【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

筆者が所属する財団の詳細について説明します。

本日は筆者が所属するメテ財団についてのお話を書きたいと思います。

この財団については 2020年に新しく設立した財団にはなりますが 払込資本金が2000億ユーロ以上あり 米国財務省 資産 これは1.3兆ドル以上を保有しております。

その他にも短期米国債など相当な資産を保有している 財団ということになり 世界でも有数の資産を持った財団になります。

このような話をすると何か 都市伝説っぽい話をするのですか 実は 営業許可書 もきちんとあり、企業登記された会社であると言えます。

 

ですから このような世界というのは確かに プライベートクラブという世界であまりわからない世界のように思いますが これは結構普通に会社組織として行っています。

 

ある意味 世界の開発援助を支援する 世界最大級の資産を保有した企業であるという風に理解していただければ分かりやすいと思います。

 

また デジタル通貨を発行している中央銀行 システムも同時に運営しており 日本面での事業を行っている会社ということになります。

 

1つは世界共通のプラットフォームを持つ デジタル通貨 これはゴールドの裏付けと米国債を中心として各国の関係国の国債保有しそれを裏付けにデジタル通貨を発行しています。

 

それは一つのデジタル 通貨を管理する中央銀行 システムということになります。

 

この社名はアフロ ユーラシア セントラルバンクというネーミングになります。

 

もう一つは 開発援助 プログラム、 つまり 国連加盟国の国家 政府に対して加盟国を募集し 加盟国になった国家の公共投資を完全にバックアップする仕組みを提供するのがメテ開発援助 プログラムということになります。

 

このことについては 本 ブログでも詳しく説明しておりますので だいたいのことを 読者の皆様は理解できたと思います。

 

各国からの新規加盟国に関しては 様々な方からのご紹介を得て 加盟国を増やす方法をとっておりますが 加盟国になられた以降は財団としては 自ら 加盟国に支店を登記して 、会社としての運営として、各国の公共投資プログラムや開発援助 プログラムの資金面や技術面、 そして トータルで支援することを行います。

 

日本で言えば、どちらかというと JICA やまたアメリカで言えば USA ID などと言われるような行政に近い組織が行っている内容とは重なる部分はあるのですが、メテ 財団は多額の資産を持った非常に強いファイナンスがありますので、それを最大限に活用し 加盟国の公共投資や 国家プロジェクトを支援するという流れになっております。

 

また私どもの財団が行っている事業というのは国際的 非営利財産ということで行っておりますので、何かを搾取することが目的ではありません。

 

各国の公共投資 プロジェクトや 国家プロジェクトを推進し 完成した後は地元に事業を譲渡します。

 

それでは財団として何かメリットあるのですか と言われますが 、その際は 加盟国の国債などを保有することによって価値の保全を行います。

 

つまり 財団としては 各国で多くの仕事をし 公共投資や開発援助 プログラムを実行することにより各国の国債保有しそれを担保にまた新たなデジタル通貨を発行するための担保力とします。

 

そうすることによって 各国政府は国債を発行するということは 同時に 通貨の供給量を増やすという意味になります。

 

メテ財団が提供する デジタル通貨に関しては これは2020年12月29日のユーロとの固定レートでMeteという名称のデジタル通貨が交換されています 。

 

これは世界の全ての地域通貨の交換レートを固定するために 2020年の12月29日のユーロのレートと世界の通貨のレートで固定レートでMeteという デジタル通貨をブリッジでスワップできるようにします。

 

つまり レートの変動をなくすということは 貿易決済における通貨の変動をなくし、 一方的な金融的攻撃により通貨の価値が大きく乱高下することを防ぎます。

 

たとえ、 市場の通貨が大きく変動したとしても Meteのデジタル通貨は 固定レートでユーロ と 世界各国の通貨がスワップできるような価値を保っているわけですから、 外部の影響を受けずに財団 が提供する プラットフォームの中では スワップが可能ということになります。

 

そのためにも財団としては自己資産を投じて 各国の開発援助 プログラムを行い 各国の国債保有することにより 自らのデジタル通貨の価値を保ちます。

 

つまりこのことを行うことによって自由変動における通貨の仕組みというものに影響受けない仕組みを提供するというのが、 財団の行う 世界規模のソリューションであると言えます。

 

これはある 意味 1971年以降の信用創造 と呼ばれる金融システムに移行した後に、実際の価値 以上のクレジットが発行されているような中で、通貨の価値が本当にその価値であるか 保全されているのかということが 疑問視されています。

 

そのようなことを考えても財団 が提供する 裏付け資産というのは一つは ゴールドの裏付けになったクレジットであること それと同時に 世界各国の開発援助 プログラムを行った国家の債権 つまり 国債保有しているということ の担保力、 つまり国家の開発をすることにより国の価値を上げているわけです。

 

これは不動産開発にもわかることですが何もない平地よりもきちんと整備された不動産開発された土地の方が価値は上がります。

 

それと同じことで、国家の価値というのは 国家全体にどのような投資をして開発をしてきたか というのが 国家の価値になります。

メテ財団としては 各国の加盟国の国家の価値を高めることによって その国家から提供される国債の価値も高め それを保有することによってその担保力を持ち その国債の担保力を使って通貨を発行することによりMeteのデジタル通貨の価値は保全 されます。

 

このような仕組みを持って 世界各国の開発援助 プログラムを行うこと を比較しているのは SRP の資産を管理する世界で唯一の管理組織である Mete 財団 グループによって行われております。

 

【公式】MSA総合研究所|米国財務省資産SRP:メテ財団グローバルアンバサダー|METE連加盟国加盟国100億€寄付|SBLCの収益化プロジェクト250M€~200B€|PPP(Private Placement Program)情報|金融経済シンクタンク| 無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 MSA Research Institute| Global Ambassadors of the Mete Foundation | WhatsAPP:+81-7084017928

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。