実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

積極的に企業育成資金の案件を募集をしていきます。

 

明日は、10月7日(金曜日)は、東京セミナー(浜松町、大門)の開催日です。

明日の開始時間は、いつも違い、午後3時からスタートになります。よろしくお願いいたします。

参加希望者の方は、事前に連絡ください。

よろしくお願いいたします。

参加費用は無料です。

****************

本ブログでは、企業育成資金の制度についていろいろ説明してきました。皆様もこの資金の制度について理解が深まったと思います。

これは、日本の平和維持活動財源として提供される資金となります。こんな巨額資金が存在するのか?という疑問から始まった説明ですが、平和維持活動資金として日本には多額の資金が用意されており、企業育成資金の名称で、資金提供されています。これは、米国(米軍)の特権を使った免税、免責、免訴(刑法、民法の裁判からの除外)が適応され、本資金を受託した日本の経営者は、特権によって守られることになります。日本平和維持活動(経済安定政策)の協力者として守られる立場(護衛)されることになります。

この仕組が理解できたでしょうか?

特殊な金融制度、PPPについては、過去に説明していますが、企業育成資金もPPPの一種になりますので、非公開で行うことになっています。(米国証券法による規定)

このような日本の危機の時代に、是非、多くの条件を満たした日本の経営者が本制度を活用して資金を受け取っていただきたいと思います。

資金者会議による決定事項で、2022年9月以降は、

東証プライム 資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業の代表権のある社員(個人)を対象に企業育成資金を積極的に出していく」という方針になっています。

また、申請書類に関しては、事前提出は、一切必要ありません。ご本人様が面談に来られましたら、本人確認、意思確認ができましたら、その時点で資金の準備をして本契約の準備に入ります。(申請受理)になります。

つまり、書類を先に仲介者経由で提出するのでなく、直接面談に来られて、その後、資金者面談をすることで、申請受理になり、最短で資金提供できるように手配されます。

東証プライム企業に関しては、指定銀行の無利息口座を振込先に指定していますが、

地方銀行都市銀行の代表権のある社員(受託者)は、受託者の勤務されている銀行口座(個人用 無利息口座)に入金することが可能になっています。

よって、銀行の代表者に限り、自社での資金の受け取りが可能になりますので、指定銀行へ出向いて決済する必要はありません。
※自行もしくは、指定銀行の口座への入金は、相談できます。(選択OK)

現在は、そのような条件になっています。

よくある質問で、東証プライム資本金100億円から資本金300億円の企業代表権者については、申請はできますか?という質問が多く来ていますが、資金者からの回答は、「申請者が出てきた場合には、その都度、検討する」というスタンスになります。

よって、資金の必要性がある場合には、当方に連絡を頂き、ご本人様が指定の面接会場にお越しいただけましたら、その際には、直接資金者へのつなぎ検討してもらうことになります。

よって、当方に連絡をすることで、資金者へ直結で連絡がとれますので、企業育成資金の申請が問題なくできます。
申請費用は、無料です。事前になにか、金銭的請求がないのか?と不安がられる方も居ますが、一切ございません。ご本人様が面談にお越しいただければ、資金者面談に最短でできるように手配をいたします。

ご期待ください。

確かに、非公開案件ですが、資金者も申請条件を満たした経営者御本人が面談に出てこられれば、暦通りの日程で、勤務しておりますので、いつでも面談可能です。

年末に近づいてきましたので、多くの条件を満たした経営者からのご応募お待ちしております。宜しくお願いいたします。

 

日本私募プログラム研究会

日本私募プログラム研究会|日本国内外の私募プログラム(PPP Private Placement Program)について研究し日本経済発展に寄与するシンクタンク|企業育成資金及び各種国内外PPPの申請手続き専門|コンサルティング・セミナー|TEL 03-6820-0086

