実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金の世界を理解するには、日本の資本主義構造を理解しなければならない。

□企業育成資金の世界を理解するには、日本の資本主義構造を理解しなければならない。

 

資本主義のピラミッド構造



企業育成資金というのは、日本の資本主義の仕組みを理解しなければ、その回答を見つけられないということを前回のブログでも説明しました。

 

資本主義社会は、ピラミッド構造になっています。頂点であるのが、連邦準備制度であり、そこと接続しているのが、PPP名義人の口座になります。PPP名義人の口座から資本主義社会に資金を循環させる仕組みがあります。

 

日本における資本主義の頂点に位置するのが、天皇家の金融システムであると説明しました。天皇家の金融システムは、償還制度とPPPという仕組みを用いて、東証プライム資本金100億円以上、銀行の代表権者に資金提供しています。すなわち、配当しています。よって、昔は、この資金の名称は、「長期管理権委譲渡資金」などと呼ばれたのは、天皇家の金融システムから調達した資金を返済することなく、長期間委譲渡するということ、すなわち、分配するといううことで、資金を活用してくださいという意味であります。

 

この金融の仕組み、資本主義の構造が理解できれば、非常にシンプルな話です。日本全体の資本主義がどうなっているか?借金を伴わない資金がどこから流れてくるのか?その仕組について理解をすれば、企業育成資金の制度の重要性が理解できます。

 

政府のプライマリーバランスの黒字化を目指すにしても、国家の収益、借金を伴わない資金が流通しない限り、国家の収益が増やすことが無理といえます。よって、日本における資本主義の頂点である天皇家の金融システムを活用して資金を日本の資本主義経済の市場に借金を伴わない資金として流通させて、その収益から得る税収などから、国家の収益を増やして、政府財政のプライマリーバンスの黒字化するという発想が持つことができれば、日本の政府の財政難の問題もクリアーする手段が見つけることができます。

 

そのためにも、企業育成資金が、日本の資本主義社会における頂点、資本主義のピラミッドの頂点に位置して、そこから資金を東証プライムの資本金100億円以上、銀行の代表権者に資金を分配して日本の資本主義市場に資金が流通するようになるということがイメージできることが重要です。

 

それができれば、日本の復活するための財源確保の手段は有るといえます。これは、民間からの申し出があった場合、この仕組を動かすことができます。日本における私募プログラムであるといえます。

 

 

MSA総合研究所より