【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

実は日本が世界の通貨制度の基礎を作ったといっても過言ではない。

実は日本が世界の通貨制度の基礎を作ったといっても過言ではない。


連邦準備制度の上でアメリカドルを保証する財源というものはこれは王族資産ということになります。
この歴史を研究していることを実はこの制度を作ったきっかけは日本の昭和天皇であるというところが明記されています。

これは第二次世界大戦で日本が敗戦したことによってこの歴史は語られない歴史として封印されたと言えるのですが現在このようにしてワシントンで情報が公開されています。

つまり1921年いいロンドン会議で不換紙幣を作るというプロジェクトのスタートから始まり、約60年間の歳月をかけてニクソンショックにおいて不換紙幣を実現したと言えます。

このような歴史の礎を作ったのが実は日本であったということは実は通貨の基礎をつくったのは日本であったと言えるのです。

つまり米国は1933年にゴールドの国有化をルーズベルト大統領が宣言したことによってフォートノックスに米国全土からゴールドが集められたという歴史は知られておりますがそれ以外にもヨーロッパやアジアで国際決済銀行の加盟国が集まりゴールド資産を集めるということを行った歴史があります、

つまり不換紙幣という制度を実現するにはすべてのゴールドの資産を一か所に集める必要がありこのような大量のゴールドが集められその集められたゴールドを全て国際決済銀行のデータベースに登録したというのはこれは日本が行ったことだということです。

つまりこの行ったことが実はアメリカドルの裏付けの資産になっているというのが実は驚きの話なのですが実はアメリカドルを裏で支えた資産に関して言えばこれは日本が作り上げたと言っても過言ではないと言えるのです。

考え方によるのですがある意味これ世界の通貨制度を完全に作り上げたのは日本ということになりますが結局米ドルを使っているのはアメリカ合衆国ですが米ドルが存在していられるつまり世界の基軸通貨として存在することができるというのはこの国際決済銀行を設立した時に集めた王族資産と呼ばれている。

世界各地から集めたゴールド資産のデータベースが担保口座に設定されているためにそのデータベースがすべての米ドル資産の通貨を発行する際の保障になっているという事実そして米ドルが基軸通貨になっておりますので米ドルを中心にして各国の通貨が同時に連動して保証されているという仕組みある意味この仕組みの原点を作ったのが日本であるということを知って日本人は複雑な思いはあるのですが、ある意味世界の通貨システムは日本が作ったのかということがここに書かれています。

そのような事実に関しては日本の学校教育の中でそういうことを教えてくれることはまずありませんし、日本が敗戦国であったということも関係があり隠された歴史ということになったのでしょう。

つまり第二次世界大戦後にすぐにこのような事実を外部に公表しないために国際決済銀行を廃業させるという意見もありましたが、結論として別の道で銀行システムを管理するという立場で国際決済銀行バーゼルというルールの中で自己資本率の管理などを行うということでの銀行システムの監督という立場で国際決済銀行は戦後存在してきました。


日本の場合は横浜正金銀行などのゴールドに係る銀行システムなどは第二次世界大戦後にすべてがなくなり東京銀行になり日本のゴールド資産というものが米国の管理下になったと言えます。

そのようなこともあり日本はなぜ企業育成資金や招待制度の特殊な助成金制度が存在するのかというのはこれらのゴールド資産に対して米国は形式上は法定管理士さんということをしていますが、リースをしているというような意味合いもあり、その運用益について日本にキャッシュバックする仕組みを提供していると言えます。

その仕組みによって恩恵を受けることができるのが日本における基幹産業企業の経営経営者個人ということになりこれは全て招待制度によって案内されることによって初めてこの助成金を受けることができるというのがこの仕組みと言えます。

***************************
1933年から1934年の金法に基づいて集められた政府の集中化された富と、第二次世界大戦中にドイツ軍と日本軍が行ったその後の行動は、今日では国際担保総合口座として知られ、時には世界債務ファシリティまたは単に世界口座と呼ばれるものを形成しています。 

技術的な観点から言えば、金やその他の金属、土地、および固有の価値を持つ一般的な富などの保管資産は、法律によりすべての国が所有し、その価値は集中管理され、帳簿外の口座に記帳され、帳簿上の口座はそれに対して実証され、保証されます。帳簿外の口座の金額は、帳簿上の口座の金額よりもはるかに多くなります。 

​こうした台帳外口座は数千あります。これらの口座の一部はさまざまな署名者や保有者によって保有されており、彼らの多くは、署名者または保有者であることから資産を所有していると考えています。これは事実ではありません。資産は、国際条約協定に基づいて OITC が所有および管理しています。資産を担保にするには所有者が必要であり、所有者だけが資産を担保にできるため、OITC は担保口座の相続人および所有者です。これは法的な問題です。

これらの担保口座は、世界準備通貨である米ドルの基盤となっています。米ドルは、次に他のすべての通貨の基盤となっています。これらの口座の管理は厳格であり、連邦準備制度理事会とすべての中央銀行の基盤となる機関親登録口座を通じてのみ許可されており、これらの機関は OITC によって付与された担保の保証を提供します。世界政府によって任命された担保所有者および署名者です。

​世界商業における複合担保口座の重要性を示す例として、住宅ローンを検討する場合などに担保所有者が必要な理由がわかります。 

お金には常に価値がなければなりません。そうでなければ、お金には価値がないからです。

家や車を購入する際、銀行からローンを借りる際には、元金と利息の両方について、ローンの価値に対する保証が必要です。

不動産を購入するためにお金を借りる場合、不動産自体は不動産の価値までしか保証されませんが、ローンの利息部分をカバーする保証も必要であり、30年の住宅ローンでは、購入した不動産の価値と同じかそれ以上になる場合があります。

あなたはそれを決して知りませんし、見ることもないでしょうが、利息費用の保証は複合担保口座によって提供されます。

これは、利息部分が新しいお金だからです。多くの人が信じているように、新しいお金は何も無いところから作られるわけではありませんが、すべてのお金と同様に、新しいお金はその価値を保証するために価値または裏付けとなる担保がなければなりません。

これは、OITC が米ドルを引き受ける資金を所有しており、その結果、米ドルが他のすべての通貨を引き受けているためです。

これをより明確に理解するために、米ドルは世界準備通貨であり、アメリカ合衆国の経済とは何の関係もなく、アメリカ合衆国によって発行も所有もされていません。それは連邦制度によって所有されています。

その保証を提供するには、誰かが銀行にその担保を使用する権限を与える必要があり、法律により、担保の所有者のみがそれを実行できます。

担保口座に法的所有者がいない場合、購入する不動産は担保として十分な価値がなく、利息費用をカバーするために追加の価値が必要になるため、銀行からお金を借りることは非常に困難になります。

利息をカバーするために担保を提供する必要がないのは、OITC/UNOITC が代わりにそれを行うためです。

銀行から借りるすべての住宅ローンやローンには約束手形が付き物ですが、OITC/UNOITC は保証人および保証人の提供者であり、したがって銀行へのローンを保証するのは OITC/UNOITC です。

 

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|信用金庫 代表理事 預金高5000億円以上|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。