【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

周囲の間違った情報に振り回されてはいけない。

「企業育成資金」についての説明を継続的に行っています。これは、イングランド銀行におけるTRUSTによって運用されて、条件を満たした日本の企業の経営者に資金提供されている案件であると説明をしています。

 

すなわち、TRUSTというのは、銀行における資産防衛、運用の仕組みのことを言います。よって、これは、銀行によって行われている案件ということになります。運用先がイングランド銀行であるので、資金を日本で引き出しをするには、日本の銀行が窓口にならない限り、資金の引き出しができません。そのために、本案件で日本で資金の引き出し窓口を依頼している銀行があるということになります。よって、企業育成資金といわれる巨額資金の提供する案件については、銀行が行っている案件ということになります。

 

これも質問でよくあるのですが、どこかの民間財団がおこなっているのですか?という質問がありますが、答えは、ノーです。

 

これは、銀行におけるTRUSTという制度によって行われている案件になります。よって、どこかの財団に申請すれば資金が動くように思っている人がいますが、それは間違いです。

 

このTRUSTに対してアクセスできる人物を経由して銀行に連絡をいれることで、資金が動きます。

すなわち、その方のことを資金オーナーや資金者などという言い方をします。よって、○○財団の理事長だから資金が出せると宣伝している方がいるようですが、それは、間違いです。

 

日本の基幹産業、製造業企業を支援するために作られた銀行管理されたTRUSTにアクセスできる管理者と話をしない限り、資金が1円も動かすことができません。

 

すなわち、資金オーナーが承諾して、銀行に連絡を入れて資金を動かす手続きをすれば、それを動かすために日本の中央省庁に対して、銀行にあるTRUSTの資金を動かすために許可、資金の使用許可と移動許可を取ります。それで、通貨を発行して、指定都市銀行の申請者(企業代表者の個人口座)に振り込み作業が行われます。

 

筆者も周囲から聞いている話ですが、自称金融ブローカーの間違った宣伝行為により、相当情報が混乱していますが、正式なことを言えば、これは、銀行における業務であるということになります。

 

銀行がTRUSTという仕組みを運営しているから、本案件が成立しているのです。その資産が第二次世界大戦の敗戦によるきっかけで、皇室資産および日本の財閥資産が接収されて、それをイングランド銀行のTRUSTによって資産運用されて、この運用益を日本の復興財源にしたという仕組みを作っただけの話です。

 

これは、銀行によって行われる案件ですので、霞が関を探しても見つかることもなく、中央省庁に隠された財源など思われていましたが、そんなこともなかったというのは、銀行のTRUSTに預けた資産だったからです。

 

ここまで説明すれば、理解できるかと思います。

すなわち、銀行のTRUSTにアクセスできる方に話をしない限り、皇室資金といわれる橘資金、旧財閥の育成資金から巨額な産業支援用の給付金をいただくことができません。

 

もう一度いいます。これは、銀行が行っている案件です。

どこかの財団、省庁関係者、官僚、政治家が関係して行っている案件ではありません。答えは、銀行の行っている案件。

銀行にあるTRUSTの資金を動かす案件になります。

 

これで、頭がクリアーになったでしょうか?

MSA総合研究所より

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。