グレートリセットが近づく今、日本の立場、企業育成資金の重要性を理解する必要がある。

グレートリセットが近づく今、日本の立場、企業育成資金の重要性を理解する必要がある。


グレートリセットという言葉が、ちらほら聞く機会がある。これは、2021年のダボス会議のテーマであったということである。ダボス会議といえば、世界の方針を決める会議として知られているが、その会議のテーマが「グレートリセット」をテーマにしているということは、つまり、世界的金融破綻が行われ、同時に、新しい世界に突入するということを意味している。

最近メディアで、世界は、リーマンショック以上の大不況が来るということが話題になっています。

今回の金融危機は、これは、民間の金融危機というよりも、国債が投げ売りされているということが、米、英、独で始まっているというニュースが流れていますが、政府財政の破綻ということになれば、これは、政府が支えられなくなるということは、今度は軍が出てくるということになり、場合によっては、安全保障面で重大な危機になる可能性があります。

金融リセットといえども、簡単に状況変化することは、出来る話ではないということを考えれば、大混乱が起こり、その後に、世界はどうするのか?ということで、新しい世界が生まれるというのが、パターンといえます。つまり、G7国の国債が投げ売りされるということは、これは、金融的なリセット、「グレートリセット」が間近に迫っている可能性が高まっていると言えます。

つまり、今日本が日本の平和維持活動財源、企業育成資金の仕組みをしっかり動かし、友好国を支援すると、日本の株があがりますが、そうでなければ、日本は攻撃される可能性が高いと言えます。この事実ついて、理解する必要があります。グレートリセットは、そんな簡単に平坦な道のりで行えるとは考えられず、なかなか大変なことになるのではないかと予想できます。

当ブログで、書いていることは、実は、日本の国を守るという点では、非常に重要なことを書いています。日本の役目は、金を出すことです。ですから、米国は、日本に平和維持活動資金の財源の使用権を与えて、その移動条件に、日本の主要産業の大企業経営者の名義を使って資金の移動許可を出すという制度を作ったと言えます。

企業育成資金の仕組みは、国家の安全保障上で非常に重要と言えます。

 

 

PPPといえども色々種類があり、その頂点は、企業育成資金であり、国家を守るための財源まで確保できる。

PPPといえども色々種類があり、その頂点は、企業育成資金であり、国家を守るための財源まで確保できる。

ビジネスで、利益確定がされており、もっとも大きな資金が儲かるビジネスモデルは、PPPであると言えます。PPPというのは、特権によって、確実に利益が上がるということで極秘で行われいる案件ということになります。

特にこれは、金融市場に影響を与えないということで、非公開で取引をされています。これは、申請者は、資金があるからというだけでは、参加できるものでなく、条件が整って、同時に、主催者側のDue Diligence(調査)があって、それに合格することで、招待される制度になります。

これが基本となります。

筆者が主催する「日本私募プログラム研究会」ということで、非公開募集されているビジネス案件について研究して、関心のある方にご紹介をしています。これは、主催者が居て、仲介者、申請者というネットワークビジネス要素で成り立つビジネスということになります。

不動産仲介ビジネスと似ている部分があります。

成約すれば、仲介料を頂き、それがビジネスとして成り立つというのが、仲介ビジネスであり、申請者は、特殊な案件で大きな利益を得ることができます。

ただ、資本主義における頂点の案件であるので、申請条件は、資本家でしか、参加できないというのが、この案件の特徴となります。

日本にはいくつかのPPPの案件があります。

企業育成資金もその一つになります。企業育成資金は特に、申請者は、1円も自らの資金を出資することなく、地位だけで得れる制度ですから、これは、もっともPPPの中でも特権中の特権と言えます。


これは、国家を背負う大事業といえますが、裏を返せば、資本主義の頂点であるPPPと言えます。しかし、この案件には、本当、奥深い話があります。

米国が管理している日本国の平和維持活動資金という国家を動かす資金であること、提供金額も数兆円から数十兆円という国家予算レベルであること、それを条件を満たした経営者個人に対して資金提供するのですから、普通に考えれば、驚きの案件ということになります。

