【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

法律に明記された内容以外は触るとどうなるか 全く分かりません。

MSA 総合研究所です。

MSA 総合研究所では基本経済を底上げをするためにどのようにすれば良いかということを考え 昔から行われている日本の償還金という制度に注目をしてこれを普及させることに全力投球することにしています。

 

企業育成資金の基準というものが いろいろあるような話では巷では話をしていますが実際のことを言うと 小さい 資金と言われている東証 プライム 資本金100億円から300億円の間の財閥系の資金などと言われているところは 実際今動いていないのではないかという風に思われます。

 

まあ 周囲のブローカーに言わせれば そんなことはないという意見を言う人もいますが 色々な情報を見る限りでは 資金は流出してしまったという情報もありますのでなぜなかなか実現できないのか なぜ普及しないのかというのは 財源がないところに対していろいろなことを行っているという状況が実際にはあるのではないかと言うのです。

 

その事実について 当事者たちは何も言いませんから 本当の情報というものは分からないのですが確実に大丈夫なことだけをするというのが やはり重要かと思います。

だって 日米 償還金協定に明記されている基準を満たしたもののみに対応するように MSA 総合研究所の情報を読んでいる方はしてください。

 

確実性のない話は正直な話 チャレンジするだけ 時間の無駄となると思いますので確実性のある話ということでいたします。

 

これは日米同盟によって行われている日米 償還金協定 基準で行われている企業育成資金最近は 企業活性化資金 とも呼ばれているそうですが 名前は別に大したことはないのでどうでもいいのですか

 

重要なポイントとしてはどうやったら資金を出せるのか どのような条件だったらやれるのかということが間違っていれば努力しても時間の無駄になりますからそんなことはやめましょう。

 

確実に絶対できるという話をすると これは東証 プライムの資本金300億円以上の製造業およびインフラ業 そして東証 プライム 資本金 500億円以上の全ての業種  保険と証券業は除く

後は 銀行 日本国内の銀行であれば代表権のある個人 日本国籍の方ならば 米国の認可を得た 面接官と面談をすれば 企業育成資金を受けることができます。

 

この資金はすでに日本の銀行のネットワークの中にオフラインとして保管されている財源になりますからこれをオフラインからオンラインにするという作業を行えば資 金は オープンすることができます。

つまり ただ単に認可を下ろせば資金を引き出すことができるということになります。

 

オフライン バランスというのは 日本語で言うと 簿外資金ということになりますので銀行の会計上にまだ オープンされていない中途半端な状況で保管されているような状況のことをオフライン バランスで受ける資金と言います。

 

自らの口座に完全に着金してしまえば これはオンされたことになるので 普通に使えますが銀行のパブリック アカウントと呼ばれている送金されてきた時に一旦保管する倉庫みたいなのがあるのですが そこにデータがありますのでそのデータをただ単に 申請者の交代に紐付けてオフラインからオンラインに入れ替えるというだけの作業でいいわけです。

 

実際に言うと オフライン上には 80京円 以上の資金があるという話を噂では聞いておりますので 本当か嘘か は保証ができませんが そのような資金があるということを聞いているだけでもワクワクします。

 

ただ 数十兆円や数 100兆円を動かすことは大したことがないと当事者は言うわけですから 一体いくらあるんだろうかと思います。

 

さて そのような大きな財源が実際には日米 償還金協定におけるオフライン バランスの資金の中にあるという事実を皆さんは イメージができれば この資金をオフラインからオンラインにするという手続きだけを行えば OK なわけです。

 

それをする方法というのは 水上にシンプルです。

 

これが東証 プライム 資本金 300億円以上の代表権のある方 製造業もしくは インフラ業 そして東証 プライム 資本金 500億円以上の代表権である個人 それと 銀行 の代表権である 個人が対象となるわけです。

 

実は日本の所得倍増計画というのはこの資金を使えば めちゃくちゃ簡単と言えます。

 

つまりすでに日本国内の オフバランス 上の銀行 システムの中に これだけ大きな資金のデータが存在しているということはオフラインからオンラインに切り替えるというコンピューター上でパチパチするだけの話 なんです。

 

このような 資金というものは全て法定管理 資産という風になっておりますので法律に従って手続きを行えば確実に動かせるというのが ポイントです。

 

ですから 法律に明記されている通り 手続きをすれば資金は動くわけですから これは確実性が高いわけです。

 

それ以外の話は法律に明記されていないわけですからやるかやらないかはどうでもいい話ですからこの話に乗ってしまえばどこに何が起こっているか全く分かりません。

 

ですから 皆さんにお伝えしたいことは絶対に法律に載っている内容のこと以外は手を出さないのがベストだというのが これは筆者の考え方です。

 

 

したがって 法律に明記されているのが 東証 プライム 資本金 300億円以上の製造業および基幹産業機 企業 それと 東証 プライム 500億円以上の代表権になる 個人 それと 銀行 の代表権になる 個人 これだけ覚えてください もうそれ以外は チャレンジするとどうなるか分からないというのが言えますから 筆者自身は考えているのは法律に明記されたもの以外 やらないという考えです。

 

これが重要だと思います。

法律に明記されていることは法律に従えば必ずできるわけですから チャレンジする価値はあります。

 

つまり 法治国家と人治 国家の違いのような話で 基準外の取引というのは 実は人の判断によって行われているようなところがありますので この話はどうなのかという基準が全くわからないです。

 

ですから 法律に従って手続きができる内容のみに対応するということをしなければ この業界の仕事としては 成り立たないというのが 筆者の考え方です。

 

ですから 皆さんに明確にお伝えしたいのは MSA 総合研究所では確実に法律に明記されている内容については 対応は しますが それ以外のことについては 対応はしないという方針で行いますので ご理解ください。

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。