実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

地方再生は、日本国の第三の財源の仕組みを最大限に利用する。

□地方再生は、日本国の第三の財源の仕組みを最大限に利用する。

 

筆者は、なぜ第三の財源といわれる天皇家の金融システムによる運用財源について注目しているかの理由は、表の財源である政府財政が非常に厳しい状況にある中で、国家を建設するための財源を以下に確保するかを考えた上で、第三の財源である天皇家の金融しシステムを最大限に活用することで、民間財源の確保を行い、日本の地方創生を行うことが重要だと考えているからです。

 

筆者は長年、国際金融についての話を本ブログを通じて書いていますが、国際金融の仕組みを理解しなければ、第三の財源である天皇家の金融システムの運用財源のことが理解できません。

これは、特別な仕組みを使った銀行口座でPPPトレーダーが行う仕組みですから、口座管理者以外、この事実を知ることができません。よって、大きな資金という話をすると、財務省金融庁のような大きな省庁(それに準じる組織)が行ってる作業のように思われますが、究極を言えば、PPPの世界は、口座主とPPPトレーダー、そしてPPPについて精通している銀行役員がいれば、成立する作業になります。

よって、巨大な資金が提供されるといえば、中央省庁に問い合わせる人が多くいることで、中央省庁から回答が得られないという理由で、存在しないと決めつけている人が多くいます。

中央省庁ではなく、これは、PPPトレードができる銀行口座があれば、成立する仕組みであり、大きな省庁のような組織は必要ありません。しかし、この金融の仕組みがあるということが重要になります。

 

日本国の第三の財源である天皇家の金融システムから調達できる運用資金の活用をして、地方創生、地方再生、産業再生、道州制の実現などを、資金がないという理由でできていないことを実現させることが重要と考えています。

 

筆者も日々ブログで企業育成資金の仕組みを書いています。日本全国から地方の衰退と、その問題をなんとかしたい、地元が衰退しているのを見て、なにかできないか模索している。という方からご相談をいただきます。

 

何かを起こすにも、すべて資金が必要になる話になります。厳しい地方財政に第三の財源である天皇家の金融システムからの調達した資金を活用して、地方創生に活用することは理想的と考えています。これは、日本国民のために存在している財源であるので、この制度を活用することは、非常に重要になります。

 

本音を言えば、地方銀行にこの制度を活用していただき、地域社会をリードして、資金を活用できる仕組みを構築してもらいたいというのは願いがあります。これが、地方再生をするための保証協会の設立ということ提案しています。衰退する地方都市で新たな事業や開発をするための財源確保に銀行が貸し出すにしても、採算が取れるかわからない未来への投資ということを考えれば、非常にリスクを考えて、銀行はプロパー融資を行えません。従来ある保証協会だけでは、リスクを考えれば、採算度外視融資というのは、不可能になります。衰退する街を再生する起爆台になる投資というのは、採算があうのかということを考えて、融資などできません。それでは、銀行は衰退する地方経済に対してリスクを感じすぎて、融資できません。その結果、今の銀行は何をしているか?利益をえるために、銀行が金融商品の投資をして利益を稼ぐことに比重を大きくおいている傾向があり、従来、地域社会の人から資金を集めて、地域に資金を貸し出し、地域に貢献するという「無尽」の概念が薄れてきています。

 

経営を考えれば、利益一番、損失は、禁物ということになれば、衰退する街では、資金を貸せないでしょう。それをバックアップするための財源確保、すなわち、地方再生ファンドとなる保証協会を設立して、保証協会が都市計画に従って、事業をおこなう事業主に対しては、無担保融資ができる仕組みを構築することが重要です。また、土地を担保にして、大きな資金を提供できる仕組みも構築することで、土地への投資が進み、街は、新しく生まれ変わります。

 

そのような仕組みを、第三の財源から資金を調達していただき、日本全国で行うことができれば、日本の再生が可能になります。

 

これには、第三の財源である天皇家の金融システムからの資金調達するには、国際金融における基準がありますので、東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者(日本国籍)である方が、申請しなければ、日本国の第三の財源から資金調達ができないということになります。

 

