【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2021-03-01から1ヶ月間の記事一覧

金融の制度を考えてみると・・・

PPP(プライベート プレイスメント プログラム)について話をすれば、これは、基本的には、中央銀行が行っている私募プログラムによる運用ということが言えます。FRB(連邦準備銀行)←中央銀行の運用プラットフォームを活用して、ライセンスをもったトレーダ…

お金について、真剣について考えてみれば、世界が開けるかもしれない話

現在、日本の基幹産業が非常に危機状態になってきているという。鉄鋼などを中心に、廃炉が進み、また環境適応できない古い設備では、二酸化炭素排出量の問題に対応できず、日本の基幹産業の衰退が止まらない現実が直面しているが、資金不足のために大きい投…

安定した資本主義経済発展のために重要な案件、企業育成資金

企業育成資金についての話をする上で、重要なポイントは、通貨発行と中央銀行という関係です。現在、銀行券(通貨)発行できるのは、中央銀行のみになっています。 企業育成資金の話をすれば、 ◎イングランド銀行⇒中央銀行 ⇒ TRUSTの管理銀行 ◎FRB(連邦準備…

経済の基本を知れば、本案件の意味が理解できる。

お金の世界の話をすれば、私達が目にしているお金の多くが、クレジットであるという現実です。銀行から借り入れすることで生まれた資金ということになります。現金とは、クレジットとは違い借り入れすることなく存在している資金ということになります。 すな…

デフレの原因は、この企業育成資金の現金投入ができていないからである。

東証一部企業の製造業、基幹産業(電力・鉄道)、(情報・通信)を含む企業に対して、資本金には大きくこだわらず資金提供できる案件もあります。 従来は、資本金100億円で製造業・基幹産業を含む企業を対象に募集しておりましたが、それより幅広いレンジ…

企業育成資金の申請から資金調達までのプロセス!

企業育成資金をいざ、申請しようと思った際に、どのような過程で申請して、合格へのプロセスがあるのかを解説していきたいと思います。 企業育成資金を申請するに当たり、資金本部といわれる資金を管理している窓口にアプローチする必要があります。資金は、…

企業育成資金の巨額財源を現金化するには名義人が必要になります。

企業育成資金と日米安全保障費の捻出のために行っている案件についてですが、この案件について、詳しく説明するもの少なく、この制度について、都市伝説香しており、また、この制度を真似て詐称事件をおこした犯罪者も多く存在したことで、この特殊案件につ…

この制度の最大の特徴は、特別な権利である。

企業育成資金の管理は、銀行に管理させているTRUSTであるということは、説明しました。また、運用方法に関しては、FRBのPPP運用の仕組みを活用して運用している資金ということになります。これは、銀行のトレーダーが行う作業です。 この資金については、全…

特別な案件の意味を知ろう。

戦後復興財源と言われ、イングランド銀行にTRUSTに資金を預け運用した資金を日本の産業育成のための資金として活用した歴史についていろいろ調べていくと、これは、近代史として学校では教えない内容ですが、大学で研究するには十分な学術的な話になるかと思…

この資金を動かす条件は、口座名義人が協力してくれるだけで、いくらでも資金を動かせます。

企業育成資金については、過去の歴史の話などや運用の過程などの話を抜きにすれば、某都市銀行に委託管理を任せている資金になります。 すなわち、資金は銀行管理されているものであり、資金の引き出しに対するプロセスが重要になります。 管理を任されてい…

安全保障費の負担増を言われる今、この資金の移動するための名義人が重要になります。

企業育成資金についての解説をする中で、資金は、銀行に預けているTRUST管理している資金ということは、何度も説明しています。その仕組については、本ブログの読者は理解できたのではないでしょうか? 現在、米国と日本との間で、米軍への負担金の増額につ…

落ち着いてこの資金の仕組みを理解すれば、日本の将来を明るく照らすことができる。

企業育成資金と言われる東証一部、銀行、信金の代表権者個人に提供される給付金制度について、解説していますが、これは、銀行管理されたTRUSTの資金ということになります。TRUSTとは、銀行に運用委託して、後世の条件を満たした人に、資金を提供するために…

この資金、誰のものかと興味を持たれますが、これは、銀行管理されたものです。

「企業育成資金」の話をすると、巨大な資金が動く話ですから、どうしても、中央省庁のどこかの偉い人が管理している資金ではないかという質問があるのですが、これは、日本の霞が関の中央省庁が直接的に管理している資金ではありません。皇室資金といっても…

仕組みを理解して積極的に橘資金、育成資金を活用しよう。

銀行管理された資産「TRUST」というものを中心に物事を考えることが重要です。企業育成資金について、説明をする際に、どうも歴史的な話を好んでする傾向がありますが、現時点だけの話をすれば、銀行管理された資産運用「TRUST」における運用益の分配をして…

周囲の間違った情報に振り回されてはいけない。

「企業育成資金」についての説明を継続的に行っています。これは、イングランド銀行におけるTRUSTによって運用されて、条件を満たした日本の企業の経営者に資金提供されている案件であると説明をしています。 すなわち、TRUSTというのは、銀行における資産防…

銀行における最高のセキュリティーレベルにおける案件

長年、存在について謎だといわれていた企業育成資金について、説明をしています。すなわち、この制度は、銀行管理されたTRUSTの資金ということになります。TRUSTとは、銀行が資産を預かり、後世の人のために資産防衛をしながら、資金の運用をする制度で、委…

銀行管理されたTRUSTの資金ということを理解すべきです。

youtu.be 大企業経営者に提供される巨額資金である「橘資金」及び「育成資金」についての制度について解説をしています。 この資金は、皇室資産(貞明皇后の私財など)及び旧財閥資産を戦後の復興財源としてイングランド銀行のTRUST(信託)預けて、長期運用…

後世の人へ運用されているTRUSTの財源を、引き出さずにいることのもったいない話。

youtu.be 謎が多いと言われている企業育成資金については、結論から言えば、欧州の銀行が行っているTRUSTという制度を活用しているということになります。TRUSTとは、銀行に資産を預けることで、銀行が委託された資産を運用し、後世の人に対して、資産防衛を…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。