【公式】MSA総合研究所ブログ|MSA Research Institute||企業育成資金| ★SBLC収益化|GOLD情報||欧州PPP10万ドル〜|BGの収益化とPPP|ノンリコースローン:無償還ローン|欧州投資銀行とプライベートバンクの世界|無料相談実施中!|TEL 03-6820-0086 📱070-8401-7928(AM10-PM8)

本ブログでは、世界の開発援助プログラムを裏で支える財源について、その実態について調べさまざま角度からブログで書いているリアリティーのあるブログです。企業支援プログラム・政府支援プログラム|シンクタンク MSA総合研究所の情報発信は、皆さんの知らない世界へ案内することです。Email: msasouken@gmail.com

 

MSA総合研究所 理事長ブログ

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
2018年に設立 国際金融・特殊金融の世界の研究シンクタンク-MSA総合研究所(WEB上で活動)
TEL:070-8401-7928(日本)(筆者 MSA総合研究所ー理事長ダイレクト)MOBILE/Whatapp/SMS(OK)
質問があればダイレクトに聞いて下さい。電話相談OK PBサービス・償還金
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】
WEB  https://sh8.net/ 【SRP資金本部 育成資金の情報】
ブログ https://msa1.exblog.jp/ 【天皇系八咫烏が案内する育成資金】
ブログ アメブロ https://ameblo.jp/shoukankin/ 特殊助成金の世界 

 

 

日本の奴隷制度は変える必要がない。意識を変えることができるだけの世界を作ることが大切だ。

実は、気付きがあったのです。なぜ、この制度は、非常に良いのですが、日本のトップクラスの経営者たちが、この制度になかなか理解を示さないか?というのは、単純二に日本は、奴隷制度を好む資本家によって成り立っている国家であることが理解できました。

 

日本は、アパルトヘイトです。これが答えです。30年間の失われた世代などといわれていますが、今の資本家が、完全に奴隷制度を求めている世界に生きていることに気づいたわけです。

 

これは、事実であり、見えない奴隷制度を実現するために、成功を導こうとしているのが、日本といい国であり、不幸な国家であると言えるのです。つまり、国家における幸福度がなぜ低いのでしょうか?理由は、奴隷国家 日本だからです。

 

これは、いろいろ日本人家畜計画などいろいろ言われていますが、経済面で言えば、奴隷計画実施中で、生かさず殺さず、奴隷を調教している国家ということになり、奴隷国家としての国民は、その中で暮らしているわけです。

 

つまり今の政府にしても、どうも理解に苦しむことをしているのは、すべて政府与党の考え方、また、経済界の考え方は、日本を資本家と奴隷というジャンルに分けて、奴隷制度を実現するために存在している組織であると言えるからです。

 

 

そんな世界を良くしようと考えても、よくなることがありません。

良くする必要がありません。

日本を今の日本を放棄することが重要です。

新しいパラレルワールドに向かいます。つまり、完全に、この奴隷制度とは、付き合わないということが重要です。

つまり、意識の世界のパラレルワールドで別の世界へ向かうことにします。

今の日本は、さようならです。

この奴隷制度を求めているパラレルワールドの世界からの脱却が、実はすべての問題の解決ということになるのです。

つまり、さようなら、日本、 さようなら、今の日本、日本の政治、今の経済界です。

この世界のことを考えていても、奴隷国家の実現に加担するだけです。

つまり、奴隷国家という世界観を、世界軸を日本は描いているのです。

 

これは、宇宙の意識の法則の中で、

それが理解できました。

なぜ、この世が良くならないのか?悪い方向性にどんどん向かうのか?

 

答えは単純です。奴隷制度を求めるジキルが強力に動いているからです。

これが答えです。

完全に、精神的分離と高次元へのアクセスが大切です。

意識の改革が、違うパラレルワールドへ移行して、そこでは良い世界が待っているでしょう。

 

 Flag Counter

【関連サイト】

MSA総合研究所

SRP資金本部

ブログ 天皇制八咫烏の案内する企業育成資金

グレートリセットの時代のブログ

MSA総合研究所の理事長が執筆する特殊金融の世界のブログです。MSA総合研究所ではさまざま角度から特殊金融の世界の情報を提示しております。

Email msasouken@gmail.com

ご意見ご感想は、メールをいただければ幸いです。