いずれにしろ、都心部は、資金も集まり投資も集まりますので、さほど問題はありませんが、特に衰退する地方の再生ということを考えれば、採算度外視で再投資できる環境を整えなければ、地方再生などできることがありません。

 

筆者が説明していることに気付いて行動できる地方自治体、地方銀行、地方再生プランナーとプレイヤーがいれば、日本国の第三の財源(天皇家の金融システム)から資金調達をして、地方再生が可能になります。

 

筆者の課題は、この仕組を日本全国に足を運んで、この仕組について説明する必要があります。

 

MSA総合研究所より

 

 

日本の第三の財源を最大限に活用することは、地方再生、国家の再生にとって重要なことです。

□日本の第三の財源を最大限に活用することは、地方再生、国家の再生にとって重要なことです。

 

 

毎日、いろいろな角度から企業育成資金についての話題を書いています。これは、国家を建設するための資金の仕組みです。天皇家に与えられた資金の運用システムを使って、日本を建設するための財源を確保するということを言えば、この制度が理解できます。

 

本ブログでは、金融についてはいろいろ説明していますが、そんなことを知らなくてもいいのです。これは、日本で唯一、天皇家がもつ資金の運用システムであり、その仕組から調達した資金を日本の発展のために資金を活用するということだけわかれば、この資金の重要性が理解できます。

 

企業育成資金(償還制度)というのは、日本の国造りをするための天皇家の金融システムであると理解してください。

 

これは、日本政府の省庁は、このような特殊金融における運用システムを持っていません。天皇家のみが持っている運用システムであり、この仕組を利用して昭和の時代から日本の国造りをしてきたと言えます。昭和の時代は、370社を超える企業経営者がこの仕組により資金調達を行い、昭和の時代の日本経済を作り上げました。

 

本ブログでは、平成の時代は、悪質者の邪魔が入り、活用件数がゼロ件でしたが、令和の時代は、飛躍的に天皇家の金融システムを活用しようと、本制度について説明しているのです。

 

この制度について「官僚の関与」という話をされますが、これは、主催者は、天皇家の金融システムを運用している資金本部であり、日本の中央省庁は、この資金に関与する権利はありません。たしかに、法的なチェックを行う上で、関係省庁に依頼をする部分がございますが、あくまでも主催は、天皇家の金融システムを運用する資金本部の仕事になります。

 

このことを理解して、企業育成資金(償還制度)について理解することが重要です。

 

本ブログで、好評である記事の内容は、地方再生についての話です。このことに関心をもっている方が多くいると思います。

 

日本の地方財政は、非常に苦しい状況にあり、消滅可能性都市と言われる都市が2040年までに約900自治体があると統計データーでは言われています。衰退する地方都市をどうするのか?

 

その問題について、真剣に考える必要がありません。行政に丸投げでいれば、行政も財源不足で新たな投資は不可能になっており、都市計画があっても、都市計画を実現するための民間投資を誘導できないといえます。

 

 

そんな場合、どうすれがいいでしょうか?霞が関、永田町に行って、地方交付税の増額を依頼することで財源確保が可能でしょうか?中央省庁でも、資金不足で赤字国債を発行している中で、地方財政に対して手厚い支援を期待できません。

 

最後の手段というのか?もっとも正しい選択というのか、財源確保の手段は、天皇家の金融システムにおける財源確保をすることを考えることが重要です。これが、第三の財源といわれる財源になります。

 

第一の財源は、税収による収入

第二の財源とは、財政投融資のよる財源獲得 (特別会計

第三の財源とは、天皇家の金融システムによる財源獲得(民間財源)

 

ということになります。

 

明確に答えれば、そういうことになります。

 

多くの方が、第三の財源の仕組みについて詳しく理解していないということで、本ブログでは、PPPの仕組みについて随分説明してきましたが、これは、国際金融のプロでなければ詳しく理解する必要がありません。

 

明確いえば、天皇家の金融システムによる運用財源ということになります。

それが、償還制度とPPP運用による資金調達方法であると理解できればいいのです。

 

よって、この仕組みを活用できる申請者の基準が東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者(日本国籍)に対しては、大きな資金提供が可能になります。

