【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

グレート リセットについて 世間一般でいろいろ 噂が出ていますが そのことについての見解

SRP についての説明を色々な角度からしておりますが 様々な方からご質問等を頂いております。

 

その中で我々の関係する SRP と似たような話をしていかにも 自分たちが行ってるような内容をインターネット上で広めているような方がいるようです。

 

つまり 最近はグレート リセットに従い いろいろな 通過システムが出来上がるのではないかという噂になっておりますが 、その中でも結構とんでもない情報が流れており それを信じている人もたくさんいてそこに投資している人までいるというのですから 驚きです。

 

それで何の利益も見返りがないようで トラブっているということを聞きましたが それはそういう話は現実的ではないと私自身は思っています。

 

信じるか信じないかは その人の問題ですから我々は関与するところではありません。

 

つまり 我々 SRP が行っていること つまり メテ財団が行っていることはすでにインターネット上に公開しておりますが ゴールドバックによる通貨という通貨の価値を 今後どうするか どういう価値は既に2020年12月29日のユーロと全世界の通貨のレートを固定レートで計算するというやり方で通貨スワップを行う仕組みを提供するのが我々 SRP の資産を使う メテ財団 グループの業務ということになります。

 

一部のところで通貨 価値の安いスーパーの単位とドルや ユーロの通貨の単位が全て同じになるので通貨単位の安い通貨を大量に購入するとグレート リセットが起これば巨額な富になるというような 前振りで話をしているということを聞きましたが そういうことができる本当に裏付け 財源があるのでしょうか 。

普通に考えてみればわかると思います。

 

もしそのようなことが起こせるならば 起こるとどういうことになるかということを考えれば 世界の経済は大混乱します。

 

つまり 世界経済を破壊したいと思っている 陰謀論者の意見だという風に 筆者は感じておりますが 通常 固定レートにするならば 現状にある レートの価値を使って行うというのが一般的なやり方です。

 

ですから我々 SRP の財源を使うメテ財団 グループでは2022年12月29日のユーロと世界の通貨の交換レートで固定をするという概念でメテスーパーをデジタル通貨として発行するということで 各国の政府に対して説明をしています。

 

これは当然 ユーロを発行してそれを見てという通貨にしているだけですから100%法定通貨のユーロのクレジットを使っていますので スワップは可能となります。

 

メテ通貨はユーロが上がろうと下がろうとそれ以外の国の通貨とは 2020年12月29日のレートで固定レートで交換するということを行うサービスを提供しているのです。

 

このような仕組みを行うことで 為替変動における通貨の攻撃からそれぞれの国の通貨を守るということを行うことをしています。

 

通貨 システムの中で一番重要なのはどの価格帯でスワップができるか つまり 交換ができるかということが重要であり、 世界の全ての通貨と自由に 国際決済通貨である ユーロを挟んでスワップが可能ということになれば、どの国の通貨であったとしても 国際決済通貨を手に入れることができ 今までG 7が持っていたような 無制限 無期限の通貨スワップを実現することが可能になります。

 

これはアジアや欧州の王族 グループの資産を使う SRP のメテ財団 グループが提供するサービスということになります。

 

またバチカンの色々な噂について 世間では言われているようですが バチカンのシステムに対する話というのは確かに契約上はあったのですが、こういうものというのは30年ごとに米国 連邦法では更新していきます 。

 

すでに60年前の話となりますので2回の更新時期が過ぎましたので現在は新しい仕組みに変わっています。

 

ゴールドを担保にするというやり方は最長 30年間で その契約は抹消されますので これは 米国 連邦法の規定によりますですから 30年後と必ず 更新しなければいけません。

 

つまり タイミング的に2回の更新時期が過ぎていることによってグレート リセットが行われるということになるのです。

 

 現在どのような仕組みになっているかというのは30年ごとの契約が切れたので前の契約は更新しないとなっているので 新たな仕組みに変わったということになっていると理解してください。

 

ですから、世間一般に言われていること と似たような話は実際はあるのですが 理解と認識が間違っているということが言えます。

 

つまり この世界というものは極端な変化を求めてるわけではないのです。

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。