実話!企業育成資金:東証プライム資本金100億円以上(理想300億円以上)、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説! ★特集:企業育成資金、PPPを理解した筆者が日本企業の力でスリランカ経済支援するブログ【自由で開かれたインド太平洋構想】

「天皇制資本主義社会」と「2つのPPP」を軸に日本経済の再建を目指すために、本ブログを執筆しています。一つ目のPPPは、企業育成資金という財源を投入し、2つ目の財源である官民パートナーシップとしてのPPPを活用することで、公共投資の促進を行います。日本の地方創生、産業育成、民間財源における道州制の実現、国際貢献、令和の所得倍増計画を実現させます。連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

2022-08-17から1日間の記事一覧

小さい力の集まりですが、我々の活動が国家救済につながる。

□小さい力の集まりですが、我々の活動が国家救済につながる。 本日は、東京 浜松町・大門セミナー会場にてセミナーを開催しました。企業育成資金の仕組み、PPPに関するしくみを勉強すれば、結論、日本という国のあり方が正しく見えてくるといえます。 国防に…

日本の地方再生プロジェクトを支援するシンクタンクとしてMSA総合研究所は活動していきます。

□日本の地方再生プロジェクトを支援するシンクタンクとしてMSA総合研究所は活動していきます。 企業育成資金の仕組みは、割引債のトレードによる収益という説明をここ最近詳しくしております。割引債は、絶対に負けない仕組みです。 割引率50%や20%に…

地方創生を行なう財源の確保は、日本版PPPの仕組みを活用することで、実現可能になり、この制度を継続的に活用すればいくらでも財源を確保できる。

□地方創生を行なう財源の確保は、日本版PPPの仕組みを活用することで、実現可能になり、この制度を継続的に活用すればいくらでも財源を確保できる。 PPPというのは、G7の経済を支援するモデルであるといえます。つまり、日本は、G7のメンバーでありますので…

企業育成資金は、民間プラットフォームが行っている案件であることを理解するべきである

□企業育成資金は、民間プラットフォームが行っている案件であることを理解するべきである。 結論から言えば、企業育成資金の財源は、国債を中央銀行へ転売する際に、個人名義でブリッジ売買したときの差益を企業代表者に渡しているということになります。確…