【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

国連加盟国への経済援助100億ユーロの寄付

《国連加盟国への経済援助100億ユーロの寄付》

現在、私が所属するメテ財団では、国連加盟国への100億ユーロの寄付を提供しています。メテ財団は。SRP(ソブリン ロイヤル ポートフォリオ)という世界の王族グループの寄付財源を使って、国連加盟国193カ国に対して申し出があれば、経済援助を行うプログラムを実施しています。

SRPについての歴史について書かれているレポートがあるのですが、実に3000年の歴史があります。BC960年頃、イスラエル王国で最も栄えた王「ソロモン王」の資産から始まり、ソロモン王の末裔が、ソロモン王の死後、国家消滅後、東へ東へ移動してインドネシアに拠点を作ったことが起源となっています。その後、インドネシアのソロモン王の末裔と十字軍の遠征から始まったテンプル騎士団との関係ができ、その後、ソロモン王の末裔とテンプル騎士団の流れにより、世界最初の銀行システムであるトラストがスタート、14世紀頃、テンプル騎士団が消滅した後も、生き残ったグループの一派は、スイスに拠点を作り、別の一派は、スコットランドに拠点を作る。それ以外にも、ポルトガルからアメリカに渡ったものもいて、テンプル騎士団が弾圧により消滅後に分裂した後に、スイス、スコットランドポルトガル、などに別れていき、大航海時代には、インドネシアとの香辛料貿易を行い、欧州の多額の資金がインドネシアに溜まっていく、これを行ったのもソロモン王の末裔とテンプル騎士団の生き残りの末裔たちによって、東インド会社としての貿易業務を行うようになる。その後、大量の資金が集まったことでスイスで金融資産の貸出を行っていたところ、それに目をつけたのが、ドイツの銀行家、ロスチャイルドということである。ロスチャイルドは、SRPがスイスで行っている銀行業務から資金を借りて、世界各国の中央銀行を作り、中央銀行へのゴールドの担保力の貸付を行い莫大な利益を得ることになります。その後、SRPは、世界の王族グループとネットワークを作り18世紀から20世紀に初頭にかけて、128の王族グループが婚姻関係を結ぶためのプログラムを実施して、約150年の最後つをかけて、その仕組を作り上げた。つまり、SRPについては、世界の王族グループが婚姻関係を結び、その血縁関係となる王に対して、「キング オブ キング」として、M1(エムワン)としてM1を中心に世界のすべて国家政府への資金提供をする仕組みを構築したく計画をした。これは、1928年の計画ということであり、国連、世界銀行IMF、BIS,国際司法裁判所、などの国際組織の基礎となっている。ただ、この計画も一枚岩としてうまく完成したのかといえば、完成していないのが現状であるが、その理由は、様々あるのである。1963年のある事件をきっかけにSRPが目指した計画が世界経済の発展を支援するプログラムが、予定通り行かなくなったということがことが報告書に書かれている。あれから60年の歳月が過ぎ、時代の転換期を迎えています。その理由は、世界の中央銀行システムは、結論といて、SRPが作り上げてきた仕組みであり、根本は、SRPにおけるゴールド担保力によるグローバル銀行システムによって、仕組みが構築されています。ただ、1963年の時代以降、1971年のニクソンショックにより、信用創造の時代になり、ゴールドバックのシステムが一部離脱したことにより、世界は、多額の債務を生み出しながら経済を作ることになります。日本も1965年以降は、政府国債がひたすら増え続けているのは、すべてこのことに関連しています。50年以上信用創造による経済の拡大を続けてきましたが、世界は3000兆ドルを超える債務問題を解決する手段もなく、債務の借り換えによりなんと維持をしていますが、この問題の最終的な解決策はないままになっています。つまり、信用創造の時代の限界点に達したことで、世界の銀行が信用創造の名のもとにクレジットを発行しまくった結果、結論その債務問題の解決手段がなく、限界に達したことで、結論、現在はグレートリセットなどと言われていますが、通貨システムを金の裏付けによる通貨システムに戻していくということになっています。

その作業を水面下でおこなっているのは、SRPが行っている「国連加盟国への資金援助プログラムということになります」つまり、国家政府への債務問題の引き受けを行うことで、徐々に信用創造における債務問題を解決する方向性を見出します。メテ財団がゴールドバックのクレジットを資金を寄付をすることで、世界の債務問題の解決を行います。ただ、資金を配るといっても、無闇矢鱈と資金を配っても経済の経済システムがバランスが崩れるために、初回寄付は、国連加盟国で、メテ財団と契約を結んだ国に対しては、初回100億ユーロの寄付を行い、その後は、国家プロジェクトに対して、政府国債などを買い上げることで、資金を供給していきます。メテ財団は、政府国債を多額にゴールドバックによる資金により買い取ることになりますので、この資産を用いて、デジタル通貨を発行して、世界共通のゴールドバックと加盟国の政府国債を分散化した通貨により、世界共通通貨を構築しています。当然、これは、仮想通貨でなく、完全に法定通貨のユーロとスワップ可能な通貨として流通する仕組みになっています。つまり、現在メテ財団では、国連加盟国への支援を進めているのは、信用創造の時代から新システムの切り替え作業を行っていると言えます。つまり、世界的なゴールドバックの通貨システムの時代への切り替え作業です。

