実話!企業育成資金:東証一部、銀行の企業経営者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構という人格なき社団を設立して、民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!MSA総合研究所は、シンクタンクとして民間財源の活用について提言しています。

2021-06-08から1日間の記事一覧

歴史の流れを知り、現在につながる育成資金の制度を理解する。

国際決済銀行の資産放棄とサンフランシスコ講和条約 というテーマでブログを書きたいと思います。 実は、ここがいちばん重要なポイントになります。 国際決済銀行(BIS)は、1921年に日米英仏の4カ国ロンドンに集まり、第一次世界大戦で敗北したドイツ…

注文生産をする小口案件、3ヶ月から半年かけて行う案件。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

小口案件といわれる東証一部資本金100億円以下の製造業企業の代表者に資金提供する案件について説明します。 通常の育成資金といわれる大口案件は、すでに米国FRBで運用した資金を、日本銀行に送金済み資金から資金提供する案件になりますので、申請者が…

法的管理された資産は、だれのものでもありません。条件を満たした代表者に配る配当金です。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

国際決済銀行についての歴史について調べていると、このような一文があった『第二次世界大戦前、国際決済銀行に出資していた国の資産は、敵性資産として、没収され、米国司法長官の特別勘定として計上され、イングランド銀行に預託された。」 ということであ…