【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

2022-05-01から1ヶ月間の記事一覧

日本の資本主義におけるピラミッド構造の理解と通貨流通システムについて理解をすることで、日本は復活できる。

□日本の資本主義におけるピラミッド構造の理解と通貨流通システムについて理解をすることで、日本は復活できる。 資本主義の構造ということを理解することが大切です。資本主義の構造は、完全にピラミッド構造になっています。資本主義というのは、銀行券の…

企業育成資金の活用件数を増やすことが当研究所の目的です。

□企業育成資金の活用件数を増やすことが当研究所の目的です。 企業育成資金という制度について、本ブログでは、詳しく説明してきていますが、日本の資本主義社会におけるピラミッド構造の頂点に位置する制度であるということを説明しています。連邦準備制度…

ピラミッド構造の資本主義における日本の復活のストーリーの奇跡を考える。

ピラミッド構造の資本主義における日本の復活のストーリーの奇跡を考える。 ここ数回にわたり、企業育成資金は、日本経済における資本主義の頂点に位置する金融フローであると説明しました。連邦準備制度と天皇家の金融システムを通じて資金を日本の資本主義…

企業育成資金の世界を理解するには、日本の資本主義構造を理解しなければならない。

□企業育成資金の世界を理解するには、日本の資本主義構造を理解しなければならない。 資本主義のピラミッド構造 企業育成資金というのは、日本の資本主義の仕組みを理解しなければ、その回答を見つけられないということを前回のブログでも説明しました。 資…

日本の資本主義構造を理解する上で非常に重要なこと。この構造が理解できれば、日本の復活は必ずできる。

□日本の資本主義構造を理解する上で非常に重要なこと。この構造が理解できれば、日本の復活は必ずできる。 資本主義社会というのは、ピラミッド構造になっているということは、多くの方が理解しているでしょう。一ドル札に刻まれた「ピラミッドとプロビデン…

日本における資本主義の頂点を知ることで、日本の経済再生は、可能である。

□日本における資本主義の頂点を知ることで、日本の経済再生は、可能である。 資本主義社会というのは、一体どのような構造になっているかを理解することが日本の復活のストーリーを描くことができます。 すなわち、日本の資本主義経済におけるピラミッド構造…

第三の財源(民間財源)の仕組みを理解して、日本の再建を果たすことが重要である。

□第三の財源(民間財源)の仕組みを理解して、日本の再建を果たすことが重要である。 本ブログの目的は、日本の第三の財源を活用して日本の復活を遂げる方法について考えることです。長年、ブログで紹介しているように、日本には、一般会計と特別会計以外の…

国家再建には、日本の土地改革を行う

国家再建には、日本の土地改革を行う これは、一つの提案ですが、土地開発を行うには、昭和の時代は、土地開発公社が全国に設立して、公社が資金を出して都市整備計画に従い土地の区画整備などをおこなっていた歴史がありました。 それとどうような制度を、…

地方再生は、日本国の第三の財源の仕組みを最大限に利用する。

□地方再生は、日本国の第三の財源の仕組みを最大限に利用する。 筆者は、なぜ第三の財源といわれる天皇家の金融システムによる運用財源について注目しているかの理由は、表の財源である政府財政が非常に厳しい状況にある中で、国家を建設するための財源を以…

日本の第三の財源を最大限に活用することは、地方再生、国家の再生にとって重要なことです。

□日本の第三の財源を最大限に活用することは、地方再生、国家の再生にとって重要なことです。 毎日、いろいろな角度から企業育成資金についての話題を書いています。これは、国家を建設するための資金の仕組みです。天皇家に与えられた資金の運用システムを…

信用創造の世界は、理解できなくても資金を生み出す仕組みがあるということが信じられれば、企業育成資金を有効的に活用できる。

□信用創造の世界は、理解できなくても資金を生み出す仕組みがあるということが信じられれば、企業育成資金を有効的に活用できる。 日本で都市伝説化している話の多くは、PPPの概念と、クレジット・ラインという世界の話になります。 与信枠の世界というのは…

日本でも行われるPPPのプラットフォームの仕組み

□日本でも行われるPPPのプラットフォームの仕組み 巷でウワされれている取引で、上場企業の旧株の取引についての話があります。それは、まさにPPPの概念です。 PPPというのは、売値と買値が決まっている取引で、必ず購入者がいることで、成立します。購入価…

日本を如何に強くするかということが課題になります。

□日本を如何に強くするかということが課題になります。 筆者は、企業育成資金の申請に関する部分をサポートしていますが、今後の展開として、地方創生をおこなうために企業育成資金の制度(償還制度)を活用して事業展開するためのコンサルティング業務に強…

地域社会の貢献をするためのビジネススキームの資金調達には、企業育成資金(償還制度)を活用する。

□地域社会の貢献をするためのビジネススキームの資金調達には、企業育成資金(償還制度)を活用する。 企業育成資金のセミナーをまた、開催しないのですか?という依頼がありますが、基本的には、セミナーの開催は不定期ですので、定期的に行うことは計画し…