この資金は、天皇家に任命された「資金者」(職位)から資金提供される案件であり、資金者と面談することで、申請が受理されます。申請が受理されれば、本契約を締結して、米国の特権(免税、免責、免訴)の認定がされ、同時に返還不要の資金として、資金の受託者(条件を満たした経営者個人)に提供されるということになります。

しかも、この資金は、受託者使用分は、企業育成資金として民間活用財源として使われ、それ以外にも政府側使用分の財源も確保して、その財源については、産業、医療分野への支援、国際貢献事業への支援を行う財源として活用されます。

特に、これは、米国との安全保障と関係している財源(日米安保における米国が管理する日本の平和維持活動財源)であるので、日本の護衛国(米国、英国、仏国、独国)の外債購入、+ G7国の支援、日本と友好国への支援など、日本は積極的に国際貢献をしなければいけません。

つまり、日本はこの企業育成資金⇒米国(米軍)管理の日本の平和維持活動財源から提供される資金を活用して、日本の産業の発展尼貢献すると同時に、日本の安保における護衛国支援と友好国支援を行うという経済的支援が重要であると言えます。これは、国連で登録さている制度であり、99年間の契約期間があります。

国際条約での決定事項でありますので、日本は、安全保障は、武力による抑止力を強化するよりも、実際をいえば、日本の平和維持活動資金(企業育成資金)を活用することで経済的国際貢献をすることが重要であると言えます。

特に、今、日米安保(相互安全保障条約)における護衛国(米、英、仏、独)の国債が危機的な状況になってきていると報道されていますので、このような状況であれば、本来で貼れば、日本は、しっかり、企業育成資金を動かし、その中で、国際貢献財源を生み出し、そこで、日本の安保における護衛国を経済的支援を行うことが必要ですが、日本の条件を満たした経済人は、そのような事実を知りませんので、この制度の活用件数が少なく、思うように財源確保に繋がっていないと言えます。このことが、日本の安全保障を脅かしているという結果になりかねないということが理解する必要があります。

日本は、連合国から安保協定で守らていますので、自ら高い抑止力を保つ必要も有りません。究極の答えを言いましょう。日本は爆弾を買うより、経済支援で友好国尼資金をばらまくことで、平和になります。つまり、日本の平和維持活動資金の財源は、無制限であり、条件を満たした経済人がどんどん本資金を活用すれば、資金をいくらでも生み出すことが出来る仕組みを日本は持っているのです。

その事を考えてください。今の世界的経済危機を救済できるのは、日本の平和維持活動財源⇒企業育成資金の制度の活用件数を増やす以外、日本を守れないといえます。

 



☆大阪セミナーの案内 2022年11月6日 日曜日開催 

☆大阪セミナーの案内 2022年11月6日 日曜日開催 参加者大募集

***********************************************

大阪セミナーの案内です。

11月6日(日曜日)午後1時から午後3時 「企業育成資金とPPP」についての無料セミナーを開催します。場所は、前回と同じ、心斎橋本町セミナー会場になります。

 

募集要項

日時 2022年11月6日(日曜日) 午後1時から午後3時

テーマ「企業育成資金とPPPについて」

参加費用 無料

場所  大阪市中央区南久宝寺町4-3-2  Iビル4F

https://goo.gl/maps/RsQbPFWdNkt

定員 30名 会場40名最大

セミナー講師 当ブログ筆者

申込みフォーム↓↓
https://form1ssl.fc2.com/form/?id=74361c0a2092eba3

 

企業育成資金についての全般の解説を行います。ブログの読者にとっては、関係者交流のいい機会になります。

講義は、90分

残りの30分で質疑応答、名刺交換で終了です。

大阪万博がありますので、企業育成資金を大きく活用できればいいですね。

 

