【公式】MSA総合研究所ブログ★SRP米国財務省資産によるODA開発援助資金に関する情報ブログ|筆者:メテ財団アジア日本代表者★国連加盟国への100億€寄付★SBLC譲渡資金プログラム200M€~200B€★地方創生プロジェクト:道州制、地方政府の特別会計の設置★世界連邦プログラムについての解説|無料電話相談実施中!|TEL 03-6820-0086 

このブログは、日本経済を復活させ、地球全体の経済を支援することにつながる仕組みについてブログで解説しています。金準備銀行(非公開)グループが行っている業務について世界で一番詳細に説明している価値のあるブログです。是非、御覧ください。この仕組みが理解できれば、国造りができます!TEL 03-6820-0086(東京)(AM10-PM8) Email: msasouken@gmail.com

 

 

 

 

メテ財団の国連加盟国向けのODA開発援助プログラムについての解説
(SRP(ソブリンロイヤルポートフォリオの歴史と現在)
セミナー講師 メテ財団公式アンバサダー
【MSA総合研究所 理事長ブログ筆者】

MSA総合研究所の公式ブログです。日本国を豊かに、そして、世界を豊かにするために情報発信をしています。
◎筆者は、金準備銀行グループ企業のMete財団・アフロユーラシア中央銀行の公式アンバサダーを任務し、日本アジア代表です。
◎WEB: https://msa.tokyo/  【MSA総合研究所】|
 
 

借金のない国家運営を目指すには、天皇制資本主義社会の仕組みについて理解する必要がある。

借金のない国家運営を目指すには、天皇制資本主義社会の仕組みについて理解する必要がある。

 

結論、「天皇家に任命された裏天皇が資金者として米国との関係で、企業育成資金(PPP)を日本の主要産業企業経営者個人に資金提供をしている。」

 

ということになります。

 

企業育成資金の説明をするときに、日本の中央省庁にこの制度を確認しても回答が見つからないのは当然であり、この制度は、日本側は天皇家に関係する裏天皇資金者組織(資金本部)によって、行われている案件になります。

 

つまり、表の天皇家は象徴として国家を守り、裏の天皇は、実質的に平和維持活動と通貨コントロールであるPPPを行って、日本市場に資金導入を行っています。天皇家は、現在もなお資本主義社会における頂点として君臨して、資金提供を行っています。

 

ただ、日本政府側の動きは、日本政府社会主義国家として国民や経済のすべてを日本政府が支えるという構造を考えているために、社会主義国家的な経済の仕組みを描いている結果、日本政府が国民を養うということで、その財源を補うために、多額の国債を発行して、借金による国家運営がなされています。通貨発行権を持たない政府としては、基本、国債発行での資金調達と増税による資金調達以外、収入源を増やす手段がありませんので、未来への借金を増やし、国民負担を未来に先送りしているだけという厳しい状況になっているのは、国民が周知するところです。

 

そのような状況を打破するのは、日本の本来の姿である、「天皇制資本主義社会」に国家のシステムをシフトしてく必要性があります。

ある意味、「日本政府社会主義国家」としてのシステムを強化すると、増税と、国借金を増大させる以外道がありません。それでは、日本国は、未来の負担を増やすだけで、国民が苦しくなるだけです。

 

通貨発行権を行使することで、国家運営をするのは、これは、日本政府が持っている仕組みではなく、天皇家の任命組織である裏天皇資金者組織によって資金を流通させる仕組みになっています。

 

天皇資金者組織は、日本政府の組織ではなく、天皇家が独自で任命している独立組織になります。

 

日本経済を救済するには、裏天皇である資金者と日本の基準をクリアーした経済人(東証プライム資本金100億円以上(理想、資本金300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上)が、面談することで、資金を導入することができます。

 

仕組みが分かれば、非常にシンプルな制度ですが、これは、招待制度による案内をするということになっており、裏天皇である資金者が自ら直接連絡をすることはありませんので、民間側から、資金の必要性を要望されますと、裏天皇である資金者の使者が、裏天皇に日本の基準をクリアーした経営者を案内することで、面談ができます。

 

この制度は、日本人には理解出来ない仕組みかもしれませんが、これは、特別な会員制クラブと考えてください。裏天皇(資金者)と面談するには、まずは、申請者を審査をして、コンプライアンスに問題ないことが確認できれば、ドアの向こうから案内されるという制度になります。特別な高級会員制クラブというイメージで見れば、この制度について理解できます。つまり、入口は、誰でも良いので案内ができるというものではありません。

 

これは、裏天皇資金者組織に認められなければ、案内はできないということになります。

 

ただ、そうはいっても、門を完全に閉じている訳ではありませんので、筆者が、裏天皇である資金者への案内をする立場であるということを告げているのです。

 

天皇制資本主義社会というのは、天皇任命組織(裏天皇資金者組織)を通じて、日本を代表する経営者に資金を導入して、その資金を、民間や政府、自治体などと共同事業体(JV)を行うことで、市場で資金を活用して、社会貢献事業、国家のインフラ事業など、国家を建設することで、ローンをすることなく(借金なく)国家運営が可能になります。

 

この仕組みについて理解していただくことは、天皇制資本主義社会としての正しい制度ということになります。

 

徹底的に、天皇制資本主義社会の仕組みを理解をして、国家運営をすることは、これからの時代に求められることになります。

 

国家は、借金をしない国家運営を行うこと(財政法第4条)、つまり、2つのPPPを活用することです。

日本は、借金することなく、国家運営ができる仕組みを、裏天皇である資金者が提供していることになります。

 

これは、重要な帝王学の知識です。国家運営において、真の天皇制、表と裏の天皇の役目を知ることが国家運営にとって重要なことです。



Flag Counter