 

地方財政を救済するために、是非、天皇家の金融システムより資金調達をしていただき、日本の発展に寄与していただきたいというのが、ストレートな意見になります。そのためには、国際金融基準というものがありますので、条件が決まっていますが、地方再生をプランニングするプランナーと実務を行うプレイヤー、天皇家の金融システムから資金調達するための名義人(東証プライム 資本金100億円以上、銀行の代表権者)が協力をして、日本の国造りを真剣に考える必要があります。

 

主催者側は、民間側からの提案があれば、条件さえ満たせば、資金を出す準備はできています。すなわち、国家の建設には、一人の経営者ができる話ではありません。必ず、物事を実現するためには、チームが必要になります。

 

特に、筆者は、地方都市で企業育成資金の資金調達できる条件を満たした経営者は、少ないので、銀行や地元の有力企業の経営者が地域のために、この天皇家の金融システムから資金(企業育成資金)を調達するという気持ちが重要です。

 

地方都市でも四国、九州、北海道、沖縄では、この仕組によって、資金調達の申請ができる企業経営者の数が非常に少なく、対象者になる方が、この制度を理解をせず、放棄をすれば、その地域に資金調達する手段をなくすことになります。すなわち、これは、国家における第三の財源の放棄を意味します。

 

もう一度言います。

 

第一の財源は、国民からの税収(一般会計:政府財政)

第二の財源は、特別会計における財政投融資特別会計:政府財政)

第三の財源は、天皇家の金融システムによる資金調達(民間財源)

 

 

第三の財源のみ、民間財源であり、国会の審議も必要もなく、申請者がいれば、自由に資金を活用することができるのです。

 

この制度について理解をする必要があります。

 

日本の復活に必要なもっとも重要な財源は、第三の財源である天皇家の金融システムによる資金調達(民間財源)を最大限に資金を引き出し、地方再生の財源に活用をして日本を復活させることが重要です。

 

すなわち、仕組みさえ理解すれば、この制度は、非常に有意義に資金を活用することができます。日本はこの第三の財源の制度を完全活用できるようになれば、日本の復活は必ずできます。

 

MSA総合研究所より

 

 

 

信用創造の世界は、理解できなくても資金を生み出す仕組みがあるということが信じられれば、企業育成資金を有効的に活用できる。

信用創造の世界は、理解できなくても資金を生み出す仕組みがあるということが信じられれば、企業育成資金を有効的に活用できる。

 

 

日本で都市伝説化している話の多くは、PPPの概念と、クレジット・ラインという世界の話になります。

 

与信枠の世界というのは、現金を山積みにして何かを購入するものではなく、大きな与信枠があれば、ここから先は、銀行とプラットフォームが資金者のクレジット・ラインを利用して、瞬間取引の売買をして収益を上げる手法を行うことになります。

 

必ず購入する購入者を先に見つけ、その後、売り主から安く仕入れて、購入者に商品や証券を売却するという手法です。先物取り取引は、将来の購入価格が確定していますので、先物取引が存在するので、PPPも確実に売り抜けることができる保全された価格があるので、PPPトレードが成立するといえます。

 

そう考えれば、先物市場があるということを裏返せば、その裏側では、PPPのプラットフォームによる取引が存在していることになります。

 

つまり、日本ではあまりPPPという表現を使っては説明しませんが、PPPというのは、結構身近な取引の中でも資金の動きがあることに気づくかと思います。ただ、それを欧米ではPPPという名称で呼んでいるだけです。

先物取引においける商品、証券の仲買人ということになります。それがプラットフォームであり、そのプラットフォームに資金を担保するのが、資金者(投資者)ということになります。

 

このような取引は、世界中で行われていますので巨大な市場があります。ただ、これに参加できるのは大きな現金担保を提供できる資金者(投資者)のみということになります。投資者が現金担保を提供できれば、その担保をして、銀行保証で他の銀行への保証を提供することをSBLC(Swift MT760)と言われ、銀行保証(BG バンクギャランティ)があることで、資金者の資金が例えば、アメリカにあったとしても、欧州の銀行に対して、投資者銀行からRMAの仕組みを構築して、外国の市場でのプラットフォームの銀行において取引が可能ということになります。

