実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2020-03-28から1日間の記事一覧

この案件は、最高レベルのセキュリティーレベル案件である・・・

本案件のテーマを考えるときに、 「国が推奨するPPPプラットフォームを活用して個人投資家向けの資金提供案件」というにしたほうが正しいかもしれないと思った。そこで、資金提供を受けることができる対象者は ①東証一部、資本金100億円以上企業の代表者…

コレがスキームだ。

日本には、巨額なPPPによる外貨運用益があるので、大丈夫といいたいのですが、ここが問題です。日本では、この制度のことをMSA協定資金などといわれますが、海外ではどのように言われるか? それは、投資を求めている企業を募集しているということで、資金を…

日本経済の浮上はありえない。その理由、通貨発行権をどうやって活用するか知らない人が多すぎる。資本主義経済は仕組みです。

日本沈没! ほぼ決定! さて、通貨発行特権である案件で、MSA資金について否定的な考えを示す日本の経済界、「国から大きな資金が出る⇒怪しい」と考える人があまりに多すぎます。 外貨運用した資金を日本に送金して、それを日本の基準を満たした経済人の口座…