実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-06-16から1日間の記事一覧

国家を救済する影の財源 

育成資金の財源は、すでに日本銀行に送金済みの現金データーであると説明しています。その資金を動かすことが、日本の経済を救済することができるということを本ブログでは伝えています。 さて、日本政府の借金、赤字国債は、ついに1212兆円を超えた・・…

育成資金の仕組みは、完全にピラミッド構造であり、どのレベルからの情報であるか理解する必要がある

育成資金を動かせば、国家の財政を救うというテーマで説明しています。育成資金の財源は、日本銀行に運用データーは、保管されています。それがある意味、現金担保となり国債を多額に買い取っても、いつか、育成資金が大きく動けば返済できるという言えます…

経済システムのバランスを整えるには、この育成資金の制度を動かす以外方法がない。ープロの育成資金コンサルタントの養成講座

戦後日本は、サンフランシスコ講和条約に調印後、日本は、一国二制度によって運営されてきています。現在も変わりなく同じ制度が継続しています。 この育成資金は、安全保障分野を担う日米共同体に関係するものです。日本の旧体制の資産は、敵性資産として凍…

国内の治安維持は、安全保障にとって重要な任務であり、国民に資金を配当することで、治安維持につなげる、

東証一部、銀行、信用金庫の経営者に配当する巨額資金についての歴史、内容について随分説明をしてきました。この資金は、1945年、日本が敗戦し、1951年、サンフランシスコ講和条約に調印するあたり、日本の旧体制であった権力者の資産が凍結され、…