【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

SRPのメテ財団は、なぜ国連加盟国を支援するのか?

最近は、いかがお過ごしでしょうか?

本日で2月も最終日で明日からは3月になります。

 

メテ財団では、国連加盟国に対して、加盟国を募集しており、加盟国は、100億ユーロの寄付を行っております。100億ユーロの寄付は、加盟時に寄付される財源ですが、加盟国は、継続的に寄付などを行い経済援助を継続するプログラムを実施しています。

 

特に、経済的に困窮しておる国家が増えていることから、メテ財団が行っている制度について理解をしていただき、経済援助を積極的に行うというのが、現在の方針となります。

 

対象国は、国連加盟国となっていますが、特に、アジア、アフリカ、南米諸国などのグローバルサウスと呼ばれる非同盟運動の参加国を先行して支援していきたいという考え方があります。

 

その理由としては,本来、メテ財団の財源は、SRP(ソブリン ロイヤル ポートフォリオ)であり、128の世界の王族グループから寄付財源がベースとなっており、第二次世界大戦後のSRPのM1《管理者》であったインドネシア大統領、スカルノ大統領と当時の米国大統領JFKとの間に結ばれたグリーンヒルトン協定による非同盟運動諸国への経済支援プログラムについて、実施をする予定でしたが、JFKの悲劇があったことで、実施されずに現在に至っています。あれから60年の歳月が過ぎ、新たに体制を組み直して、経済支援をすることを目的にスタートしたのが、メテ財団が行っているプログラムということになります。


f:id:shoukan:20240229133741j:image

 

つまり、非同盟運動諸国、115カ国に約束をした経済援助に付いてのプログラムを当時は、様々な理由が有り実行できなくなったのですが、あれから60年の歳月が過ぎ、国連規定などを一部改正するなどをして、SRPとしては、国連加盟国を支援するということで、再度、1965年以降実現できていなかった、非同盟運動諸国(グローバルサウス)の国々を支援することをスタートさせています。

 

本来ならば、JFK大統領が生きていれば、アジア、アフリカなどの非同盟運動諸国への経済援助は、米国財務省が中心となり通貨を発行し、その資金を経済援助プログラムを実施したいと考えていましたが、それは、現実問題として、SRPから提供されれたゴールド資産は、活用されることがなく、アジア、アフリカ諸国への支援が遅れたといえます。

 

あれから60年の歳月が過ぎ、再度、やり直しを行うということで、SRPはメテ財団グループを立ち上げ、国連加盟国の支援を行うということで、世界各国への支援業務をスタートさせています。

 

国連組織と世界連邦という世界を構想したのは、SRPにおける1928年プランということです。つまり、国連加盟国への支援というのは、SRPが国連の創案者であるから。行っていることであり、よくSRPと国連との関係性と聞かれますが、これは、国連についての構想について考えたのがSRPであるので、加盟国をSRPとして支援するのは、当然のことであり国連加盟国に対して、経済支援を求めている国家に対しては、SRPとしては、支援することができるということになります。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団グローバルアンバサダー|資金本部:企業育成資金:償還金:申請受付|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 MSA Research Institute| Global Ambassadors of the Mete Foundation | WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。