実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-11-08から1日間の記事一覧

年内の営業予定について

企業育成資金についての話を書いています。 企業育成資金の資金本部は何時まで営業しますかという問い合わせが時々ありますのでそのことについて回答いたします。 最終営業日は12月28日です。 実際に年内の案件を終えようと思えば2週間ほどの時間の余裕を見…

企業育成資金の電力会社と鉄道会社の特別ルール

企業育成資金についての話を書いています。 企業育成資金の中でも電力会社と鉄道会社に関しては特別なルールがあります。 資本金は100億円前後なければいけませんが大手電力会社そして鉄道会社に関しては上場、非上場関係なしに企業育成資金が申請できるとい…

日々同じことを言い続ける威力は、世の中を動かす力になる。

□日々同じことを言い続ける威力は、世の中を動かす力になる。 筆者は、毎日同じ事を話して過ごしています。企業育成資金が新しい日本経済を作る上で重要です。そして、令和の所得倍増計画は、企業育成資金の導入件数を増やせば、問題なく実現可能です。 とい…

新しい資本主義経済の実現、それは、NEO計画を成功せることである】

【新しい資本主義経済の実現、それは、NEO計画を成功せることである】 新しい資本主義経済、令和の所得倍増計画を実現するためには、企業育成資金という通貨発行権に関する案件の活用件数を増やす以外に方法がないことが言えます。昭和の時代だから、復興財…