実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上、銀行の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!MSA協定、日米協定、財政法第44条、第45条、PPP運用など企業育成資金について関係ある事柄について歴史的側面から、現在における特殊金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中! TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【企業育成機構@MSA総合研究所】

企業育成機構@MSA総合研究所では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2022-01-24から1日間の記事一覧

企業育成資金の最新情報を入手!

企業育成資金の最新情報を入手! 最新情報によると・・・・ 1,東証一部の資本金100億円以上(サービス業、飲食ホテル、証券会社、保険会社は対象外)鉄道、大手電力は、非上場可能 鉄道は、資本金100億円以上2,銀行 の代表権者個人 3,信用金庫の…

誰も教えないお金の大学校の校風(自由に相互学習推奨)

□誰も教えないお金の大学校の校風(自由に相互学習推奨) さて、企業育成資金についてのブログとして、今から2018年にMSA総合研究所を立ち上げ、その後、企業育成資金を研究するチームを全国に支部を作ってきました。 2022年からは、国際金融につい…

誰も教えないお金の大学校ネタ(国際金融資本)

□誰も教えないお金の大学校ネタ(国際金融資本) 経済の発展を考える上で、国際金融資本という存在について理解をしなければならない。基本的には、1944年、ブレトンウッズ体制以降は、米国に連邦準備制度が移り、世界銀行、IMF、FRB、そしえ国連を作り…

地方のインフラ投資事業は、採算に合わない理由で諦める必要はない、国際金融資本からの資金調達モデルを利用すれば、持続可能な地方経済の発展も可能である。

□地方のインフラ投資事業は、採算に合わない理由で諦める必要はない、国際金融資本からの資金調達モデルを利用すれば、持続可能な地方経済の発展も可能である。 PPPの歴史について考えたときに、世界大恐慌後に米国の景気回復の事業投資として行った公共投資…