【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

SRP の3000年の歴史とこれから行うべき SRP の重要な任務とは

SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオについて 本 ブログでは色々な角度から説明をしています。

 

2018年からこのブログを書いておりますが このブログの基本的なところというのは全て SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオにおける各種プログラムの説明を書いているということになります。

 

大企業に提供される資金のプログラムや各国政府に提供される資金のプログラムなどがあります。

 

現在 この業務を行っているのがメテ財団 グループということになりメテ財団 グループとしては世界各国の開発援助 プログラムに対して資金の提供を行っています。

 

SRP の歴史について書いている資料がありましたのでそれを私自身も 長い間 読んでいませんでしたが 詳細について確認すると結構面白い話を書いていることに気づき 先日からそのことについて書いています。

 

つまり SRP の資産というものは最も古くは今から約3000年前まで遡るということになります。

イスラエル王国のソロモン王の資産からスタートしているという風に SRP の歴史 説明資料には書いていました。

これは紀元前960年頃の話という風に書いていますので ずいぶん前過ぎてよくわからないところもあるのですが ソロモン王は繁栄をしたということは 歴史的にも知られていますが その後 ソロモン王の死後 分裂してしまった そしてその子孫たちはアジアを目指して歩いて行ったということです。

 

つまり 東へ 東へ移動するというところでユーラシア大陸を移動していき一部は日本にも来たと言われています これが失われた10支族のユダヤの民という風にも言われております。

 

SRP に関しては これは2つのルートを通ったと言われており 1つは 陸のシルクロードと言われている 中央アジア 登録コース そして インド洋から海を通るルートの2つのルートで移動したということで 海のルートを通って移動したソロモン王の末裔たちは最終的にはインドネシアに到着したということで インドネシアで拠点を作ったということが書かれていました。

 

そこで 長年 過ごす わけですが 西暦1060年頃に 十字軍の遠征をしていた人たちが ソロモン 宮殿を探索した結果 色々な発見があったということが書かれており その後 インドネシアに渡ったソロモン王の末裔との関係ができ それからそのことを行ったテンプル騎士団が世界初の銀行業と言われている トラストの業務を行いました。

 

これは十字軍の遠征において 多くの男 手が 遠征に行くということで、もしかすれば帰ってこないかもしれないということで 家族の生活を支援するためにその家族が持っている資産を教会に寄付をするということで 教会が その後の生活の面倒を見る という仕組みを作りました。

 

つまり、この仕組みによって 十字軍の遠征に行く キリスト教徒たちは 資産を教会に預けるということがありその預けた資産を持って運用されることによって 長期的に収益を得ることができる仕組みというのができました。

 

これは現在におけるトラスト 信託ということになります。

 

つまり 信託銀行の期限というのが 銀行業の期限でそれを作り上げたのが テンプル騎士団となりその 裏側にはソロモン王の末裔の資産管理をするグループが存在したということになります これが SRP の原型と言えます。

 

この仕組みによって ヨーロッパではテンプル騎士団は非常に裕福になり 各国 国王に資金を貸し出すようにまでなったために 非常に 勢力が強くなりました。

 

そのために テンプル騎士団を弾圧した方がおり 1307年10月13日 金曜日テンプル騎士団を襲撃するということがあり テンプル騎士団が一気に 逃げ出すことになります。

 

1つのグループは山を越え スイスに向かい スイスで定住しました。

 

2つ目のグループはイギリスの北部まで逃げスコットランドで 拠点を作ったと言われています。

 

3つ目のグループは ポルトガルに逃げ そこからアメリカを目指したということです。

 

最終的に彼らは大航海時代を迎え 東インド すなわち インドネシアとの貿易が盛んとなりました。

 

これはすでにインドネシアにいる ソロモン王の末裔との関係がありましたので インドネシアとの貿易が盛んになったとも考えられます 確かに インドネシアから出される香辛料の貿易は 香辛料と金と同じ価値がある などと言われるぐらい 香辛料貿易を行ったインドネシアのソロモン王の末裔は大きな収益を得ました どんどん と金が集まるようになり 非常に大きなゴールドのファンドを作ったということです。 これが SRP の資産が膨らんでいった大きな要因となります。

 

