2020-09-24から1日間の記事一覧

国家の治安維持のためにベーシックインカクを行うことは、この財源を活用すれば可能である。

日本の社会システムは、所得制限、累進課税という制度を強調する形で、高額所得者から資金徴収して、低収入な方は、税制優遇などする政策を強調して行っています。それでは、長期的に見えて、高額所得者になれる商才の有る方は、日本から出ていく傾向が増し…

国家にとって重要な安全保障の財源について

巨額資金の送金案件の資金の送金には、目的があって行っています。すなわち、なぜ、このような巨額資金の送金を可能にしているのでしょうか?まさに特別扱いに感じる案件です。 その答えは、この送金された資金が転送されますが、その使いみちが、日米のSecu…

東証一部、資本金100億円から150億円の企業代表者の場合、どんな企業が対象になるか?

東証一部で資本金100億円から150億円の企業代表者がこの資金を申請しようと思えば、どんな条件であるか?という質問が時々あります。 主催者からの回答は、資本金が小さい場合(資本金150億円以下東証一部)は、製造業・基幹産業であることが重要で…

愛国者=パトリオットを考えて見る。

愛国心、愛国者といえば、英語で「パトリオット Patriot 」と言います。湾岸戦争のときに有名になった対空ミサイルもパトリオットでした。 パトリオットについて調べて見ると、以下のような説明を見つけました。 ■■■■■■■■■■■■ アメリカ独立戦争が始まる数年…

本来は、この仕事は愛国者における平和維持活動である。

この案件の目的は、「国家にとって安全保障費用を獲得する作業」すなわち、国内外の平和維持費用を作るために、送金案件を行っていると理解すれば、実は分かりやすいです。 MSA(Mutual Security Act)=相互(Mutual)に安全保障(S=セキュリティ)するため…

最終目的から物事見れば、クリアーにこの案件が見えてくる。

本案件の最終目標は、どこになるのか?それは、日米における安全保障費用を稼ぎ出す案件ということになる。 新聞報道などを見ていると日米同盟の重要性を首相が語っている。すなわち、日米同盟の重要性というのは、日米における安全保障問題である。安全保障…