実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-10-14から1日間の記事一覧

これからもどんどん発展するであろう企業育成機構について

企業育成機構は企業育成資金についての友の会として設立しています。 企業育成資金というのは東証一部の資本金100億円以上そして銀行そして信用金庫の預金高3000億円以上そして現在は今月中だけですが病院で350床以上のベッド数の病院に対して企業育成資金を…

企業育成機構の新しい支部が追加で2箇所できました。紹介します。

企業育成資金の友の会である「企業育成機構」の支部が2つ増えました。紹介します。 新たに増えた支部 ◎企業育成機構 明光支部◎企業育成機構 まほろば支部 *******企業育成機構の活動支部の紹介 企業育成機構 山手支部企業育成機構 さくら支部企業育…

企業育成資金を理解する上でこの部分が分からなければ無駄な努力になります。

企業育成資金についての話を書いています。 企業育成資金というものは基本的にはアメリカの FRB の資格を持ったトレーダーが行なっている PPP 運用というものに参加できる方が条件になります。 基本的にはこれは世界標準の概念で5000万ドル以上の資産を持っ…

非常識が常識であるという考えを持つことで、初めて日本経済の復活の方法が理解できる。

緊急事態宣言も落ち着き、企業育成資金の案件も今年の残すところ2ヶ月になりました。現在における企業育成資金の制度は、PPP運用がベースで行われているということについて本ブログでは説明しています。 日本で馴染みのない運用方法ですが、価値を現金化し…