実話!企業育成資金:東証プライム資本金300億円以上、銀行、信用金庫の預金高3000億円以上の企業代表権者に提供される返還不要の巨額資金について解説!歴史的側面から、現在における国際金融スキームによる資金提供の仕組みなど独自の視点でブログで解説。日々最新情報を発信中!国内外の私募プログラムの紹介を行います。(PPP案件)TEL03-6820-0086(AM10-PM8)【日本私募プログラム研究会】

日本私募プログラム研究会では、企業育成資金について研究し、日本経済発展ために企業育成機構を立ち上げて民間活動をおこなっています。本ブロブは、企業育成機構の正会員及び全国支部の正会員とつなぐ全国ネットワークになります。常に最新情報を発信中!企業育成資金を活用して、日本の借金問題の解決、産業の復活、令和の所得倍増計画を実現させましょう!連絡先 TEL 03-6820-0086(東京) msasouken@gmail.com

企業育成資金は、民間プラットフォームが行っている案件であることを理解するべきである

□企業育成資金は、民間プラットフォームが行っている案件であることを理解するべきである。

 

結論から言えば、企業育成資金の財源は、国債中央銀行へ転売する際に、個人名義でブリッジ売買したときの差益を企業代表者に渡しているということになります。確かに、国債の割引債の大口取引については、米国証券法、米国愛国者法、米国国土安全保障法に関係して、取引は、公開ではなく、非公開で私募プログラムとして当事者同士の取引を行なう事になっています。

 

よって、その部分については、非公開で行わなければなりませんが、この制度について、民間人経由で説明することは、何も法律違反もありません。

 

むしろ正しい知識をもって私募プログラムに取り組むように勉強会を開催することは、非常に正しい行為だと筆者は考えています。

 

欧米では、この取引方法である「PPP プライベート プレイスメント プログラム」に関しては、勉強会も開催されています。MSA総合研究所は、欧米のPPPについても相当、研究して自らの海外トレーダー、プラットフォームとの関係も構築して、正しい情報を入手しています。

 

つまり、日本の企業育成資金の仕組みは、日本の中央銀行と海外の準備銀行の間で行なうクレジット・ラインを使った割引債のブリッジ売買や、日本国債中央銀行の間で行なう民間のブリッジ取引(個人売買)などを行なうことで、収益をキャッシュバックする案件があります。

 

日本の場合は、毎週資金を取引ごとに収益をキャッシュバックをすることをせずに、一括、立替で収益を渡すということで、一括払いで利用者にとっては、数年かかる運用を待たずに、資金を渡すという仕組みは、利用者にとって便利で良いといえます。

 

返済不要であるというのは、クレジット・ラインを使ったブリジッジ取引における収益を、ペイマスターを経由して、収益の回収を行なうので、一括払いされた資金については、返済不要になるといえます。

 

※ペイマスターが、一括払いされた資金については、責任をもって返済しているので、利用者は返済不要であるといえます。

 

この仕組は、資本主義経済の発展ために、行われている制度であり、条件をみたした申請者は、この割引債[国債等]ブリッジ取引に参加することが出来き、収益を得ることが出来る機会があるということになります。

 

日本ではなぜか、西洋では、PPPと言われる私募プログラムのことが間違って伝わり、全く違う資金のように言われていますが、資金の収益は、立替で一括払いされる方式が日本版のPPP方式でありますが、それ以外の部分は、欧米が行っているPPPと同じといえます。

 

よって、この制度を正常に理解して、日本の地方再生、産業革命、インフラ整備の拡充など、行なうために活用することが重要だと説いています。

 

 

PPPについて言えば、トレーダーは、ライセンスを持っていますが、トレーダーの近くには、クレジット・ラインをリースするファンドがあり、ファンドマネージャーが存在します。ファンドマネージャーは、トレーダーがクライアントのトレードをする際に、クレジット・ラインをリースすることを行っています。これが日本的に言えば資金者といわれています。

 

つまり、申請条件を満たした人物であっても、実際には、金融的なクレジット・ライン(与信枠)をもっていないことがありますのでクレジット・ラインをリースします。(与信枠の個人保証)

 

つまり、PPPの仕組みと言うのは、ライセンスをもったトレーダーとクレジット・ラインをリースするファンドマネージャー、資金の分配を行なうペイマスターという役目をもった人物が集まって行なう民間の組織(プラットフォーム)

となります。

 

よく霞が関の中央省庁の官僚の話をしている人がいますが、それは間違いで、結論は、どんな組織といえば、これは、民間の金融スペシャリストの任意組織(プラットフォーム)ということになります。

 

取扱商品が国債などの割引債を使うことで、関係省庁や、監査機関の認可を取る必要がありますが、この組織は、民間の金融スペシャリストの任意組織(プラットフォーム)が主催して行っている案件といえます。これが、PPPの世界です。

 

もしこれが、中央省庁が主催している案件であれば、米国証券法におけるインサイダー取引になります。割引債の取引は、必ず、民間がブリッジすると決まっています。それを間違って、説明すれば、説明と異なるということで不信感を持たれる話になります。

 

この仕組をしっかり理解する必要があります。なぜ、この話が・巷で不信感をもたれているか、事実と違う説明を繰り返す人物があまりにも多いことが原因しています。

 

企業育成資金⇒私募プログラムについて理解をして、この制度を活用することで、地方創生、産業発展、インフラ強化、雇用促進、社会貢献事業が展開されることが重要です。これは、つねに民間が財源を確保出来る仕組みということになります。

MSA総合研究所より

 

***********企業育成資金とPPPセミナー案内***********

 

 

8月17日、27日 東京浜松町大門セミナー会場にて午後2時から午後4時セミナーを開催

 

9月は、毎週金曜日に午後2時から午後4時 東京浜松町大門セミナー会場にてセミナー開催

 

9月5日は、午後2時から午後4時 大阪本町心斎橋セミナー会場にてセミナー開催

 

※参加費用は無料

※講師 MSA総合研究所 代表 (ブログ筆者)

******************************