【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

国連の概念というものは SRP によって考えられた

さて 今日は 国連 という概念を誰が作ったのかという話をかけていきたいと思います。

 

SRP ソブリン ロイヤル ポートフォリオに関する歴史的な資料というのがありそのプレゼンを読む限りでは 1928年に国連の基礎となる世界 計画を考えたということです。

 

つまり 世界連邦に向けて どのようにすれば 世界がまとまることができるかという仕組みを 当時 考えたのが 国連の概念のスタート ということです。

 

このことが 新世界秩序などとも呼ばれています。

 

SRP というのは世界の128の王族 グループからなる組織ということです。その王族 グループの頂点である 管理者のことを M 1 と読みます。

つまり 128の王族 グループが資産を寄付をし M 1 を中心とした世界経済政策を考えた時に M 1から提供される資金を国連加盟国に分配するという概念になっています。

それを 当初行おうと考えたのが 世界銀行 IMF という組織になります。

SRP の銀行 システムというものは中心となるが これはバチカン銀行 システムということになります。

つまり バチカン銀行 システムから流通していく資金は世界を作り上げる仕組みとして 世界経済の仕組みを構築するという流れになっています。

この仕組みに関しては金を中心とした金準備銀行の仕組みというものは これは今でも変わりなく バチカン銀行を中心とした仕組みということになり 世界経済を作っていることになります。

つまり SRP の 世界最大のゴールド 資産というものは バチカン銀行 システムによって管理されている仕組みということになります。

つまり SRP というものの歴史を調べていくと 一番古くはソロモン王の末裔の資産という風にはなっていますが テンプル騎士団との協力関係によっても 出来上がったということですから テンプル騎士団 というのは バチカンが協力したことで中世ヨーロッパで大きな成功を成し遂げることができたと言われています。

つまり 世界最古の銀行 システムというものは バチカン銀行 システムということになります。

その名残は現在まで続いておりますが基本的には SRP の資産というものは バチカン銀行 システムを中心とした世界 ゴールド 金融システムということになります。

 

実際に金融的な仕事を実務的に行っているのは ロンドンシティでの仕事にはなりますが 世界の通貨システムをバックアップしているのは このバチカン銀行 システムにおける世界最大のゴールドであると言えます。

 

その SRP の中の管理者である キングオブキングである M 1 を中心とした世界経済システムというのを考えたのが これが 国連の概念のスタート ということになります。

 

M 1 は国連加盟国を支援することによって世界連邦を作り上げるという計画を1928年に計画はしました。

 

つまり 2030年に向けたプレミアムということで SRP としては 世界 給付金システムを構築したいと考えていますが それは実際のこと言えば100年以上前に計画していたことを時間をかけて実現するように計画的に行っていると言えます。

 

SRP は表向きに目立った活動はしておりませんので 世界の多くの方は存在についてほとんど 分からないでおりますが 実際のことを言えば バチカン銀行 システムを構築しているのは 世界の王族 グループからの寄付 財源であり その SRP の組織としては今後は直接的に自らが経済支援をする仕組みとして メテ財団 グループを通じて国連加盟国に対する経済援助プログラムを実施しております。

 

つまり 本来 、国連 というものを機能をさせて世界連邦の仕組みを作りたいと考えておりましたが、 計画通りいかなかったという現状もあり 、新たな組織としてメテ財団を作り国連加盟国を支援しているというのが 今行っている開発援助 プログラムということになります。

つまり 世界の貧困問題の解決ということが 従来の国連システムではうまく機能しなかったということが一番の原因として挙げられ このままでは良くないということで 既存の仕組みとはまた違う新しい仕組みとして SRP がメテ財団を設立し 独自の支援を行うことになったというのが 今の現状となります。

とはいえ 国連を考案した SRP王族 グループによって作られた メテ財団 グループですから 国連加盟国を支援しているということになります

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団グローバルアンバサダー|資金本部:企業育成資金:償還金:申請受付|メテ財団:国連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 MSA Research Institute| Global Ambassadors of the Mete Foundation | WhatsAPP:+81-7084017928

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。