実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の最新情報について

企業育成資金について説明しています。

 

病院の案件

ベッド数が350床以上で直近の決算書の資産の部の合計が50億円以上の病院理事長に対して提供する企業育成資金の案件は明日10月31日をもって終了します。

 

病院の案件で継続する案件は

大手医療法人をターゲットにした企業育成資金になります。

条件については

ベッド数が350床以上で直近の決算書の資産の部の合計が700億円以上

 

上記の条件を満たした医療法人理事長に対して企業育成資金から資金提供いたします。

 

申請に関しては費用は一切かかりません無料です。

詳細についてはこちらの方まで問い合わせください。

現在企業育成資金の本部の方では東証一部100億円以上銀行及び信用金庫の3000億円以上そして病院で350床以上のベッド数で直近の資産の部の合計が700円以上の大手医療法人に対して企業育成資金の提供を行っています。

信用金庫と病院の案件に関しては今年の年末までを一応の目安にしています。

来年度以降の実施するかはどうかはまだ未定です。

東証一部資本金100億円以上そして銀行の案件に関してはこれは本資金と言われる制度で来年以降も継続します。

ーーーー

企業育成資金の制度も少しずつ変わってきていますので常に当ブログの方は最新の情報をキャッチしてアップしていきます。

ですから過去のブログに書いていることを読んで判断しないでください。

現時点においてのことは現時点の内容で判断をして企業育成資金に対するアプローチをしてください。

ほぼ毎日更新はしておりますので最新情報を常にブログでアップしていきますので引き続きよろしくお願いいたします。

 

企業育成機構

MSA 総合研究所より