大量のゴールドが集まってきたということで スイスに逃げたテンプル騎士団の末裔がそこで 兌換券 つまり 金の裏付けになった交換券を貸し出すようになりました 。その当時の金利が2から4%ということで 各地の王族に対して資金を貸し出しました これが金を裏付けとする 兌換券の流通となり この仕組みに関心を持った当時 ドイツの銀行家である ロスチャイルドファミリーがスイスでテンプル騎士団とソロモン王の末裔が行っている 兌換券を第三者に販売するという商社業をスタートさせました 。

 

その時の金利が7%から8%ということで行いましたのでその金利差によって大きな利益を得ていったということです。

 

つまり ロスチャイルドファミリー が世界の中央銀行を牛耳っていると言われる所以はこの金の使用権を全世界の中央銀行にリースしたということが一番の原因となっており その根本にあるのが SRP ということになります。

 

そのことによって 世界初の銀行はイギリスの英国銀行であり そこを中心に東南アジアなどとの植民地 貿易が盛んに行われ 貿易決済が行われるようになりました。

 

つまり SRP の組織というものは 中央銀行に対する金の担保力 つまり ゴールドバックを提供するということでその業務を行っておりました。

 

SRP も 18世紀になってから 世界各国の王族との関係を強化するために 世界各国 王族に対し 128の王族が婚姻関係を結ぶということで SRP の組織を作ったということが 説明には書かれていました。

 

その王族に関しては ヨーロッパの王族 グループ そして中近東の王族 グループ そして アジアの王族 グループ そして中国の王族 グループというグループ分けにして それぞれの近隣諸国との婚姻関係を作りながら SRP の各国 王族との関係の強化を図っていったということです。

 

20世紀になりそのプログラムは完成をしこれから世界の仕組みを構築するということで 国連 という概念を作ったということです。

 

つまり SRP における仕組みというものは 金本位制度における世界の王族 グループによる世界の 共同体のようなイメージのものを作り上げるということが長年の目標として行われてきたと言えます。

 

ただ 1971年 の ニクソンショック以降 信用創造 という新しい概念ができたことで従来の目的とは違う方向性にも進み これは SRP が求めたことではなく新興 勢力によって行われたことになるということですが やはり 裏付けのない信用創造 というものの限界は達した。 つまり 各国の債券の問題がどうしようもない状況になったということで 、現在はグレート リセットということが言われ これからまた裏付けは 金本位制度としてのゴールドバックを持った通貨制度 という方向性に向かっていると言えます。

 

つまり 信用創造の世界というものは厳密に言えば何が担保で数字を作っているのかというのがよくわからないということで 数字は何でも自由に作って良いのかという問題になり非常に通貨 バランスが安定しないという状況になり得ます。

 

国際決済を行う上で何らかの 不変の担保力を持つということが重要であり、全ての人類がその価値について認められるものでなければ 通貨の担保はなりえないということになります。

 

 

そのために 歴史上 長年 ゴールドバックにおける通貨を発行するという仕組みを行ってきましたが 1971年から50年以上の歳月を 信用創造という世界で通貨を供給した結果どのようなことが起こったかというと 多額の債務の問題が解決できないような状況のまま現在は放置されているということになり、 結果 その問題を解決するのはどうすれば良いのかということになり 最終的にはゴールドバックとして担保しなければいけないという風な方向性になっているのが 現在 言われているグレート リセットにおける通貨の仕組み の改革ということになります。

 

つまり 信用創造によって作られた 多額の各国が持っている債務の問題を最終的には肩代わりするという業務を担うのは SRP の業務を行っているメテ財団 グループの業務として 世界各国に アナウンスしているというのが 今の現状です。

 

現在 国連加盟国に対して加盟国を募集しているというのは 目的としては 信用創造で作られた 多額の債務の問題を各国 解決するのが非常に困難になっているため それを支援することが我々メテ財団 グループとしての業務であるということが 各国政府が理解をすれば 世界の 様々な問題は解決していくでしょう。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団アジア日本代表|資金本部:企業育成資金:償還金:申請受付|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 MSA Research Institute|U.S. Treasury Assets SRP: Global Representative of the Mete Foundation|Fund Headquarters: Corporate Development Fund: Reimbursement: Applications Accepted|Mete Foundation: 10 billion € donation to UN Member States|SBLC's Monetization Project 250M€ - 200B€|Private Placement Program (PPP) Information | Financial and Economic Think Tank| Free phone consultation available! | WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。