実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

「誰も教えないお金の大学校」セミナー用のテキスト作りました。

□ 「誰も教えないお金の大学校」セミナー用のテキスト作りました。

2022年1月16日からスタートする「誰も教えないお金の大学校」のセミナー用のテキストを作りました。
2時間ほどの勉強会ですから、一気にまとめて集中学習ができるように「要点」をまとめて作りました。

ある意味、これだけのポイントを抑えていたら、あなたは、この世界のプロフェッショナルと周囲には思ってもらえる話を、凝縮しました。

というか、この手の話について詳しく説明する人など、まずいないので、2時間に凝縮して、この話を連続して筆者と同じように説明すうことができれば、あなたは、ホント、この資金の話のプロに思われます。

どんな世界でも専門的知識というものは、200ほどターゲットになる単語の意味がわかれば、知らない人から聞けばほとんど、天才の会話のように聞こえます。専門の世界というのは、日々聞かない話をわかりやすく説明できることがポイントになります。

難しい話を、難しくするのは、そえは、難しい話の意味を、説明者が理解をしていないからです。頭に入る話を説明するには、説明者が完全にその事柄を空間的把握をして説明をすることができなければ、平面的な説明では周囲に理解サれないということが言えます。

ですから、国際金融の世界、そして、特殊金融の世界、世界の歴史、貿易、金融の歴史などが理解できて、初めてこの資金の話が理解できます。

ということで、空間的把握ができる話を皆さんに伝えられるようにセミナーのネタを作りましたので、乞うご期待 ということでよろしくお願いいたします。 来年は、この話のネタで20人から30人程度のセミナー会場を借りて、積極的に「誰も教えないお金の大学校」セミナーを実施したいと考えています。

東京では、神田と恵比寿の会場が、サイズもよく駅近くでいい場所みつけましたので、無料セミナーを随時開催します。

 

企業育成機構
MSA総合研究所より