実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2021-07-04から1日間の記事一覧

原因と結果ということを見極めれば、すべての物事がクリアーに見えてくる。

「失われた30年」の問題は、反日勢力によるM資金詐欺事件を起こすことが原因して、日本の資金オーナーの提供する育成資金が動かなくなったからです。 結論は、反日勢力(M資金詐欺組織)による活動による日本経済の落ち込みが原因です。 ほんと、意外なと…

「失われた30年」と言われる日本の経済停滞の原因を解決する方法は、至って簡単です。それについて解説!

筆者の課題は、「失われた30年と言われる時代の終局を迎える」ということをテーマに活動しています。失われた30年は何故行ったのかということを研究した結果、結論は、「育成資金が、反日勢力によって邪魔をされて、資金が動かなくなった」という理由だ…

育成資金の財源を活用して地方財政を支援する企業体をつくり、道州制の財源にする提案をします。

サンフランシスコ講和条約で放棄した日本の旧体制の資産が、イングランド銀行に信託されて巨額に運用されて、日本の民間財源として工業の発展を支援するための財源が巨額に存在します。これは、すでに日本の国家予算の数千倍という規模まで運用益を増やして…