2020-10-01から1日間の記事一覧

日米安全保障条約を調べてみて、この件を考えてみる

日米安全保障条約について調べたくなり、調べて見ることにした。 前文 日本に独自の防衛力が充分に構築されていないことを認識し、また国連憲章が各国に自衛権を認めていることを認識し、その上で防衛用の暫定措置として、日本はアメリカ軍が日本国内に駐留…

物事を二者選択で考えれば、どちらを選ぶか?

国家の安全保障費を捻出するために運用された財源から、送金金額の内、20%は、企業育成資金として、本案件に協力してくれた企業代表者の方に謝礼が支払われます。 今までは、企業の代表者に提供される資金を強調しすぎた結果、実際には、国家の安全保障費…

この制度を正しく理解して、説明するには・・・知るべきことポイントについて

国家の安全保障費を捻出する案件、その付帯事業として「企業育成資金」が存在すると考えるのが無難であると、説明しています。 この案件に関して、どの話から話をスタートするかで、見え方が代わってきます。最終目標は、「口座主になってください」というだ…

今月は必ず、5件の案件を成約する。業務目標

10月になりました。今月の成約目標は、5件ということで、当研究所は、アプローチしています。国家の安全保障費(Security Fee)を捻出する案件を行うことで、それに協力してくれた方(口座主)には、コミッション(謝礼)が出るという案件です。 非常にシ…