実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2022-01-26から1日間の記事一覧

PPPの原理原則、これがわかれば、どうしてPPPが高い収益が保証されているか理解できる。

PPPの原理(クレジット・ラインのリース) □PPPの原理原則、これがわかれば、どうしてPPPが高い収益が保証されているか理解できる。 PPPの原理原則というのは「譲渡可能なクレジット」という制度です。現金担保(キャッシュバック)があれば、その現金担保の…

譲渡可能なクレジットの仕組みを最大限利用する。

□譲渡可能なクレジットの仕組みを最大限利用する。 企業育成資金は、どのようにして生まれているのか?ということを国際金融の観点から説明するとすれば、日本の企業育成資金の財源は、巨額にあるという話は巷でありますが、それは、本当に現金として存在し…

国際金融の知識の欠如が、日本経済の衰退をまねいている。

□国際金融の知識の欠如が、日本経済の衰退をまねいている。 結論から言えば、日本の国際金融に関しては、後進国と言われるのは、欧米で行われている制度について、ほとんど情報がないことが原因していると思います。 企業育成資金の制度について説明文には、…