【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

PPP に関する基準 非常に魅力的な運用プログラムですが これを知ってください。

MSA 総合研究所です。

MSA 総合研究所では PPP について 様々な角度から研究をしています。

PPP というのは プライベートプレイスメントプログラムの略称で割引の金融商品を持っている方と投資家の間で直接取引をするプログラムということになります。

 

さて そのようなプログラムにおける基準というものを明確にお伝えすると投資金額で15億円以上のプログラムになれば これは自らの銀行口座を使って PPP に参加することができます。

これは日本の都市銀行の銀行口座を活用するわけですが個人の名義の普通預金口座の口座に15億円以上の資金が入っていればその資金を担保に クレジット ラインを発行し PPP のプログラムに参加をして大きな収益が短期間でいることができます。

15億円のプログラムでは1週間ほどで3倍以上の収益が見込めます。

 

もう一つ上のクラスで30億円のプログラムというものがございますが これも日本の都市銀行で個人の普通預金口座の中に30億円以上の資金が入っていればその口座を担保としてクレジット LINE を発行し 1週間ほどで5倍以上の収益 つまり 150億円以上の運用益が上がるようなすごいプログラムも存在しています。

 

PPP の魅力というのは 短期間に大量の取引を繰り返して行うことにより大きな収益を得るということになります。

 

それでは 15億円以下のプログラムについて話をすると現在は3億円のプログラムの短期間の募集などをしていますが それ以外にも 5億円の案件や 10億円の案件というものが存在します。

ただこのようなプログラムに関しては自らの銀行口座でクレジット ラインの設定をすることができませんので そういう場合は プラットフォーム つまり 主催者が指定する弁護士の エスクローの銀行口座に資金を入れて PPP のプログラムに参加することになります。

 

これは 大きな運用している弁護士のエスクローの銀行口座に資金を入れるということはその銀行口座に間借りをするということで運用させてもらうということになります。

 

この根本的な原因としてはクレジット ラインの設定を行うには 担保設定をしなければいけないというのがあるのですが基本的には 15億円以下の案件ではクレジット ラインの設定というものが自分自身の口座でも行えません また運用時間が長いようなもの 証券 以外の運用の場合ですと数ヶ月以上の運用になるために クレジット ラインの設定が難しい場合がありますのでそのような場合は 弁護士の担保 口座として使っている エスクローの銀行口座に資金を入れることで初めて運用プログラムに参加することができます。

 

したがって PPP に関心を持っている方は非常に多いのですが やはり 皆様の希望としては自らの銀行口座でできるのが良いと思うのが本音だと思います。

いくら 弁護士の銀行口座だと言っても他人に資金移動するわけですから やはり大きなお金を第三者に運用を任すということはやはり 心配があると言えます。

ただ 正規の PPP のプログラムの場合は たとえ 弁護士が保有している エスクローの口座であったとしても 弁護士 自身が プログラム 最中に途中で資金を動かしたりすることはできません。

これは法定管理されている資金であり PPP に関しては 監督官庁によって管理されておりますので 認可を得て行っている PPP においては 資金を完全に保全して行うことが決まっており 元本には手をつけないということになっています。

そのために安心材料としては法的には守られていると言っても経験のない人にとってはそういう話は大丈夫かと思うのは当然だと思います。

 

そういう場合ですと 15億円以上の投資プログラムということになりますが これは自分自身の口座でするので銀行の通帳や印鑑も自分自身で保管しているために安心だと 言えます。

 

ただ 基準の投資金額が大きいということで なかなか15億円を個人口座の中に現金で持っている人というのは少ないために 参加者は非常に少ないと言えます。

 

しかもこのような運用の場合は第三者からの借り入れによって行う場合は 資金の動きについて調査されますので 調査された内容によっては 簡単にコンプライアンスで NG となります。

そのようなことで自らの資金として 15億円を保有している方というのはなかなかいないので参加する人も少ないとも言えますがもし この基準を満たしているならばこのような PPP というのは非常に魅力的だと言えるでしょう。

 

MSA 総合研究所では様々な角度から PPP のプログラムについて研究しております MSA 総合研究所のホームページに PPP のページを準備しておりますので興味がある方はそのホームページを見ていただき 詳細について理解していただければと思います。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アンバサダー|開発援助|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086| WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。