国家を救済する影の財源 

育成資金の財源は、すでに日本銀行に送金済みの現金データーであると説明しています。その資金を動かすことが、日本の経済を救済することができるということを本ブログでは伝えています。

さて、日本政府の借金、赤字国債は、ついに1212兆円を超えた・・とニュース出でていました。国家予算の12倍という借金です。

国家予算といっても日本の国家予算は、100兆円だとすると、実際に税収などの収入は、60兆円ほどで、毎年40兆円の資金不足になり、それもすべて赤字国債で補っています。

簡単にいえば、年間支出1000万円の人が、年間収入が600万円で、毎年400万円の借金を銀行から借りて、その借金残高が1億2000万円あるのと同じことです。

普通に考えたら、破綻です。しかし、なぜ銀行はまだ金を貸してくれるのでしょうか?それは、親子で言えば、政府の借金を子供の借金として考えましょう。子供は、1億2000万円の借金をしても、なおも借金生活を続けています。

しかし、その子供の親は、大資産家で、その親が、子供が借金している銀行に多額な貯金をしているとします。その額 30億円とします。

親が30億円の貯金をしているので子供の保証人になっています。子供は、赤字ですが、収入が年に600万円あります。それで、毎年400万円不足していますが、親が30億円も現金預金をして保証人となってくれているので子供は、親の保証人がいるので、1億2000万円も借金していても、銀行も、また、お金はいったら、返してくださいね。 といって、資金を追加融資していると同じことだと言えます。

すなわち、日本の借金は、この育成資金の財源である日本円の現金データーが裏付け(担保代わり)になり、銀行が資金を国に貸しているといえます。

外部には、見えてきませんが、親(資金者)である存在、借金で大変である子供(政府)を支援する形で、日本の台所事情が回っていると考えてもおかしくありません。

よって、日本の親である資金者、その財源のもとになっているのは、サンフランシスコ講和条約で国土復帰をする際に放棄した日本の旧体制の資産ということになります。

現在は、旧体制の資産放棄した方は、すでに高齢のため全員他界されているということですが、そのような方々の資産が今も日本を救済していると言えます。

育成資金の財源は、国家救済に役立っているといえます。

MSA総合研究所より