宜しくお願い致します。

11月6日 大阪セミナーの募集

http://msa.tokyo

これから本当の国家の危機が訪れる可能性は大である。その理由について説明。

これから本当の国家の危機が訪れる可能性は大である。その理由について説明。

結論から言えば、日本の経済人は、真剣に企業育成資金の制度について理解をして、資金を活用することをしなければ、日本の安全保障は守れないといえる。

理由は、単純である、日本の安全保障を守る米国(連合国)の国債が非常に厳しい事になってきた。国債の価値が保てないという状況になるというこは、国家財政の破綻の可能性が高まるということになる。

日本は、日米安保を決める際に、同時に連合国と相互安全保障条約により、日本の護衛は、米国、英国、フランス、ドイツが行うと決めた。それと同時に、日本は、護衛国の国債を購入することで、経済支援するという約束で、企業育成資金(基幹産業育成資金)の資金の使用権を日本のみに与えたと言えます。

確かに、米国(米軍)管理された日本の平和維持活動の財源は、無制限に活用することができますが、条件付きで使えるとなっています。つまり、日本の条件を満たした経済人が、資金を活用する際に、資金の移動許可を出して、民間財源と同時に政府、護衛国の外債購入費などを決定するとなっています。

ニュース報道でも、米国、英国、独国国債が暴落する可能性があるという報道があります。日本は、こんな時こそ、護衛国の外債を購入して支援する必要がありますが、企業育成資金が、しっかりうごいていないことで、日本が支援する事ができない状況になっています。

企業育成資金について理解ない日本の経営者によって、日本は、完全に安全保障面で危機にさらされていると言えます。

つまり、日米安保というのは、米国が日本を守る代わりに、日本が、企業育成資金をしっかり出して、その財源から米国債及び護衛国の国債を購入して支えることが、戦争を防ぐ重要なポイントになります。

結論、国家財政が成り立たなくなれば、同時に世界は、紛争になります。つまり、金の力は、平和にも、危険にもさせる力があります。

日本は、世界に平和になる資金を提供する義務があります。そのことを日本の経済人は理解する必要があります。

企業育成資金に申請条件を満たした日本の経営者は、しっかり本資金に申し込みをして資金を動かせば、日本の安全保証は守られます。今の時代、爆弾をいくら買っても、抑止力になりません。もう、地球を半百回も破壊できるだけの核兵器がある時代に、武力を上げて、抑止力を考えるより、金をまいて世界を喜ばせることが、世界平和に貢献できます。日本の役目は、武力でなく、資金をばらまくことです。そのことを理解する必要性があります。

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年10月毎週金曜日 開催 無料「企業育成資金とPPPについて」

10月7日(金曜日)  午後3時から午後5時
10月14日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月21日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月28日(金曜日) 午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校

参加費用は、無料です。

定員は、15名

講師は、本ブログの筆者 (日本私募プログラム研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

****************************



日本国を誰が守れるのか?そのことについて解説します。

日本国を誰が守れるのか?そのことについて解説します。

最近感じることは、日本の政治は、完全に末期になっており、議院内閣制という仕組みに限界が来ているのではないかと感じることがある。つまり、国会議員の与党政党になったところから、党内選挙によって、総理総裁を決定する仕組みです。

国民が政治のリーダーを尊敬しないのであれば、国家はバラバラ、まったくまとまりのない世界になり、日本は滅びるでしょう。そのように感じることがあります。

国民の直接選挙により、国家のリーダ−を決めるような制度にするか?もしくは、天皇についてもっと詳しく勉強する仕組みをつくらなければ、完全に空中分解するのでないかと危惧しています。

筆者は、通貨発行権について興味があり、それを追求すると、企業育成資金というものに繋がっていきました。その世界を調べていくと、実に、隠された日本の歴史があることに気付きます。

