実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

日々同じことを言い続ける威力は、世の中を動かす力になる。

□日々同じことを言い続ける威力は、世の中を動かす力になる。

 

f:id:shoukan:20211107100704j:plain


筆者は、毎日同じ事を話して過ごしています。企業育成資金が新しい日本経済を作る上で重要です。そして、令和の所得倍増計画は、企業育成資金の導入件数を増やせば、問題なく実現可能です。

ということになります。ある意味、これは経典になります。

昔から、教えを広めることを布教といいます。宗教だけの話ではありません。日本に根づいていないPPP運用というものと、企業育成資金の本当の意味を布教するのが、筆者の役目と思い、布教活動を行っています。

これは、日本経済を救う手段であるということになります。

借金を伴わない資金の流通が増えれば、日本政府の借金も自ずと減らすことができます。すなわち、世界の資本主義経済は、銀行家が考えて、銀行システムによって出来上がっていることに気づかなければなりません。

銀行家が考えた銀行システムによって、資金が市場に撒かれています。

そのことがわかれば、資金の動かし方がわかれば、日本は内需を生み出す資金が増えることになります。借金を重ねる資金のバラマキ方では、所得は増えることはありません。

すなわち、私どもの進めているNEO計画(ニューエコノミックオーダー)は、企業育成資金を使い、市場に借金を伴わない資金を増やすことです。

覚えてください。NEO計画です。これを実現させるのは、本ブログの読者であるあなた。そうです。企業育成機構のメンバーということになります。

企業育成機構
MSA総合研究所より