この世界についていろいろ調べていくと、膨大な歴史的資料もあります。ただ、世界経済システムは、信用創造の時代というのは、ゴールドバックの仕組みから切り離したいと思った一部の銀行家の行動であったことは、言われています。SRPでは、非常に不本意なことであり、本来の目的を達成できずに格差社会を広げたのですが、その結果生まれた世界観は、不平等社会を生み出しているといえます。つまり、資産の分配が可能な社会を形成することが重要な課題になっています。

 

******************

 

[Donation of 10 billion euros in economic aid to United Nations member states]

Currently, the Mete Foundation, to which I belong, is providing 10 billion euros in donations to United Nations member states. Mete Foundation. Using the financial resources donated by the world's royal family group called SRP (Sovereign Royal Portfolio), we are implementing a program that provides economic assistance to 193 United Nations member countries upon request.

There is a report written about the history of SRP, and it actually has a history of 3000 years. It originates from the assets of King Solomon, the most prosperous king in the Kingdom of Israel, around 960 BC, and the descendants of King Solomon moved eastward and established a base in Indonesia after King Solomon's death and the disappearance of the nation. It becomes. After that, a relationship was formed between the descendants of King Solomon of Indonesia and the Knights Templar, which began with the Crusades, and later, the world's first banking system, the Trust, was started by the descendants of King Solomon and the Knights Templar. After the Knights Templar disappeared around the 1960s, one group that survived established a base in Switzerland, and another in Scotland. In addition, some people came to America from Portugal, and after the Knights Templar disappeared due to oppression and split up, they separated into Switzerland, Scotland, Portugal, etc., and during the Age of Discovery, there was a spice trade with Indonesia. A large amount of European money was accumulated in Indonesia, and this was done by the descendants of King Solomon and the surviving descendants of the Knights Templar, who started trading operations as the East India Company. After that, when a large amount of money was collected and financial assets were being lent out in Switzerland, the German banker Rothschild took notice. Rothschild borrowed funds from SRP's banking business in Switzerland, created central banks around the world, and made huge profits by lending gold collateral to central banks. After that, SRP created a network with royal groups around the world, and from the 18th century to the early 20th century, implemented a program for 128 royal family groups to form marriage relationships, and over the course of about 150 years, I created a system. In other words, regarding SRP, when a group of royal families around the world enter into a marriage relationship, the blood relative of the king is called the "King of Kings," and funds are given to all national governments around the world as M1 (M-1). I made a plan to build a system to provide this service. This is the 1928 Plan and is the basis of international organizations such as the United Nations, World Bank, IMF, BIS, and the International Court of Justice. However, whether this plan was successfully completed as a monolith or not, the current situation is that it has not been completed, and there are various reasons for this. The report states that an incident in 1963 caused the SRP's plan to support global economic development to not go as planned. Sixty years have passed since then, and we are now at a turning point. The reason for this is that the world's central banking system is, after all, a structure created by SRP, and fundamentally, the structure is built by the global banking system based on the gold collateral power of SRP. However, after the 1963 era, the Nixon Shock of 1971 led to an era of credit creation, and with the partial withdrawal of the goldback system, the world was forced to create an economy while creating large amounts of debt. . The reason why Japan's government debt has continued to increase since 1965 is all related to this. Although the world has continued to expand the economy through credit creation for more than 50 years, there is no way to solve the world's debt problem of over 3,000 trillion dollars, and although we are managing to maintain it by refinancing the debt, the final result of this problem is There remains no solution. In other words, the era of credit creation has reached its breaking point, and as a result of banks all over the world issuing credits in the name of credit creation, the conclusion has been reached that the limit has been reached as there is no way to solve the debt problem. So, the conclusion is that what is currently being called the Great Reset is to return the monetary system to one backed by gold.

This work is being carried out behind the scenes through SRP's ``financial assistance program for United Nations member countries.'' In other words, by taking over the debt problems of national governments, they gradually gain credibility. Find direction to solve debt problems in creation. The Mete Foundation will help solve the world's debt problem by donating Goldback credits. However, even if we distribute the funds, the economic system of the economy will be unbalanced even if we distribute the funds randomly, so the first donation will be made to the countries that are members of the United Nations and have signed a contract with the Mete Foundation. will make an initial donation of 10 billion euros, and will subsequently provide funds for national projects by purchasing government bonds. Since the Mete Foundation will purchase a large amount of government bonds with funds from Goldback, we will use this asset to issue a digital currency that will decentralize the worldwide common Goldback and government bonds of member countries. We are building a global common currency. Naturally, this is not a virtual currency, but a currency that can be swapped with the euro, which is a legal currency. In other words, the Mete Foundation's current support for United Nations member countries can be said to be in the process of switching over to a new system from the era of credit creation. In other words, it is a transition to the era of a global gold-backed monetary system.

If you do a lot of research on this world, you'll find a huge amount of historical material. However, it is said that the era of credit creation in the world economic system was the result of the actions of some bankers who wanted to separate themselves from the goldback system. In SRP, it was a very unfortunate thing to do, and it widened the unequal society without achieving its original purpose, but the worldview that was born as a result can be said to be creating an unequal society. In other words, creating a society where assets can be distributed has become an important issue.

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団グローバルアンバサダー|資金本部:企業育成資金:償還金:申請受付|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 MSA Research Institute| Global Ambassadors of the Mete Foundation | WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。