【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオ)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

ODA 政府開発プロジェクトの仕組みがグレート リセットの時代の問題解決をします。

ODA 政府開発プロジェクトの仕組みがグレート リセットの時代の問題解決をします。

皆さんは ODA の世界 政府開発援助という本当の話をほとんどの方は知らないと思います。

ODA の歴史というのは国連と同時に作った金融機関で世界銀行IMF というのがありますが 実はこの資産は誰が提供したのかという事実を知らなければいけません。

これは SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオ と呼ばれる 運用 財源となるのですが この財源を寄付したのが ヨーロッパの王族 貴族 そして アジアの王族 グループからの寄付された資産ということになっています。
つまり SRP における資産が世界銀行 IMF の元々の財源になっており この資産を担保力として通貨を発行しそれを 世界の開発援助に使うということになったというのが この業界のスタートです。
ただ これは歴史的な流れとしては現在は 世界銀行 IMF が この SRP の資産を直接管理しているのかといえばそれは違います。


SRPの資産に関しては 現在 世界的な PPP プライベートプレイスメントプログラムを実施している金融会社 グループによって管理運用されています。

 


その業務を行っているのが 筆者が所属する Mete 財団 グループということになります。

 

つまり なぜ財団 グループが企業支援や 世界の 国連加盟国に対して ODA 政府開発援助の支援を行うのかといえば これは理由は SRP の資産を活用する際にそれがルールが決まっているからです。
このルールというのが 国連の憲章に関係しています。


すなわち 貧困問題の解決インフラ開発産業開発 そして 環境問題 その他 持続可能な社会を作る様々な取り組みなどのプロジェクトに対して資金を提供するとなっております。

 

この基準というのが 世界基準で決まっているのが 企業の場合ですと1億ドル以上の資産を有した企業という風になっており 国家や政府の場合は国家を代表する代表者 すなわち 首相 もしくは大統領が この SRP が実施する PPP プライベートプライスメントプログラムにエントリー することによってに対してプロジェクト 資金が提供されるということになります。

 

つまりこの仕組みというのは 国連 IMF 世界銀行を作った際の元々の基礎 財源であった SRP の資産を使っているのですが SRP 自身もヨーロッパやアジアの王族 貴族グループからの寄付ですから 寄付者の意向もありますので 寄付者側からの意向に従って資金が提供されているということになります。

 

では 現在 SRP の資産管理をしているMete財団 グループが提供できる資産の総額というのはいくらであるのかというのが興味があると思いますが それがアメリカ合衆国財務省における国際為替手形が1.8兆ドル 分ありますので それに対してレバレッジ 1000倍をかけられますから最大値としては1800兆ユーロ 分の資金を作れる能力があるということになります。

 

これは PPP のルールがあるのですけども これはフランスの商業会議所 ICC のルールで1年間における レバレッジ というのは 100倍と決まっており これは10年間の担保設定における レバレッジ ですので 100倍の10倍で1000倍のレバレッジが最大値でかけられるということになります。


すなわち ゴールドにおける1.8兆ドル分の米国財務省の国際 為替手形を使えば1000倍のレバレッジをかけ 1800兆ユーロの資金を最大値で作ることができます。

 

このような大きな財源がありますので 世界の全ての国家の ODA 政府開発援助を行うことができると説明しております。


つまり グレート リセットということが世間で騒がれております これはスイスのジュネーブで開催されている ダボス会議で出てきた話題になりますが グレート リセットというのはすなわち どのような世界かといえば借金がなくなる世界という風に理解をされていますけども それをするにはすなわち SRP の PPP プログラムに条件を満たした国家 政府や企業の代表者が参加しない限り この問題は解決しません。

 

自動的にグレート リセットを行って誰かが助けてくれるという風に思われると間違いで これはグレート リセットを解決する手段というのは筆者の所属する財団 グループが準備はしておりますが そのことに対して人類は気づかなければ実はこのリセットの時代の変革期がうまくいかずに非常に困難な時期を迎えることになります。


やっぱり何が重要なのか といえばお金の世界というのは全てルールによって決まっておりますので人が考えた世界です。


つまりこの仕組みというのは ブレトンウッズ体制 1944年以降に出来上がった 仕組み の延長線上であり その仕組みにおける 矛盾点を是正するには この SRP の資産を使った PPP プログラムを実施するしか方法はありません。

 

これは第三者が誰かが勝手にやってくれるという話ではなく 条件を満たした人が動かなければ この問題は解決しないということになっておりますので 非常に難しい問題ではありますがこの問題解決の方法 さえ知ってしまえば大したことはないのです。

 

通貨 プログラムというのは 人間が考えておりますのでそのプログラムに従って 順序よく行えばこれはゲームと一緒ですから 攻略法はあるのです。

 

つまり ここで説明している内容というのは 世界の通貨 リセットと言われている時代に対してどのようにすれば 攻略できるのかということを 実はここで説明していますが そんなこと書いてもなかなか 皆さんは 理解できないと思うのですが解決策はあるということで理解していただければ それで結構です。

 

【公式】MSA総合研究所|資金本部|企業育成資金の申請受付(東証プライム、銀行、信用金庫の代表権者)(基幹産業育成資金・償還金・長期管理権委譲渡資金)|国内外PPP(Private Placement Program)の研究・シンクタンク|TEL 03-6820-0086|

Flag Counter