【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

財団が行っている国連加盟国に対する支援プログラムは 各国で関心を持つところが増えてきています。

このブログでは国際的支援についての説明をしております。

 

私どもとしては SRP つまり 42の王族 グループからの寄付された財源ソブリン ロイヤル ポートフォリオの財源を元にしてその資産から資金を引き出し そして 国連加盟国の支援を行うプログラムを実施しております。

 

これは筆者がグローバルアンバサダーとして業務を行っている メテ 財団の業務についての説明です。

 

2022年から私自身も この業界に入り 国連加盟国に対して SRP の資産を使った開発援助 プログラムに関心がある国家を募集しておりましたが 初めは なかなか関心を持つ国家 政府も少なかったのですが 最近は随分と 前向きな 国も増えてきているというのは 現状です。

 

つまりこのブログの読者及び また関係者の様々な方の協力により この情報が拡散され 世界に広がっていると言えます。つまりこのブログの読者及び また関係者の様々な方の協力により この情報が拡散され 世界に広がっていると言えます

 

SRP の資産といえば これは歴史的に言えば 300人委員会などが関与していたということが有名でありますが それと同様の資産が我々の財団 グループが管理しているということが分かり多くの国がそういうことであれば というような流れにもなっています。

 

SRP の資産については知られていないということではなく 2007年に300人委員会を通し 世界の国家のリーダーに対し SRP の資産の監査の結果を報告した書面に対して 数百名の各国 リーダーが署名しているという事実はあります。

 

つまり そのようなことは ネット上でも噂にはなっておりますが 事実 そのような書類もありますので 日本でもこのことを知っている方も多少はいるかと思います。

つまり 各国の大統領や各国の王室 などのメンバーが300人会のメンバーとして SRP の資産について 監査した内容について 署名をしています。

 

今は 管理組織は変わっており メテ財団 グループが SRP の資産について 管理を行っております これは2020年から2050年までの30年間は継続して行うようになっています継続して行うようになっています。

 

これには理由があり このような業界の管理組織というのは30年に1回 名義を入れ替えるというルールになっています これは 連邦法における担保設定における登録の法律に関係しています 30年に一度 契約内容 更新しなければいけないという法律があります つまり 30年に一度 契約した内容は抹消されますので また新たに契約をしなければいけないというのが ゴールドにおける担保設定という世界になります。

 

ですから私どもの財団は歴史的に言えば 2020年から 担当しておりますので そんな 長くないので企業 履歴について短いのではないか などを色々言われるのですが 実際のことを言えば SRP の資産というものは相当長い間 保有されており 管理組織の名義人は一定期間ごとに交代していると言えま一定期間ごとに交代していると言えます。

 

ですから 現在 SRP の資産を管理しているのは 筆者が所属するメテ財団 グループになりますが2050年以降はまた新しい組織によって管理されることになります SRP のメンバー自身は継続して行っております。管理している法人に関しては30年ごとに契約を更新していくために名義が変わるということが言えます。

 

よって現在メテ財団 グループが 世界の SRP の資産を業務を行っておりますのでその世界最大の資産を用いて資金を引き出し 世界の開発を行うという業務を担っています。

 

ただこのプログラムに関して言えば 国連に関する国際法 や 米国 連邦法などで SRP の資産の活用方法や 申請方法というものは非常に限定されておりますので どこの誰でも自由に勝手に使えるというものではありません。

 

これはなぜ国連加盟国の大統領 もしくは 首相が申請しなければいけないと説明しているのかは 理由は非常に シンプルでこの 天文学的な数量で存在する SRP の資産から資金を引き出す場合には これは国連加盟国の大統領 もしくは 首相が契約書にサインをすること それと同時に この資金は必ず国家プロジェクトとして資金を使うこと という条件があります という条件があります。

また これに関しては 条件があり 政治的圧力や政治的 賄賂の請求は禁止するという 禁止事項 もあります政治的 賄賂の請求は禁止するという 禁止事項 もあります。

 

また資金を活用する際には加盟国の大統領 もしくは 首相が サインをしただけで資金 動かせるというわけではなく ポイントになるのがこの資金を管理しているメテ財団 グループが国家プロジェクトに関して包括的委託契約を結びプロジェクト全体を管理をするということで 資金は投資されます。