 

これは、国際金融の仕組みであります。PPPに関するビジネスに関わっていれば、毎日のように聞く話ですが、普通に生きていれば、このような世界に触れることもありません。よって、特殊な国際金融についての話をしても、なかなか理解を得るのは難しいのですが、世界は信用創造によって資金を生み出すという行為は、それは、クレジット・ラインという与信枠が自由に移動できることで、資金をアチラコチラで生み出しながら多数の瞬間売買における取引をすることで、資金を生み出します。価値というものは、目に見えるものでだけでなく、相場という卸値と市場価格の差額によっても利益を作ることができ、その資金を生み出しているのも、クレジット・ラインという与信枠ですから、すべてが信用創造の中で生み出されている制度といえます。

 

つまり、企業育成資金の話を理解するには、信用創造という世界が一体どうなっているか?市場価格という相場で作られた価値と、生み出されたときの価値という差額が収益を生み出し、その収益を生み出す原資は、クレジット・ラインという与信枠という見えない数字の存在であるという事になります。

 

 

非常にわかるようで、分からない金融の世界ですが、詳しいことを知らなくても結構ですが、このような制度によって巨額な資金を生み出す仕組みがあるということを知って、その価値によって生み出された資金の制度によって、得た収益(企業育成資金)を日本の発展に貢献することは重要になります。

 

筆者は、日々の生活の中で、企業育成資金の話を毎日、どこかで行っていますが、信用創造の世界というのは、考えれば考えるほど面白く、同時に、この制度が日本を変えることができる仕組みになるのか?と思うと、ワクワクします。

 

三者からみれば、この人は何を考えているのか?と思われますが、筆者はもともと理系脳ですから、数字的に成立しない話は好きではありませんが、これは、数字的に概念が理解できれば、仕組みを説明できます。

 

よって、毎日、この概念について説明しています。

 

いずれにしろ、企業育成資金の制度を活用して、日本の経済再生を行うことは重要です。

 

話は変わりますが、日本に海洋資源ということをいろいろ調べていくと、日本は、今後世界でもNO1クラスの資源国になる可能性が高いという記事がありました。日本の領海や国土には、石油や天然ガスなども大量な埋蔵量が確認されているということです。すなわち、今後日本は、エネルギー問題は存在しなくなるという概念があります。これは、今後のエネルギー開発の技術向上で日本のエネルギー問題を、解決が可能であり、同時に、食糧問題も今後解決することができれば、日本は世界的に非常に豊かで幸せな国になれる可能性があります。

 

いずれにしろ、日本は、信用創造の仕組みを最大限に活用して経済の再生、産業の構築、自給自足できる国造りというのが、重要になります。

 

MSA総合研究所より

 

 

日本でも行われるPPPのプラットフォームの仕組み

□日本でも行われるPPPのプラットフォームの仕組み

 

巷でウワされれている取引で、上場企業の旧株の取引についての話があります。それは、まさにPPPの概念です。

 

PPPというのは、売値と買値が決まっている取引で、必ず購入者がいることで、成立します。購入価格が決まっている証券取引の場合、販売者と購入者の差額があれば、PPPは成立します。先物取引や、証券取引では、取引価格が決まっているものがありますので、PPPの概念が成立します。

 

 

このスキームは、例えば、旧株が非上場のときの株であり、上場後、5倍に分割された株式であるとします。現在の取引価格は、1株あたり5000円であるとします。旧株の卸値は、1株あたり5000円とします。

 

そうすると、

 

旧株1株=5000円(売値)

新株は、5倍に分割しており、1株あたり5000円とすると、

旧株1株あたり、新株5株になり、現在の取引価格が5000円とすると、1旧株=5(倍)×5000円(取引価格)=25000円となります。(これが市場買値)

 

よって、(市場買値)―(売値)=25000円―5000円=20000円

 

となります。1旧株を現在の株式市場で売却したときの利益は、1旧株あたり、2万円となります。

 

例えば、その取引を100万株行ったとします。

 

