【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 
 

2022-02-01から1ヶ月間の記事一覧

日本の危機に備えるために財源確保をするべき時が来た。MSA協定から流れをくむ企業育成資金の活用をして、日本は富国強国を目指すべし

□日本の危機に備えるために財源確保をするべき時が来た。MSA協定から流れをくむ企業育成資金の活用をして、日本は富国強国を目指すべし 歴史は繰り返すという話は、このブログでも何度も書きましたが、ついに、西側諸国になろうとしていたウクライナに対して…

ロシア情勢を考えれば日本も真剣に安全保障について考えなければいけない

最近は企業育成資金の話があまり少なかったので少し多い目に変えていきたいと思います。 国際金融を利用した資金調達ということで企業育成資金にというものは存在しますが、この制度を使って日本はしっかり外貨収入を得なければいけないと考えます。 現在ロ…

緊迫する世界情勢

緊迫する世界情勢 世界情勢はかなり厳しい状況になってきている。日本の近隣国であるロシアが戦争を始めた。これは、過去の歴史でも第一次世界大戦、第二次世界大戦とヨーロッパが戦線になり、世界に飛び火する形になる歴史がある。 すなわち、いまは、ウク…

ロシア情勢と国際金融市場の動きについて

□ロシア情勢と国際金融市場の動きについて ロシア情勢が深刻化している。ウクライナに進軍したということで、国際金融の世界でも激しく動いている。 国際送金ネットワークのSwiftシステムは、経済制裁を目的に、Swift システムがロシアに対して停止したとい…

世界の常識と日本の常識のギャップ

□世界の常識と日本の常識のギャップ 国際金融について、調べていくと日本の常識と世界の常識というギャップがあります。日本の場合は、日本語が中心となって、取引がおこなわれますが、国際金融の世界では、すべて欧米式の書式と、英語での言語を使った取引…

世界の頂点の金融システムについて言えば、

□世界の頂点の金融システムについて言えば、 PPPに関して言えば、世界TOP100位以内の銀行預金を対象に、銀行預金残高を使ったPPPを行うことができます。一部の国や地域は除外されますが、日本は、対象国となっています。 日本で世界ラインキングTOP100…

PPPに関係する私募プログラムの世界

PPPに関係する私募プログラムの世界 さて、PPPに関する私募プログラムに対しては、米国証券法でインサイダー情報にならないように、どこで誰がおこなっているか、限定されないということが条件になっています。企業育成資金に関しても民間プロジェクトファイ…

□PPPの世界(速度と対応力)

□PPPの世界(速度と対応力) PPPに参加したいという人は全世界で、毎年3000人ほどエントリーするそうですが、合格できる人はごくわずかということです。その理由は、殆どの情報、古い情報やすでになくなった人の情報、また、昔使われた情報のの改ざんで…

関係者から問い合わせがあった件

少し情報として入ったのですが中小企業向けの小口の企業育成資金があるという情報を話してる人がいるそうですが基本的にはそのようなものは存在するかどうかは疑問です。 東証一部の資本金100億円以上そして銀行の代表権のある方 信用金庫の預金高3000億円以…

日本のクライアント向けのプライベート プレイスメント プログラムについて

□日本のクライアント向けのプライベート プレイスメント プログラムについて PPPに参加するには、まずは、本人のパスポートのコピー(写真のあるページ)と日本のメガバンクの外貨預金の残高証明、その情報を提出いただければ、その後、英国のPPPプラットフ…

日本経済を底上げする社団「企業育成機構」と組織構成を考える

□日本経済を底上げする社団「企業育成機構」と組織構成を考える 日本経済の底上げをするために、国際金融からの資金調達方法について当ブログでは説明を続けています。もともとは、企業育成資金についての研究をして、企業育成資金を説明する人材育成とおも…

日本市場向けのソリューション

□日本市場向けのソリューション 日本向けのPPPに関して、第一段階では、MSA総研の欧州のファンドとしては、500M(ミリオン)ドル以上の資金を準備して、日本のクライアント様に対してPPPに参加できるためのクレジット・ラインの担保となる資金を用意する…

国際金融の世界を日本人が経験できる仕組みづくり

□国際金融の世界を日本人が経験できる仕組みづくり 都市伝説的に言われているPPPについてですが、MSA総研では、実際にこの仕組が存在するのか?ということを英国PPPプラットフォームの事業企画で行っています。 ブログで書くだけで、そんなものあるのか?と…

日本経済の底上げげをするための組織として「企業育成機構」の役目

日本経済の底上げげをするための組織として「企業育成機構」の役目 このブログを通じて、集まってきた仲間とのコミュニティーをどうするかということが、今後の課題になります。やはり、組織の強化をしていくことと、また収益モデルを提供することで、このモ…

□PPPに関するいろいろな取引方法について

□PPPに関するいろいろな取引方法について 約束手形という仕組み、約束手形というのは、例えば、3ヶ月先の期日に資金を支払うという約束を行う手形になります。 PPPにおける取引で、古典的なやり方になりますが、Swift MT799のブロックファンドメッセージ…

