【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

2つの通貨の発行の仕組み 中央銀行通貨とUCC登録通貨!

2つの通貨の発行の仕組み 中央銀行通貨とUCC登録通貨!

 

中央銀行通貨については、これは、みなさんがご存じのとおり、日銀やFRBなどの中央銀行が発行する通貨になります。ただ、この通貨は、誰かの担保力による借入のために、最終的に返済する必要があります。つまり、機関は、短期借入、長期借入など、いろいろありますが、中央銀行であれ、永遠に発行した通貨を回収しなくて良いということはありません。

このことをまず理解してください。つまり、中央銀行の通貨は、借金としての通貨ということ。

 

今、筆者が説滅する開発援助に使う通貨は、UCC登録通貨ということを説明しています。これは、米国財務省が監査しており、米国国務省によりUCC登録をして発行している通貨になりますが、この通貨は、無担保で資金提供され、自由譲渡、自由分割で資金提供されます。

この通貨の発行をおこなっているのが、メテ財団グループになります。メテ財団グループは、世界の開発援助に対してUCC登録通貨を開発援助のために資金を供給しています。これは、日本の企業育成資金も含めて、世界各国の開発援助にUCC登録通貨を譲渡することを目的に事業を展開しています。この通貨に関しては、最終的には、銀行に回収されることはありませんので、資金は、市場に残ります。つまり、これが借金を伴わない資金ということになります。

よって、筆者が公式アンバサダーとして業務をおこなっているのが、メテ財団グループですから、このUCC登録通貨による世界の開発援助プログラムの促進をすることが目的です。

皆さんに理解してほしいことは、通貨の発行には、2種類ある。中央銀行通貨と、UCC登録通貨である。  UCC登録通貨は借金として回収されることのない通貨であり、開発援助を目的に資金が提供される。 このことを理解してください。地球上には、2つの通貨発行の仕組みがありどちらも通貨も、オフィシャルな通貨発行の仕組みです。ただ、UCC登録通貨は、世界に1つのプラットフォームだけ行っています。その事実を理解して、企業育成資金について話をしてください。また、メテ財団が行い国連加盟国に行うODAについても、同じことです。

 

 

 

 

 

**************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com



f:id:shoukan:20231025135725j:image


LINE を追加してください

※ 日本国内向けODA(企業育成資金) 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度あり 申請受付中



□Mete財団が行う「ODA 政府開発援助」の加盟国募集 国連加盟国を対象に政府開発援助(ODA)支援します。Mete財団が契約国に対して1カ国、1回に限り100億ユーロの寄付(返済不要資金)を提供します。契約後は、長期間の支援を行います、国家政府に対してのPPPプログラムの実施

 

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。