地建物が県や国などから借りていないこと

反社会体制企業との取引がないこと

ーーーー

 

上記の条件を満たした病院に対して資金提供をします。

今他の所でも色々募集はかけているようですが企業育成資金の資金本部が募集をかけている案件はこの条件で一箇所のみです。

 

政府に関係があるコロナ関係の補助金ではありません。そちらの方は出る金額は企業育成資金よりもずいぶん少なくなります。

 

条件を満たした病院の理事長は大きな資金を得る機会になりますので是非とも活用してみてください。

 

最近は病院の案件を一生懸命やっていますが、通常でも募集している東証一部の資本金100億円以上そして銀行及び信用金庫の預金高3000億円以上の案件は常に募集していますのでそちらの方もよろしくお願いします。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より

極秘案件のはずがなぜインターネットに

企業育成資金について、この案件は秘密の案件ですかという質問がありました。

確かにこの案件は秘密で行なっているのは事実かもしれませんが、本当に秘密だったら仕事になりませんので秘密だと言っていて秘密でない部分があります。

世界的には PPP すなわち Private placement program についてコンサルタントがホームページでいろいろ説明しているのを見ることができます。

 

すなわち2008年以降は PPP については世界的に解放する傾向になっています。

ただ PPP を行っている直接のトレーダーが案件を募集することはありません。

それに通ずるコンサルタントが各自クライアントに対して案件を募集するのがこのやり方です。

 

ですから我々の立場としてはコンサルタントの立場として PPP に関係がある企業育成資金の話をしているということになります。

 

この話について説明すること自体に何の秘密もありません。

 

誰にもわからない案件を隠れてやっていたら本当に必要な人にお金が回らなくなります。

 

ですから秘密では行うというのはこの案件を行う主催者は誰であるかは公開はされませんが現実にはその作業をしている人がいるということになります。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より