資金者は、証券口座に資金者名義の口座に資金を入れて、現金担保(MT799もしくは、MT760)として資金を提示しれば、それに対して、証券会社が資金を建て替え、旧株を新株に切り替えて市場で売却します。市場から売却益を獲れば、取引成立になります。これは、大規模の取引をしている証券会社では、成立することができる仕組みになります。

証券市場で常に大量の株式取引が行われていれば、多数の取引が行われ、価格も市場で保証されていますので、売却価格と購入価格の差額が発生します。その取引を数回繰り返せば、大きな利益ができます。

 

この例で考えてみれば、100万株の旧株をすべて売買成立すれば、1旧株あたり2万円の利益とします。そうすると、100万株×2万円=200億円ということになります。投資者は、50億円分の担保があれば、100万株を証券会社(プラットフォーム)が立て替えて取引してくれます。

証券会社の利益と税金を差し引いても200億円―50億円=150億円←粗利、 この取引を5回繰り返します。PPPで言うところのロールアップという手法ですが、これで、150億円の粗利益×5回=750億円の粗利益が生まれる事になります。

 

単純計算ですが、50億円の担保があれば、その担保 MT760を利用して、短期取引の結果、750億円もの資金が生み出されたことになります。これは、あくまでもシュミレーションですが、、、

 

 

単純に考えて、投資者は、プラットフォーム(証券会社)の口座に資金を現金担保するだけで、証券会社は、旧株を市場に新株にして販売してくれるので、大きな収益が生まれます。これは、一日の取引高の大きな銘柄の株式であることがポイントになりなすが、取引が大きい場合、旧株を新株として発行株として売却するときの差益というのは、収益が得れることがいえます。

 

すなわち、これは、一例で説明していますが、これは、PPPのプラットフォームにおける取引の一例です。日本では、PPPという言葉をつかいませんが、これは、欧米では、PPPという名称で取引されています。

 

これは、数量限定の取引になりますが、このような取引の枠組みに入ることができれば、大きな収益を得ることができます。

 

PPPについては、日本では都市伝説だとされている方も多いのですが、このような例の取引が行われるケースもあるということがいえます。

 

そう考えてみれば、商品や証券を売りたい人は、何らかの理由があって、直接販売が難しい場合に、市場で第三者の資金担保を利用して、瞬間取引でプラットフォームが市場で売却して収益を得るケースがあります。これが、PPPの基本概念になります。

 

 

MSA総合研究所より

 

 

日本を如何に強くするかということが課題になります。

□日本を如何に強くするかということが課題になります。

 

 

筆者は、企業育成資金の申請に関する部分をサポートしていますが、今後の展開として、地方創生をおこなうために企業育成資金の制度(償還制度)を活用して事業展開するためのコンサルティング業務に強化することを決めました。

 

 

いろいろ試行錯誤して、導入を進めることをしていますが、目的無くして巨額資金を追いかけるだけでは、目的を見失うことになります。すなわち、○○の事業を成し遂げたという目標があって、それに対して、償還制度から企業育成資金を獲得して、それで、歴史に残る大事業を行ったというストーリーが重要です。

 

大きな資金を動かすには、それをおこなうための事業計画がないために、目標がどこにあるのか見失っています。これでは、全く意味がありません。ある意味、国家の大計画を実現できるようなプランナーとプレイヤーがいなければ、この資金を提供しても意味がないと考えています。

 

いずれにしろ、多少方向転換して、企業育成資金のビジネスを展開します。外部的な相談も受け付けますが、それよりも、自らの関係で、大事業を成し遂げるという事業計画を作り上げ、それを一緒にできるパートナーシップとしてビジネススキームを組むことが重要です。

 

企業育成資金の制度の説明については、1500回も更新したブログにずいぶん説明しましたので、これから、真剣にビジネスとしてこの企業育成資金を日本の発展に貢献して、活用できるように関係団体などに話しかけて行きます。

 

大事業を行うことができるプランナーとプレイヤーがこの制度を理解して、この資金を活用しなければ、日本の国家再構築に貢献できません。

 

 

