【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute|SRP米国財務省資産|企業育成資金・日米償還金協定基準|★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★|日本国内PPP情報|相談実施中!|お問合せTEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)|

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 


筆者:メテ財団 グローバルアンバサダー
MSA総合研究所 理事長ブログ
MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】

 
 

世界の大転換期に、実施されているプログラム(重要)

世界の大転換期に、実施されているプログラム(重要)

 

現在におけるSRP(ソブリン ロイヤル ポートフォリオ)におけるPPP(プライベート プレースメント プログラム)に関していえば、SRPの資産を米国財務省が認定監査をして、SRPの同等資産額の国際為替手形を発行することで、国際為替手形をNY国務省UCC(統一商法)に登録することで、レバレッジをつけて資金を発行している。これが現在におけるPPPの仕組みである。つまり、SRPの資産を使うPPPプログラムは、企業向けの資金提供のプログラムと現在は、国家政府向けのPPPプログラムが存在している。

 

日本の企業育成資金は、これもSRPの資産を使ったPPPプログラムである。それを行っているのが、PPPプログラムを実施している企業グループということになる。

これは、完全に世界最高峰のPPPプラットフォーム企業グループということになる。企業育成資金に関しても、政府向けPPPプログラムのODA政府開発援助の仕組みについても、実際このことをいえば、資金の作り方については、全く同じ方法で行っている。巨額に存在するSRPの資産をつかったPPPプログラムということになる。

何度も説明していますが、SRPの資産というのは、欧州の貴族、王族、また、アジアの王族グループから寄付された財源ということになっている。歴史的資産といわれ、ベルサイユ条約(1919年)、ブレトンウッズ会議(1944年)、世界銀行 IMF 国連に関する条約及び憲章ン関する資産ということになる。

このSRPの資産に付いては、色々噂されるが、この資産は、本来第一次世界大戦で荒廃したヨーロッパの復興開発をするために、欧州の貴族、王族、そしてアジア王族グループから寄付された資産ということになり、この資産があまりに巨額のゴールドであったことで、歴史的に言えば、歴史的ないろいろな出来事が噂されている。つまり、世界の構造、金融システムを変えるだけの大きな資産を有していることになるために、この資産の使い方次第では、平和にもなるが、逆に世界を破滅させる戦争になる可能性も秘めているということが言える。

 

ただ、この資産については、条件を定めて、有効利用することで、世界の貧困問題の解決をすることを目標としており、同時に地球全体で今言われている様々な問題を解決するために、このSRPの資産を使った通貨を発行して世界の発展に貢献することが求められている。

ある意味、日本はSRPの資産を優先的に使うことができる仕組みが存在する「企業育成資金」の仕組みである。非常に条件がシンプルである。東証プライムの資本金100億円以上、銀行、信用金庫の預金高1500億円以上の企業代表権のある方であれば、SRPの資産をつかったPPPプログラムにエントリーすることで、大きな資金調達が可能である。この仕組みを企業育成資金と呼んでいるのであるが、欧米的に言えば、PPPプログラムというのが正しいといえる。PPPプログラムによる資金提供というと、これは、米国連邦法にあるいくつかの法律が関係してくる。

1, 1933年米国証券法(インサイダー規定)

2,国土安全保障法(反社会体制との接点禁止、テロへの対策)

3,愛国者法(マネーロンダリング禁止)

 

この3つの米国連邦法が主に関係している。それ以外にも、業界ルールも存在するのである。

つまり、この仕組みについていえば、あまりに巨大で影響力があるために業務遂行に関しては、極秘ということになるが、2017年移行については、この制度については、非公開する必要がなくなっている。

国連に登録されており、業界では公式情報が確認できるようになっている。かつてのような完全な秘密主義ということでもないが、安全保障を考えた上では、やはり、資金も大きいので非公開のうちに実施されているということが言えます。

いずれにしろ、地球上でもっとも大きい資産というのは、SRPの資産でありSRPが実施するPPPプログラムは、世界最大の資金提供できるプログラムであることは事実である。現在は、企業の代表者だけでなく、国連加盟国のすべての国家政府の代表者(大統領や首相)も、SRPの資産からPPPプログラムを実施して、巨額な資金を提供できるようになりました。つまり、SRPの資産活用するPPPプログラムを実施する企業グループは、グレートリセットの時代に向けて本格的に動き出しています。

あと、Nesara、Gesara信奉者は、だれかが、なにかやってくれると信じているのですが、それは、間違いで、これらの仕組みは、すべてSRPの資産を使ったPPPプログラムということを理解する必要があります。誰かが自動的にやってくれるのでなく、対象者になる方の基準は、決まっているのですが、対象者になる人物が、SRPの実施するPPPプログラムに参加すると言わない限り、この大転換期にシフトチェンジができません。つまり、これは、世界が暗黒時代になるのか?または、世界は、平和なる幸福な時代になるのかは、SRPの資産を使うPPPプログラムにどれだけ基準に達している人物が参加するかで決まります。これは、このような地球の転換期にプログラムが実施されていることにどれだけの関係する人々が気付くかどうかです。

 

***************

□ MSA総合研究所 https://msa.tokyo/ □

TEL 03-6820-0086  ( AM10-PM8)

Email: msasouken@gmail.com



※ 企業育成資金 正真正銘100%正規資金本部への直接申請はこちらへ

東証プライム資本金100億円以上、銀行、信用金庫の代表権のある方)日本国籍のみ

5000億円先送り制度 申請受付中

 

□【東京ールドプレミアムクラブ】

※ 割引ゴールドローリング取引 PPP案件50Kg、100Kg : 割引単発1トン単位

無料電話相談、コンプライアンスチェック無料、申請料無料

https://gold.msa.tokyo/



□Mete財団が行う「ODA 政府開発援助」の加盟国募集 国連加盟国を対象に政府開発援助(ODA)支援します。加盟国は、100億ユーロの返済不要資金の提供、無利息、無担保による資金援助(返済は、5年猶予、5年間の返済 合計10年計画)ユーロによる資金提供、返済方法は、ユーロででの返済は求めず、自国通貨で可能(固定レート2020年12月29日)財団が、債務国の国債を買い上げることで返済とみなすことも可能。世界で最も優遇された政府開発援助(ODA)を提供しています。MSA総研の理事長は、Mete財団の公式メンバーです。

 

**************

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。