また、なぜかタブーのような話になっていますが、これは、毎日、誰しも使うお金の話です。

お金の話が、安全保障の話になり、それが、日米安保に繋がり、天皇につながるのですから、驚きの展開の話になります。

天皇家が持っている財産、すなわち、日本国の財産を米国(米軍)が守るということで、日本の安全保障を米国が行うようになったということが言えます。これは、日本が米国に無期限でお願いしているのですが、ある意味、米国に日本国(天皇)の財産管理を無期限で依頼をしているので、同時に、日本のセキュリティーが守られていると言えます。

日本がなぜ米軍(UN=連合国)に守られているのか?その理由は、日本が日本国の財産管理(天皇家)を米軍に任せているからということが理解できなければ、この構造が理解できません。

つまり、なぜ、資金者は、天皇家の任命によって、行う職位であるのか?これは、米軍が日本国(天皇家)の財産管理をおこなっているから、天皇家に任命された資金者が、免税、免責、免訴の米軍が持っている特権を使って日本の平和維持活動財源から、企業育成資金を提供しています。

つまり、天皇家がいることによって、日本国の安全保障を米軍=
連合軍が行っているという事実について、知る必要があります。

天皇家在日米軍との関係で、今の日本国の安全保障が守られているという事実になります。

日本政府が、防衛費を増やし、集団的自衛権について言及していますが、本来、日本は、世界平和のために日本の平和維持活動財源がいくらでも活用できる仕組み(企業育成資金)があるのですが、その制度について理解ができず、結論、どうなるか?日本の安全保障は、国民の税金でなんとかしようとするのではあれば、本来の日本の骨格を作った意味が何だったのかと思うのです。

つまり、日本がなぜ、戦争しない国になれたのか?
たかしに、日本は、国連において敵国条項に指定されており、日本が二度と戦争できない国にするということで、憲法第9条を制定しています。同時になぜ、米国が敗戦国の日本の護衛国になっているのでしょうか?また、他の連合国、英国、フランス、ドイツも護衛国として、日本の安全保障を支援しているのでしょうか?これは、すべて日本国(天皇家)の財産を米国(連合国)に委ねて管理していただいている結果と言えます。よって、日本国民が徴兵制もなく、平和に暮らしていると言えます。

よって、日本の政治のリーダーが何を言ってもG7では、ほとんど相手にされていないと感じるのは、それは、相手は、日本国(天皇家)を護衛している理由は、日本の天皇家の財産を守ることで、護衛していると知っているからです。つまり、日本の政治のリーダーを見ているのでなく、天皇家を見て、日本と話しているのです。

日本には、企業育成資金、日本の平和維持活動財源を使用する権限がありますので、それを最大限に動かし、関係国の経済支援、友好国への金融支援を行うことで、日本は平和になると言えます。

日本は、爆弾を増やしても、日本に平和が訪れないというのが、答えです。世界は何を求めているか?日本が企業育成資金をしっかり動かし、その動かした財源から、外債の購入、ODAなどを行って友好国を経済的支援することを求められています。

よって、日本の経済人の中で、企業育成資金について否定的な意見を言う人がいますが、それは間違いであり、国家を滅ぼします。

日本はいくら爆弾を購入しても、日本は守れません。つまり、日本は、武力で自衛権を強固にする意味がなく、経済的支援をするということが、世界で決められているのですから、その役目を果たすだけです。つまり、東証プライム、銀行、信用金庫の代表権の方は、この制度は、日本を守る資金として動かす協力する必要があります。日本が本来行うべき安全保障は、現金を配ることで、爆弾を買って抑止力にする話では有りません。

日本への脅しは、世界が金を払えと訴えいる声だと認識するべきです。つまり、日本経済人は、真剣にこの事を考えなければ、日本はバラバラに崩壊するでしょう。日本は、天皇家によって守られているが、その資金を動かす鍵穴は、それは、民間人の協力がいります。それを開放すれば、日本の安全保障は悩みません。世界は日本に爆弾を買ってほしいのでしょうか?違います。平和維持活動として世界に資金をばらまいてほしいのです。これが、日本の役目です。