□日本では馴染みのない制度、PPP(プライベートプレイスメントプログラム)

□日本では馴染みのない制度、PPP(プライベートプレイスメントプログラム) 日本の経済評論家の中には、欧米で行われているPPPについて、自称一流を豪語している金融の専門家、プライベートバンクの専門家という人物の記事を見たが、 「「PPPってどうですか…

日英包括的経済連携協定から見る日本向けのPPP案件についてのスタンスについて解説

日英包括的経済連携協定から見る日本向けのPPP案件についてのスタンスについて解説 現在、MSA総研が英国PPPプラットフォームと行っている日本向けPPPプラットフォーム企画について、法的な問題がないかを確認する上で、「日英包括的経済連携協定」について調…

企業育成機構のメンバーに提案したいこと

□企業育成機構のメンバーに提案したいこと 企業育成機構のメンバーは、本ブログの読者は、自由参加ですが、しかし、実際に、企業育成機構のメンバーとして活動していく上で、活動費の捻出と、将来的な大きな夢の実現という2つの目標があります。 やはり、普…

□企業育成機構のメンバーの活動費を得るためにつくった案件

□企業育成機構のメンバーの活動費を得るためにつくった案件 企業育成機構のメンバー向け(本ブログ読者)に行っている案件です。PPPの100万ドル、100万ユーロ以上の資金者向けの案件になります。企業育成機構のメンバーに、収益を上げることが割合簡単…

非公開のビジネス結社という理由

□非公開のビジネス結社という理由 現在、MSA総研が英国PPPプラットフォームの日本部門としておこなっている日本向けPPPの案件ですが、これは、日本在住の日本人を対象に基本的には行います。いろいろ外国人はどうですか?と相談されてますが、日本向けのPPP…

プロジェクトファイナンスの世界

□プロジェクトファイナンスの世界 国際金融の世界では、政府保証をつけることで、巨額なプロジェクト資金を貸し出す金融機関が存在する。 プロジェクトファイナンスの世界には、日本ではあまり知られていない、仕組みが多数存在しており、PPPもその一つであ…

PPPよりプロジェクト資金の調達する時代

□PPPよりプロジェクト資金の調達する時代 日本の金融機関では、PPPについて理解をすることはほぼ皆無ですから、PPPを用いたプロジェクト資金の調達というのが、意味不明な話と言われるかと思います。しかし、欧州のユダヤ金融における銀行では、そのことを理…

ブロックファンドという世界

□ブロックファンドという世界 金融業界の人でもブロックファンドをどう活用するかということを知る人は、ほとんどいないのではないでしょうか?銀行における現金よるブロックファンドというものは、動かせない資金、ロックされた資金という意味ですが、普通…

企業育成機構のメンバーが活動できる活動資金を確保するために

□企業育成機構のメンバーが活動できる活動資金を確保するために MSA総研では、企業育成資金について、長年研究して、この資金を導入することで、日本経済の底上げになるということで、企業育成機構のメンバーとともに、企業育成資金の普及に活動しています。…

体験でしかわからない特殊金融の世界

□体験でしかわからない特殊金融の世界 このブログのテーマは、特殊金融と言われる分野、日本では存在しない欧米の特権的金融モデルについて研究してブログで紹介しています。 企業育成資金に関しは、この資金を動かすことを邪魔をするグループがあります。 …

都市伝説のビジネスモデルを教育するMSA総研!

□都市伝説のビジネスモデルを教育するMSA総研! MSA総合研究所の目指すものは、日本の経済の底上げ行うモデルです。やはり、最も重要なことは、外貨収入を得れるモデルを提供することになります。外貨収入を得れるモデルには、これは、国際金融に関すること…

MSA総研より日本向けティアシート(書面)のみのPPP導入について

□MSA総研より日本向けティアシート(書面)のみのPPP導入について MSA総研では、日本向けのPPPプログラムの導入ということで、英国プラットフォーム、英国ユダヤ金融資本、英国国際弁護士とのチームを組み、USD以上100万ドル以上か、100万ユーロ以上の…

金融の世界の構造

□金融の世界の構造 金融の世界には、特権という金融制度と、一般的な金融という2重構造になっています。極秘裏に行われている金融制度は、特権としての金融制度です。みなさんが、一般的に知られている金融制度とは、違う制度が存在しています。 その頂点に…

国際金融における「特権」という世界、

□国際金融における「特権」という世界、 さて、国際金融に置いて特権というものが存在します。すなわち、特権といわれる制度がすべて、「都市伝説」になっているわけです。 特権は、非公開で行われている案件ですので、正直、みんなのための案件ではありませ…

日本にある巨額資金の謎

日本にある巨額資金の謎 さて、日本には、京を超えて、垓(がい)の資金があるという話を言う人がいますが、垓の単位の資金があるのか?その答えは、数字は存在するが、「ブロックファンド」であると言えます。 ブロックファンドというのは、数字上の現金デ…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。