【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

国際決済できるゴールドクレジットの配布される仕組みを理解することが国家を豊かにする。

国際決済できるゴールドクレジットの配布される仕組みを理解することが国家を豊かにする。

 

企業育成資金についての説明をします。

これは、主催者はといえば、金準備銀行グループが行なっている歴史的資産という第一次世界大戦第二次世界大戦において管理資産となったゴールド300万トンのうちで、日本が旧所有者として所有していたゴールドに対して、運用益の利子から資金の配当が日本に対してあります。配当された資金を日本の東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権者に資金を配当するという制度があります。

 

現在における金準備銀行グループは、筆者の所属するMete財団を含め10数社のグループによって、ゴールドをつかった資金の運用システム(米国国務省UCC)によって行われています。そこで生み出されたゴールドクレジットは、国際決済できるUSドルのクレジットとして世界で貿易決済ができる通貨として流通しています。

 

以前のブログで、金準備銀行グループ企業は、米国国務省UCC公式ページで公開されています。

 

筆者の所属するMete財団ではありませんが、本来、企業育成資金の元になる資金を提供する仕組みを提供しているのは、国連関連組織が行なっていることになります。この仕組みは、国連規定の(憲章)に従って行われている世界経済の発展、国際貿易の自由化を目指して行われている制度といえます。これらの活動は、金準備銀行グループ企業の公式登録されたエージェントによって指示書に従い、個々の判断で行う案件になっています。

 

これが、金準備銀行グループ企業が行なっている業務となります。

 

世界最大の資産管理をしている金準備銀行グループは、世界中で公式登録されたエージェントが個別で案件を仕上げるということで、ネットワークを作りプロジェクトを案内していることになります。これはエージェントが個人的な契約として行なっている案件になりますので、取引ベースも個人と個人のプライベート契約によって行われることになります。

 

政府組織でなく、なぜ国家を動かせる資金をも動かせるのか?これは、世界最大の資産を管理する金準備銀行グループの公式エージェントによって行われている案件のために、国家を支える事ができる財源の提供する仕組みを提供できると言えます。

 

金準備銀行グループ企業は、国際的非営利組織として事業を展開していますので、事前に資金の請求をすることはありません。民間機関として世界最大の資産を管理し、世界経済の発展ために財源を動かすことが目的に事業を展開しているのが、金準備銀行グループの仕事ということになります。

 

日本では、歴史的資産の償還プログラムとして企業育成資金(償還金、長期間管理権委譲渡資金、基幹産業育成資金)として大企業経営者に資金提供をする案件、また、ゴールドの割引販売としては、資産償還ということで、SKRを使って運用済みのゴールドを、割引で販売される案件があり、第三者名義に名義変更したものを、製錬所でゴールドを溶かし、また、新しいインゴットをつくり、新しい刻印、シリアルナンバーと入れて、運用できるようにするが、ゴールドの運用の仕組みということになります。この売買で得た収益の70%は、プロジェクト資金として活用されると決まっています。

 

歴史的資産(300万トンのゴールド)を管理する金準備銀行グループは、つねに世界経済を支援するためのゴールドクレジット(金に裏付けされた通貨)を発行して、それを世界に配布する仕組みを構築しています。

金準備銀行グループは、国際決済ができるゴールドクレジットを配布する世界の頂点に位置する銀行であるということを知る必要があります。金準備銀行の存在は、フロント企業がゴールドのクレジットを配布しているので、表に立つことがありませんが、歴史的資産と呼ばれる300万トンのゴールドで、世界最大の資産管理団体といえます。

 

今後、金準備銀行グループが、これからの世界をつくるためのグレートリセットの際に、大きい役目を持っています。

 

日本では、その存在について、まったく理解されていませんが、金準備銀行の歴史を遡れば、1921年英国ロンドンで4か国会議として英国、フランス、米国、日本が集まり、会合を開いたことがスタートになっています。各国の当時の国家元首が出席して決定された最重要会議であったことは、歴史の記録に残っています。日本では、歴史的にそのことは語られない歴史となり、消された近代日本の歴史ということになっています。

 

ただ、このことを理解しなければ、これからの日本は、ますます貧困になっていきます。その事実を知ることが重要です。

 

金準備銀行グループは、国際的な活動をしていますが、すべてフロント企業が業務をおこなっているために、表に存在がでることはありませんが、その存在について理解して、金準備銀行グループから配られるゴールクレジット(国際決済ができるUSドルのクレジット)を日本が受け取らなければ、日本の円安問題の解決手段はありません。

 

日本国を動かす時のリーダーは、この仕組みついてしっかり勉強をしていただきたいと思います。これは、国民を守るために重要なことです。

 

金準備銀行グループ企業




***************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com



※ 企業育成資金 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度 申請受付中

 

□【東京ールドプレミアムクラブ】

※ 割引ゴールドローリング取引 PPP案件50Kg、100Kg : 割引単発1トン単位

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

https://gold.msa.tokyo/

 

□【NGO世界経済安保資金本部|NGO World Trade Security Fund Headquarters

国家政府の支援プログラム 加盟国募集 Meteマネタリープログラム 加盟国特典 100億ドル人道的支援ー返還不要資金のプログラムあり 国家政府のみ支援します。

https://wts.msa.tokyo/ 

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。