それをおこなうのが、企業育成資金の制度ということになります。天皇家に任命された資金者というのは、非常に国家の安全保障を担う上で重要な役目ということになります。

この事実を理解しましょう。

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年10月毎週金曜日 開催 無料「企業育成資金とPPPについて」

10月7日(金曜日)  午後3時から午後5時
10月14日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月21日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月28日(金曜日) 午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校

参加費用は、無料です。

定員は、15名

講師は、本ブログの筆者 (日本私募プログラム研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

****************************

日本の安全保障について

日本の安全保障について

 

 

ニュースを見る限り、北からのミサイル実験は、最近は、全く遠慮もなくどんどん行われています。5年ぶりに日本の上空を通過して太平洋に落下したということです。つまり、それだけ日本対して強力な圧力をかけて来ていると考えていいでしょう。

日本の安全保障による強化、簡単に言えば財源を増大させる以外方法がありません。

 

これは、日米安全保証条約における相互防衛援助協定における資金、米軍管理された日本の平和維持活動資金を動かすことで、その財源の民間側活用分が企業育成資金として使われ、残りは、日本政府側の財源として使われるということになります。日本政府側が護衛国である米国、英国、仏国、独国等の外国債購入を支援することで、日本を護衛する財源が確保されるということになります。

 

つまり、安全も金次第ということになりますが、そのカネは、国民の税金から全額負担するという話でなく、結論からいって、企業育成資金を日本の条件を満たした企業代表者(東証プライム、銀行、信用金庫)の代表権者個人が資金を受け取れれば、この問題は解決していきます。

 

つまり、日本がこの制度を使ってしっかり資金を動かさないとどんどん日本が圧力がかけられた場合の護衛がされないという自体になりかねないという危機感をもつことが必要です。

 

日本の経済界では、企業育成資金=基幹産業育成資金という資金については、受け入れる体制がありませんが、心を入れかえて、この制度について真剣に考える必要があります。国家を守るということでは、日本の護衛国から、資金が思うように日本からこないということでさじを投げられれば、日本は自ら徴兵制により前線に出向いて戦うことになります。徴兵制がなぜないか?

 

そんなことを考えれば、企業育成資金をしっかり、日本の条件の満たした経済人は受けとくべきです。ほんと、この制度に目を向けないで怖がっている場合ではないです。日本の最大の危機は、企業育成資金を受けない経済人の態度にあります。結論、外国から日本は総攻撃される日は近づいているだけです。

 

この資金は、日本に使用権を与えて世界平和のために、平和維持活動資金の財源として支援することが決まっています。日本の果たすべき使命です。そうでなければ、世界から総攻撃されます。日本は、守るのものは、爆弾でなく、現金をばらまくことです。

 

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年10月毎週金曜日 開催 無料「企業育成資金とPPPについて」

10月7日(金曜日)  午後3時から午後5時
10月14日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月21日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月28日(金曜日) 午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校

参加費用は、無料です。

定員は、15名

講師は、本ブログの筆者 (日本私募プログラム研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

****************************

現在は、企業育成資金は、事前申請書類の提出は一切必要ありません。絶対に先に書類を提出して申請しないでください。

現在は、企業育成資金は、事前申請書類の提出は一切必要ありません。絶対に先に書類を提出して申請しないでください。

企業育成資金について、資金本部の募集内容と違う内容で募集を行っているグループが居るという情報をキャッチしています。注意が必要です。

※現在は事前書類の提出を必要としません。絶対に、事前に知らないブローカーに申請書類を提出しないでください。

もう一度言います。現在は、資金者と直接面談をするまでに複数の書類を事前提出する必要はありません。事前書類を提出することで、情報が漏洩する問題と、場合によっては、悪用されるリスクがあります。

