【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

国際金融の中には魅惑的な話はいろいろあるがあまりにもレベルが高すぎて簡単に儲かる仕事はほとんどない。

さて筆者が関わっている財団についての話をここで説明したいと思いますが以前よく説明させてもらった国際的非営利財団これは1.3兆ドルも米国債保有している世界的な財団になりますがこの財団におけるサポート事業ということに関して現在は広く公募することはやめています。

その理由としては一番簡単なのはこの仕組みは非常に難しい仕組みでありとても素人が百人集まっても千人集まってもできる話ではありません、

つまりこのプロジェクトというのは米国債を裏付けにしたデジタル通貨を新しい世界の共通通貨にするというプログラムですからこのプログラムに同意できる加盟国を探すということになりますのでこれは中央銀行から始まり財務大臣そしてそれぞれの国の銀行システムに関するすべてのことに関して大きなあ取り組みということになります。

確かに財団としては米国債を多額に保有しており米国ニューヨーク国務省UCC 3に登録しているという事実は曲げようのない真実ではございますがそこの部分に実は非常に難しい点があります。

この仕組みにおけるところで米国債を国際支援のために活用するということはこれは一般的にもよく使われる手段でそういう場合は通常は連邦準備銀行のよし米国債の担保口座に米国債を預けることによって支援国に米ドルのクレジットを貸し出すということはよく行われる手段となります。

これは中央銀行間の取引として米国のニューヨーク連邦準備銀行の各国の中央銀行との間でよく行われる仕組みというふうになりますが、これはすべて連邦準備銀行のデジタル化された情報としてすべて登録されているというところがポイントになります。

財団の考え方は基本的には一般的なスイフトのシステムを通さないつまり銀行システムを通さないやり方における米国債の担保力の貸し借りということを行うということを決めておりますので確かにこれは昔からのやり方の中でUCCに関する登録を米国ニューヨーク国務省に行うことで米国国内における米国債の担保口座としての貸し借りということはこれは1950年代から行われていた手段となります。

法律を見ても米国の州法の中ではこのようなやり方は一般的にはいまだに活用されているということもありすべてが電子化されているわけではないと言えます。

ただここで一つ問題になるのが国際間における取引において世界中はすでに中央銀行システムによって全てがデジタル化によってつながっている中である意味中で米国国内におけるUCCつまり統一商法における登録情報のみでそのタイムシートの割り当てを使い担保を貸しているということを理解してもらうというのは実はそれぞれの国における法律の面で米国の州法のような法律の中で情報開示がされない限り国際間の取引におけるルール決めというのは実は難しさというのがあります。

そのような法律的にクリアしなければいけない問題やそして米国債の取り扱いつまりUCC 3における国際間の取り扱いというところのクリアしなければいけない国家間での取り決めなどがありますのでこれはとても素人また一般の方がチャレンジしてできるような話でもありませんのでこの件に関しては皆さんが動かれているということは知っておりますが動かれたところで結論正直百年かかっても結果になることはまずないでしょう。

もし国際的な協定を結べる世界的に能力のある財務大臣であれば話は別かもしれませんが通常素人が手を出せるレベルの話ではありません。

このことに関して皆さんがチャレンジされたところで結論は得ることはまずありませんから我々としてもよほどの関係がある方以外はこの話はもうしないことにしました結論として質問ばかり増えて結果にならないことが多いことで、双方で時間の無駄となります。

よって本ブログの読者の皆様にとって現実的な金儲けつまり資金調達につながるような話はなんであるかと言うことを常に考えてこのような難しいプログラムに関してはこれはないないに自分たちだけで行うということにしてそれ以外のことに関してまだできるかなと思えるような案件について説明をすることにしています。

筆者のところには国際金融における様々なそういう話はどうやって実現するんだろうかみたいな王族に関係するような様々な仕組みのような話がいろいろきますがこの実現するといってもこれ世界的な金融システムに大きく関わっているためにそんな簡単にできる話は一つもありません。


ということでよほどのこの金融業界で様々な知識を持っている方や関係を持っている方でなければ素人が簡単に手を出してやるような案件というのはほとんどありませんしまあ唯一できるかなと思うのは育成資金のような助成金制度であればこれは人脈さえあればできる可能性がありますので、そのような分かりやすい内容のみをこれから案内するようにします。

特殊なプログラムについて王族関係からの話はいろいろありますが。これはここで色々語ったところでとても出来るような話ではありません。今回の財団の話も究極を言えばこれは世界的金融リセットにも関わるようなビッグプロジェクトすぎてそんな話ここでクリアできるのかと思います。


ということで現在は筆者が関わる財団に関する仕事というのは皆様に対してはアプローチすることもしないですし、これを説明したからといってこの問題をクリアすることはできませんということで簡単に言えば新しいユーロを作る新しいusドルを作るという話と何も変わらないです。

つまり金に変わる裏付け資産として米国債があるというのが売り文句かもしれませんが大量に発行された米国債保有している財団は今度は世界に対してこの米国債を流通できる仕組みを作るということで世界共通通貨の概念を世界各国に根付かせるというのが本当の目的ですからこれをやり切れる人というのはユーロやusドルを作ることができた人と同じレベルになるのでこれは素人では100%無理です。

もしそういう世界に自信がある方なら言って欲しいのですがこれできる人まずないでしょう。

ということで目先の現金を追いかけた人はこういう案件は参加しないのが良いです目先の現金を追いかけたい人は簡単にできる助成金の案件でお客様を案内するのが一番よいでしょう。

 

 

【公式】MSA総合研究所|MSA Research Institute|企業育成資金:日米償還金協定基準:東証プライム資本金300億円以上、銀行(代表権:個人)|米国財務省 SRP王族基金|信用金庫 代表理事 預金高5000億円以上|SBLCの収益化:250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。