【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

2021-01-01から1ヶ月間の記事一覧

新たな試みを始めた。音声ブロブで新しい角度でアプローチしています。

新しい試みで、本ブログを、音声にしてみたらどうかとおもって、音声にしてみました。筆者も個人的にはなかなかいい感じにできたと思っています。文章として、ブログを書くことも大切かと思いましたが、やはり、音声にすると、もっとインパクトが感じられま…

1月も最終週です。2月からは、積極的にいきます。

1月も最終週になりました。今年は、正月明けからコロナ渦による緊急事態宣言でした。今年はスタートから非常に厳しい状況になっています。外出を自粛するように政府から要請がありますので、それに従い、経済も自粛ムードがであります。都内を見ていても閉店…

政府財源が厳しい中で、この育成資金を活用件数を増やすことで国難を救済することができる。これを積極的に話ができるのは、民間人の立場である貴方の役目です。

このブログを書き始めて、700本の記事を書いたことになります。今の記事で、701本目になります。継続して、育成資金と橘資金のことを書いていきます。はじめは、育成資金、橘資金という名称を出していませんでしたが、できる限り、正しい名称でお伝え…

最近、本案件に対して関心を持つ方が増えているように感じます。

育成資金についての問い合わせが増えています。育成資金について、関心がある人が増えてきているのではないかと思っています。 このブログも2018年から書き始めていますので、3年の歳月をほぼ毎日ブログを書いています。現在の総アクセス数は、16万5000…

コロナ渦の長期不景気に育成資金を活用して現金給付を!

育成資金(橘資金)についての話をこのブログでは紹介しています。これは、海外で運用された資金を送金し、指定都市銀行の申請者の個人口座に資金を振込む案件になります。 このことは、過去のブログでも説明をしています。 イングランド銀行の信託(TRUST)…

赤字国債を後世に残さないためにもこの制度が活用できる。

今、多くの国民が給付金を求めている中で、大臣の話で「給付金は、税金で賄っていると思っているのか?赤字国債で賄っているのだ。借金で給付金をだしているということは、後世にこの借金を残すのか?」という発言が、ニュースで話題になっていました。 赤字…

国家の緊急事態、政府が大きく救済が難しい今、育成資金の制度を救済資金として活用するべき。

このブログのテーマである育成資金及び橘資金(皇室及び旧財閥の資産をイングランド銀行に信託して運用して企業代表者(東証一部・銀行・信金)に提供する資金)の活用方法について説明をしています。 MSA総合研究所の立場としては、常に資金提供者と連携を…

國體により守られている国家救済財源。

育成資金及び橘資金という産業育成のために作られた給付金制度についてこのブログでは説明しています。 この資金は、大正天皇の皇后である貞明皇后の資産及び旧財閥の資産を復興財源として活用するためにイングランド銀行のTRUST(信託)に預けて運用してい…

緊急事態宣言下で、緊急事態を救済するには、この資金以外存在しない。直ちに、関係者は動く必要がある。

コロナ渦における国民救済の急務を言われています。すべての国民が困窮していないとしても、相当多くの方が困窮しているのは事実です。緊急事態宣言下で、生活必需品などの最低限のものは、需要はありますが、行動制限を受けることで、影響の出ている産業は…

人脈ある方には、コロナ渦でも大きな現金資産を手に入れるチャンスがある。

政府からの給付金は、もう出さないということを明言しているということで、メディア報道されています。コロナ渦のとどまるところしならない経済危機であることは事実です。一昨年よりは回復しているということを言いたい政府ですが、現実は正直厳しい現状が…

今、民間の力を合わせて国家を救済する時期が来ている。

コロナ渦における経済危機に於いて、政府からは給付金を再度おこなうことはないという方針であるということがメディアの報道で流れています。 すなわち、政府救済を求めても、実際のところ難しいといえます。最後の砦は、皇室の橘資金、旧財閥の育成資金とい…

政治に関係なく資金を捻出できるこの制度を至急大きく活用すべき時が来た。

現政権の中小企業への給付金の出し渋りには、中小企業一掃するという考えがあるのではないだろうかということがニュースなどで話題になっている。 確かに、この資金の制度は、大企業向けの資金であるが、この資金が動けば、中小企業への活用も可能になる。す…

政府の給付金を待望する声が聞こえています。やはり決定が、はやいのは、この資金の制度です。

今回のコロナ不景気は、政府支援を待ってもなかなか来ない状況が続いています。二回目の緊急事態宣言が発令後、給付金を求める声が国民から上がっているが、なかなか政府からのGOサインが出ない状況に、メディア報道を見ていても苛立ちの声が上がってきてい…

歴史の周期は72年、復興の時期になった。

歴史の周期は、「72年周期」であるということです。今年は、2021年ですから、今から72年前といえば、1949年になります。この時期は、戦後復興が始まったばかりの頃でした。日本の主要都市の大部分が焼け野原になり、日本は産業再建、復興へと力…

現金化する作業は、混み合っているとの情報

世の中の閉塞感は、コロナ渦の結果、限界に達しているように感じています。日本経済の行き詰まり感は、「失われた30年」などの表現で言われることがあります。90年代初頭のバブル経済の崩壊後、好景気と言われるその後、実質経済で国民が豊かになったと…

国難である今の時期こそ、関係者の早急の協力を求め、国民救済の資金を調達する支援をする。

緊急事態宣言が首都圏、全国の大都市圏を中心に拡大、そして全国に拡大へという話になってきています。東京のコロナ感染者数も1日2000人を超える日もあり、非常に緊迫した状況になっています。 経済への影響も深刻さを日々増しています。政府からの救済…

コロナ渦の中、現金給付を受けるには、この制度が最短で、額面も規模が一番大きい制度です。2021年度募集は開始しました。

コロナ渦で新年早々、非常に厳しい状況になっております。日本の経済状況です。これは世界的なことです。感染症拡大防止のために人の移動を最大限に制限することになっており、経済への影響は非常に大きいものになっております。 政府は、事業転換をする事業…

1月12日になりました。本日から完全スタートです。

数日ぶりの更新です。 1月12日になりましたので、今年の育成資金の仕事も本日から開始されます。 旧財閥の育成資金は、東証一部・資本金130億円以上という希望がありますが、製造業、基幹産業であれば、資本金100億円あれば相談可能ということです…

緊急事態宣言を発令か?国難のときにこそ、この制度の活用件数を増やすことが国家を助け、国民を助けることにつながる。

緊急事態宣言を発令するのか否かという状況になり、非常に厳しい状況が続く東京です。緊急事態宣言が発令されれば、またもや経済の大幅な落ち込みが続き、一昨年に続き、非常に厳しい状況下になることが予想できます。 さて、国民の生活を守るために何が必要…

新年明けましておめでとうございます。今年は、この制度を革新的に活用する提案をしていきます。

MSA総合研究所のブログの読者の皆様! 新年明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 さて、大企業経営者に無償提供される育成資金及び、橘資金(皇室資金)についての話も、随分書いてきました。2018年から初めて今年は、2021年ま…

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。