つまり、書類があることで、書類のコピーを持ち回り、すぐに資金が出ると行って、仲介者同士で、資金の貸し借りをしているケースがあります。しかも、資金者にはまったく繋がっていない人たちが、資金がすぐでるからと言って、金を貸し借りして、その後、資金が出ないからと言ってトラブルになるケースがあります。

つまり、この案件は、米国(米軍)管理された資金を日本の平和維持活動資金として資金提供する案件です。日本政府から資金が直接出るという話をしている人たがいるようですが、政府が直接資金を出すことは有りません。

この案件についての仕組みは、非常にシンプルです。日本政府と分離して行うことになっています。申請者が出た場合には、米国の権限をつかって免税、免責、免訴の処理を行うので、それを政府側に報告するいうことがありますが、政府が直接的に資金を出すための審査をして資金提供する事はありません。日本国にある資金本部という独立組織が主催して行っていますが、これはあくまでも、米国の管理する日本の平和維持活動資金から捻出で、日本政府と完全分離して行っている制度になります。

よって、資金者の権限によって、米国の特権を使って、免税、免責、免訴、そして返還不要の資金として処理ができますので、資金者への直接的な取引以外、事前書類の提出を一切しないでください。特に今年からは、一切事前書類の提出を要求しないという募集方法になっていますので、

申請者ご本人様が、事前書類提出せずとも、資金者との直接面談ができるように、資金本部としては対応しています。

不明な点がありましたら、本ブログの記載の連絡先に無料相談でお問い合わせください。
よろしくお願いいたします。

 

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年10月毎週金曜日 開催 無料「企業育成資金とPPPについて」

10月7日(金曜日)  午後3時から午後5時
10月14日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月21日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月28日(金曜日) 午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校

参加費用は、無料です。

定員は、15名

講師は、本ブログの筆者 (日本私募プログラム研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

****************************

セミナー予定です。

セミナー予定です。

 

10月は、毎週金曜日 7日、14日、21日、28日に開催します。 (東京セミナー)

 

大阪セミナーは、11月6日(日曜日)に開催します。(心斎橋、本町セミナー会場)

 

 

 

まだ、日程予定が決まっていませんが、九州への出張もありますので、10月後半にもう一度セミナーを開く可能性があります。

 

やはり、八咫烏としては、東征ということで、西から東に上がるようにしたほうが結果になるのではないかと思っています。

 

どうでしょうか?

 

そうそう、本日のテーマは、

 

 

 

******************

「御臨終」と挨拶しよう ということを格言として伝えたいと思います。

 

御臨終とは、人生最後の魂が肉体とが分離したときに言う言葉です。つまり、日々の生活で、「御臨終」という言葉を意識すれば、自分がやり残さないように、常に時間の無駄なく動けるといえます。御臨終として本当に肉体から魂が離れてしまえば、現世ではやりたいことができなくなります。

 

つまり、御臨終を意識して生きていけば、常に行動ができると言えます。

もし、あなたが、10分後死ぬということが分かれば、確実に焦ると思いますし、短期間にできることを必死に行うと思います。つまり、行動力というのは、御臨終という挨拶を聞く前に終わらせるという意識を持つことが、火事場のクソ力ではないですが、予期もしないエネルギーを発することができるわけです。

 

よって、「御臨終」と挨拶をして、その時に、何を思うか、を常に考えて行動すれば、人生の保身など意味ないことに気づきます。つまり、行動力です。

 

 

**********************

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年10月毎週金曜日 開催 無料「企業育成資金とPPPについて」

10月7日(金曜日)  午後3時から午後5時
10月14日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月21日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月28日(金曜日) 午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校

参加費用は、無料です。

定員は、15名

講師は、本ブログの筆者 (日本私募プログラム研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

****************************

 

企業育成資金と類似案件を募集する不思議な組織

企業育成資金と類似案件を募集する不思議な組織

 