1500記事の更新を記録 25万アクセス超えになりました。

□1500記事の更新を記録 25万アクセス超えになりました。 企業育成資金についての解説ブログを長年おこなっていますが、このブログの更新回数も、1500記事を超えました。こつこつ書いていますので、多くの方とこのブログを通じて、知り合いになりま…

日本が国連の常任理事国になるとするならばやるべきことは、

□日本が国連の常任理事国になるとするならばやるべきことは、 米国大統領の訪日の際に、日本が国連で常任理事国への加入を支援するという話がありました。日本は、国連において、現在もなお、国連憲章の中で「敵国条項」の適応国となっています。このことに…

特殊国際金融の制度を理解する。

□特殊国際金融の制度を理解する。 企業育成資金の仕組みについて、長い間いろいろ研究しましたが、結論から言いまして、なぜ天皇家が関係しているのか?そして、米国との関係といわれていますが、これは、PPPトレーダーデスクから話を聞かなければ永遠と答え…

日本の常任理事国入りの可能性

□日本の常任理事国入りの可能性 米国大統領が現在、日本に訪問しています。そのなかで日本の常任理事国入りを承認する動きが米国大統領の発言があったというニュースが流れています。これは、日本にとっては大きなことです。 日本は、国連の常任理事国に入る…

地方自治体と金融機関と地元企業と一体となっての街作り

□地方自治体と金融機関と地元企業と一体となっての街作り 企業育成資金の制度を活用すれば、いろいろ普通ではできないことができます。筆者は、円安時代に生き残るには、地方の内需型経済の拡充ということを提唱しています。 地方自治体、これから、消滅可能…

衰退する地方都市の活性化の財源確保のためのアイデア、「土地政策についての提案」

□衰退する地方都市の活性化の財源確保のためのアイデア、「土地政策についての提案」 日本の空き家問題、過疎地域、限界集落、消滅可能性都市の問題をどのようにして解決するかは、これは、最終的には土地政策以外方法がありません。 土地を買えば、その土地…

通貨に関する日米関係

□通貨に関する日米関係 都内は、米国大統領来日で賑わっています。日米関係を考える上で、今日は、非常に良いタイミグといえます。日本がなぜ、米国なしではだめな理由は、 安全保障面 通貨政策 において、米国との関係が有効でなければ日本は独り立ちできな…

PPPとロイヤルとの関係

□PPPとロイヤルとの関係 企業育成資金というのは、償還制度という仕組みと米国FRBのPPPと運用をミックスした仕組みによって資金提供されています。 なぜ、米国との関係、日本の天皇家との関係がいわれるのでしょうか? それは、PPPに関する歴史的経緯とルー…

通貨に関することは、頂点に米国連邦法があり、そのルールの下に日本の法律が関係している。

□通貨に関することは、頂点に米国連邦法があり、そのルールの下に日本の法律が関係している。 日本の国難ということが話題になっていますが、国難の1番の原因は、財政難であって、おカネの問題ということになります。 政府の財政難が、今派生して、国家の危…

地方再生を行うための財源確保のために、

□地方再生を行うための財源確保のために、 地方再生を行う財源を確保するということで、財源不足を支援するモデルとして、企業育成資金(償還制度)を活用して、資金調達することができます。当ブログの読者は、日本全国におられますので、特に「地元に貢献…

企業育成資金の財源を使って土地政策を行うことで、地方再生につながる。

□企業育成資金の財源を使って土地政策を行うことで、地方再生につながる。 企業育成資金という名称で言えば、企業のみを育成するための資金というイメージがありますが、使用方法は、基本的には全く自由ですから、いろいろな用途で資金を活用できます。 とく…

企業育成資金は一択です。

□企業育成資金は一択です。 日本の地方都市の衰退を救うには、企業育成資金の制度(償還制度)を使って行うことが重要と考えます。 ちまたでは、ブローカー同士の足の引っ張りをしているということが情報として耳にしますが、これ、意味ないです。 正直、日…

国際金融における仕組みを理解しなければ、永遠に答えを探せない仕組みです。

□国際金融における仕組みを理解しなければ、永遠に答えを探せない仕組みです。 企業育成資金の話を聞くと、そんないい話がない。詐欺の話だ。と思われるのですが、正直、心の問題という以外方法がありません。心の問題というのは、「いい話は、すべてが嘘」…

地方創生のために企業育成資金を活用する

□地方創生のために企業育成資金を活用する 日本の地方都市の消滅可能性都市が2040年には、約900自治体と言われています。そんな状況下で、各地方自治体で、どのようにして、特徴を持たせて生き残るかということは、完全に死活問題といえます。しかし…

企業育成資金についてのご相談に対する対応方法

□企業育成資金についてのご相談に対する対応方法 企業育成資金についての説明を相当してきましたので、本ブログの読者は、この企業育成資金の仕組みについて理解できたかと思います。これは、日本国と天皇家の承認があることで、できている制度といえます。…

国家を代表する人物が申請することができる資金:企業育成資金

□国家を代表する人物が申請することができる資金:企業育成資金 企業育成資金の仕組みについて長年説明をしています。これは、日本国というアセットを担保にした資金調達する案件になります。よって、この承認には、天皇家が承認をして、日本政府も法的なチ…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。