【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日米 償還金協定に定められた 基準 こそが本当の企業育成資金の基準だ。

企業育成資金について説明をしておりますが やはり 色々 研究した結果 わかることは日米協定における基準以外は正直なこと言ってほぼ不可能だと筆者は思っています。

 

つまり 日米協定というのは 日米 償還金 協定 というものがあり そこで示された基準というものは 東証 プライム 資本金 500億円以上というのが一般ですか 特例としては 東証 プライムで資本金が300億円以上 500億円未満の場合に関しては 製造業やインフラ業に関しては 資金が提供できるという基準になっています。

また日本の国内銀行に関しても資金が提供できるということは決まっております。

これは日米 償還金協定で明確に規定で文面化されていますので このことに対しては100% 実際のことを言うと 問題はありません。

 

ただよく問題になるのがこの基準外と言われている国内償還と呼ばれている資本金100億円から300億円の東証 プライム企業の案件ですが この金融に関しては 明確に絶対できるという文面がどこにもないのです。

 

 

東証 プライム 資本金100億円以上からできるということを言い出したのはどこの誰かは正直なところを分かりませんが 業界ではできるという話にはなっていますが これはいろいろ リサーチした結果 結論としていることはほぼ 成立することはないという答えになりました。

 

つまりこのようなことに関しては 出口戦略がどこにあるのかと言いたくなるのですが 実際のこと言うと 非常に難しい案件であると言えます。

 

確かに国債を用いた案件などでは 300億円以下でもあるような話は伺えますが これは多少の負担金が必要になりますので これ誰が負担するのということになります。

 

そのようなことを考えても普通に考えたらそれは難しいよね という基準だと思うんですね。

 

ということで MSA 総合研究所では絶対にできるという基準ということで 日米 償還金協定における基準である企業育成資金の案件以外は 今後 取り組まないという方針にしています。

 

小さいところできるんですか という質問も時々あるのですが 我々としては明確に法律や国際協定で記載されていない内容については 取り組む価値はないと考えています。

 

確かに 東証 プライム 資本金 500億円以上や 東証 プライムの資本金 300億円から500億円h 製造業およびインフラ 企業 ということになれば なかなか難しいとも言えます。

 

銀行に対しては対応は可能となりますが これもそんな簡単ではない話になりますので 日米 償還金協定における基準というものは ハードルが高いので取り組みするのは大変かと思いますが確実に絶対にできるという基準です。

 

これは 国際条約に保証されていることですから。

 

MSA 総合研究所としては米国の認可を得た 面接官をご案内することは可能ですから この案件に関しては自らの関係の中で100%完結することができるということで明確なプログラムとして 案内することができます。

 

時々ブログでも説明しておりますが 米国の認可を得た 面接官のいきなり本 面談における免税措置は免責 処置を行う件については これは 米国基準 つまり 日米 償還金協定における基準を満たしている企業の代表権のある方のみができることです。

 

やはりこのような業界というのは色々な方が私どもができるというような言い方をするので競争があるために 幅広く 情報を取りたいがために いろいろできるということは 顧客の幅を広げるということにつながるのですが 実はのところを言えばそれをすると 実際には 国際基準に達していないのに話をしているようなこともありますので問題になるケースがあります。

 

したがって MSA 総合研究所では日米 償還金協定に明確に明記されている基準における企業の代表権のある方のみを募集をし 確実に 米国 の認可を得た 面接官をご案内し企業育成資金を受けられる仕組みを提供することにいたします。

 

それ以外の案件は我々としては引き受けないということで 対応いたします。

 

ですから そのような方向性でいきますし 我々としては日米 償還金協定に記されている企業に関してはしっかり資金を投入していく実はこの基準はすごく 資金量が多く 資本金の100倍とかいう そういう話ではありません。

 

日米 償還金協定に満たした企業の代表権のある方に提供される資金量は本当に大きな立派な会社の場合ですと資本金かけるの 1000倍程度の資金は提供しても問題ないという認識にもなります。

 

つまり 資本金が4000億円の企業だとすると通常だと40兆円ということを考えられますが まだまだ多くの金額を出せるケースもあります。

 

つまりこのような巨額な資金を動かすことによって日本経済を底上げすることが可能となります。

MSA 総合研究所 の 本来の目的としては日本経済の底上げをするためにどのようにすればいいか 最善の方法は何かということを考えてこのことについて 非常に深く研究しているわけです。

確実に大きな資金 つまり国家を動かせるような 巨額な資金を投入できる仕組みというのはこれは 唯一 日米 償還金協定における基準を満たした東証 プライム企業及び 銀行以外は この資金を受けることができないというのが 結論です。

 

我々としては日本経済の底上げ そして失われた30年と言われている時代の終局を迎えることが目的であり 日本にはその手段があるということを皆さんにお伝えしたいと思います。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アンバサダー|開発援助|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086| WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。