企業育成資金は、結論からいって、財源は一箇所になります。米国(米軍)が管理している日本の平和維持活動の財源から条件を満たした企業の代表者に資金提供をする案件になります。これは、天皇家に任命された資金者の職位である責任者が、資金者会議によって、資金提供する基準、取引方法について決定しています。つまり、これは、共通した仕組みで行われている仕組みです。

 

よって、企業育成資金に似たような話をするブローカーがいますが、現在は、一本化されているので、複数の案件は存在しないのですが、なぜか、毎年、似たような案件を募集する人たちがいます。

 

つまり、混乱を狙った情報錯乱を行う部隊ということになります。間違って聞いているのであれば、まだしも、意図的に混乱するように情報をばらまく行為をして混乱を招くことをする話をします。

 

つまり、小規模企業や、企業育成資金が募集していない企業に対してもアプローチできるという情報を出していることです。基準が低いので、当然、企業育成資金の仲介者や企業代表者は、普段ができない案件に参加したいということで、申込みをするケースがあります。しかし、たいていそんな案件は、デタラメであり、申請して、誰かわからない人と面談をするが資金が出ない、ただ、申請書類だけを取っていかれたということになり、これは、一体どうなっているのか?ということになります。

 

つまり、精神的打撃を狙った工作とも言えます。精神的打撃というのは、せっかく努力したのに、資金が出ないということがあれば、仲介者同士混乱になりますし、また、こんな案件は、デタラメだという情報が回ります。

 

仲介者や、申請をした人は、半信半疑でもともと行っている案件で、頑張っても答えにつながらなくては、精神的打撃になります。つまり、この制度へ関心を持つ人を減らすことが目的です。ある意味、企業育成資金を動かさなくするための精神的打撃を与えるテロといえます。

 

これは、仲介者や申請者の民間人が、この案件に参加しようと思わなければ、申請者は出てくることもありません。つまり、精神的打撃を与えて、偽物情報に引っかかるのを待っているという悪質者の行動があります。

 

最近は、金銭的なトラブルよりも、精神的打撃を与えることを目的に動いているケースが見受けられますので、その事を考えても、正しい情報を常にキャッチするためにアンテナを張り巡らす必要があります。

 

精神的打撃を狙った話には、引っかからないようにお願い致します。

 

現在は、企業育成資金は、申請書類は、事前提出は、一切必要ありません。ご本人様が、面談に出てくれば、当日資金者と連絡を取り、申請受理としています。間違っても複数の書類を事前に提出しないでください。トラブルの原因になります。

 

 

セミナー参加者募集案内 IN 浜松町・大門 セミナー会場

日時2022年10月毎週金曜日 開催 無料「企業育成資金とPPPについて」

10月7日(金曜日)  午後3時から午後5時
10月14日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月21日(金曜日) 午後2時から午後4時
10月28日(金曜日) 午後2時から午後4時

場所 東京都港区芝大門2-4-8 メビウスビル 7階 会議室

(JR山手線・浜松町駅徒歩5分・地下鉄大門駅徒歩1分)

セミナーテーマ 「企業育成資金とPPPについての解説」

BY 誰に教えないお金の大学校

参加費用は、無料です。

定員は、15名

講師は、本ブログの筆者 (日本私募プログラム研究所 代表)が行います。

 

※本ブログの読者同士の交流及び日本経済復活のためのプロセスについての勉強会を開催します。PPP(私募プログラム)に秘めた可能性について知ることで、あなた自身が豊かになるチャンスが存在しています。是非、ご参加ください。

過去に本セミナーに参加頂いた方もご参加ください。

案内地図↓↓↓

https://goo.gl/maps/Mn9tcDvzv7KX3faB6

セミナー申込みフォーム↓↓↓ こちらのフォームから申込ください。参加費用無料です。

https://form1ssl.fc2.com/form/?id=fcbe6b7aff0121f6

 

****************************

 

日本私募プログラム研究会