これからは、この資金の制度と歴史などレポートするというよりも、次のステップは、この制度をどの様に活用していくかということをテーマに色々書いていきたいと思います。

 

当ブログの読者の中で、本ブログをすべて読破したという方も何人もおられますが、このブログを一通り読めば、企業育成資金の制度を語る上でプロフェッショナルになることができます、

 

あとは、当研究所とパトーナーシップをむすんでビジネスを展開すれば、企業育成資金から資金調達をすることは可能になります。

 

今後は、国家の大事業を行うことができるプランナーとプレイヤーと手を組んで、事業展開をしていきことにします。

 

MSA総合研究所より

 

 

地域社会の貢献をするためのビジネススキームの資金調達には、企業育成資金(償還制度)を活用する。

□地域社会の貢献をするためのビジネススキームの資金調達には、企業育成資金(償還制度)を活用する。

 

企業育成資金のセミナーをまた、開催しないのですか?という依頼がありますが、基本的には、セミナーの開催は不定期ですので、定期的に行うことは計画していません。

 

筆者も、多くの方に企業育成資金の説明を行っていますが、動ける人は、すぐに動けますが、動けない人にいくら説明をしても、行動に出ない人も多いので、筆者自信が動ける人とダイレクトにご案内したほうが、ビジネスを考えた上では効率的だと考えています。

 

これは、企業育成資金というのは、ビジネスとして捉えて、資金調達をすると考えてください。申請できる条件は、ごく一部の大企業の経営者と決まっていますが、条件を満たした経営者とともにビジネスを組み立てるということで本案件に取り組むことが重要です。ただ単にお金がでますから、どうですか?という話でなく、◯◯のビジネスや◯◯の企画に対して資金調達しますので、共同事業をしませんか?資金調達は、企業育成資金から調達できます。という共同ビジネスという概念で事業を展開することが重要だと思っています。特に地方再生をするための財源としては、この制度は、非常にいいのです。資金は、条件を満たした経営者以外申請できませんが、地域経済を牽引するべく人物とコラボしてビジネススキームを考えると思うと面白いことがいろいろできます。

 

筆者は、今後の展開としては、特に地方経済の活性化を支援するためのモデルをおこなうために支援事業として本案件を支援していきます。地方再生をするために、財源不足だということであれば、企業育成資金の資金調達のスキームは、地域社会に貢献します。

 

特に、衰退する地方再生ということで、この資金は、最後の砦といえます。借金を伴わない大型資金の調達というのは、この制度以外存在しません。

 

当研究所は、最短最速で企業育成資金の申請業務が可能です。

無料相談実施中。

 

MSA総合研究所より

 

 

 

1500記事の更新を記録 25万アクセス超えになりました。

 

 

 

 

□1500記事の更新を記録 25万アクセス超えになりました。

 

 

企業育成資金についての解説ブログを長年おこなっていますが、このブログの更新回数も、1500記事を超えました。こつこつ書いていますので、多くの方とこのブログを通じて、知り合いになりました。ありがとうございます。

 

 

本ブログの読者は、企業育成資金というものをもっとも身近で知ることができる人ということになります。なぜならば、これは、現場の最前線でこの案件に取り組んでいる筆者が記載している話でありますので、当然、インパクトのある内容になっています。

 

これは、都市伝説のような話ではありますが、ビジネスとしてこの仕組を考える必要があります。PPPという米国が提供する仕組みがあり、当時に、日本国を担保として、資金調達する仕組み、すなわち、償還制度によって免税、免責、免訴、返還不要の資金調達を可能にしています。これは、国家を建設する上で、重要な資金調達の仕組みであります。このことを理解できる精鋭のみで我々は、本案件を進めています。

 

国際金融に精通する必要もあります、国家全体の問題に取り組む大きな視野を持つことも重要になります。すなわち、大きな事業を計画し、成し遂げることができるプランナーとプレイヤーが必要になります。

 

企業育成資金という国家レベルで物事を動かすことができる仕組みを理解有る知識人に伝えることで、日本の国をより良くすることを目的に日々活動しているのは、当ブログの活動になります。

 

 

引き続き、よろしくお願いいたします。

 

MSA総合研究所より