このような条件になっています。

ただ 国家プロジェクトがあるということ そして 大統領か首相のサインがあるという条件を満たせば 財団 が包括的委託契約を結び 各国政府が考えている 公共投資 プロジェクトや環境整備事業 その他 エネルギー 医療 教育 衣食住に関することなどを幅広い 国家プロジェクトに対して資金を財団が出すことができます。

 

これは重要なポイントは国家にとって 負担なくして財源を確保できるという意味ではこれは日本ではよく言うのですが 国家予算外資金などという言い方をしますが 別の財源を持つのと同じことになります。

 

つまり 我々 SRP の資産管理をしている財団との提携を行い大統領 もしくは 首相が 契約にサインをしてそれと同時に 国家プロジェクトを推進するということで管理している財団と 包括的委託契約を結ぶことで全ての国家プロジェクトである 公共投資を全ての国家プロジェクトである 公共投資の財源は 財団 が投資をし国家としては負担なく 計画した国家プロジェクトを推進することが可能となります。

 

この仕組みについてしっかり理解をしていただくということが重要です 大統領か首相のサインが必要 それと 国家プロジェクトが必要 それと その資金を出す 財団との包括的委託契約を結ぶことで資金は無制限に投資することが可能です。

 

よく聞かれるのが 財団として それは何か メリットはあるのですか と言われるのですが 財団としては SRP の資産を使って世界を開発するということがどれだけの資金を国家プロジェクトに投資することができたのかというのが 成績になりますのでたくさんの国家プロジェクトをすればするほど 我々の業界としては良い結果になったということになります。

ただ無駄にお金を配るということはしてはいけないので必ず国家プロジェクトがありその国家プロジェクトに関しては財団が監査を行いながら事業を展開する また 国家プロジェクトが完成をすれば 搾取することを目的にはしていないので プロジェクト 完成後は事業を地元に譲渡するということが決まっております。

 

また 国内企業の育成をするということも 目的になっておりますので そういう点でも工事の依頼 業者は国内企業を中心に行います ただ 国内の企業がやりきれない内容であることや 技術面で難しいなどの理由があればそういう場合は財団が外国の企業と提携をし 加盟国の国家プロジェクトを推進するための支援も行うとなっています。

 

財団としては 加盟国に関しては まずは 加盟国の国家 政府と財団との間に国家プロジェクト推進委員会を設置します。

 

国家プロジェクト推進委員会では加盟国の国家プロジェクトの希望やどのような方向性に公共投資などをしていきたいのかなどを 意見交換をする場を持ちます。

その中で必要な国家プロジェクトに関しては無制限で財団が投資をして実現させます。

 

財団としては 資金を投資するということに関しては 別に何も問題はないのですが 政府としては政府 国債を発行することでそれを買い上げるということで 財団が資金を投資することができます。

 

財団としては 政府 国債を償還してほしいというわけではないので 長期保有が目的です。

 

ここが重要なポイントでメテ財団は貿易決済などには基本的にはユーロ やドルのクレジットを活用して決済システムを持っていますがまた独自のデジタル通貨の仕組みとしてMeteという デジタル通貨があります。

 

これは 国家プロジェクトを推進する上で 政府 国債を買い上げ 財源を提供するわけですがその際の政府 国債を担保にした通貨 ということで デジタル 国債通貨を発行しています。

これは1Mete= 1ユーロ という設定になっています。

これは財団が持っている中央銀行 システム つまり これはアフロ ユーラシア セントラルバンクという中央銀行 システムがあるのですがこれは金準備銀行としての仕組みとして世界共通のプラットフォームを作っています。

 

このような国際決済システム等も含めて 世界規模での通貨 システムを構築しているというのが SRP の資産を用いた金融システムということになっています。

 

このような仕組みを用いて 国連加盟国に加盟国を募集し 世界の公共投資 プロジェクトとしての国家プロジェクトを完成させることを目的に 日々活動しております。

 

このような話を毎日 様々な国の方としておりますが 少しずつ 浸透してきており 日本国内だけではなく 世界各国から 問い合わせが増えてきているのは事実であり またこのことに参加を表明するような国も増えてきています。

 

これは非常に良いことだと思います。

 

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。